FishMasterのロゴ

nuri

初心者必見!ウキ釣りにつける餌の種類と付け方をそれぞれ紹介!

堤防釣りの中で初心者からベテランまで幅広い層に愛されているウキ釣り。餌によって狙える魚種が異なるのも魅力です。今回はウキ釣りにつける餌の種類と付け方について紹介します。

ウキ釣りで使われる餌とその特徴

出典:photo-ac

ウキ釣りとは名前の通り、ウキを使って餌を水中に漂わせることで魚をおびき寄せて釣る方法のことをいいます。ターゲットは使用する餌によって異なりますが、クロダイやメジナがターゲットとして人気です。他にもアジやメバルなども釣ることができます。

ウキ釣りに必要な仕掛けとタックルは以下の記事を参考に選ぶと良いでしょう。

回遊魚から大物まで!ウキ釣りで使う餌の種類と釣れる魚

ウキ釣りの餌選びは、釣れる魚種が変わってくるため、非常に重要となってきます。今回はアオイソメ、アミエビ・シラサエビなどのエビ類、海苔の3種類の特徴と釣れる魚種について紹介します。

アオイソメ

出典:photo-ac

アオイソメはミミズに似た虫です。釣具屋で購入することができ、釣り場の自販機で売っているところもあります。他の虫類のエサと比較して、価格が安く、生命力が強いのが特徴です。ウミタナゴやメバルからシーバスなどの大物も狙うことができる万能な餌なので、とりあえず何か釣りたい場合はアオイソメを選びましょう。

エビ類

エビ餌にも様々な種類があり、今回は冷凍されているオキアミと活きエビのシラサエビを紹介します。

オキアミ

出典:photo-ac

オキアミはウキ釣り定番の餌です。メジナやチヌを狙うことができ、時期や時間帯によってはアジやサバなどの回遊魚も釣れます。冷凍されていることがほとんどで、釣具屋で比較的安価に購入することが可能です。ハリに刺して使う餌だけでなく、撒いて集魚するマキエに使われることも多く、釣りをする際は、1つクーラーボックスに入れておくと便利です。

シラサエビ

記事175の画像27185

出典:visualhunt

シラサエビはテナガエビの1種で透明な体をしているエビです。琵琶湖あたりでは1年中取れるため、関西では活餌として人気を集めています。このエビは水中で横に泳ぐため、エビを付ける前に振ったりして気絶させてから付けましょう。活きエビは魚の喰いつきが良く、シーバスやチヌなどの大物を狙うことができます。

海苔

記事175の画像27186

出典:visualhunt

海苔はメジナを釣る際に有効な餌です。釣具屋で販売していますが、自分で餌を調達することもできるため、メジナ師に人気の餌となっています。また、海苔餌ではほぼメジナしか釣れないため、エサ取りが間違えて釣れるなんてこともありません。

海苔には青海苔やアオサ海苔などの種類がありますが、どれも同じなので、あるものを使いましょう。

ウキ釣りの餌の付け方

出典:photo-ac

ここでは餌の付け方を紹介します。付け方次第で釣果が変わったりするので、色んな付け方を試してみるのがおすすめです。

アオイソメの付け方

基本は通し刺し

アオイソメの口または頭の横部分にハリを刺し、奥まで差し込みます。カーブになっているフック部分はハリを出すことで、アオイソメがハリに対して真っすぐなるよう付けます。魚の活性が高い場合は、垂れている部分を切り落として短くすることで、バイトが得やすくなります。活性が低い場合は垂れている部分を残すことで、アタリを増やし、バイトにつなげるのがポイントです。

チョン掛け

アオイソメを横刺ししてハリに少しだけ引っかける付け方です。魚の食いつきが弱いときに複数のイソメをチョン掛けすることでアタリを狙います。通し刺しでなかなか釣果が上がらない場合は、チョン掛けを試してみましょう。

オキアミの付け方

基本は腹掛け

エビの尻尾部分を落とし、エビがお腹側に丸くなるようハリを通していく付け方です。針先をエビから少し出すことで餌が途中で取れることを軽減できます。

背掛け

腹掛けとは逆で、背中側が丸くなるようにハリを刺す方法です。餌を遠くまで飛ばすことができますが、エサ取りがいるとすぐに餌がなくなってしまうので、状況に合わせて使い分けましょう。

2匹掛け

1匹を腹掛けのように付け、フック部分からハリを出した後、出ている部分にさらにお腹側からエビを付ける方法です。2匹付けることで魚のアタリを多くしたり、エサがすぐなくなるのを防いだりする効果があります。

アタリが渋い場合は3匹掛け

アオイソメのチョン掛け同様、エビを横に複数刺す付け方です。付ける際はお尻の硬い部分にハリを通すことで餌が外れにくくなります。釣果が乏しい場合は、思い切ってこの付け方をやってみましょう。

シラサエビの付け方

基本はチョン掛け

シラサエビのチョン掛けは、エビ1匹の尻尾部分にハリをチョンと付ける方法です。活きたエビなのでアミエビと同じ付け方をしてしまうと死んでしまうので注意しましょう。尻尾部分はエビに一番ダメージが少ないため、他の掛け方より弱りが遅くなるのがメリットです。

鼻掛け

エビの頭と脳の間部分を横から刺すことを鼻掛けといいます。この時、エビの脳みそ部分を刺してしまうと死んでしまうので、注意しましょう。尻尾にハリを付けるよりもエビが自然に動くため、活き餌に慣れている人はこの付け方をしていることが多いです。

海苔餌の付け方

海苔を複数手に取り、ハリに巻き付けるようふわっとつけます。ハリが隠れるくらいの量がおすすめです。硬くつけてしまうと喰いつきが悪くなったりするため、バランスを大事にしましょう。

初心者はオキアミがおすすめ!

出典:photo-ac

ウキ釣りでおすすめの餌はオキアミです。特に初心者はまず釣れることが大事なので、アジなどの回遊魚も釣ることができるエビ類の餌を選ぶことをおすすめします。違う魚種を釣りたい場合はアオイソメ、大物を狙いたい場合は活きエビ、メジナをピンポイントで狙いたい場合はアオサなど自分の釣りたい魚種に合わせて選択するのが良いでしょう。

まとめ

今回はウキ釣りに用いる餌の種類とその付け方について紹介しました。餌を変えると釣れる魚種が変わるため、同じウキ釣りでも飽きることはないでしょう。活きエビを使って大物を狙うのも良いですし、アオサを極めてメジナを爆釣するのも良いでしょう。様々な釣り方を楽しめるウキ釣りだからこそ、初心者からベテランまで人気を集めているのです。

関連記事