FishMasterのロゴ

keijio78

安いリールは後悔する…?本当にコスパの高いスピニングリールとは

安いリール=コスパが高い訳ではありません。特に初心者の方の場合、ノンブランドメーカーの安いスピニングリールはあまりおすすめできません。この記事では、ダイワ・シマノの低価格帯商品が良い理由とコスパの高いスピニングリールの特徴を紹介します。

当サイトおすすめ!
★ スピニングリール人気ランキング ★

アブガルシア スピニングリール REVO DEEZ

Amazonで詳細を見る

ダイワ スピニングリール 16 クレスト 2506

Amazonで詳細を見る

シマノ スピニングリール 15 ツインパワー 2500S

Amazonで詳細を見る

コスパが高いスピニングリールの判断軸は5つ

出典:shimano

スピニングリールを扱うに当たって、巻き心地や感度、耐久性やドラグ性能など、重要な要素がいくつかあります。ここでは簡単に、コスパが高いスピニングリールの判断基準を5つにまとめました。以下で詳しく説明していくので参考にしてみてください。

1.ライントラブルが少ない

コスパが高い要素の一つに、ライントラブルを回避した設計になっているか?という点があります。
1000円〜2000円前後で販売されているノンブランドのリールなどでは、巻きグセが付きやすくラインブレイクの原因やライントラブルも多くなりがちです。
その為、コスパが高いリールを選ぶ場合には、ライントラブルが少なく値段も安いか?は重要な要素です。

ライントラブルが回避できる配慮がされた設計のリールは、3000円台から購入できるメーカーのリールに多く搭載されています。

2.巻き心地がいい

コスパの高いリールの要素として、巻き心地がいいかどうか?があります。
巻き心地の良さは、水中での情報を把握する上でも重要ですし、巻き疲れにも影響します。
また、巻き心地が良いことによって、快適に釣りをすることができます。

巻き心地の良さは、リールのコスパの高さを判断する重要な要素の一つで、最近のリールは、低価格の機種でも巻き心地の良い機種が多くなっています。

3.ドラグ性能がいい

ドラグ性能の良さがいいかどうかもリールのコスパの高さに関わる要素です。
ドラグがしっかり稼働してくれないと、せっかく掛かった魚もラインブレイクや口切れにより逃してしまいます。
また最悪の場合は、ロッドの折れにも繋がってしまう為、ドラグがきちんと稼働するかどうか?はとても重要な要素です。

ドラグ性能が良いリールの基準は、滑らかにラインが出て行きスプールのガタ付きが少ない特徴があります。
また、魚が掛かった時に直ぐにドラグ操作がしやすい設計かどうかも重要になります。

4.感度がいい

感度の良いリールかどうか?もコスパの高さを考える上で重要な要素です。
巻いた時の安定性やギアの素材、軽量化されたボディなどが感度に関わる要素です。

感度が良いと水中の状況も把握しやすく、キャッチできる魚の数に影響する場合も多くなります。
その為、感度がいいかどうかもリールのコスパの高さを考える上で重要な要素です。

5.耐久性がいい

初期の巻き心地を時間が経っても保てるかどうか?の耐久性に、素材や剛性、耐水性が関わってきます。
いくら巻き心地が良く快適に使えたとしても、数ヶ月後には巻き心地が悪くなるなど、全く違うといったようでは意味がありません。

長く快適に使う為にも、歪まないボディ素材や耐久性のあるギア。
また、水が入らないボディ設計かどうか?も耐久性に関わる重要な要素になります。

最近では壊れにくく強い素材で、軽さもある操作性の高いリールも多く、コスパの高さを考える上では剛性や素材、耐水性は重要な要素になります。

【1000~1500番】高コスパのスピニングリール3モデル

出典:daiwa

ここからは、1000番台から6000番台までのコスパの高いスピニングリールをご紹介します。ライントラブルを回避できるか、防水性能や巻き心地の良さなどに注目しながら見ていきましょう!

