FishMasterのロゴ

19900728tetsu

ブリジギングロッドの選び方をご紹介!おすすめロッドもご紹介!

ブリは、80cmを超える大型の青物です。ブリを釣るためにはブリに負けない強度を持っているロッドでないと厳しくなります。今回は、ブリジギングに必要なスペックとおすすめをご紹介いたします。

ブリジギングロッドはショア用とオフショア用の2種類!

出典:photo AC

ブリをジギングで釣るためにはショアからの釣りまたはオフショアからの2つのタイプの釣りに分かれます。その釣りのタイプ次第でロッドの長さが短いものを使用した方が良いか長いロッドを使用した方が良いか決まります。

ショアでのブリジギングでは主に釣りスピニングリールが使われ、オフショアではベイトとスピニングどちらも使われます。ロッドを選ぶ基準はベイトとスピニング変わりません。

ブリジギングにおける長さの選び方をご紹介!

出典:photo AC

ブリジギングにおける長さはショアでブリジギングを行うかオフショアでブリジギングを行うかで変わってきます。そこで、ショアでブリジギングをやる場合のおすすめ長さとオフショアでブリジギングをやる場合のおすすめの長さを以下にご紹介していきます。

ショアでのブリジギングロッドの長さは9ft~10ft

ショアでのブリジギングとは、陸から行うブリジギングを言います。ショアでのブリジギングに必要なのは遠投性とラインコントロール性が必要です。そのため、ショアでのブリジギングでは9ft~10ftの長めのロッドがおすすめです。

オフショアでのブリジギングロッドの長さは6ft~7ft

オフショアでのブリジギングとは船から行うブリジギングを言います。船からのブリジギングでは、陸よりも深いところでの釣りになるため短めのロッドを使用しルアーの操作性と感度を重視させる必要があります。

そのため、オフショアでのブリジギングでは6ft~7ftのロッドがおすすめの長さになります。

ブリジギングにおけるロッドの硬さはXHかH

出典:photo AC

ロッドの調子は数種類かあります。以下の表にどの硬さがどの釣りに向いているかをまとめてみましたので参考にしてみてください。

硬さ表記 用途 対応ルアーグラム数
XH(エクストラヘビー) オフショアジギング、ショアジギング 10g~200g程度
H(ヘビー) オフショアジギング、ショアジギング 10g~60g程度
MH(ミディアムヘビー) ショアジギング 10g~40g程度
M(ミディアム) シーバス、アオリイカ、カサゴ、キジハタ、ヒラメ、マゴチ 7g~35g程度
ML(ミディアムライト) トラウト、シーバス、アオリイカ、カサゴ、キジハタ、ヒラメ、マゴチ 5g~25g程度
L(ライト) トラウト、バス、アジ、メバル、クロダイ 2g~10g程度
UL(ウルトラライト) トラウト、アジ、メバル 1g~5g程度

ショアでは、一般的にMH(ミディアムヘビー)~H(ヘビー)の硬さのロッドが使われます。このロッドの硬さは使用するジグの重さで決めます。そのため、ショアの場合60gまでのジグを使用することが多いためMHかHになります。ショアの場合MHは柔らかめ、Hは硬めのロッドになります。

オフショアでは、一般的にH(ヘビー)~XH(エクストラヘビー)の硬さのロッドが使われます。このロッドの硬さは使用するジグの重さで決めます。そのため、ショアの場合200gまでのジグを使用することが多いためHかXHになります。ショアの場合Hは柔らかめ、XHは硬めのロッドになります。

ブリジギングでのルアーウエイトの決め方~ジギング別~

出典:photo AC

ブリジギングで使用されるメタルジグのルアーウェイトは10g~200gになります。硬さによる適合ルアーウェイトは上述したようにXH(エクストラヘビー)は10g~200g程度、H(ヘビー)は10g~60g程度になります。

適合のルアーウェイトはショアとオフショアで選び方が異なりますので、以下に解説いたします。

ショアでのルアーウェイトは30g~60gが良い!

