FishMasterのロゴ

nuri

カサゴが釣れる針とは!?釣り方に合わせて針を選んで釣果UP!

カサゴの針は釣り方に応じて変えることで釣果アップ!今回はカサゴ釣りに使う針の特徴から、選び方、ハリスとの結び方まで解説します。仕掛けが自作できるようになるともっと釣りが楽しくなるはずです!

ロックフィッシュの代表!カサゴを釣るための針は幅広!

記事1755の画像85598

出典:foter

カサゴはロックフィッシュの代表ともいわれており、堤防際やテトラ帯などのおかっぱりからでも、船を使って岩礁帯で釣ることもできます。大きな口で虫や甲殻類・小魚などを食する雑食です。コンコンというアタリの後にガブッとバイトしてくるため、釣る感覚を掴みやすいのも人気の1つとなっています。

カサゴは体長25~30cm前後のサイズが一般的ですが、口が大きいため、使用する針は比較的大きめでフトコロ部分が広いタイプの形状が多く使われます。胴突き仕掛けには3本針、落とし込みは1本針など仕掛けによって付ける針の数も異なってきます。

カサゴの釣り方について詳しく知りたい方は以下記事で解説していますので、そちらも参考にしてみましょう。

カサゴ釣りに使う針の形状2種類!

出典:photo-ac

カサゴに使用する釣り針の種類は「ネムリ針」と「丸セイゴ針」の主に2種類に分かれます。それぞれの特徴について以下で解説していきます。

ネムリ針

ネムリ針は針の先端部分が急角度で内側に向いている形状をしています。内側に向いていることでフッキングがしにくくなりますが、寧ろこれがカサゴを狙うのに好都合なのです。カサゴは大きな口で餌を丸飲みしてしまいますが、針掛かりが悪いことで、針の丸飲みを防いでくれる効果があります。

また、カサゴは岩場に潜んでいることが多いため、穴釣りやテトラなど根が気になる場所でも根掛かりしにくいというのもメリットです。根掛かりが多いときにネムリ針へ変えるとカサゴ釣りがもっと楽になるでしょう。

おすすめネムリ針1:がまかつ ムツフック金

ネムリ針の1種であるムツ針の12号サイズです。ヒネリ加工が施されているためフッキング精度も良くなっています。価格は11個入りで450円前後となります。

がまかつ(Gamakatsu)ムツフック金12号釣り針

サイズ:12号
入数:11
カラー:金

Amazonで詳細を見る

おすすめネムリ針2:がまかつ カサゴ鈎 金

半ネムリ形状のカサゴ専用に設計された針です。カサゴ釣りに良くある根掛かりを軽減してくれる作りとなっています。また、V字型の管付となっており、ハリスとの結合強度も良い商品です。価格は17個入りで240円前後となります。

がまかつ(Gamakatsu)カサゴ鈎(ガシラ)金11号

サイズ:11号
入数:17
カラー:金

Amazonで詳細を見る

丸セイゴ針

海釣りで一般的に使用されている種類がこの丸セイゴ針です。ネムリ針と比べてフトコロが狭く、少し細長い形状で、針先が少し内側に向いているのが特徴です。どんな餌でも付けることができるので、餌のバリエーションを増やしたいときにおすすめの針です。しかし、ネムリ針と比べると根掛かりしやすいため、テクニックに自信が無い限り、根が気になる場所では使用を控えておきましょう。

おすすめの丸セイゴ針:がまかつ 丸セイゴ フック金

フッキング力が高くなるヒネリ加工が施された丸セイゴ針です。カサゴだけでなく、セイゴやカレイなど色んな魚種に対応できるので1つ持っておくと色んな釣りに活用することができます。価格は12個入りで320円前後となります。

がまかつ(Gamakatsu)丸セイゴフック金13号釣り針

サイズ:13号
入数:12
カラー:金

Amazonで詳細を見る

釣り方別!カサゴ針の使い分け方2パターン

カサゴに使用する針の形状は2種類あると先述しましたが、状況に合わせてそれぞれ使い分ける必要があります。ここでは釣り方に合わせた針の選び方について、以下で解説していきます。

穴釣り・落とし込みにはネムリ針!

記事1755の画像77682

出典:visualhunt

先述したと通り、ネムリ針は根掛かりしにくいというメリットと、フッキング力が弱いというデメリットがあります。そのため、穴釣りや落とし込み釣りなど、隙間や海底を狙う釣り方で使用することをおすすめします。ネムリ針は11~13号を基準に、サイズが25cm前後と小さめな場合は11号、30cmを超える良型が釣れる場合は13号以上と使い分けるのがポイントです。

胴突きや活き餌なら丸セイゴ!

記事1755の画像77699

出典:visualhunt

胴突きや活き餌釣りなど、針を海底まで落とすことのない釣り方をする場合は、根掛かりする確率は少なくなるため、フッキング力が高く、餌付けがしやすい丸セイゴ針を使いましょう。丸セイゴ針のサイズは12~13号前後を基準に、良型が釣れる場合は13~14号、小型なら11~12号とサイズに合わせて変えていきましょう。

カサゴに使う針の結び方2パターン

カサゴの針とハリスを結合する方法は、主に外掛け結びと内掛け結びの2種類となります。他にも結束方法はいくつかありますが、まずはこの結び方を抑えておきましょう。以下でそれぞれの特徴と結び方について解説します。

1.外掛け結び

針とハリスを結合する方法として最も一般的に使われているのが外掛け結びです。難しくないため、初心者におすすめの結び方です。

結び方はまず、ハリスを20cm程度の部分で折り返し、針に沿えます。ハリスの先端部分を針のフック部分から軸部分に向かって巻き付けていきます。この時、フック側にはラインを少し余らせ、輪っかを作っておきましょう。また、巻きつけの際はハリスの本線部分も巻き込んでください。5~6回巻き付けた後、間隔が開かないように指で押し付けます。ハリスの先端部分を余らせた輪っかに通し、本線部分を引っ張って軽く締めます。結び目が針の管付き部分まで来るように位置を調整した後、本線部分と先端部分を強く引っ張り固定します。余分なラインをカットすれば外掛け結びは完成です。

2.内掛け結び

内掛け結びも針とハリスを結合する方法として使われています。外掛け結びと比べて難易度は少し上がりますが、その分強度も上がるため大物を釣り上げたい場合はこの結び方を覚えておきましょう。

作り方はまず、ハリスで輪っかを作り、本線側に針を添えます。ハリスの先端部分でハリスの本線部分を巻き込みながら針に巻き付けていきます。5~6回巻き付けたら間隔が開かないよう指で隙間を詰めます。本線側をゆっくり引っ張りながら軽く締めます。位置を針のカンまで持ってきたらハリスの先端部分と本線部分を引っ張り固定します。余分なラインをカットすれば完成です。

カサゴの仕掛けを自作して釣果を上げよう!

今回はカサゴを釣るために使用する針について、形状の種類から、状況に応じた使い分け方、ハリスとの結合方法について解説しました。根掛かりが気になる場所ではネムリ針、少し浮かせて釣ることができる場合はフッキング力の良い丸セイゴを使うのがおすすめです。針のサイズは釣れるカサゴのサイズに合わせて変えましょう。使用する針の知識を付ければ、カサゴ釣りがもっと楽しくなるはずです。是非自分で仕掛けを自作してみて釣果アップを狙ってみましょう!

関連記事