FishMasterのロゴ

ahiruahiru

投げ釣りでマダイを狙う際のおすすめタックル、釣法等について解説!

シロギスやカレイと同じく、投げ釣りのターゲットとして有名なマダイ。挑戦してみたいけど、高級魚のイメージもあって二の足を踏んでいる方も多いのでは?しかしポイントさえ押さえればマダイは狙いやすい魅力的なターゲットなのです!

魅力たくさん!投げ釣りマダイの概要やシーズンについて

記事198の画像24002

出典:visual hunt

投げ釣りにおいてマダイは、シロギスやカレイと並んでよくターゲットにされる人気の魚です。
北海道以南から東シナ海北部までの広い分布と、時期を問わず狙えるところが魅力的ですね。釣りポイントは沖釣りでも狙えますし、投げ釣りであれば堤防やショア等陸からも十分手軽に狙う事ができます。
マダイは海水温度15℃以上であれば活発に活動している為、春~秋は特に狙いやすくなっています。
春の乗っ込み時期であれば大型の、秋の荒食いの時期であれば数多くのマダイを期待する事でしょう。
もしシーズン外の寒い冬の時期であっても、海水温度の安定している深い海底を狙っていけば釣り上げる事が可能です。
中型のマダイであっても40~50センチ、大型となると1メートルに迫る個体も存在し、釣りごたえを楽しむ事の出来る釣りとなるでしょう。
又、海鮮料理としても高級かつポピュラーであり、釣り上げた後のマダイ料理に舌鼓を打つのも大きな魅力となっています。

マダイと相性抜群!投げ釣りのタックルについて解説!

記事198の画像24005

出典:visual hunt

投げ釣りでマダイを狙う際のタックル(釣り道具一式)について解説していきます。
マダイは岩礁地帯の海底近くに生息している為、餌を海底に置いて待つ投げ釣りは理想的な釣り方と言えるでしょう。

耐久性重視のロッドを選択しよう!

マダイは餌に食いついた後パワフルに動き回る為、そのパワーにしっかりと耐えられるロッドを選択して下さい。
錘負荷は最低でも25号、多くの場合は30号の耐久性を持つロッドを使用します。値段帯は少し高めの物を使用した方がしっかりとしたトルクと期待できます。
遠投の範囲も考え、長さは4メートルを基準にし、使いやすさや釣り場の状況によって長さをチョイスして下さい。

シマノロッドスピンパワー振出425CX-T

スパイラルX構造や、ハイパワーX構造を搭載し、マダイを始めとした大型の魚に十二分に対応できるロッドです。

Amazonで詳細を見る

リールの選定はドラグが肝!

基本的には投げ釣り専用の大型のスピニングリールを使用して下さい。
専用のスピニングリールは遠投性が良い等、投げ釣りに最適な性能を備えているので使わない手はありません。
又、マダイはかなり引きの強い魚ですので、ドラグ機能を備えたリールを選択しましょう。ドラグとは、一定の引きの強さになると自動的に糸を送り出してくれる機能で、置き竿の時にタックルが持っていかれる等のトラブルを防いでくれます。
餌への食い込みも向上するので、どんどん利用していきましょう。

シマノリールスピニングリール投げ釣り18サーフリーダーCI4+SD35

ハイスピードドラグを搭載した本格投げリールです。
軽量性、耐久性、操作性どれをとっても一級品のおすすめリールとなっています。

Amazonで詳細を見る

おすすめのラインはナイロン!状況次第でPEでも

素材はナイロンとPEとありますが、ナイロンであれば4~5号、PEであれば2~3号の太さの物を基準としてください。
潮の流れが良い場所であるなら、トラブルの少なさや潮への馴染みやすさから、ナイロンの方が使いやすいです。しかしPEも遠投性に優れたラインですので、場所によってはこちらでも良いでしょう。
長さは200メートル程必要です。マダイのアタリに反応できず、餌を食いつかれたまま走られた場合かなりの道糸を失ってしまうので、予防の為余裕ある長さにしましょう。
又、力糸も準備しておいて下さい。

ダイワ(Daiwa)ナイロンラインサイトサーフII1000m5号ホットオレンジ

巻きグセが少なく、遠投にもしっかりと対応したナイロンラインです。

Amazonで詳細を見る

マダイの投げ釣り用の基本仕掛けについて解説!

記事198の画像24006

出典:visual hunt

投げ釣りですので、天秤や錘を仕掛けに使用していきます。
海底近くのマダイを狙うのですから、根がかり等のトラブルに注意しつつ、力強い引きにも対応できる仕掛けにしていきます。

感度重視の天秤と、状況に応じた錘の選択を!

道糸と仕掛けの絡まり等を予防するこの天秤には、投げ釣りの定番のL型天秤の誘導型を使用します。
固定式に比べ魚のアタリがダイレクトに伝わって来る為、素早く引きに反応する事ができます。ドラグ機能との相性も良いので、マダイ釣りにはこちらを使用していきましょう。
錘は釣り場や海底の状況、水深、ロッドの耐久性によって微妙に変わっていきます。ほとんどの場合はロッドの耐久性に合わせて30号前後の重さにする事が多いです。
マダイは岩礁地帯での釣りになりますので、根がかり回避や操作性を重視する上で、27号位に抑えるのも有りです。
又、重量が重いと遠投がやりにくくなったり、筋力が足りなくて疲労が溜まってしまったりする事もあるので、その辺りも考慮して下さい。