ルアーウェイトの選び方は、水深の倍と一般的に言われていますが、一概には言えません。ショアはオフショアに比べて水深が浅いため30g~60g程度で十分でしょう。ただし、潮の流れが速い場合は軽いとメタルジグが流れてしまい、着底に時間を要することがあります。その場合はより重いものを使用しましょう。また、より遠くにキャスティングしたい場合はそれも考慮し重いメタルジグを使用すると良いです。

オフショアでのルアーウェイトは100g~200gが良い!

オフショアはショアよりも水深や潮の流れが全く異なるため100g~200gを使用すると良いでしょう。着底に時間がかかる場合はより重いものを選択して時間効率をUPさせましょう。また、船長さんにどのルアーがよいかアドバイスをいただくのもありだと思います。

ブリジギングでは軽量ロッドがおすすめ!

ブリジギングに限らずジギングすべてに当てはまることですが、メタルジグを使用し、しゃくりを繰り返して水中でメタルジグを動かすためかなりハードな釣りになります。

そのため、できるだけ軽いロッドを選び体力消耗が激しくないものを使用しましょう。できるだけ軽いものを選ぶことによりブリジギングにおけるモチベーションも変わってきます。

ロッドの選び方~ジギング別~

出典:photo AC

ロッドの選び方をジギング別でご紹介いたします。

ショアでのブリジギングでは、長さ9ft~10ft硬さH(ヘビー)が良い

ショアでのブリジギングでは、遠投性やラインコントロール性を重視して長さ9ft~10ftの長さのロッドを選び、ショアでは10g~60gのメタルジグを使用することが多くなるかと思いますので硬さH(ヘビー)を選びましょう。

オフショアでのブリジギングでは長さ6ft~7ft硬さXHが良い

オフショアでは、ショアよりも深い場所を攻めることができるため感度やルアーコントロール性を重視し、長さ6ft~7ftを選択しましょう。長さが短いことで伝達スピードが早いため当たりを即座に感じ取ることが可能です。

また、硬さですがオフショアでは早くメタルジグを沈めたいという観点から60g以上のメタルジグを使用することが多くなると思いますので、XHを選択すると良いでしょう。

初心者はショアで経験を積むべし!

ブリジギング初心者の方は、ショアでのブリジギングで経験を積むことをおすすめします。ショアで経験を積むことでジギングにおけるルアーの動かし方キャスティング等釣りにおける基本動作をじっくりと学ぶことができます。

そのため、初心者はショアジギング用ロッドを選んでください。初心者におすすめの長さは9ftです。短いものから選んだほうが釣りがしやすく釣りに慣れやすいです。

おすすめロッド12選~ジギング別でご紹介~

ブリジギングにおけるロッドをショアでのブリジギングとオフショアでのブリジギングに分け6つずつご紹介させていただきます。

ショアジギングでおすすめのブリジギングロッド6選

ショアでの陸からの釣りでは、遠投性が高く、ラインコントロールがしやすいとされる長めのロッドを使用します。今回、ショアでのブリジギングにおいておすすめのロッド6つをご紹介します。

1.キャスト性能で選ぶならこのロッド!

シマノ コルトスナイパーXR S100MH

全長(m):3.05
継数(本):2
仕舞寸法(cm):157.0
自重(g):313
プラグウェイト(g):MAX70 / ジグウェイト(g):MAX90

Amazonで詳細を見る

このロッドの特徴は「ハイパワーX」に加え「スパイラルXコア」構造を採用することでブレ、ネジレが激減しています!
キレよくブレのないキャスト性能で中級者以上のアングラーにも納得いただける高い基本性能を誇ります。

2.気軽にショアを楽しむならこのロッド!

メジャークラフトショアジギングロッドスピニング3代目クロステージCRX-942SSJ9.4フィート釣り竿

ロッド(釣り竿)タイプ:スピニング
•使用可能な釣種:ショアジギング
•長さ(ft):9.4
•ルアー(g) :15-40
• PE(号):0.6-1.5
•アクション:レギュラー ファースト

Amazonで詳細を見る

このロッドの特徴は、3代目クロステージ共通のシャープで軽いブランクとクロステージによりアングラーの負担を軽減してくれるロッドになります。そのため、気軽に釣りを楽しむことができます。

3.ショアで遠投性能を求めるならこのロッド!

