FishMasterのロゴ

19900728tetsu

ウツボ釣りの餌と餌の付け方を紹介!餌を知って海のギャングを釣ろう

ウツボは餌で釣ることができます。餌を使って海のギャングと言われるウツボを釣ってみましょう。今回は、ウツボ釣りにおける餌と餌の付け方をご紹介いたします。

ウツボ釣りで使われる餌は活き餌か切り身!

出典:photo AC

ウツボ釣りでは活き餌を使用した泳がせ釣りや魚の切り身を付けた餌釣りがあります。そこで、以下にウツボ釣りで代表てきな餌についてご紹介していきます。

泳がせ釣りでウツボを釣るための餌をご紹介!

出典:photo AC

ウツボはテトラポットや磯付近に潜み、小魚等を狙って食べています。そのため、小魚等をテトラポット付近や磯付近を泳がすことによって釣ることができます。そのため、代表的な活き餌をご紹介していきます。

コアジ

出典:photo AC

アジは、泳がせ釣りにおいて定番の餌になります。アジは現地で簡単に釣ることができ、現地調達しやすいためです。

また、餌持ちも良いため、人気の活き餌になります。また、活き餌保管時は酸素を送り込めるポンプ等が付いたクーラーボックスを使用すると長持ちするため良いでしょう。

コイワシ

出典:photo AC

コイワシもアジには劣りますがウツボを釣るための良い活き餌です。イワシもアジ同様に簡単に現地で調達できます。アジほど餌もちが良くないため、針の太さに工夫が必要になります。

また、活き餌保管時は酸素を送り込めるポンプ等が付いたクーラーボックスを使用すると長持ちするため良いでしょう。

コサバ

出典:forter

コサバもイワシ同様にアジには劣りますがウツボを釣るための良い活き餌です。コサバもアジ同様に簡単に現地で調達できます。アジほど餌もちが良くないため、針の太さに工夫が必要になります。

また、活き餌保管時は酸素を送り込めるポンプ等が付いたクーラーボックスを使用すると長持ちするため良いでしょう。

魚の切り身でウツボを釣るための餌をご紹介!

出典:photo AC

ウツボは魚の切り身等でも釣ることができます。魚の切り身にはどのようなものが使用されるがご紹介いたします。

魚のアラ

魚のアラは、血の匂いが強烈でアピール力があります。そのため、ウツボを引き寄せる効果があります。魚のアラを撒き餌として使用し、泳がせ釣りを行う方法もあります。

魚のアラを付け餌として使用してもウツボを釣ることが可能です。魚のアラは近所のスーパー等でタダで手に入る可能性がありますので、泳がせ釣りの餌より、現地調達の手間がかかりません。

魚の切り身

アラほどは、強烈な匂いは発しませんが、付け餌としては代表的な餌になります。こちらも釣り具や等や現地での餌の調達をしなくてもスーパーで手軽に手に入ります。また、現地でも小魚を調達できるため、小魚を捌いて餌にもできます。しかし、手間がかかるためおすすめはしません。スーパーや釣具店等で入手するのが良いでしょう。

泳がせ釣りでの餌の付け方をご紹介!

出典:photo AC

活き餌のつけ方は基本どの餌も同じであるため、例としてアジで説明していきます。また、活き餌への針のつけ方は、大きく分けて2種類あるためその付け方をご紹介していきます。

針の付け方1(鼻掛け)

鼻掛けは泳がせ釣りの基本となり、鼻の片方の穴から針を入れてもう片方の穴から針先を抜きます。
長所としては泳ぎが非常に良く弱りも遅いので長時間アピール出来て、浅場~深場を問わず使用できる点が挙げられます。
しかし、慣れないと針のスッポ抜けが多いので、知らぬ間に餌が逃げてしまい手返しが悪くなる点や、本命が近づいて餌が激しく暴れた際にも外れやすいという点が挙げられます。

針の付け方2(背掛け)

背掛けは文字通り餌の背中の片方から針先を入れてもう片方へ貫通させる掛け方です。 付け方も非常に簡単で、慣れない人でもすぐに出来てしっかり固定できます。 オモリを付けずに自由に広範囲を泳がせたい場合は背中の前半分(頭部に近い箇所)に刺して、少しでも深く潜らせたいという場合は後ろ半分に刺すと良いです。

短所としては、どうしても仕掛けを沈める際に餌に掛かる抵抗が大きくなることが挙げられるので、深場を攻める場合は向いていません。

魚の切り身を使用時の餌の付け方をご紹介!

出典:photo AC

アジのアラやアジの切り身に関してはどちらも同じ付け方になります。どちらもチョン掛けでOKです。そのため、非常に手返しの良い餌です。活性がより高いときは非常に効果的な餌になります。

餌取付時のぬめりや臭みとサヨナラ!ぬめり、匂い消しアイテム!

出典:photo AC

餌釣りでは泳がせ釣りや切り身などの餌での釣りでは餌取付時のぬめりや、臭みがとても嫌なことです。そこで、こんな悩みをお持ちの方に便利なぬめりや匂い消しアイテムをご紹介いたします。

1.餌を付けた後はこのウェットティッシュがおすすめ!

