FishMasterのロゴ

Dyabumoto

マゴチはワインドでイチコロ!おすすめルアーや狙い方をご紹介!

マゴチは砂地を好むフラットフィッシュの仲間で、小魚を捕食するフィッシュイーターです。
マゴチはワインドのダートアクションに好反応を示す魚。
そんなマゴチをワインドでどう狙うかを徹底解説!ぜひチェックしていってくださいね!

当サイトおすすめ!
★ ルアー人気ランキング ★

ダイワ(Daiwa) ワーム アジング メバリング 月下美人 美尾ビーム 1.5インチ アソート ルアー

Amazonで詳細を見る

ダイワ(Daiwa) ワーム シーバス モアザン ミドルアッパー 3.5インチ 銀粉生イワシ ルアー

Amazonで詳細を見る

メガバス(Megabass) ルアー X-70 (SP) M ワカサギ

Amazonで詳細を見る

ワインドに使えるソフトルアーとハードルアー!

記事1563の画像113012

出典:PEXELS

ワインドではソフトルアーとハードルアーの2種類で楽しむことが出来る人気釣法。
ソフトルアーはジグヘッドにワームを付けたルアーのことを指し、柔らかい素材で出来ているのが特徴的です。
ワインドと言えばソフトルアーのイメージを持っている方も多いでしょう。

ハードルアーはプラスチックや鉛などを素材として作られるルアーのことを指し、硬いボディなのが特徴的。
ハードルアーでワインドをするイメージは沸きにくいかもしれませんが、ハードルアーでも立派なダートアクションを見せてくれますよ!

ワインドの定番ソフトルアー!

記事1563の画像113013

出典:PEXELS

ソフトルアーは柔らかいボディが特徴的なナチュラルアクションが強みのルアー。
そんなソフトルアーの気になるメリット・デメリットを早速チェックしていきましょう!

ソフトルアーのメリット!

自然なアクションでマゴチに小魚と思わせる!

ソフトルアーは柔らかいワームを使用しているため、ナチュラルなアクションを生み出すことが出来ます。
スプリットリングをほとんど使用していないため擦れる音が発生せず、マゴチに違和感を与えにくいのが最大の魅力。
マゴチは小魚を捕食するフィッシュイーターなので、海底を泳ぐ小魚を演出出来るソフトルアーは食わせに特化したルアーです!

硬いものよりも柔らかいものがマゴチは好き!

硬いものと柔らかいものでは圧倒的に柔らかいものの方が食いが良いです。
硬ければマゴチアは違和感を感じやすく、食いついてもすぐに離してしまうなんてことも。
柔らかいワームを使ったソフトルアーは食い渋る状況で抜群の効果を発揮するので、ソフトルアーの食いの良さを体験してみてくださいね!

お財布に優しい釣り人の強い味方!

ジグヘッドとワームは基本的に1個売りではなく、複数個が1つの製品として販売されていることがほとんど。
そのためジグヘッド・ワームの1つあたりの単価が安く済むので、ルアーをロストしても大きな痛手にならないのが嬉しいポイントですよ!

ソフトルアーのデメリット!

ワームを上手く付けないとマゴチに怪しまれる

ワインドでキレの良いダートアクションを生み出すには、ワームをまっすぐ綺麗にジグヘッドに刺す必要があります。
適当にワームを付けてしまうと不自然な泳ぎをしてしまい、マゴチに怪しまれてしまうなんてことも。
ワームがまっすぐ刺さっているかどうかを確認するには、ルアーをキャスト後ただ巻きでまっすぐ泳ぐかどうかが効果的なのでぜひ試してみてくださいね!

マゴチにワームを噛み千切られることがある

ワームの柔らかいボディはナチュラルアクションを生み出してくれますが、その柔らかさゆえにマゴチに噛み千切られてしまうことがあります。
マゴチは歯が鋭いためバイトした瞬間に合わせても、ワームだけが千切れて返ってくるなんてことも。
予備のワームは必ず用意しておくことをおすすめします!

マゴチのいるポイントに届かないことがある

ソフトルアーは柔らかいため風の影響を受けやすく、飛距離が伸びにくいことがよくあります。
ポイントを絞って遠くに投げないのであれば問題にはなりにくいですが、マゴチを効率よく探るには飛距離を出したいところ。
風があまり吹いていない状況で使うことをおすすめします!

ワインドにおすすめのソフトルアー5選!

ワインドのソフトルアー部門は多くの商品が販売されているため、どれを選べば良いか悩むところ。
数あるソフトルアーの中からおすすめのジグヘッドとワームを5つ厳選しました!
ぜひチェックしていってくださいね!

