FishMasterのロゴ

Dyabumoto

ラバー素材のランディングネットが熱い!魚にも釣り人にも優しい!

ラバーランディングネットはゴムで出来たネットを指します。
一般的なネットとは異なり、つるつるとした質感が印象的。
そんなラバーネットにはどんな秘密が隠されているのでしょうか?
ラバーネットに迫ります!

ランディングネットはラバーが良い!

記事1963の画像81397

出典:PEXELS

ランディングネットと言えばナイロンで出来たものが主流ですが、ラバー素材のランディングネットがあることをご存知でしょうか?
トラウトやシーバス、ブラックバスなどで使われることが多いラバーネット。
素材が変わるだけでそんなに変わるの?と思われるかもしれませんが、ラバー素材だからこそ出来るメリットがあります。
ラバー素材の特徴やメリット、デメリットについて見ていきましょう!

ラバー素材の特徴!

ラバーネットはその名の通り、ゴムで作られたネットです。ラバーなので張りがあり、初心者の方でも扱いやすいのが嬉しいポイント。
ゴム製品なのでメンテナンスをしないと傷んでしまいますが、メンテナンスと言っても難しいものではありませんのでご安心ください!

ラバー素材のメリット!

ラバー素材で出来たネットはつるつるした質感なので、魚へのダメージが非常に少ないのが大きな特徴。
通常のネットだと網が魚を傷つけてしまうことがあるので、魚をいたわりたい方には大きなメリットになります。
キャッチアンドリリースが多いシーバス釣りにはまさにもってこいの素材です!
ルアーで魚を釣った際にネットにルアーのフックが絡んで、イライラしてしまう経験をした方は多いのではないでしょうか。
そんな時でもラバーネットならフックが絡まりにくいので、ストレス軽減に貢献してくれますよ!
万が一絡まってしまった時は、丁寧に外さないとネットを痛めることになりますで注意が必要です。

ラバー素材のデメリット!

ラバー素材のネットは、いずれラバー部分が劣化して脆くなってきてしまいます。通常の使用を心がければ問題はありませんが、ラバーを雑に扱ったりしていると一部分がちぎれるなんてことも。
海水で使用した場合は、塩気が残っているとラバー素材にダメージを与えてしまいます。必ず使用後は真水・お湯できちんと洗ってメンテナンスをしましょう!
メンテナンスすれば寿命を大きく伸ばすことが出来ますよ!

ラバーランディングネットのおすすめはこれだ!

記事1963の画像81398

出典:PEXELS

ラバーネットは各メーカーから様々なものが販売されているので、どれを選べば良いのか悩んでしまうところですよね。
今回はおすすめのラバーネットを5つ厳選!どれも良いものなのでぜひチェックしてくださいね!

コスパ!ラバー!どっちも大切な要素!

サンライクから販売されているランディングネットは、コストパフォーマンスの高さが圧巻の一言。
長さもちょうど良い長さなので、様々な堤防で活躍すること間違いありません!
ラバーネットが気になる方にはとてもお買い得なランディングネットです!

サンライク 折りたたみ式ランディングネット 3m/5m/6m

ロッド全長:約3.0m
仕舞寸法:約43cm
継数:9本
重量:約550g
ネット深さ:約40cm

Amazonで詳細を見る

使いやすさにこだわったラバーネット!

足場が低い場所や水際での扱いやすさを求め作られたのがこのラバーネット。
短く作ったことで重量感が軽減され、取り回しが非常に楽になりました。

スミス ラバーネット ショート ブラック×クリアーブルー

サイズ:フレーム:550×400cm
ハンドル長:500mm
カラー:ブラック×クリアーブルー

Amazonで詳細を見る

トラウトに使うならこのラバーネット!

トラウトフィッシングに使いやすい形状に作られており、木製で作られた枠にはこだわりが感じられます。
軽量なので取り回しが良く、疲れを感じさせないのが大きなメリットです!

ゴチュール ランディングネット クリアラバー 木製

全長/幅/深さ:約60cm×28cm×23cm
◆自重:約380g
◆ストラップ長さ:約50cm
◆素材:ラバー製ネット+木製枠

Amazonで詳細を見る

落としても安心なラバーネット!

トラウトから渓流での釣りまで幅広く使えるコンパクトさが魅力的。
折りたたみも可能なので移動時の邪魔になりません。

サンライク 伸縮式2段階調節ラバーランディングネット

全長:104cm
収縮時:80cm
収納時:43cm
重量:390g
網の幅:39×33cm
網の深さ:30cm

Amazonで詳細を見る

コンパクトさがちょうど良い!

このラバーネットの特徴は何といっても驚きの軽さにあります。
軽さから生まれる快適さは、魚のキャッチ率を高めることに大きく貢献してくれますよ!

riverpeak ラバーコーティングランディングネットS RP-NT700

全長:35cm
枠サイズ:25cm×15cm
ネットの深さ:25cm
網目サイズ:約6mm
重さ:135g

Amazonで詳細を見る

ラバーネットを交換するならこれだ!

記事1963の画像81409

出典:PEXELS

ラバーネットを長く使っていると劣化を避けることは出来ません。少しでもリスクを減らすのであればネットを交換することを強くおすすめします。
ラバーネットは交換することが出来るので、新たに色々と買いなおす必要がないのが嬉しいですね。
ネットには安いものから高いものまで幅広いアイテムが販売されています。その中でもコストパフォーマンスに優れており、信頼できるものをチョイスしました!
ナイロン製のネットを使っているけどラバーネットに交換してみたいなんて方にも、おすすめの商品なのでぜひチェックしてみてください!

安くても信頼できるラバーネット!

プロックスから販売されている交換用のラバーランディングネットは、コストパフォーマンスに優れているのがおすすめのポイント。
クリアーなカラーなので汚れたところを見つけやすく、よりメンテナンスを容易にしてくれました!

プロックス 交換用ラバーランディングネット 19型

直径:48cm
底直径:39cm
深さ:27.5cm
自重:250g

Amazonで詳細を見る

魚にも釣り人にも優しいラバーネットを使おう!

記事1963の画像81416

出典:PEXELS

ラバーネットは魚を傷つけない、ルアーのフックが引っかかりにくい、といったメリットがあるランディングネット。
魚を食べるのであればまだ良いですが、魚を傷つけた状態で海や川に返しても弱ってしまい死んでしまうなんてことも。
リリースするのであれば元気な状態で帰っていってほしいですよね。
ルアーのフックがランディングネットに絡まるストレスを軽減してくれる一面も、釣り人に優しいポイント。
ストレスを感じながら行う釣りはまったく楽しくないですよね。ストレスフリーに快適に楽しんでこその釣り!
まだラバーネットを持っていない方、ナイロン製のネットを交換しようと思っている方、ぜひラバーネットを使って魚にも釣り人にも優しい釣りをしてみませんか?

関連記事