臭いが消えるティッシュ明邦

メイホウ 臭いが消える ティッシュ (ウェットティッシュ)
■容量:10枚
■用途:手肌の消臭・除菌、道具の消臭
●手についた魚やエサの臭いが拭くだけで簡単に取れます。破れにくい厚手タイプで道具のお手入れにも最適です。製法特許の新素材により消臭と殺菌効果があります。

Amazonで詳細を見る

水で洗ってもなかなか取れない生臭い匂いをこのウェットティッシュを使用することで簡単に匂いをとることができます。そのため、非常に人気のアイテムです。

2.服についた生臭さもこれで解決!

タカミヤ 釣専消臭 300ml

適応温度:0℃~120℃
内容量:300ml

Amazonで詳細を見る

生臭い匂いが洋服についてしまった時にこのスプレーの匂い分解効果により簡単に消臭することが可能です。
1本持っていても損はありません。

3.魚の匂いが消えた!釣り終わりにはこの石鹸がおすすめ!

ディフィッシングソープ 237ml

容量:237ml

Amazonで詳細を見る

天然成分のみでブレンドされたリキッドソープです。
自然をいっさい傷つけない生分解性なので、キャンプ時にも重宝します。

ウツボを釣るためにはアジのアラがおすすめ!

出典:photo AC

ウツボを釣るためにはアジのアラがおすすめです。アジのアラは血生臭い匂いがするため、ウツボもそれを求めてやってきます。そして、餌を付けるのに手返しが良いため非常に効率よく釣りができます。
もし、釣れない場合は活き餌等を使用すると反応し、食う場合がありますので、アジのアラ等を撒いて様子を見てから決めましょう。

ウツボが釣れた時のおすすめアイテム!

出典:photo AC

上述した餌でウツボが釣れた場合に、注意すべきことがあります。ウツボの口はとても危険なため直接は持たないようにしてください。そこで、ウツボが釣れた際のサポートアイテムについてもご紹介していきます。

1.ウツボを掴むアイテムはこれがおすすめ!

Umibozu(ウミボウズ)フィッシュグリップ超軽量アルミ製魚掴み器フィッシュキャッチャー

•サイズ・長さ約280mm
最大開き幅・約28mm
耐荷重・約20kg
重量・195g
20kgクラスの魚でもキャッチしても
安定感は抜群で、
大型魚用としても愛用して頂けます。
ハンドル部分には滑り止めがあり、
自然なグリップ感を実現しました。
ご使用中、魚をしっかりキャッチすることが出来ます。

Amazonで詳細を見る

ウツボは危険な生物のため素手で捕まえると非常に危険です。そのため、フィッシュキャッチャーを使用してください。このフィッシュキャッチャーは大型魚でも使用できるため安全です。

2.針を外すためにはこのプライヤーがおすすめ!

Umibozu(ウミボウズ)フィッシングプライヤー釣り用ペンチ超軽量多機能針はずしフックはずしラインカッター安全ロープ専用ケース付き

多くの釣り好きの方の口コミから生まれたフィッシングプライヤーです!重さは超軽量の約91g。
• 本体はアルマイト加工された航空技術用アルミニウム素材を使用しており防錆性能に非常に優れています。先端はステンレスジョーで作られており、必要十分の強度を備えています。
• 左右非対称の形状で設計されていて、スプリットリング外し、オモリ潰し、ラインカットなど多機能を備えています。タングステンカッターを使用し、PEラインも楽々カットできます。

Amazonで詳細を見る

ウツボから針を外す際は危険のため、プライヤーを使用してください。このプライヤーは軽量で強度十分のため、おすすめのプライヤーです。

3.ウツボが釣れたらこのタモ網は必須!

SANLIKE 釣りタモ磯玉セット玉網折りたたみ伸縮超軽量9継数3m5m6m

柄材質:カーボン 仕舞寸法:41cm 継数:9本
•タモ枠直径:45cm 玉の柄: 全長:約3m 自重:302g
•網は着脱式で折り畳め、柄は伸縮式でコンパクト収納が出来る。
• 頑丈なアルミ合金玉網フレーム構造、大きな魚も楽々キャッチ。
• 荒磯・波止め・沖堤など移動が多い釣りや探り釣りに最適!

Amazonで詳細を見る

ウツボは危険のためまずタモを使用して捕獲しましょう。コンパクトに収納できるため持ち運びに便利です。

ウツボを餌で釣って食べてみよう!

ウツボの餌についてご紹介してきましたがいかがでしたか。ウツボは小魚を食しているため、小魚を泳がせて釣ることや魚の切り身やアラを使用することで釣ることができます。魚の切り身やアラを使用すると手返しの良い釣りができます。

ウツボが釣れた際は非常に危険のためプライヤーとフィッシュキャッチャーを組み合わせてフックを外し、安全に気をつけてください。
そして、釣れた場合は見た目は怪しい魚ですが食べてみると非常においしく、シーズンになると脂がのっていて美味です。調理方法は慣れないと難しいため、専門家にさばいてもらうと良いでしょう。

関連記事