FishMasterのロゴ

mondo

磯釣りで釣れる魚って?代表格グレと素晴らしき外道たちをご紹介

磯釣りの中でも多くの釣り人を虜にしているのがウキを使うフカセ釣りです。フカセ釣りのメインターゲットはグレ(メジナ)ですが、グレ以外に釣れる魚は多種多様です。磯釣りで釣れるグレ、そしてグレ以外の外道の種類や美味しい食べ方を紹介します。

磯釣りとは?

磯釣りとは、その名の通り海岸の岩礁地帯からの釣りです。
陸地続きの磯もあれは、沖合の離れ磯もあります。
道路から降りて地続きの磯に行く方法もありますが、崖を降りたりするため非常に危険です。
各エリアには専門の磯渡し渡船業者があり、お金を払っても渡船で渡る方が安全で、魚も釣れます。磯釣りの場合は渡船の利用をお勧めします。何より毎日海を見ている船頭さんが居るので安心ですね。
磯釣りのターゲットは多種多様ですが、その中でも一番人気は上物のグレ釣りです。
磯釣りと言えばグレ釣りと言われるくらいメジャーです。
今回はメインターゲットのグレとグレ以外の外道達の紹介をいたします。

磯釣りのメインターゲット!グレ(メジナ)釣り

まず、グレについて説明しましょう。
グレは関東地方ではメジナと呼ばれます。
北海道以南の太平洋側から日本海側の岩礁地帯に生息し、体調50cm以上になります。
またクロメジナという種類もあり、こちらは尾長グレと呼ばれ、回遊性で70cm前後にまで成長します。
磯釣りの中の上物釣りの最大のターゲットとして、磯釣りと言えばグレ釣りと言われるくらいのメジャーな魚です。
刺身、タタキ、煮つけ、鍋、揚げ物と用途も広く美味しく、食味も人気の一つです。
釣り方は『落ちてくる餌を下から泳ぎあがって食べるグレの習性』を利用したフカセ釣りです。
釣り具メーカーの全国大会も行われ、プロと呼ばれるフィールドテスターの存在する釣りでもあります。

磯のフカセ釣りで使う用具

磯釣りは必要な用具が数多くあります。
そのうえ、磯の上での安全確保の装備も必要です。
グレ釣りに必要なものを順番にメーカーサイトを利用して説明していきましょう。

磯のフカセ釣りで使う道具と釣り方

ウキフカセ釣りの人気ターゲットとして、まず思い浮かぶのがグレ(メジナ)。海の色を映したかのような青い眼と魚体。強く鋭い引き。そして食味も満点。しかし、グレ釣り最大の魅力といえば、ゲーム性の高さだろう。グレはコマセへの反応がよく、水温などの海況変化にも敏感。刻々と変化する状況に合わせ、コマセでグレとエサトリの動きをコントロールしながら喰わせる楽しみは、ほかの釣りでは味わえない醍醐味だ。

出典:http://fishing.shimano.co.jp/isobohatei/gure_fukase/index.html

磯釣りに必要な装備

磯で必要な装備と安全について
ルアーフィッシングの場合、サーフや河川などで釣りをするスタイルと基本的なスタイルは同じで構わないが、最も大きな違いは足場が非常に滑りやすく、転倒したときにケガをする可能性が高いということ。そして、万が一落水した場合の危険度も他のフィールドに比べて高いといってよい。自身を危険から守るためにも、安全のための装備はぬかりなく調えておきたい。

出典:http://fishing.shimano.co.jp/product/series/fieldpass_iso/basic/wear-safety.php

磯釣りで釣れる外道たち

磯釣りでは、対象魚のグレはもちろんですが、グレ以外の魚も多く釣れます。
代表的な高級魚でいえばイサキ、ハマチ、ヒラマサ、カワハギなどは嬉しい外道として釣り人みんなが喜び、大事に持ち帰ります。
逆に釣り人から嫌がられる外道もいます。常に海へ帰される、喜ばれない外道の紹介と、美味しい料理方法を説明しましょう。

ニザダイ(サンノジ)

