FishMasterのロゴ

hakoo

ヒラメと濁りの関係性を徹底解説!濁りに有効なオススメルアー紹介

海の濁りが原因でヒラメ釣りをあきらめた経験はありませんか?
結論からいうと、濁りがあってもヒラメは釣れます!
そこで今回は、濁りがある中でもヒラメ釣りを楽しむポイントをご紹介いたします。

濁りはヒラメ釣りの強い味方!賛否両論の濁り徹底解説

出典:pixabay

結論、濁りはヒラメ釣りの強い味方です!

でも、濁りがある時はヒラメが釣れないという人も一定数いますよね。賛否両論あるのは事実ですが、なぜ濁りが発生するのかを考えれば答えは自ずとでてきますよ。

濁りの原因はズバリ土砂!

出典:pixabay

海の濁りの原因はさまざまですが、1番多いとされるのは川からの土砂です。
雨の影響により土砂が川に流され、細かい泥が海まで運ばれてしまいます。
砂より泥の方が、濁りが強いので土質によっても濁り方が異なります。
台風や大雨など被害が大きい場合は、数日濁りが続くこともありますよ。

2番目に生活排水の汚れが海に流れて濁るケースです。
生活排水にはさまざまな成分が混ざっており、それを餌にしているプランクトンが大量発生し、濁っているように見えてしまいます。
この現象は赤潮と呼ばれていて、琵琶湖や湖でも発生します。

また季節風の影響で、夏(6~8月)は南東の方向に砂交じりの風が吹くため太平洋側で濁りやすいです。
その逆で、冬(12~2月)は北西の方向に風が吹くため、日本海側で濁りやすい特徴もありますので、覚えておきましょう。

濁りがヒラメ釣りの強みになる!

ヒラメの餌となる小魚は、綺麗な岸際より少し濁った岸際を好む傾向があります。
当然、小魚にとってヒラメは天敵ですから、濁っていた方がヒラメから身を守ることができます。
つまり、小魚が濁っている岸際多く身を寄せていれば、それを狙ってヒラメも岸際に姿を現します。

また、濁っていることでルアーと餌の判別が難しくなり、餌と間違えて食いがよくなるメリットもあります。
ルアー釣り初心者の人ほど、濁りのある日にヒラメ釣りをすると良い結果に結びつくこともありますよ。

濁りを利用したヒラメ釣り!

出典:pixabay

当然ですが、濁りの影響で小魚だけでなくルアーも気づかれないとヒラメは釣れませんよね。
濁りがある日は特にフッキング性能が高く様々なアクションに対応できるルアーを選択する必要があります。

ここからは、濁りがあるときの釣り方をオススメルアーと共にご紹介していきます。

濁りが薄いボトムを狙う!

濁りが強いのは表層の部分だけで、ボトム付近は案外濁りが薄いです。
ヒラメはボトムに張り付く魚ですので、ボトムから30cm前後を意識して狙ってください。

濁りが強くても一度ボトム付近にアクションの強いミノーやメタルジグを通して反応を確かめてくださいね。

目の前に落とし込む!

濁った海では、ヒラメの活性も落ちていることが多いです。
そういった時は、ボトムに着底するタイミングでアクションを加えてあげるとアタリが狙えます。
ヒラメはググっと竿が引き込まれるようなアタリですので、アクションを加えるときはその感覚を忘れないようにしましょう。

場所を変えるのも大事!

濁りの原因は地域や地形によっても変わることは前述でも説明しました。
濁りが強すぎるとさすがにヒラメも釣れにくくなるというケースもあります。

サーフを選ぶ際は、潮通しのよいポイントを選びことも重要です。
河口付近で濁りが強いのであれば、少し河口から離れたポイントでルアーを通すことをオススメします。

濁りのある日のヒラメ釣りに有効なルアー10選

濁りがあるときにこそ真価を発揮するおすすめルアーを一挙ご紹介します。
みなさんもルアー選びの参考にしてみてください。

ヘビーウエイトミノーの進化版!

優れた弾道性能とヘビーウエイトに加え、安定したハイスピードボトムアクションを実現したヒラメ釣りにピッタリのルアーです。
硬めのロッドと組み合わせるより泳ぎだしの良さを感じることができますよ。
価格は、1700円前後で購入可能です。

メガバス(Megabass)ルアーFLATBACKER(フラットバッカー)

カラー GG アカキン
サイズ 110mm

Amazonで詳細を見る

進化しつづけるヒラメミノー!

ヒラメ釣りに欠かせないピンク系のミノーを代表するルアーです。
シマノさんのヒラメ釣りに関するノウハウがギュッと濃縮されたヒラメミノーです。
広範囲に光を拡散する性能があるため濁った海での効果は抜群です。
価格は、1700円前後で購入可能です。

シマノシンキングルアー熱砂ヒラメミノーIII125S25g125mm

カラー クリアピンク
サイズ 125mm / 重量25g

Amazonで詳細を見る

シビアな状況下でも高いポテンシャルを発揮!

