FishMasterのロゴ

garaxypolice29

アイナメ釣りのジグヘッドはどう選ぶ⁈おすすめと使い方を徹底解説!

アイナメはロックフィッシュと呼ばれるターゲット達の中でも比較的大型になり、そのトルクフルな引き味でアングラー達から高い人気を博しています。今回はそんなアイナメに有効なジグヘッドでの釣り方やオススメを紹介していきます!

当サイトおすすめ!
★ メタルジグ人気ランキング ★

ダイワ(Daiwa) メタルジグ アジング メバリング 月下美人 プリズナーTG 7g イワシ ルアー

Amazonで詳細を見る

Jackson(ジャクソン) メタルジグ ギャロップベイビー 41mm 7g ライブベイト ルアー

Amazonで詳細を見る

メジャークラフト ルアー ジグパラ マイクロ JPM

Amazonで詳細を見る

アイナメは岩場のフィッシュイーター!

アイナメとは日本沿岸の岩礁帯に広く分布する底生魚で、食用としても人気のある魚です。
大きさは30cmから40cmほどになる魚で大きな個体では60cmを超えるものもいます。
また、ロックフィッシュと言えば夜行性のイメージがあると思いますがアイナメは昼行性で岩礁帯やテトラポットなどのストラクチャーに好んで生息しています。
食性は小魚、甲殻類、多毛類と多岐にわたり、ルアーにもアグレッシブにアタックしてくるため全国のアングラーから人気のあるターゲットになります。

アイナメ釣りで使うジグヘッドはこれだ!

出典:pixaboy

アイナメ釣りにおいてジグヘッドは切っても切れない関係性にあり、ロックフィッシュといえばテキサスリグと言われる昨今でも根強い人気のあるリグになります。

ジグヘッドと一口に言ってもシチュエーションに合わさせた様々な形状のものが各メーカーからリリースされており、オーソドックスなボールタイプのものやすり抜けを重視した形状のものなどがあります。
ジグヘッドを使うメリットとして挙げられるのが卓越したフッキング性能とセットのしやすさにあります。ジグヘッドは針がむき出しになっており魚の口にダイレクトにフックを掛けることができます。また、刻々と状況が変わる海でリグをセットする時間を短縮できる事は大きなアドバンテージになります。

デメリットとしては針がむき出しなゆえに根掛かりしやすくなるという点です。ですが根掛かりが多発するフィールドではオフセット形状のものを選んだり、針をワームのボディにうまく隠すなどして対応できます。

アイナメ釣りのジグヘッドの選び方!

出典:pixaboy

ジグヘッドの重さの選び方!

それでは実際にシチュエーション別のジグヘッドの選び方について解説していきます。
まずはジグヘッドの重さについてですが基本的には浅いエリアでは6〜10g程の軽いウェイトのジグヘッドを使用し、深いエリアでは10〜20gの重めのジグヘッドを使用します。
ですが例外として浅いエリアで重いジグヘッド、深いエリアで軽いジグヘッドを使う場合もあります。どういうことかと言いますと、例えば浅いエリアでアイナメが早い動きのアクションに反応が良い場合軽めのジグヘッドですとキビキビとしたアクションを演出することは難しくなります。ですのでこういった場合は浅いエリアでも重いジグヘッドを使うことによりアイナメのキャッチ率が上がります。逆に深いエリアで軽いジグヘッドを使う場合はアイナメがスローなアクションや水面を意識して捕食している場合、軽いジグヘッドを使用したほうがアイナメの行動にマッチしています。

ヘッドの形状とフックの大きさは?

次は形状についてですが比較的フラットなエリアではボトムバンピングさせやすいボール型のものをチョイスし、逆にハードなロックエリアや海藻が生い茂るエリアではすり抜けを重視した三角形状のジグヘッドを選ぶと良いでしょう。
最後にフックの大きさについてですが基本的に食いが渋く掛かりが浅い場合はミニマムなシルエットのワームに小さめのフックを選び、アイナメの活性が高い場合にはフッキング率の高いフックの大きなものを選ぶと良いでしょう。

アイナメ釣りで使うジグヘッドリグの使い方!

