FishMasterのロゴ

keijio78

メバリング向けのランディングネットの選び方!種類やおすすめ

せっかく針に掛かったメバルを目の前で逃した時のショックは、なんとも言えない悔しさがあります。
今回は、確実にキャッチする為に、メバリングに使えるランディングネットの選び方やおすすめをご紹介します。

メバリングには、ランディングネットがあると安心

記事1793の画像81811

出典:pexels

メバリングでのランディングネットの必要性についてまず考えていきましょう。
メバリングでは、せっかく釣れたメバルを目の前でぽろり!と落としてしまう事も多いです。
よくある原因は、フックの掛かった場所がよくなく、口切れする場合や、リアクションでバイトがあった時などの掛りがよくない時に多いです。

また、落ちてもなんとか足場のテトラや岩に引っかかりキャッチできた!という事もありますが、リリースせずに食べる場合、傷のないメバルを美味しく食べれるのが理想です。

他にも、降り出し式のランディングネットを使うことで、高いところからでもメバルに衝撃を与えずに優しくリリースすることができます。

メバリングにランディングネットを使うメリットとは

出典:photo-ac

メバリングにランディングネットを使うと何が良いのか?ですが、まずは何より後悔する事が減ります。
もちろんランディンネットを持っていても、メバルがバレて逃すときは逃しますが、ランディングネットを持っていると、メバリングをしている上での安心感が全く違います。

ランディングネットが無いと取り込みしづらい場所での釣りも安心してできますし、そういった取り込みにくい場所にはメバルが多くいる場合も多いです。

また、もし大型のメバルが掛かった時も、ランディングネットがあると、とても頼もしい存在になりますし、ランディングネットに入った瞬間のホッとした感覚はなんとも言えないものです。

他にも、高さがある堤防などからのメバリングでは、海面までの距離が数メートルある場合があります。
このような高さのある堤防では、長さのある振り出し式のランディングネットが重宝します。
海面から距離のある手元まで、メバルを寄せてくる事を考えると、振り出し式のネットがある事で心配も減ります。

メバリング向け、ランディングネットの選び方

記事1793の画像81816

出典:pexels

メバリング向けのランディングネットには、軽くて扱いやすいコンパクトなものや、持ち運びやすいように持ち物や服に取り付けられるもの、機動性の高いものなど、いくつかのタイプがあります。
また、高い場所からでもランディングネットを使ってキャッチできる長さがあるタイプもあります。

よく行く釣り場ではどのようなタイプのランディングネットが使いやすいか?付いていると助かる機能など、求める機能を考えながらそれぞれの特徴について見ていきましょう。

サッとキャッチ!機動性の高いタイプ

メバリング向けに限らず、ランディングネットを選ぶ上で重要なのは、機動性の高さです。
機動性が悪く、取り出すのが面倒であったり、手間が掛かるランディングネットでは、ワンテンポ遅れてメバルを取り逃がすことになります。

また、取り出しが面倒という理由で、ついついランディングネットを使わなくなるといった事もあります。
そのためにも、取出しがしやすいかどうか?は重要な要素です。

ランガンも楽!服や持ち物に取付け可能なタイプ

普段釣りをする場所が、短いタイプのランディングネットでも使える場合、コンパクトで服や持ち物に取り付け可能なタイプがオススメです。
また、ランガンのしやすさというメリットも大きいです。

装着できるタイプには、取り付け可能なカラビナ付きのものや、取り付けスタイルに合わせて2ヶ所にカラビナが取り付けできるものなど、理想の取り付けスタイルをイメージしながら選んでみましょう。
できれば、格好良く取り付けでき、機動性もあるランディングネットが理想です!

メバリングに使うランディングネットはコレで決まり!