小型ベイトを彷彿させる演出とタイトなアクション実現してくれるルアーです。
濁った海の中でもその高いポテンシャルを発揮し、素早いアクションを可能にしてくれます。実力者も使用する信頼と実績のあるところも魅力ですよね。
価格は1200円前後で購入可能です。

ジャッカル ビッグバッカー80 82mm 25.5g ボラギン/マグマウェーブホロ

タイプ:シンキング
サイズ:82mm
重量:25.5g
カラー: ボラギン/マグマウェーブホロ

Amazonで詳細を見る

ナチュラルなベイトの動きを演出!

逆風にも負けない安定した飛行性能を持ち合わせ、海の中ではナチュラルなベイトの動きを演出する優れたルアーです。
目立つ色合いも魅力ですよね。
価格は1200円前後で購入可能です。

JACKALL(ジャッカル)メタルバイブレーションビッグバッカー8082mm25.5gピンクバックイワシ/ボーダーホロ

カラー ピンク
サイズ 82mm / 重量25.5g

Amazonで詳細を見る

コンパクトなのに厚みのある独特のモデルが魅力!

メタルジグの定番として知る人も多いギャロップアシストモデル!
飛距離に特化しただけでなく、ベイトの動きもリアルに再現している万能なルアーです。
厚みのあるシルエットはヒラメに効果抜群です。
価格は、700円前後で購入可能です。

Jackson(ジャクソン)メタルジグルアーギャロップアシストフォールエディション72mm30gブルピン

カラー ブルピン
サイズ 72mm/重量30g

Amazonで詳細を見る

サーフでのヒラメ釣りには欠かせない!

ヒラメのために開発されたルアーといっても過言ではないアクションが魅力のルアーです。
ボトムに落とし込んだときのローリングフォールはヒラメが好む動きをしてくれます。
濁りがある中でもアピールできる点は今回の釣りにピッタリのルアーですよね。
価格は1700円前後で購入可能です。

ダイワ フラットジャンキー サーフハリケーン 110S

カラー:オレンジゴールドレッドベリー
サイズ(mm):110
標準自重(g):35

Amazonで詳細を見る

ワイドウォブンロールで派手な動きを演出!

コンパクトなうえにウエイトバランスがしっかりしているので、アピール力は格段にあがっています。また、グネグネした動きが特徴のワイドウォブンロールもヒラメの興味をそそる動きを再現してくれます。
価格は1500円前後で購入可能です。

シマノ 熱砂 ドリフトスイマーII 100HS OL-210Q

タイプ:ヘビーシンキング
サイズ(mm):100
対応魚種:ヒラメ マゴチ シーバス
自重(g):30
フックサイズ:#4x2

Amazonで詳細を見る

フラットフィッシュ仕様!

シャープなボディーから演出される水平姿勢を保ったローリングフォールは美しいの一言。
強いアクションにも向いてるルアーですので、ヒラメやマゴチにはとても相性のよいルアーです。
価格は1300円前後で購入可能です。

アングラーズリパブリックミノーエフリード90Sチャートバックレインボールアー

カラー レインボー
サイズ 90㎜/26g

Amazonで詳細を見る

ヒラメ釣り初心者にはオススメ!

アクションレスポンスが非常に高く、ヒラメ釣り初心者にはありがたいルアーです。
雑誌やTVでも活躍するヒラメ釣りを得意とする堀田光哉の持つノウハウがしっかり組み込まれており、ヒラメも思わず食いついてしまうほどナチュラルな動きを実現しています。
価格は1500円前後で購入可能です。

デュオ ビーチウォーカー アクシオン マズメイワシ

全長:95mm
重量:30g
タイプ:重心固定・ヘビーシンキング
フック:がまかつSP-MH#4
リング:フックアイ#3
レンジ:0.6~1.5m

Amazonで詳細を見る

異次元の飛距離を可能にする!

ぶっとびくん形状でしか味わえない飛距離はとても魅力的ですよね。
万能な性能を兼ね備え、どのフィールドでも臨機応変に活躍してくれるルアーです。
価格は、2000円前後で購入可能です。

JUMPRIZE(ジャンプライズ)ペンシルベイトぶっ飛び君ライト95SS95mm16gイナッコSTS#101

カラー イナッコSTS #101
サイズ 95㎜/16g

Amazonで詳細を見る

濁りを味方につけてヒラメを狙おう!

出典:pixabay

今回は、濁りがある時のヒラメ釣りのポイントをご紹介いたしました。
濁りの原因を知り、ポイントを理解してヒラメ釣りに挑むと釣果は変わってきます。
濁りがあるから釣れないと決めつけるのは、正直勿体ないですよ。

また、前日の天気予報や周辺地域の天気を知っておくと、濁りがどの程度強いか把握できるようになりますので、あらかじめチェックしておくとよいでしょう。
今回ご紹介した情報を活用してヒラメ釣りを楽しんでくださいね!

関連記事