コスパに優れたジグヘッド!

クロスファクターから販売されているイナズマヘッドは、コストパフォーマンスに優れたワインド用ジグヘッド。
価格は抑えられていますが性能は高く、初心者から上級者まで使いやすいジグヘッドですよ!

クロスファクター サイコイナズマヘッド 3/8oz シルバー

サイズ:3/8oz
カラー:S シルバー
パック入数:2本入

Amazonで詳細を見る

大人気ジグパラシリーズのジグヘッド!

メジャークラフトから販売されているジグパラヘッドBUN太は、アシストフックが標準装備されたジグヘッド。
アシストフックが標準装備でも価格が安いので、非常におすすめのジグヘッドです!

メジャークラフト ジグパラヘッド BUN太 20g

本体重量:20g

Amazonで詳細を見る

ワインドと言えば定番のZZヘッド!

オンスタックルデザインから販売されているZZヘッドは、ワインドのことだけを考えて開発された人気ジグヘッド。
ワインドと言えばZZヘッドと言っても過言ではない性能の高さは、使う者全てを虜にしてくれますよ!

オンスタックルデザイン ZZヘッド 5/8oz グロー トレブルフック付

ウエイト:5/8oz
グロー仕様
2本入り
トレブルフック装着済み
ワインド専用

Amazonで詳細を見る

コスパ優秀メジャークラフトのワーム!

メジャークラフトから販売されているパラワームダートタイプは、シリーズの中で最も鋭いダートアクションをするワーム。
簡単に噛み千切られない素材を使っているので、マゴチにも安心して使っていただけます!

メジャークラフト パラワーム-DART3.0 オールグロー

PW-DART3.0#019オールグロー
本体長:約7.6cm

Amazonで詳細を見る

ZZヘッドと組み合わせれば最強!

オンスタックルデザインから販売されているマナティーは、ZZヘッドと組み合わせることで真価を発揮するワーム。
マゴチを魅了するダートアクションを生み出してくれるので、ぜひ使ってみてくださいね!

オンスタックルデザイン マナティー90 スーパーグロー

サイズ:90mm
5本入り

Amazonで詳細を見る

ハードルアーでもワインドは楽しめる!

記事1563の画像113016

出典:PEXELS

ハードルアーは硬いボディが特徴的なルアー。初心者の方にはソフトルアーよりもハードルアーの方が使いやすいので、注目すべきルアーです!
そんなハードルアーのメリット・デメリットを早速見ていきましょう!

ハードルアーのメリット!

気軽にマゴチを狙うことが出来る!

ハードルアーはワームをまっすぐ付けるといった作業が必要ないため、安定したダートアクションを生み出してくれます。
ラインを結ぶとそのまま使用できるので、とにかくお手軽なのが魅力的。
マゴチ狙いでワインドをやってみたいけどワームを付けるのが苦手なんて方には、ハードルアーがおすすめです!

マゴチのいるポイントまで届く!

ハードルアーは硬い素材で作られているため、風が吹いていてもぐんぐん飛んで行ってくれます。
重量もあるため飛びやすく、飛距離を稼ぐなら間違いなくハードルアーが有利。
沖のマゴチを狙いたいならハードルアーをおすすめします!

マゴチの潜むレンジ直撃!

ハードルアーは重量があり潮の抵抗を受けにくい形状のものが多いため、比較的簡単にボトムを狙うことが出来ます。
マゴチはボトム近辺に潜んでいるためボトムをとることはマスト。
ハードルアーでボトムをどんどん狙っていきましょう!

ハードルアーのデメリット!

お財布に打撃を与えることがある

ソフトルアーはジグヘッドとワームが複数個入ったものを購入しますが、ハードルアーはルアー1個のみを購入することになります。
そのためコストパフォーマンスがソフトルアーに比べ劣ってしまい、ロストしてしまうと大打撃を受けてしまうなんてことも。
お財布にあまり優しくないのが残念なポイントですね。

根掛かりしてルアーをロストする

ハードルアーはボトムをとりやすいというメリットがありますが、裏を返せば根掛かりしやすいことに繋がります。
マゴチを狙う場合はボトムをねちねち攻めることになるので、根掛かりロストは覚悟しておく必要がありますね。
根掛かりがひどい場合はボトムから少し上のレンジを探る様にし、ルアーをロストしない様に注意しましょう!