まずは1000~1500番でおすすめのスピニングリール3モデルです。

1. 【2020年最新版】5000円台から購入できるレブロス

5000円台で買えるモデルで、コスパが高い人気のレブロスが2020年、リニューアル。
エントリーモデルとは思えないデザイン性の高さも人気の秘密。
低価格でも巻き心地の良さや、エアローター搭載による軽い巻き心地、高い防水性能があるカプセルボディ搭載などダイワ技術も光る機種。

ダイワ レブロスLT1000S

ギア比: 5.2
1回転巻取り長(cm): 64
標準自重(g): 200
最大ドラグ力(kg): 5.0
ハンドル長(cm): 45
ハンドルノブタイプ: I
ベアリング数(ボール/ローラー): 4/1
標準糸巻量(ナイロン lb-m): 2-120/2.5-100/3-70
標準糸巻量(ブレイド 号-m): 0.2-210/0.3-200/0.4-130

Amazonで詳細を見る

2. 3000円台から購入できるリバティクラブ

3000円台から購入できる安さと、ライントラブルを回避できる、糸よれ対策のツイストバスターⅡやABSⅡといったダイワ技術で、初心者にもやさしい機種。
巻き心地や感度の良さも評価が高い。
デジギアⅡ搭載で耐久性も安心の機種。

ダイワ(Daiwa)スピニングリール17リバティクラブ1500

スピニングリールサイズ:1500
使用できる釣法:アジング メバリング
主なターゲット:アジ メバル ブラックバス トラウト イワシ ハゼ
標準巻糸量 ナイロン(号-m):1.5-130、2-100
自重:265g
ギア比:4.7 巻取り長さ:60cm(ハンドル1回転あたり)
最大ドラグ力:2kg

Amazonで詳細を見る

3. シルキーな巻心地と飛距離が魅力のナスキー

8000円台で購入できるシマノ1000番台機種の中でも評価の高いナスキー。
シルキーな巻心地と、ロッドとの一体感を生み出す重心が、飛距離やライントラブルの少なさも魅力。

シマノ ナスキー1000

ギア比:5.0
実用ドラグ力/最大ドラグ力(kg):2.0/3.0
自重(g):215
ナイロン糸巻量(号-m):1.5-130、2-100、2.5-85
フロロ糸巻量(号-m):1.5-120、2-85、2.5-70
PE糸巻量(号-m):0.8-240、1-190
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):66

Amazonで詳細を見る

【2000~2500番】高コスパのスピニングリール3モデル

出典:daiwa

1. 3000円台から購入できるナイロンライン付リール

すぐに釣り場で使えるナイロンライン付きのアリビオ2000。
ノーブランド品では不安!という場合に、おすすめの3000円台から購入できる機種。

心配な、糸がグシャグシャに絡まるトラブルも、防止効果のあるAR-Cスプール搭載で安心。

シマノ(SHIMANO)リールアリビオ20002号150m糸付

リール ハンドル:左右付け替え可能
主なターゲット:アジ メバル ブラックバス トラウト アジ サバ イワシ カサゴ ハゼ キス
ギア比:5.2:1
最大ドラグ力:3.0kg/29.4N
自重:265g
ナイロン糸巻量(号-m):2-150/2.5-120/3-100
最大巻上長:73cm(ハンドル1回転あたり)
スプール寸法:45/14.5mm
ベアリング数(ボール/ローラー):1/1
付属糸:ナイロン2号-150m

Amazonで詳細を見る

2. ザイオンボディで軽量の17セオリー

滑らかな巻き心地とザイオンボディ搭載で自重175gと軽い17セオリー。
購入金額約2万円台前半で高性能スペックでありながら安いモデル。

ダイワ(Daiwa)スピニングリール17セオリー2004H(2000サイズ)

スピニングリールサイズ:2000
使用できる釣法:アジング メバリング
主なターゲット:ブラックバス トラウト アジ メバル カサゴ メッキ カマス
標準巻糸量 ナイロン(lb-m):3-140、4-100
自重:175g
ギア比:5.6 巻取り長さ:75cm(ハンドル1回転あたり)
最大ドラグ力:2kg

