FishMasterのロゴ

Dyabumoto

ジギングはリングにもこだわろう!選び方とおすすめ商品をご紹介!

ジギングはオフショアの釣りで、青物をメインターゲットとして楽しむ釣り。メタルジグとリーダーの接続には強度のあるスプリットリングと溶接リングを使うことが一般的です。そんな2つのリングについて徹底解説!ぜひチェックしていってくださいね!

ジギングではメタルジグとラインの接続にリングを使おう!

記事1909の画像129990

出典:PEXELS

ジギングではメタルジグを使用しますが、リーダーとの接続方法にはいくつか種類があります。リーダーとメタルジグを直結、リーダーをスナップに結んでスナップで接続、溶接リングにリーダーを結んでスプリットリングと接続などがあります。ジギングでは大型の青物などが掛かることもあるため、破断強度の高い溶接リングを使った接続方法が使用頻度が高いですよ!

ジギングで使われるリング2種類を知ろう

記事1909の画像129991

出典:PEXELS

ジギングでよく使われるリングには2種類あり、スプリットリングと溶接リングを使用します。ジギングをしない方にとって溶接リングはあまりなじみ深いものではありませんが、スプリットリングは多くのルアーに使用されています。ジギングでよく使われるスプリットリング溶接リングについてご紹介しますので、早速チェックしていきましょう!

メタルジグを脱着できるスプリットリング!

記事1909の画像130027

出典:AMAZON

スプリットリングは多くのルアーのフック部分に使われているリングで、プライヤーを使って取り外しが出来るのが特徴的。ジギングではスナップの様に扱われており、スナップの様に伸ばされる心配がないのが大きなメリットです。スナップに比べるとプライヤーを使わないとメタルジグの交換が出来ないのが手間ではありますが、大型青物が掛かっても安心出来る様にスプリットリングを使うことをおすすめします。

リーダーを結ぶ屈強な溶接リング!

記事1909の画像130028

出典:AMAZON

溶接リングはスプリットリングの様に取り外しが出来るものではなく、切れ目のない形状をしたリングです。ジギングにおいてはリーダーを結ぶリングとして使われ、非常に強い強度を持っているのが特徴的。スプリットリングにリーダーを結んではだめなのかと思うかもしれませんが、スプリットリングは表面がぼこぼことしているためリーダーにダメージを与えてしまう恐れがあります。溶接リングはつるつるとした表面をしているので、リーダーを綺麗に結ぶことが出来ますよ!

メタルジグの選び方!適したサイズのリングを使えばジギングがもっと楽しくなる!

記事1909の画像129992

出典:PEXELS

ジギングではメタルジグを使用しますが、メタルジグの重量によってスプリットリング、溶接リングのサイズを選ぶ必要があります。メタルジグに合っていないリングを使ってしまうとメタルジグの動きを阻害してしまい、釣果が悪くなってしまうので注意が必要です。ジギングでは80~200グラム、水深がかなりある場所では300グラムのメタルジグを使用するため、それぞれのサイズに合ったリングを選んでいきましょう!

重量別のおすすめのスプリットリング、溶接リングの号数をご紹介しますので、ぜひチェックしてくださいね!また、スプリットリングには形状の異なるものがいくつかあるので、そちらについてもご紹介します!

メタルジグの重さに対応するリングはこれだ!

  • メタルジグ80~100グラム→♯5のリング
  • メタルジグ100~150グラム→♯6のリング
  • メタルジグ150~200グラム→♯7のリング
  • メタルジグ200グラム以上→♯8のリング

上記の表でおおよそのメタルジグの重さに対応するリングの号数をご紹介しましたが、対象魚によってリングの号数を変えることもよくあります。メタルジグ80グラムでマグロを狙うのであれば♯5のリングでは心細いですよね。ですが実際のところリング自体が破断することはほとんどなく、リングが破断する前にラインブレイクかフックが曲がる・折れるといったことになります。必要以上にリングを大きくするとリング部分が重くなるため動きも悪くなるため、極力大きすぎないリングを選ぶようにしましょう!

スプリットリングの形状の種類を知ろう!選び方もご紹介!

