FishMasterのロゴ

agasacat

ハゼクラに適した時期は夏から秋!とくに大きく育った秋がおすすめ

ハゼは日本全国に生息する魚で、簡単な仕掛けで釣れることから人気のターゲットです。特に餌を使わないルアー釣りのハゼクラは、その手軽さから今大流行の兆しをみせています。
そんなハゼクラに適した時期はいつなのか?ハゼの生態と合わせて解説します。

ハゼクラに最適な時期は9月後半から10月半ば

記事1782の画像77060

出典:Visual Hunt

ハゼクラと言う言葉お耳にされたことありますか?
エサ釣りのイメージが強いハゼ釣りですが、ハゼクラはルアーを使う釣法で今人気上昇中です。

エサのイソメやゴカイを触るのはちょっとと言う方でも、気軽にできるのがハゼクラです。クランクと言うルアーを使うので「ハゼクラ」と呼ばれています。

小さなハゼがルアーで?と疑問に思われるかもしれません。餌として喰わせるわけではなく、縄張り意識の強いハゼの習性を利用した釣り方になります。(鮎の友釣りと同じです)

ハゼクラは初夏から秋まで楽しめる釣りです。
なかでも「彼岸ハゼ」と呼ばれる秋のハゼは、しっかり成長して身も厚くなります。釣って楽しい、食べて美味しいのが秋のハゼです。

なぜ秋がハゼクラに最適な季節なのか?ハゼの生態に合わせて以下に解説します。

ハゼの生態について

ハゼの寿命はほぼ1年です。冬から春先にかけて産卵し、産卵後にオス・メスとも死んでしまいます。
たまに、未熟なまま生殖行動をしないで年を越す個体もいるようです。そういう個体は25cmを超えることもあり「ヒネハゼ」と呼ばれています。

一般的なマハゼは湾内や河口の汽水域を好んで生息しています。砂泥の底に張り付くように生活してゴカイやイソメなどの底辺小生物や小さめの甲殻類、小魚も食べる肉食の底生魚です。

ハゼは縄張り意識が強く、テリトリーに侵入してきた他の個体を見つけると攻撃を仕掛けてくる習性があります。
ハゼクラはこの習性を利用して、侵入者に見立てたルアーを海底で操作し、体当たりして噛みつかせることで針をかけ釣り上げます。

ハゼクラに適した時期は6月後半〜10月半ば

ハゼクラに適した時期は6月後半から10月半ばくらいです。

ハゼは釣場所さえ選べば1年中釣ることができる魚です。
しかし、冬から春先の水温が低い間は10m程度の深場に移動して生活するため、陸から浅場を狙うハゼクラでは釣るのが難しくなります。
また、冬から春にかけては産卵期にあたり、産卵後のハゼは死んでしまうので成魚の個体数が減ってしまい、ハゼ釣り自体のシーズンオフになっています。

地域差もありますが、春に生まれた子が釣れる大きさにまで育ってくるのが、梅雨明け頃になります。
それから、河口の汽水域や陸よりの浅場で成長し、晩秋になって水温が下がるにつれて深場に移動してしまいます。

ハゼクラは河口域や干潟・海岸が主なポイントです。岸よりの浅瀬にハゼが住み着いている夏から秋(6月後半〜10月半ば)が釣りやすい時期になります。

ハゼクラに適した時期の中で秋が一番いい理由

初夏から始まるハゼクラのシーズンですが、なかでも一番適した時期と言えるのは秋です。
夏も数は釣れるのですが、まだまだ小型の10cm程度の個体が多くなります。

秋になると春先に生まれたハゼが充分に育って良型の15〜20cmになってきす。
大きく育ち、数もかかりやすい絶好の季節になります。
「彼岸ハゼ」と呼ばれて俳句の季語にもなっているくらいです。
冬に備えて深場に移動する直前なので、脂もしっかりのっていて狙い目です。