Amazonで詳細を見る

3. 5000円台から購入できる高剛性ボディの機種

5000円台から購入できる、高剛性の新型ボディ搭載の16リーガル。
安定感のある巻き心地と感度の良さ、PEライン付きですぐに使えるコスパの高い機種。
デザイン性も高く、評価の高い人気の機種。

ダイワ(Daiwa)スピニングリール16リーガル2508HPE付(2500サイズ)

スピニングリールサイズ:2500
使用できる釣法:エギング アジング メバリング タイラバ
主なターゲット:アオリイカ ブラックバス トラウト シーバス アジ メバル クロダイ タチウオ
標準巻糸量(ナイロンlb-m):8-150/12-100、標準巻糸量(PE号-m):1-200/1.5-150 付属糸:PE1号-100m
自重:280g
ギア比:5.3 巻取り長さ:80cm(ハンドル1回転あたり)
最大ドラグ力:4kg

Amazonで詳細を見る

【3000~3500番】高コスパのスピニングリール3モデル

出典:shimano

1. 6000円台から購入できる巻き疲れの少ない機種

HAGANEギアでシルキーな巻き心地で、重心がロッドと近くなり巻き疲れも軽減した17サハラ。
購入金額6000円台からでありながら、上位機種の機能も搭載のコスパの高い機種。

シマノリール17サハラC3000HG

ギア比:6.2
実用ドラグ力/最大ドラグ力(kg):3.5/9.0
自重(g):250
スプール寸法(径mm/ストロークmm):46.5/14.5
ナイロン糸巻量(号-m)/フロロ糸巻量(号-m)/PE糸巻量(号-m):2.5-180、3-150、4-100/2.5-160、3-130、4-100/1-400、1.5-270、2-180
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):91
ハンドル長(cm):55

Amazonで詳細を見る

2. 4000円台から購入できるライントラブルが少ない機種

コスパの高さから、ユーザー評価も高い4000円台で購入できる16クレスト。
ライントラブルに繋がる糸よれなどの原因を無くすための技術や、ガタを解消し感度や巻き心地をよくしたダイワ技術が光る機種。

ダイワ(Daiwa)スピニングリール16クレスト3500

スピニングリールサイズ:3500
使用できる釣法:タイラバ ショアジギング
主なターゲット:シーバス トラウト ヒラメ イナダ マダイ サワラ 青物
標準巻糸量 ナイロン(lb.-m):16-200/20-150 ※TDライン(ナイロンライン)を使用。、標準巻糸量 PE(号-m):2-300/3-200 ※エギセンサー/棚センサーブライトを使用。
自重:385g
ギア比:4.9 巻取り長さ:83cm(ハンドル1回転あたり)
最大ドラグ力:6kg

Amazonで詳細を見る

3. 耐久性と巻き感が魅力の17エクセラー

購入価格1万円台前半で手に入るダイワの人気機種。
スプールの滑らかさや初期状態を長く保てるマグシールド、止める巻くのメリハリある巻きが可能なエアローター搭載。

ダイワ(Daiwa)スピニングリール17エクセラー3500H

スピニングリールサイズ:3500
使用できる釣法:ショアジギング
主なターゲット:ワラサ イナダ シーバス ヒラメ サワラ 青物
標準巻糸量 ナイロン(lb.-m):12-270、16-200、標準巻糸量 PE(号-m):2-300、2.5-250
自重:400g
ギア比:5.7 巻取り長さ:97cm(ハンドル1回転あたり)
最大ドラグ力:8kg