出典:pixaboy

リアクションバイトを誘発!縦アクション!

まず縦方向のアクションについてですがバリエーションの種類としてボトムバンピング、リフトアンドフォールがあります。
ボトムバンピングは竿を小刻みに動かして、ボトムからワームを跳ねさせて甲殻類の動きを模した動かし方です。
リフトアンドフォールは竿を上に大きく動かし、水面に浮上する小魚や甲殻類を模したした動かし方になります。これらのアクションに適しているのが丸型やフットボール形状のジグヘッドになります。

広範囲を効率よくサーチ!横アクション!

次に横方向のアクションですがスイミング、ズル引き、ストップアンドゴー、ダートアクションがあります。
スイミングとはいわゆるタダ巻きの事で、小魚を模した動かし方です。アイナメのその日の活性に合わせてゆっくりタダ巻くか早めに巻くか探る必要があります。
ズル引きは底を這わせるようにワームを動かす、甲殻類を模したアクションで基本的にはタダ巻きして障害物に当たったらシェイクしての繰り返しになります。
ストップアンドゴーは文字通りリーリングとストップを繰り返すアクション方法で小魚のイレギュラーな動きを模しています。ストップしてからの巻き始めにバイトが多いです。
ダートアクションは逃げ惑う小魚を模しており、ワームを中層で跳ね上げるようにして竿を連続して上に動かします。
これらのアクションに適したジグヘッドがヤジリ型や比較的先が尖ったタイプのジグヘッドになります。

アイナメを釣りたいなら持っておきたいおすすめジグヘッド10選

出典:pixaboy

ここまでジグヘッドの様々な形状と状況に合わせたジグヘッドの選び方を解説してきましたが、これらをうまく使い分けれるか否かで釣果に大きく影響してきます。
とは言うものの初心者の方や釣りを始めて間もない方などはどのメーカーのジグヘッドがいいのかわからない方もいると思いますので、実際に筆者が使用したことのあるオススメできるジグヘッドを用途別に紹介していきます。
この中からお気に入りのジグヘッドが見つかれば幸いです。

静かなアプローチでアイナメを誘惑!

オーナー(OWNER)静ヘッドJH-6114g

ナチュラルサイレント仕様。とても「静かに」ナチュラルにアプローチ可能です。

Amazonで詳細を見る

こちらの静ヘッドはナチュラルを追求した設計で、アイナメをはじめとしたロックフィッシュを違和感なくバイトに持ち込みます。
安定した姿勢と抜群の飛距離が持ち味で特にスイミングアクションに向いているジグヘッドになります。

オールラウンドなジグヘッド!

エコギア イワシヘッド

サイズ:1/0号
自重:3/8oz(3.5g)

Amazonで詳細を見る

エコギアから販売されているソルト用ジグヘッド。
低重心設計で安定したスイミングアクションが可能です。
また、ボトムバンプなども高次元にこなす万能さも持っています。

究極の万能型ジグヘッドはこれだ!

がまかつ(Gamakatsu)レンジスイマータイプリバーシブル#2/0-21g

究極の万能型ジグヘッド登場!

Amazonで詳細を見る

計算しつくされたヘッド形状で安定したスイミング姿勢と圧倒的な飛距離を可能にしています。装着するアイ位置を変えることで、同バランスで上下両面での使用が可能となり、様々なシチュエーションに対応できるまさに万能型ジグヘッドと言えるでしょう。

ディープエリアのアイナメを一網打尽!

OWNER(オーナー)JH-60ファイアヘッド25g#2/0

飛行時には飛行姿勢が安定するアイポジションへ自動的に移動する高性能ジグヘッド!

Amazonで詳細を見る

こちらのファイヤヘッドは高比重タングステンでできているため、その分シルエットを小さくでき、空気抵抗が少ない分遠くのアイナメにアプローチすることができます。タダ巻きやストップアンドゴーに向いているジグヘッドになります。

安定したボトムバンピングでアイナメを狙い撃ち!