マゴチに怪しまれやすい

ハードルアーはフックやアイの部分にスプリットリングが付いていることが多いです。
このスプリットリングが擦れると人間には聞こえないですが海中で異音を発してしまい、マゴチに違和感を与えてしまうなんてことも。
活性の高い状況であればさほど気にすることもありませんが、一度マゴチに怪しまれてしまうと食ってくることは絶望的です。

ワインドにおすすめのハードルアー5選!

ワインドに使えるハードルアーは、ソフトルアーの製品が多いためなかなか多くの製品が見つけられません。
そこで、ワインドに使うことの出来るおすすめのハードルアーを5個厳選しました!
どれも使い勝手が良いハードルアーなので、ぜひ試してみてくださいね!

アンチョビミサイルがショア専用に進化!

ジャッカルから販売されている陸式アンチョビミサイルは、重量があるだけでなく風の抵抗を受けにくい形状をしているのが嬉しいハードルアー。
後ろのフックはゴム管に引っ掛けておくことが出来るので、ライントラブルも少なく使いやすいハードルアーですよ!

ジャッカル 陸式アンチョビミサイル 28g 120mm グローストライプ

タイプ:シンキング
重量:28g / サイズ:120mm
カラー:グローストライプ

Amazonで詳細を見る

ケミホタルを装着してアピール力アップ!

シマノから販売されている炎月投弁天は、テール部分にケミホタルを装着することが出来るハードルアー。
ボトムは暗いことが多いためケミホタルの光でアピールすることが出来るのはかなりのメリットになります!
ぜひケミホタルを装着してワインドを楽しんでください!

シマノ 炎月 投弁天ET

タイプ:ワインディング
サイズ:112mm / 重さ:28g
カラー:太刀魚シルバー 02T
フックサイズ:SD-36TN #1

Amazonで詳細を見る

優れたダートアクションの持ち主!

ラパラから販売されているアイスジグは、優れたダートアクションを繰り出すハードルアー。
ヘッド部分とテール部分にフックが付いているため、フックに掛けやすいのがおすすめポイントですよ!

ラパラ ジギングラップ アイスジグ 7㎝ 18g ゼブラグローブルピン

タイプ:シンキング
サイズ:7㎝ / 重量:18g
カラー:ゼブラグローブルピン GZBP

Amazonで詳細を見る

マゴチ以外も狙える五目ルアー!

ラパラから販売されている五目カフェは、その名の通り五目釣りを楽しむことが出来るハードルアー。
様々なターゲットを狙うことが出来るので、ワインドを思う存分楽しむことが出来ますよ!

ラパラ 五目カフェ 90mm スーパーグロー

Length:9cm
Weight:20g

Amazonで詳細を見る

耐久性の高いワインディングプラグ!

デュエルから販売されているハードコアフィンテールダートは、耐久性に優れたハードルアー。
耐久性に優れているだけでなくキレの良いダートアクションも得意なので、マゴチ狙いには最適ですよ!

デュエル ハードコア フィンテールダート 90 ライト

サイズ(mm):90
重量(g):16
フックサイズ:#6
タイプ:シンキング
カラー:LSCO

Amazonで詳細を見る

マゴチ狙いにおすすめのカラーはずばりグローカラー!

記事1563の画像113020

出典:PEXELS

ワインドで使うカラーは様々で、ブルーやピンク、ブルピン、赤金など定番カラーが数多くリリースされています。
青物狙いには定番カラーが強いですが、マゴチはフラットフィッシュのためボトムに潜んでいることがほとんど。
ボトムは海底のため非常に暗くなっているので、光でアピールするグローカラーが効果的です。
マゴチを専門的に狙うのであればぜひグローカラーを使ってみてくださいね!

状況に応じたルアーの選び方!

記事1563の画像113021

出典:PEXELS

ソフトルアーとハードルアーはそれぞれ異なる性質を持つルアーのため、それぞれベストな状況が存在します。
状況に応じてソフトルアーとハードルアーを使い分けると釣果アップに繋がりますので、ぜひチェックしていってくださいね!

風が強い・逆風の時

釣りをしていると風が強くなったり逆風が吹くことはよくありますよね。
そんな状況はいかに風の抵抗を押しのけてルアーを飛ばすかがカギ。
ハードルアーであれば風を押しのけながら飛んで行ってくれるので、快適にキャストすることが出来ますよ!

ボトムを集中して狙いたい時

マゴチはボトムに潜んでいることがほとんどのため、ボトムを集中的に狙うことが求められます。
潮の流れが緩やかであればソフトルアーでも問題なく狙うことが出来ますが、潮の流れが早いと厳しくなるなんてことも。
そんな時はハードルアーで一気にボトムまで沈めてあげることが効果的。
確実にボトムを狙いたい状況ではハードルアーをおすすめします!