Amazonで詳細を見る

【4000~4500番】高コスパのスピニングリール3モデル

出典:daiwa

1. 【2020年最新版】人気のレブロスシリーズの4000番機種

エントリーモデルで購入しやすいレブロスが2020年、モデルチェンジ。
シルキーな巻き心地とライントラブル防止の技術が魅力。

また、防水性能が高いカプセルボディで長く安心して使える設計。

ダイワ レブロスLT4000-CH 

ギア比:5.6
1回転巻取り長(cm):89
標準自重(g):255
最大ドラグ力(kg):12.0
ハンドル長(cm):60
ハンドルノブタイプ:T
ベアリング数(ボール/ローラー):4/1
標準糸巻量(ナイロン lb-m):10-190/12-150/14-130
標準糸巻量(ブレイド 号-m):1.2-310/1.5-200/2.0-170

Amazonで詳細を見る

2. 【2020年最新版】人気のエクスセンスシリーズ!

1万円台前半で購入できるシマノ機種の中でも人気のエクスセンスシリーズが2020年リニューアル!
自重280gと軽量で耐久性も優れた機種。
マグナムライトローター搭載の軽い巻き感も魅力。
またBBシリーズ初のXプロテクトを搭載し、高耐久設計モデルとなった。

シマノ エクスセンスBB 4000MHG

ギア比: 5.8
実用ドラグ力/最大ドラグ力(kg): 6.0/11.0
自重(g): 280
糸巻量:ナイロン(lb-m) 10-160、12-120、16-90
フロロ(lb-m) 12-110、16-90、20-65
PE(号-m) 1.2-250、1.5-200、2-150
最大巻上長(cm/ハンドル1回転): 93
ハンドル長(mm): 55
ベアリング数BB/ローラー: 5/1

Amazonで詳細を見る

3. 遠投しても巻き疲れが少ない機種

6000円台から購入できる飛距離にこだわったエントリーモデル。
遠投しても巻き取り効率のいいエアローターで巻き疲れも少ない機種。
デジギヤII搭載で、耐久性も魅力。

ダイワ(Daiwa)スピニングリール17クロスキャスト4500

スピニングリールサイズ:4500
主なターゲット:キス カレイ アイナメ ベラ ハゼ
標準巻糸量 ナイロン(号-m):6-200、7-170、8-140
自重:640g
ギア比:4.1 巻取り長さ:82cm(ハンドル1回転あたり)
最大ドラグ力:15kg
ハンドル 長さ:85mm ノブ仕様:パワー

Amazonで詳細を見る

【5000番台】高コスパのスピニングリール3モデル

出典:daiwa

1. 人気の17サハラ5000番

回転抵抗が少なく疲れにくいX-SHIPや、剛性と耐久性のある大径ドラグなど、魅力ある技術が多い17サハラC5000XG。
7000円台から購入できる17サハラの5000番機種。

シマノリール17サハラC5000XG

リール ハンドル:左右付け替え可能
使用できる釣法: ライトジギング オフショア ショアジギング ライトショアジギング
主なターゲット:シーバス マダイ タチウオ ヒラメ マゴチ
ギア比:6.0
実用ドラグ力/最大ドラグ力(kg):6.0/11.0
自重(g):300
スプール寸法(径mm/ストロークmm):54/17

Amazonで詳細を見る

2. ナイロンライン付きの16ジョイナス

3000円台から購入できる16ジョイナス。
ライントラブルを減らすツイストバスターⅡやABSⅡといった技術が搭載。
また、ナイロンライン6号付きで、買ってすぐに釣り場で楽しめる機種。
耐久性の面でも、デジギヤII搭載で安心の設計。

ダイワ(Daiwa)スピニングリール16ジョイナス5000糸付6号-250m

スピニングリールサイズ:5000
使用できる釣法:タイラバ
主なターゲット:シーバス トラウト ヒラメ イナダ マダイ
標準巻糸量 ナイロン(号-m):6-260/8-200 :1/1 付属糸:6号-250m 新型ボディ:形状を見直した新型ボディでよりスムーズな回転フィーリングを実現。
自重:630g
巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):99cm
ギア比:4.6
最大ドラグ力:8kg