ダイワ ジグキャスター 100H・N

全長(m):3.05
継数(本):2
仕舞(cm):157
自重(g):271
対応ルアー重量(g):20~80 / 対応ジグ重量(g):30~100
適合ライン PE(号):2~4

Amazonで詳細を見る

このロットの特徴は遥か遠くのナブラや、回遊を狙うため、出来る限り広い範囲を探ることが可能な遠投性能を持っています。
ジグキャスターは遠投性能のみならず、しゃくりやすさも同時に追求した、軽量・肉厚設計になっています。

4.ライトからヘビーまでを網羅したロッド!

ダイワ(DAIWA)ショアジギングロッドスピニングショアスパルタンコースタル106MHショアジギング釣り竿

ロッド(釣り竿)タイプ:ショアジギングロッド / スピニング
•主な用途:ショアジギング
•標準全長(m):3.20 / 仕舞寸法(cm):165
•継数(本):2 / 標準自重(g):260
•先径/元径(mm):2.0(1.8)/15.4 ※先径は竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、( )内は素材先端部の外径です。
• 錘負荷 プラグ(g):20-70
•錘負荷 ジグ(g):25-90

Amazonで詳細を見る

このロッドの特徴は、小型から大型の青物をすべて狙うことができるオールマイティーなロッドになります。
狙うターゲットを変えたいときにこれ一本で済むので非常におすすめのロッドです。

5.中級者におすすめのロッドはこれ!

パームス ショアガン エボルブ SFTGS-103XH・BL

全長(ft):10’3フィート
継数:2
仕舞寸法(cm):160
対応ルアー重量(g):30-100
適合ライン(lb):15-40
適合ライン:PE 1.5-4.0号

Amazonで詳細を見る

5kgまでの青物を想定したショアゲームに最適なロッドです。
ジグだけでなく、ヘビークラスミノーやトップウォータープラグの操作性の高さも特徴です。
価格は30,000円前後で、初心者のステップアップや中級者、上級者のメインロッドにおすすめ。

6.大型ブリにも負けないパワー!

アブガルシア ソルティースタイル STJS-1032H-KR

継数:2
全長(ft/m):10'3"/3.12
仕舞(cm):160
標準自重(g):268
ルアー: 30-100g / PEライン(号):2-4

Amazonで詳細を見る

このロッドの特徴は軽さと高い感度。
そしてHアクションでパワーもあります。
グリップは握りやすい形状に設計されていますので、ファイトもしやすいです。
そのため、大型のブリに負けません。

オフショアジギングでおすすめのブリジギングロッド6選

オフショアでの船からの釣りでは、感度が良くルアーコントロールがしやすい短めのロッドを使用します。今回、オフショアでのブリジギングにおいておすすめのロッド6つをご紹介します。

1.ジグを思い通りにコントロールしたいならこのロッド!

シマノ オシアジガー S641

全長(m):1.93
継数(本):1
仕舞寸法(cm):193.0
適合ルアーウエイト(g):50-160
適合ラインPE(号):MAX2.5

Amazonで詳細を見る

このロッドの特徴は思い通りのジグアクションを楽しむことができるロッドです。新生オシアジガーはその本質を深く追求、コンセプトに応じたロッドワークの実現を目指し、低反発系の「ナチュラルジャーク」と高反発系の「クイックジャーク」を提案し、発売している。

持ち味の異なるふたつの個性を使い分けることでジグを的確にコントロールし、狙い通りのジグアクションでターゲットの捕食本能を刺激することが可能です。

2.ロングジャークするならこのロッド!