スプリットリングには大きく分けて4つの種類があり、ノーマルタイプのもの、平打ち加工したもの、楕円形のもの、卵形の4種類があります。ノーマルタイプは4種類の中で最も強度が弱く、伸びやすかったり錆びやすかったりとデメリットが目立ってしまいます。平打ち加工したものはリングの側面が平たくなっているのが特徴的で、強度も高いため主に使われるスプリットリングです。楕円形のものはリングの継ぎ目部分がラインに干渉しにくい部分にあるため、ラインにダメージを与えにくいのが大きな特徴です。卵形のものは名前の通り卵の様な形状をしており、楕円形のものと同じくラインにダメージを与えにくいのが特徴的です。

ノーマルタイプのものからステップアップするとして、平打ち加工、楕円形、卵形の中からどれを選ぶか悩むところですが、基本的には平打ち加工のものを選べば問題ありません。形状についてはアングラーの好みで選んでも問題はないので、お気に入りのスプリットリングでジギングを楽しみましょう!

ジギングでおすすめのリングをご紹介!

記事1909の画像129993

出典:PEXELS

スプリットリングと溶接リングには非常に多くの種類があり、ジギングにはどれを選べば良いか難しいところ。そこで、ジギングにおすすめのスプリットリングと溶接リングをそれぞれご紹介しますので、ぜひチェックしてくださいね!

圧倒的強度を誇るスプリットリング!ウルトラワイヤー!

OWNER スプリットリングウルトラワイヤー

サイズ:#5
強度:110lb(シングルワイヤー部測定値) / 185lb(ダブルワイヤー部測定値)
入り数:16個
推奨プライヤー:GP50

Amazonで詳細を見る

スプリットリングに圧倒的な強度を持たせたウルトラワイヤーは、扱いやすい円形のスプリットリングでありながらも高負荷をものともしない凄まじい強度が魅力的。とにかく強度が欲しい、大型青物の引きにも耐える強いスプリットリングが欲しいというアングラーに非常におすすめのスプリットリングです!

楕円形スプリットリングの代表格!ファイターズリング!

マリア ファイターズリング楕円

縦サイズ:10mm
横サイズ:7.5mm
変形強度:185lb 85㎏

Amazonで詳細を見る

楕円形のスプリットリングで人気のあるファイターズリングは、疲労強度や耐へたり性に優れているハーキュリー素材のバネを使用しています。そのため大型フックを脱着しても開いたリング隙間が瞬間的に戻り、リング外れやラインを挟むといったことを防いでくれるのが嬉しいポイント。楕円形のスプリットリングを探しているアングラーにおすすめです!

卵の形をしていても強度は抜群!エッグリング!

デコイ エッグリング

サイズ:♯4

Amazonで詳細を見る

卵形のスプリットリングとして人気が高いエッグリングは、卵の形状をしていながらも高い強度が魅力的なスプリットリング。このリングは小さくなっている方にリーダー、大きくなっているところにメタルジグという様にして使うことが出来るので、使いやすいのが特徴的です。卵形のスプリットリングを探している方に非常におすすめです!

強度にかなりの自信あり!ソリッドリング!

オーナー ソリッドリング

サイズ:♯5

Amazonで詳細を見る

ソリッドリングは非常に強い強度を持っていることが特徴的なリング。大型青物が掛かっても安心してやり取りすることが出来るため、ジギンガーから高い信頼を得ているのがおすすめポイントです。とにかく強度の高いリングを探しているアングラーにおすすめの一品です!

コストパフォーマンスに優れたウェルディッドソリッドリング!

NTスイベル ウェルディッドソリッドリング

サイズ:5
テストポンド:368lb
入数:10個

Amazonで詳細を見る

ウェルディッドソリッドリングはコストパフォーマンスが非常に高いリング。破断強度も驚くほど高く、大型青物の引きにもびくともしない強さが嬉しいポイントです。アシストフック用リングと書かれていますが、リーダーを結んでも全く問題ありません。コストパフォーマンスを優先したいアングラーにおすすめです!

鍛えに鍛えぬいた鉄腕PCソリッドリング!

FishingFighters 鉄腕PCソリッドリング

サイズ:♯5

Amazonで詳細を見る

鉄腕PCソリッドリングは、ラインの結節部を優しくいたわる限りなく真円に近い形状をしたリング。素材から開発したステンレス鋼を使用したことで、クラス最高強度を誇る圧倒的な強さが魅力的です。鍛え抜かれた強さを求めるアングラーには非常におすすめのリングです!

ジギングのリングにこだわれば釣果もアップ!

記事1909の画像129994

出典:PEXELS

ジギングではなくてはならない名脇役のスプリットリングと溶接リング。メタルジグの重さや対象魚に応じてサイズを選んだり、形状を選んだりと絶対にこれという正解がないのがジギングでのリング選びです。リング選びにこだわることでメタルジグのアクションがよりナチュラルになることにも繋がるので、より釣果アップに期待が持てます。こだわりぬいたリングを使って、心行くまでジギングを楽しんでくださいね!

関連記事