グレ釣りの外道に頻繁に釣れ、60cm前後にまで成長します。
引きは強く、ゆっくりとした2段引きのように引くので慣れればやり取りの最中に正体はわかります。
多くの釣り人は持ち帰りませんが、『内臓を潰さない』という注意点だけ守れば、薄つくりの刺身にすれば美味しくいただけます。
内臓に強烈な匂いがあり、身に付くと洗っても落ちません。
料理方法は頭を落さずに目の上の皮を包丁で少し切り、ザラザラの皮を手で剥ぎます。
頭は使わないので皮はがなくていいです。
そして背中から包丁を入れ、腹骨に沿って三枚身に卸します。腹骨を切らなければ内臓は潰れませんので、少々骨に身がついても大目に見ましょう。
この身を中骨に沿っ4つの節にして、薄くそぎ切りにすれば脂の乗った白身の美味しい刺身の完成です。

アイゴ

まずはじめに危険な魚であることを理解してください。
アイゴのヒレのトゲには猛毒があり、万一刺されると、何も出来なくなるくらいの痛さに襲われます。
刺された時は刺された場所を思いっきり絞って血と一緒に毒を出すと痛みが和らぎますが、刺されないようにするのが基本です。
針を外すときが要注意です。釣れたら針を外すのではなく、ハリスから切ってしまいリリースすることをお勧めします。
またアイゴは死んでも刺されると猛烈に痛いので、もし磯などでアイゴが死んでいるのを見つけた場合も注意する必要があります。
さてアイゴは群れで回遊しています。釣れ出すとグレは釣れず、アイゴばかりになります。
引きが強いので結構楽しめる魚です。
そんなアイゴは持ち帰るとまずヒレを切り落としましょう。
そしてここからが難関です。内臓を潰さなくても、外に出すだけで酷い匂いが漂います。
ヒレを切っただけのアイゴを、包丁で背の身だけ皮を付けたまま切り取ります。後は使いません。
切り取った身は適当に切って、醤油とミリン、生姜などで煮付けます。
模様の入った皮がゼラチン質になり甘く美味しくいただけます。
食べてみると、今まで持って帰ればよかった!という事になります。

イズスミ(キツ)

大型尾長グレの釣れるポイントで良く釣れる外道です。
尻尾が広く、姿、形、グレに良く似て、引きは強烈です。
50cm級から60cm級が多く、大型尾長グレと思ってやり取りしていた釣り人を落胆させるにっくき大型外道です。
イズスミは身に独特の匂いがあるので、薬味たっぷりのタタキにします。
ウロコを引き、三枚におろし、腹骨をすいて、中骨をとり4つの節にします。
そして皮目は少し焦げ目がつくくらいに焼きます。片方の身は色が変わるくらいで十分です。
ガスの火やバーナーでOKですが強火で一気に焼くことが重要です。
冷ました後、大き目の皿に、少し薄目に切って並べ、その上に刻みネギ、玉ねぎスライスなど薬味を乗せ、ポン酢を大目にかけて完成です。
焼いたことと、薬味と一緒に食べることで独特の匂いが消え美味しくいただけます。

タカノハダイ(ヒダリマキ)

この魚が釣れる時はグレは釣れないと言われるくらい嫌われ者です。
潮が動かない、魚の活性が悪い時に釣れる魚です。
持ち帰る人はほとんどいませんが、実は煮付けると結構美味しい魚です。
はじめに鱗をひいて、頭と内臓を取り除き、身をぶつ切りにします。
皮目に切れ目を入れ、醤油、ミリン、生姜で煮込みます。
根魚だけに身のしっかりした美味しさがあります。

ブダイ

主に浅い釣り場で良く釣れます。
赤っぽい模様のある根魚で歯はくちばしのように固く並んでいます。
引きも弱く釣り味はあまりよろしくないですが、冬場の鍋材には抜群の美味しさがあります。
まずウロコをひきます。ウロコは大きく簡単に取れます。内臓を取り出し、頭はアラとして割ります。
大型の場合は2枚身や3枚身にして適当な大きさに切ります。小型の場合はぶつ切りです。
皮目にゼラチン質があり、身は弾力があります。
ほとんど煮崩れせず、大型ほど身が縮れます。
鍋の素材としてはスーパーなどで普通に売られている魚より上です。
魚の名前を隠して鍋に入れると、すぐなくなるくらい美味しい魚です。

磯釣りで釣れる魚のまとめ

今回紹介したグレ釣りも他の釣り同様、グレ以外の外道が色々釣れます。
グレ以外で見慣れた魚や、スーパーなどで売られている魚なら持ち帰るでしょうが、知らない魚はそのままポイっという釣り人が多いと思います。
グレ釣りの外道はほとんど食べることが出来るので、今回の紹介記事を参考に持ち帰り食べてみてはどうでしょうか。
必ずやグレ釣りに対する考え方が変わるハズです。

関連記事