メジャークラフトジギングロッドスピニングアレキサンダーAX-S60/6釣り竿

ロッド(釣り竿)タイプ:スピニング
•使用可能な釣種:ジギング
•自重:約207g
•ライン:PE2~4号
•ルアー:120~200g
•アクション:S
•グリップ素材:EVA
•主なターゲット:ブリ カンパチ ヒラマサなど

Amazonで詳細を見る

このロッドの特徴はディープゾーンでも横引きで攻めることが可能なロッドです。ヘビージグを大きくシャクっても、その引き抵抗に負けることのないティップ~ベリー部のバランスは、つらいとされてきたディープゾーンでのロングジャークを快適にしてくれます。

また大物がヒットしたときのパワーはバットがしっかりと受け止めてくれます。

3.大物も素早く寄せるリフティングパワーが魅力のスピニングロッド!

ダイワ(Daiwa)ジギングロッドスピニングソルティガエアポータブルJ66HS釣り竿

ロッド(釣り竿)タイプ:ジギングロッド スピニング
•使用可能な釣り方:ジギング
•主なターゲット:ブリ ヒラマサ マグロ カンパチ
•全長:1.98m / 仕舞:103cm
•継数:2本
• 自重:280g
•先径:2.4mm / 元径:11.4mm

Amazonで詳細を見る

このロッドの特徴は細身肉厚のパワフルなブランクでの設計となっているため大物も素早く寄せる脅威のリフティングパワーを持つロッドになります。また、ロッド全体でタメが効くため、バラシは極端に少ないロッドです。

4.スロー系ジギングロッドならこれ!

アブガルシア ソルティーステージ PRM スキッドシャフト SPJS-57M/210

全長(ft/cm):5'7"/170
仕舞寸法(cm):170
標準自重(g)230
ルアー(g):80-250g
PEライン(号):~5
パワー:M(ミィディアム)

Amazonで詳細を見る

このロッドは、ABU独自のブランクス成型技術、Muscle Braid(マッスルブレイド製法)を採用したスロー系ジギングロッドです。
操作性が高く、ワンピッチ、ハイピッチ、コンビネーションジャークとありとあらゆるメソッドを高次元で操作可能。
20Kgオーバーのヒラマサ、カンパチ等の大型魚もビクともしない非常に強靭なロッドです。

5.大物も素早く寄せるリフティングパワーが魅力のベイトロッド!

ダイワ(Daiwa)ジギングロッドベイトソルティガエアポータブルJ66HB釣り竿

ロッド(釣り竿)タイプ:ジギングロッド ベイト
•使用可能な釣り方:ジギング
•主なターゲット:ブリ ヒラマサ マグロ カンパチ
•全長:1.98m / 仕舞:103cm
•継数:2本
• 自重:270g
•先径:2.2mm / 元径:12.9mm

Amazonで詳細を見る

このロッドの特徴は細身肉厚のパワフルなブランクでの設計となっているため大物も素早く寄せる脅威のリフティングパワーを持つロッドになります。また、ロッド全体でタメが効くため、バラシは極端に少ないロッドです。

6.ジグの操作性で選ぶならこのベイトロッド!

シマノ(SHIMANO)ジギングロッドオシアジガー∞(インフィニティ)モーティブB610-3

全長(m):2.08
•継数(本):2
•仕舞寸法(cm):161.2
•自重(g):130
•先径/元径(mm):2.0/10.3
•適合ジグウエイト(g):130~300
•適合ライン PE(号):MAX 2.5

Amazonで詳細を見る

このロッドはジャークとフォールを高次元で両立させることが可能なロッドです。このロッドではまるで指先の感覚のごとくジグを操り、魅惑的なロングフォールアクションでターゲットに口を使わせることを追求したシリーズになっています。

自分に合ったブリジギングロッドでブリを釣ろう!

今回、ブリジギングロッドの選び方やおすすめのブリジギングロッドを紹介してきましたがいかがでしたか。ブリジギングでは、非常に体力を使うパワフルな釣りになります。

そのため、より軽量なロッドを選ぶことで長い時間釣りに専念することができ、ブリを釣ることができる可能性が高くなります。

また、釣りをする環境に応じて適切な長さのブリジギングロッドを用いることで、ルアーアクションやラインコントロールが簡単にでき釣りを楽にすることができます。今回ご紹介させていただいたロッドの選び方を参考にブリジギングロッドを選定してみてはいかがですか。

関連記事