Amazonで詳細を見る

3. ドラグ性能と耐久性が魅力の16ブラスト

魚の引きに滑らかに追従し稼動するATD(オートマチックドラグシステム)や、スーパーメタルボディとマグシールドでの耐久性と剛性が魅力の機種。
2万円台前半で購入できるユーザー評価の高いダイワの16ブラスト。

ダイワ(Daiwa)スピニングリール16ブラスト5000H

スピニングリールサイズ:5000
使用できる釣法:タイラバ ジギング ショアジギング
主なターゲット:ワラサ ブリ ヒラマサ ヒラメ マダイ カツオ 青物
標準巻糸量 PE(号-m):4-400、5-300
自重:630g
巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):120cm
ギア比:5.7

Amazonで詳細を見る

【6000番台】高コスパのスピニングリール2モデル

出典:shimano

1. シマノの技術が光るコスパの高い17セドナ

7000円台から購入できる17セドナ。
重心がロッドと近く、巻き疲れが少ないモデル。
大径ドラグで、バイトの際もすぐに調節しやすい設計。
HAGANEギアの剛性や耐久性も魅力の機種。

シマノリール17セドナ6000

リール ハンドル:左右付け替え可能
主なターゲット:スズキ イナダ ワラサ ブリ ヒラマサ
ギア比:4.6
最大ドラグ力(kg):10.0
自重(g):425
スプール寸法(径/ストローク)(mm):57.5/17.5
糸巻量(号-m):ナイロン 4-240、5-190、6-160/PE 2-440、3-300、4-210

Amazonで詳細を見る

2. 耐久性が高いタフな14スフェロス

購入価格1万円台前半のユーザー評価の高いシマノの6000番、14スフェロス。
X-PROTECT、X-SHIELD搭載で、耐水性と耐久性が魅力の機種。

シマノリール14スフェロスSW6000HG

リール ハンドル:左右付け替え可能
使用できる釣法: ジギング ライトジギング オフショア ショアジギング
主なターゲット:ワカシ イナダ ワラサ ヒラマサ ブリ カンパチ カツオ
ギア比:5.7
実用ドラグ力:49.0N/5.0kg
最大ドラグ力:98.0N/10.0kg
自重:505g

Amazonで詳細を見る

買うならノンブランドよりもメーカーの低価格機種を!

出典:daiwa

上級者であれば、ノンブランドのスピニングリールでもライントラブルを回避した使い方もできる可能性はありますが、初心者である場合はあまりおすすめできません。
おすすめできない理由は、壊れやすい素材が多いのと、ライントラブルが多くなりやすい為です。

ノンブランドのライン付きリールなどは、1000〜2000円前後の格安価格で手に入る魅力はありますが、とにかくライントラブルが多い機種が目立ちます。
使用するのが上級者であれば、なんとかなる可能性もありますが、初心者の場合だとライントラブルの回避や解消の仕方も不慣れな為、せっかく楽しいはずの釣りが楽しくないものになってしまいます。

最悪の場合は釣り開始後、数分でラインがぐちゃぐちゃになり釣り終了!ということも珍しくはありません。
その為、できるだけダイワやシマノといったメーカー機種をおすすめします。

ダイワやシマノといったメーカー機種であっても3000円台から性能がよく、耐久性のある製品は手に入る為、ノンブランドのスピニングリールよりもメーカーの低価格機種をおすすめします。

いかがでしたか?今回は、コスパの高いスピニングリールの特徴と、コスパの高いおすすめ機種をご紹介しました。
購入金額にして3000円台からでも、コスパの高いリールは手に入ります。

まずはコスパの高いスピニングリールを用意し、ライントラブルなどの無い快適な釣りを楽しみましょう!

当サイトおすすめ!
★ スピニングリール人気ランキング ★

アブガルシア スピニングリール REVO DEEZ

Amazonで詳細を見る

ダイワ スピニングリール 16 クレスト 2506

Amazonで詳細を見る

シマノ スピニングリール 15 ツインパワー 2500S

Amazonで詳細を見る

関連記事