オーナー(OWNER)JH-25黒豆ヘッド3/811571

フックはショートバイトにしっかり対応するストレートポイント&レギュラーワイヤー採用。

Amazonで詳細を見る

黒豆ヘッドは販売されているものだとシルバーのジグヘッドが多い中、ブラックの塗装により水中でのシルエットがはっきりしているところが特徴です。
また、ボトムでの安定性能が抜群でボトムバンピングやズル引きに威力を発揮します。

ミニマムなシルエットでナーバスなアイナメもイチコロ!

KEITECH(ケイテック)スーパーフットボールジグヘッド5/16オンス

比重13の高比重樹脂タングステンを使用!

Amazonで詳細を見る

スーパーフットボールジグは高比重樹脂タングステンを使用しており、その重さからは想像できないほど小さなシルエットに収まっています。
ですので小さいながらキビキビとしたアクションが可能で、スレきったアイナメの口も使わせる事を可能にしています。
また、ワイヤーガードが装着されていますのでちょっとした海藻によってアクションが邪魔されることもありません。

フッキング率抜群のフットボールジグヘッド!

がまかつ(Gamakatsu)バラフットボール28(NSB)1-7G

バラしを防ぐベンドカーブデザイン!

Amazonで詳細を見る

こちらのジグヘッドはフックの鋭さや耐久性で定評のあるがまかつのフットボールジグヘッドになります。
また、短めのシャンクとレギュラーワイヤーの採用で、フック強度が更にパワーアップしています。

イレギュラーなダートアクションでリアクションバイトを狙え!

がまかつ(Gamakatsu)ジグヘッドワインドマスターラウンドDヘッドシルバー21g.

摩擦ゼロ感覚のスムーズなフッキングと強度を合わせ持つ「トレブルRB-M ナノスムースコート」#2を標準装備!

Amazonで詳細を見る

こちらのジグヘッドはスローワインドをコンセプトにしたワインド用ジグヘッドです。既存のワインド用ジグヘッドとは違う変わったヘッドデザインが、軽い力で左右のダートアクションと、上下方向の動きをプラスしたスロー3Dダートアクションを生み出します。このスローワインドが今まで反応しなかったアイナメのスイッチを入れます。
また、ダートだけに留まらず、フォール、ただ巻きといったあらゆるメソッドを、アングラーの意のままに演出できます。

安定したダート性能でバイトを誘発!

コーモラン(CORMORAN)アクアウェーブスパークヘッド1/2oz#1シルバー

オーバーハング気味にデザインされた低重心ボディが、鋭く、安定したダート性能を発揮!

Amazonで詳細を見る

計算された低重心ボディーによって鋭く、安定したダートアクションが可能で初心者の方でも簡単に操作することが可能です。

ワインド用ジグヘッドと言えばこれ!唯一無二のダート性能!

オンスタックルデザインZZヘッド1/2ozスタンダードトレブルフック付

ワインド専用ジグヘッドの完成形!

Amazonで詳細を見る

ZZヘッドの特徴でもあるワイドなダートアクションにより強制的にアイナメの捕食本能にスイッチを入れることができます。ワインドを始めるなら持っておきたいジグヘッドの1つです。

アイナメ釣りのジグヘッドリグは奥が深い!

ここまでアイナメ釣りにおけるシグヘッドの種類や使い方、おすすめのジグヘッドまで紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?一口にジグヘッドと言ってもボトムバンピングやズル引きに適したフットボール型やダートアクションに特化した三角形状のものなど多岐にわたる種類があります。
自分が行くフィールドのボトムの状態や魚の活性、潮流などからその日に反応が良いジグヘッドを見つけ出す必要があります。そしてそれがアイナメ釣りの醍醐味でもあります。
ですので1つのジグヘッドで全てをまかなう事は難しく、そのために様々な形状のジグヘッドを持っておくことで釣果アップへとつながります。

当サイトおすすめ!
★ メタルジグ人気ランキング ★

ダイワ(Daiwa) メタルジグ アジング メバリング 月下美人 プリズナーTG 7g イワシ ルアー

Amazonで詳細を見る

Jackson(ジャクソン) メタルジグ ギャロップベイビー 41mm 7g ライブベイト ルアー

Amazonで詳細を見る

メジャークラフト ルアー ジグパラ マイクロ JPM

Amazonで詳細を見る

関連記事