FishMasterのロゴ

guitaro44

クエ針は掛かりづらく外れにくい!その形状の特徴と仕組みをご紹介!

いつかとんでもない大物を釣り上げてみたいという釣り師にとってあこがれの存在であるクエ。そのサイズと重量に耐えられる針には特有のメカニズムがあります。今回はクエ針の形状とその特徴をご紹介したいと思います。

クエ針はあえて掛かりづらくなっている!

出典:photo AC

クエは大型になると1.5m以上、30kgをゆうに超えるサイズに成長し、大物釣り師たちのロマンの対象となっている魚です。
岩礁や身を隠せる場所を好み、捕食の際もあまり居場所を動かないという特徴があり、さらに大型のものになっていくと沖合に住処を求めて、岸からの釣りでは狙うのは難しくなっていきます。

そんなクエを釣るのは並大抵のことではありません。
そのサイズで一気に根に潜っていくわけですから、ラインは3桁の号数のものを使用しますし、タックル全般最高強度のものでないと太刀打ちできません。
当然のことながら針にも工夫が凝らされていないとクエを釣ることは叶いません。
ここではクエ針の特徴をご紹介していきたいと思います。

ラインブレイク防止

根魚全般にいえることですが、捕食が海水ごと深く飲み込むスタイルのため、針が口の奥やさらにはのどの奥で掛かってしまうことがあります。
そうすると歯でラインが切れてしまうリスクがありますので、あえて針が掛かりにくい形状になっています。
もちろんのこと、まったく針が掛からなければ釣りになりませんので、クエ針に施されている工夫については次項の形状にてご紹介したいと思います。

根掛かり防止

クエは大きく移動することも少なく、海底付近でジッとしている魚です。
当然底を狙う釣りになるため、根掛かりのリスクが非常に高くなります。
しかしクエ針の形状はあえて掛かりにくい形状になっているため、針掛かりのリスクは低減されています。
これもクエ針のあえて掛かりにくい形状であることのメリットといえるでしょう。

磯釣りで使える!

OWNER(オーナー)シングルフックOHスーパークエ30号10771

主な対応魚種:ハリス
•号数:30号
•カラー:ブラック

Amazonで詳細を見る

磯釣りで使われるクエ針です。
クエ針としては大きくない号数ですが、それでも実際のものはかなり大きいです。

ステンレスワイヤー付き!

OWNER(オーナー)スーパークエ仕掛25号30624

形態:仕掛
• 号数:25号
• 使用鈎:スーパークエ
• ステンレスワイヤー#41 7×7使用

Amazonで詳細を見る

ステンレスワイヤー付きのクエ針です。
クエに仕掛けを噛み切られるのを防止する効果があります。

強力な貫通力!

がまかつ バラクエ(モロコ) 40号

入数:6本
ケプラー用加工済み
フックサイズ:40号

Amazonで詳細を見る

がまかつのクエ針です。
がまかつの針の特徴でもありますが、強力な貫通力を有しています。

海底ではカモフラージュされる黒色針!

OWNER(オーナー)シングルフックOHスーパークエ40号10771

主な対応魚種:ハリス
•号数:40号
•カラー:ブラック

Amazonで詳細を見る

海底の環境色である黒色のクエ針です。
針がカモフラージュされますので、見切られる可能性が低減します。

船釣りで使用!

OWNER(オーナー)シングルフックOHスーパークエ45号10771

•号数:45号
•カラー:ブラック

Amazonで詳細を見る

船釣りで使用される大型狙いの45号針です。

クエ針の形状は一度かかると外れにくい!

出典:photo AC

前項でクエ針はあえて掛かりにくい形状になっているとご紹介しましたが、それは口の中で掛かることを避けて口先で掛かるようにするという意味合いと、一度掛かると外れにくくなるという意味合いがあります。
また大物に負けない頑強さが求められますので、鉄やステンレス製の針も販売されています。
ここでは実際のクエ針の形状についてご紹介したいと思います。

ムツ針の形状

クエ用の針はムツ針といわれる形状になります。
ムツ針は腰曲げ部分が鈍角で、そこから一気に内側へ湾曲していく形状になります。
この胴元に向かって針先が湾曲している形状をネムリといいますが、このネムリ形状になっていることで、エサを丸飲みする根魚でも、のどの奥で針がかからない仕組みになっています。

根に潜った時に針が掛かる

ムツ針はのどの奥で針が掛からない形状とご紹介しましたが、そのままするすると水中に戻ってしまっては意味がありません。
そこには相応の仕組みがあり、クエはエサを丸飲みすると反転して根に潜ろうとします。
ネムリ形状で針の先端が内側を向いていますから、のどや口の中で針が掛かることがなく、最後の出口である口先で掛かるようになります。
またクエ針はクエが反転した際の水流に合わせて、針も回転するように設計されており、より口先で掛かりやすい仕組みが施されています。

さらには針先が胴元に向かって湾曲していますので、一度掛かってしまえば外すことは容易ではありません。
本能のままに逃げるだけでは、外れにくい形状になっているのです。

超大物狙いで使用する針!

OWNER(オーナー)バラ10771スーパークエ35

クエ針の35号です。

Amazonで詳細を見る

超大物狙いで使用される針です。
ネムリ形状でとても頑強にできています。

クエ針はエサによって使い分ける!

出典:photo AC

エサで使い分ける

クエを釣るということは大型狙いの釣りになりますので、当然のことながら針のサイズも大きなものになります。
クエのエサとして用いられるのはイワシやアジなどの生きエサか、サバの切り身などの死にエサです。
生きエサを用いる場合、ネムリ形状はエサが逃げづらいというメリットがある反面、あまりにサイズの大きい針を使用すると、エサが弱っていってしまうというデメリットがあります。
生きエサを使用する場合はなるべく細いサイズものを選ぶようにし、死にエサの場合は気にすることなく、ターゲットに合わせて針をチョイスすればいいでしょう。

ターゲットで使い分ける

大型のクエ狙うというのは大物狙いの釣り師からするとひとつの夢だということをご紹介しましたが、大型を狙う場合は船釣り、現実的な1mに満たないサイズを釣る場合は磯釣りとなります。
船釣りであくまで大型狙いであれば、針は45号から50号の大きなものを使用しますし、磯釣りであればそこまでの大物が掛かる可能性は高くありませんので、30号から35号のものを用いるのが一般的となります。

クエ針には大物釣りのためのメカニズムが詰め込まれている!

出典:photo AC

クエの特性から逆算して作られた形状のクエ針は、まさに計算しつくされた針といえます。
その仕掛けのサイズ感だけでも期待感をあおるような力がありますよね。
大型のクエになればなるほど離れ磯から狙わないと釣れない傾向がありますので、安全面には最大の注意を払って大物狙いの釣りを楽しんでください。

関連記事