出典:daiwa

服や持ち物に装着しやすいランディングネット

自重282gの軽くて扱いやすいタイプ

全長260cmの振出し式で、仕舞寸法もコンパクトで、持ち運びやすい。
カラビナ付きなので簡単に装着できるタイプ。
ネットはラバーコーティングで、魚へのダメージを抑えられ、ニオイがつきにくいタイプ。

RedLarcal(レッドラーカル) 260 ランディングネット Mセット

全長: 260cm
仕舞寸法:39cm
先径/元系: 12.7mm/29.7mm
継数: 9本
使用材料: カーボン85%
自重: 282g

Amazonで詳細を見る

機動性もいいコンパクトな設計が魅力

標準全長300cm(柄のみ)で、装着も簡単にできるカラビナ標準装備のタイプ。
握りやすいEVAグリップ採用で、機動性もいいコンパクトな設計。

OGK(オージーケー)ランディングネットランディングシャフトミニセット340.LSMS340

標準全長(cm)柄のみ:300
仕舞寸法(cm):42
継数(本):10
先径(mm):12.4
元径(mm):34.4
枠サイズ(cm):約35×40
標準自重(g):456
材質(柄/枠):フェノールグラス/アルミ

Amazonで詳細を見る

低価格で手に入る振り出し式ランディングネット

コンパクトで邪魔にならないタイプ

コスパが高く、防波堤などの低い位置からの釣りに最適なメバリング向けランディングネット。
ラバーコーティングでルアー絡みも安心。

プロマリン PGランガンスナイパーセット 250

アルミ枠36cm+ラバーネット付

Amazonで詳細を見る

全長300cmの、ユーザー評価も高いモデル

全長300cmの超小継玉網。
仕舞寸法が短くコンパクトで扱いやすい。
低価格でユーザー評価の高さも魅力。

サンライク ランディングネット 伸縮式 3m

玉の柄全長:約3m
仕舞寸法:約43cm
継数:9本
重量:約550g
ネット深さ:約40cm

Amazonで詳細を見る

全長4.5mのランディングネットが低価格!

高い場所でも安心の全長4.5mの長さで、安さが魅力。
初心者の方や、コスパ重視の方におすすめ。

フライデーランディングセット 450

サイズ:450cm
玉網径:50cm
仕舞寸法:52cm
標準自重:620g

Amazonで詳細を見る

長めのランディングネットが欲しいなら!

安心の長さ!全長550cmの振出し式

くせや、においもつきにくく、魚へのダメージも最小限にするラバーネット採用。
軽量で、パワーもあるタイプ。

Gokuspe ショアソルト専用ランディングセット BLACKLARCAL550+ランディングネットLサイズ+エボジョイント2 3点セット パープル

・全長:約550cm
・仕舞寸法:約62cm
・継数:約11本
・標準自重:約752g
・使用材料:カーボン65%
・付属品:専用ステー・ベルト
・ネジ径:4分

Amazonで詳細を見る

高い堤防でも安心のサイズ!全長5.06m

持ち運びしやすく扱いやすいダイワのロングセラーモデル。
全長5.06mと、高さのある堤防でも安心して使える!

ダイワ(Daiwa)玉網(タモ)ランディングポール2磯玉網45-50.

全長:5.06m
継数:9本
仕舞寸法:70.5cm
自重:587g
先径/元径:12.5/32.0mm
カーボン含有率:53%

Amazonで詳細を見る

合わせて使いたい便利な装着ツール

落下も防止できる!マグネットリリーサー

垂直耐荷重2kgのマグネットリリーサー。
ネットを使いたい時は、引っ張るとマグネットが外れて直ぐに伸ばせる、機動性のあるタイプ。

また、コード付きでネットが手から落ちても安心。

BoomsFishingMRCマグネットリリーサー2kgネオジウム磁石ブラック 4個

枠サイズ:外径/34×29cm、内径/33×27cm
カラー:レッド
ネットの深さ:24㎝
ネットカラー:クリア―
全長:56cm

Amazonで詳細を見る

ワンタッチでランディングネットを取り出せる

アブガルシアのマグネットリリーサー。
ランディングネットをぶら下げ、使用するときは直ぐに取り外せるマグネット式。
垂直耐荷重3.5kg、ワンタッチの脱着リリーサー。

アブガルシアマグネットリリーサー3.5

サイズ17mm×35mm
重量:38g
磁石:ネオジウム

Amazonで詳細を見る

釣り場や自分のスタイルを考えて選ぼう!

いかがでしたか?今回は、メバリング向けのランディングネットについて、複数のタイプをご紹介しました。
あとは、高い場所からランディングネットを使うのか?ランガンが多いからコンパクトなタイプがいいのか?など、釣り場の特徴や理想のスタイル、こだわりなど考えながら選んでみましょう。

関連記事