富士工業(FUJIKOGYO)遊動ジェット天秤2UJO25号

しっかりとした感度と根がかりの少ない安定性を持っているので、安心して使用できる天秤です。

Amazonで詳細を見る

ハリスや針について

道糸の先に結んでおくハリスには、マダイの引きにも耐えられるようにフロロカーボンの8号以上を使用しましょう。しかしあまりに太くし過ぎると、魚の警戒心を強めてしまったり、餌の抜けの原因にもなってしまうので注意が必要です。
餌を付ける針は、大物狙いの際にはトラブルを防ぐために一本針を使用します。シロギスや他のターゲットも狙いたい場合な2本針を選択するのも有りです。
ハリの大きさは餌の大きさや釣り人の経験や裁定によるので、各個人によって変わってきます。その日の餌の食いつきや状況に対応できるよう、10号以上の大きさの物を複数準備しておきましょう。
又、夜行玉等を装備し、マダイの興味を引き付ける事もおすすめです。

ささめ針サーフ真鯛

釣りブログ等でも紹介されている、投げマダイでは定番とも言える釣り針です。

Amazonで詳細を見る

使用するおすすめの餌について

使用する餌の代表として、ユムシ、アオイソメ、マムシ、ジャリメ等が挙げられます。
基本的にはユムシと使用し、状況によって使い分けて行きます。
安価に抑えたいのであればアオイソメ、釣り場にジャリメが生息しているのであればジャリメと選択しましょう。

マダイを狙うならここ!おすすめのポイントについて解説!

記事198の画像24003

出典:visual hunt

マダイを狙う時は、先述でも何度が触れた通り海底付近の岩礁地帯を狙いましょう。
マダイは水深30~200メートルの位置に群れで生活しているので、一度当たればその後も続く可能性が高いです。
最近でアタリが良い釣り場の情報を集めておきましょう。
比較的水深が深い場所ですので、船からの沖釣りで狙うのが一般的ですが、サーフや堤防から遠投での投げ釣りでも釣る事が出来ます。特に産卵の為に沿岸部に近づいてくる春の乗っ込みマダイの時期は、比較的浅い海域でも釣り上げる事が可能です。

1.堤防の先など潮通りの良い場所

魚類は基本的に潮の流れが良いとその活性が上がります。勿論マダイもそうで、潮通りの良い場所を狙うと食いつきが良くなります。
堤防であれば先、港であれば入り口の方など、地形的に潮が良く流れる場所は絶好の狙い目です。
しかしあまりに早すぎると逆にかからなくなってしまう為、ある程度緩やかなポイントを押さえる事が重要となってきます。

2.大物狙いであれば根の立ち上がり

マダイの中でも大型の個体は、海底の底がせり上がっている場所に根付き、潮の流れに乗ってきた獲物を捕食する習性を持つものが居ます。
よって海底のかけ上がりの部分であったり、大きくせり上がっている箇所には大物のマダイが生息している可能性が高いです。
海面の色や波の動きが変化する場所などを見極めて狙っていきましょう。

3.砂地+岩礁地帯は大きな狙い目

マダイはこの2か所に生息している事が殆どですが、当然この2か所が同時に存在している場所は大きな狙い目となります。特に岩礁地帯には餌となるカニやエビも生息している為、マダイもその位置に住んでいる事が多いです。

マダイ釣りのコツとおすすめの釣り方について解説!

記事198の画像24004

出典:visual hunt

投げ釣りはテクニックよりも、仕掛けを良い場所でいかに良い状態で置いておくことが大切です。
マダイもその例に漏れず、如何に釣れる状況を保つかを意識して下さい。

マダイが釣れる状況を調べ、そして維持しよう!

投げ釣りは海底に仕掛けを置いて獲物を待つ釣法です。確認を疎かにしてカラ針だったりハリスの状態が悪い状態が長いとそれだけ釣り上げる機会が少なくなってしまいます。特にマダイは餌取りが多く、餌だけかっさらわれている事も多々あります。
ですのでしっかりとこまめに仕掛けの状態を確認する癖をつけて下さい。15分置きに確認するくらいの気概でも良いと思います。
次にマダイの習性として、水温が高い方が動きが活発になると言ったものがあります。ですので暖かい穏やかな気候の日が狙い目となります。
又、マダイは潮の流れが停止→動きであったり、動き→停止等、潮の流れの境目や時も狙い目となりますので、しっかりと見極める事が重要となります。

マダイ釣りの要点

基本的には置き竿での待ちです。
根がかりしないように、適切なタナやポイントに仕掛けを置きます。
アタリがなかなか出ない時は、数分おきに仕掛けを引いて誘いをかけていきましょう。海底を小突く底タタキを行う等変化を付ける事も大切です。
マダイは群れを成している魚ですので、始めの1匹が釣れるとアタリが続いていく可能性があります。よって大量を狙う為にはマダイのポイントを探る事が最重要となります。複数の竿を用意し、なるべく多くの場所を同時に探していきましょう。

ドラグ機能を最大限に生かす

力強い引きを豪快な動きをするマダイは、糸を引きちぎられたりして逃げられるパターンも多いです。ですのですぐにアタリを感知できる装備、そして何より強い走りに対してもうまくいなす事のできるドラグフリー釣法をおすすめします。
マダイの走りに対し、ドラグ機能によって同じように糸を送り出せば、余計な負荷がかからず腰を据えて勝負する事が可能になります。

まとめ

人気のターゲットであるマダイは、その大きさや釣りごたえから、釣り上げれば喜びもひとしおの魚です。それにお土産に釣ったマダイを持って帰り、マダイ料理を振舞えば他の方も笑顔にできますよね。
ポイントは抑えなければいけませんが、場所的にも準備的にも狙いやすいターゲットですので、是非とも次の機会に狙ってみてはいかがでしょうか。

関連記事