ハゼクラのタックルや釣り方についてはこちらの記事を参考にしてください

夏のハゼクラは小型を数釣り

記事1782の画像77074

出典:Visual Hunt

この頃になると、春先に生まれた子ハゼが5〜10cmくらいの釣り針にかかるサイズに育ってきます。
サイズとしては小型ですが、岸近くの浅場の海底に群れていて数釣りしやすい時期です。

釣るときは移動しながら竿を入れてポイントを探り、釣れるポイントを見つけたらひたすら釣れる間はその周囲を狙います。
基本、群れている魚なので、1匹釣れたらその近辺を探ってみると立て続けに釣りあげることができます。

他の季節は日の出・日の入りの時間帯がよく釣れるのですが、真夏には日中でもよく釣れます。家族で出かけるのにはおすすめの季節です。

秋のハゼクラは良型がかかる

記事1782の画像77083

出典:Visual Hunt

夏を過ぎてハゼは15〜20cmくらいに成長してきます。時には25cmを超える大物に出くわすこともあります。
「彼岸ハゼ」とも呼ばれるこの時期は、良型のハゼを数上げやすいハゼクラの最盛期です。
夏と同じく、歩き回りながらポイントを探り、釣れた場所近辺を重点的に攻めます。
1mずれても釣れないこともあるので、なるべく広く万遍なく探ります。

秋の釣りは日の出、日の入りの「まずめ時」の時間帯がベストです。
また、「上げ潮」の潮が満ちる時間帯はハゼが浅瀬に寄ってくるので、より釣りやすくなります。
潮の時間もしっかり調べて臨みましょう。

冬のハゼは陸からのハゼクラでは釣れにくい

記事1782の画像77086

出典:Visual Hunt

10月後半から水温が下がるにつれ、ハゼは深場に移動します。
陸からのハゼクラでは釣れにくい季節になります。

この時期のハゼは越冬に備えて、脂もよく乗っています。11月くらいまでは、暖かい日には岸辺に寄ってきて釣れることもあります。
釣るのは難しいけれども、もし釣れれば良型がかかるという楽しみが大きい時期と言えます。

運よく釣れたハゼは、よく育っていて肉厚なので、珍しい刺身にしてもいいでしょう。
料亭でも食べられない、贅沢な一品になります。

春はハゼの代替わり時期で釣れにくい

記事1782の画像77096

出典:Visual Hunt

冬の終わりから春先にかけてハゼは産卵します。一年生の魚であるハゼは産卵が終わると雌雄ともに一生を終えます。

成魚の数はぐっと減り、ふ化した稚魚もまだ釣り針にかかるサイズではなく、この時期のハゼを釣ることは非常に困難です。
たまに、年越しをしても死なずに残った大型の個体(ヒネハゼ)がかかることもありますが、春はあまりハゼクラには向かない時期になります。

ハゼクラで秋の大物を釣り上げよう

記事1782の画像77103

出典:Visual Hunt

お手軽なハゼ釣りですが、家族みんなで出かけたときに、奥さんがエサに触れないからパパがつけてあげないといけないなんていうシーンよくあると思います。
ルアーで釣るハゼクラならそんな問題も解決!
ハゼ釣りマニアからファミリーまでみんなが楽しめる、そんな釣りがハゼクラです。

初夏から夏にかけての小さなハゼ、数は釣れるけど捌くのは大変です。
丸ごと揚げて食べれば簡単ですが、しっかり二度揚げしないとちょっと硬めの骨が気になります。

秋から釣れる大きめのハゼになると、俄然捌くのも楽になります。
身も厚く、開いて中骨を外しててんぷらにすれば、ふっくらとした白身が最高です。
江戸前のてんぷらとして高級店でくらいしかお目にかかれないもハゼ、自分で釣ればお刺身だって楽しめます。

秋のお彼岸から、寒くなってハゼが深場に移動してしまうまでの短い期間ですが、トップシーズンならではの大型のハゼ、ぜひハゼクラでご家族で楽しんでください。

関連記事