マゴチの食いが渋い時

食いが渋い状況ではいかに違和感を減らすかが重要なポイント。
ハードルアーは活性の高い状況には強いですがスプリットリングの擦れる音が出てしまうため、食いが渋い状況には向きません。
食いが渋い状況にはソフトルアーが断然おすすめ!ナチュラルなアクションのため違和感をマゴチに与えにくいので、ぜひ使ってみてくださいね!

マゴチを狙うならこんなタックルがベスト!

記事1563の画像113022

出典:PEXELS

マゴチをワインドで狙うのであればワインド専用ロッドにローギアリール、ラインはPEラインの使用がおすすめ!
1つずつご紹介するので、早速見ていきましょう!

マゴチ狙いにおすすめのロッド!

ワインドをするのであればワインド専用設計のロッドが断然使いやすいです。
長さは8.5~9フィート前後がおすすめで、硬さはM~MHが張りがあり使いやすいですよ!
ルアーウエイトはマックスで1オンス程度のものを選べば様々なフィールドで使うことが出来ますよ!

ワインド専用設計で快適なワインドを楽しもう!

アブガルシアから販売されているソルティースタイルワインドは、ワインド専用に開発されたロッド。
コストパフォーマンスも高いので、最初の一本におすすめですよ!

アブガルシア ソルティースタイル ワインド STWS-892MH-KR

ロッドタイプ:スピニング / 継数:2
全長(ft/m):8'9"/2.67
仕舞(cm):136.5
標準自重(g):181
先径(mm)/元径(mm):1.6/12.0
ルアー:1/2-3/4oz
ライン(lb):~30 / PEライン(号):0.8~1.5

Amazonで詳細を見る

マゴチ狙いにおすすめのリール!

ワインドでは基本的にハイギアリールは適さないため、ローギアリールを選ぶことがおすすめ。
糸ふけを取りすぎるとキビキビとしたダートが生まれないため、必ずローギアリールを選びましょう!
番手は2500番がおすすめで、PEラインの1~1.5号を200~300メートル巻けるものを選ぶことをおすすめします!

大人気コスパ優秀リール!

ダイワから販売されているレブロスは、コストパフォーマンスが非常に高いエントリーモデルのリール。
エントリーモデルと言っても性能は侮れず、ダイワの技術を惜しげもなくつぎ込んだおすすめのリールです!

ダイワ レブロス LT2500S-H

ギア比: 5.6
1回転巻取り長(cm): 79
標準自重(g): 220
最大ドラグ力(kg): 5.0
標準糸巻量(ナイロン lb-m): 4-150/5-120/6-100
標準糸巻量(ブレイド 号-m): 0.6-200/0.8-190/1.0-140

Amazonで詳細を見る

マゴチ狙いにおすすめのライン!

ワインドではPEラインの使用が必要不可欠。ラインスラッグを弾いてルアーを跳ね上げさせることが出来るのは、PEラインのみmと言っても過言ではありません。
太さは1~1.5号が飛距離と強さのバランスがとれているためおすすめ!リールに200~300メートル巻いておくと安心して使えるのでぜひ試してみてくださいね!

メジャークラフト 弾丸ブレイド 8本編み 300m

PEライン長さ:300m
号数:1.0号/18lb
マルチカラー(5色/10m)
編み数:8本編み

Amazonで詳細を見る

釣り味と食味を兼ね備えた魚!それがマゴチ!

記事1563の画像113023

出典:PEXELS

マゴチはスーパーなどではなかなかお目に掛かれない高級魚。その食味の良さは多くの釣り人を魅了し続けています。
食味が良いだけでなく引きも強い魚なので、専門的に狙うにはうってつけのターゲット!
引きを楽しんだ後は美味しくいただくことの出来るマゴチを、ぜひワインドで狙ってみてくださいね!

当サイトおすすめ!
★ ルアー人気ランキング ★

ダイワ(Daiwa) ワーム アジング メバリング 月下美人 美尾ビーム 1.5インチ アソート ルアー

Amazonで詳細を見る

ダイワ(Daiwa) ワーム シーバス モアザン ミドルアッパー 3.5インチ 銀粉生イワシ ルアー

Amazonで詳細を見る

メガバス(Megabass) ルアー X-70 (SP) M ワカサギ

Amazonで詳細を見る

関連記事