FishMasterのロゴ

altboost

タングステンでタイラバが変わる!メリットとおすすめ5選を紹介!

従来鉛製だったタイラバのヘッド部分ですが、新たにタングステン製のヘッドが登場して人気急上昇中です。このページでは、そんな人気のタングステンのタイラバヘッドのメリットを詳しく解説し、厳選したおすすめ5選を紹介します。

人気急上昇中のタングステンヘッドのタイラバ! 

記事1994の画像103675

出典:DAIWA

タイラバと言えば、金属製のヘッドにラバーの飾りがついた真鯛釣りのルアーのことです。
金属製のヘッド部分には、従来鉛が使用されていましたが、現在は技術が進化した結果、タングステン製のヘッドも発売され、人気を集めています。なぜタングステンのタイラバが人気を集めているのか?その秘密を以下の項目で詳しく紹介します!

タングステンヘッドのタイラバはメリット盛り沢山!

出典:Amazon

タングステンヘッドが人気を集めている理由としては、以下のことが上げられます。

  1. タングステンは鉛よりも密度が約1.7倍あり、比重が重い
  2. 鉛よりも早く沈んでくれる
  3. 鉛よりも感度がよく、底取りが楽に行える
  4. 引き抵抗を軽くすることができる

タイラバのヘッドをタングステンにすることだけで、メリットはこんなにも沢山あります。詳しい中身については、項目ごとに見ていきましょう。

タングステンのメリットその1! 密度が鉛の約1.7倍!

タングステンのメリット、その秘密はタングステンの密度にあります。
タングステンは高密度の金属で、鉛と比べるとその密度の差は約1.7倍!つまり、同じ100gのヘッドを鉛とタングステンそれぞれで作ると、タングステンは鉛よりも小さな体積で同じ重量のヘッドを作れてしまうのです。

タングステンのメリットその2! 鉛よりも早く沈む!

鉛よりも小さくヘッドが作れるタングステンですが、同じ重さで小さいヘッドだと何がよいのでしょうか?
同じ重さで体積が小さいと、海中で沈んでいくときに海水から受ける抵抗を小さくすることができ、より早く海底まで到達することができます。仕掛けを落とし、誘いあげる動作を繰り返すタイラバではその沈降の早さもアドバンテージです。

タングステンのメリットその3! 感度が高いので底取りが楽チン!

タングステンは密度が高く、感度がいいのでタイラバが底を取ったときにそれを素早く察知することができます。底取りのしやすさと前述の沈降速度の早さと相まって手返しがよくなることにより、鉛よりも数多くのアプローチをすることができてしまうのです。

タングステンのメリットその4! 引き抵抗が軽くなる!

タングステンを使用したタイラバヘッドは、鉛よりも小さなフォルムとなります。
そのことが沈降速度を早めてくれると述べましたが、同時に水抵抗が小さくなるため、リールを巻き上げるときにもまた引き抵抗が軽くなります。タイラバは繊細なリールの巻き上げで真鯛を誘っていく釣りですので、引き抵抗が軽く、わずかなアタリを察知できるようになるのは大きなメリットです。

タングステンより鉛が合う状況は以下の2つ!

記事1994の画像103792

出典:foter

このようにメリット満載で人気沸騰のタングステンのタイラバヘッドですが、状況によっては鉛の方が合う場合もあります。例えば、

  1. 大きなフォルムで真鯛にアピールしたい
  2. 真鯛の警戒心が強く、あまり着底音を出したくない

のような状況の場合です。タングステンの小さいフォルムが少しアピール不足になったり、真鯛の警戒心が強いときにはあまり向いていません。以下の項目で詳しく見ていきます。

真鯛へ大きなフォルムでアピールしたい

タングステンはその小さなフォルムが多くのメリットを生み出しています。
しかし、あまり真鯛の食いが良くないときなどは大きなタイラバでアピールした方がよいときもあります。そのような場合は、鉛のタイラバヘッドを試してみるのもよいでしょう。

着底音をあまりだしたくない

タングステンはその性質上、鉛と比べると海底に着底したときに出る音が大きくなります。
それは鉛が音を吸収する性質があることも理由の1つです。真鯛の警戒心が強く、あまり余計なプレッシャーを与えたくないときは、鉛のタイラバヘッドを試してみることも必要です。

タングステンのおすすめタイラバヘッド厳選5選!

記事1994の画像103801

出典:foter

それでは、ここからおすすめのタングステンのタイラバヘッドをご紹介します。

1.人気のビンビン玉に新たにタングステンヘッドが登場!

ジャッカル TGビンビン玉スライドヘッド 80g

Weight:80g
色: レッドレッド

Amazonで詳細を見る

ジャッカルから販売されている人気の「ビンビン玉」に新たにタングステンヘッドが登場しました。実績の高い釣れる形状はそのままに、タングステン特有の感度を生かした底取りのしやすさはピカ一です。取り付け方は流行の遊動式の中通し。
実価格は約2200円の商品です。

2.タングステン含有率95%を誇るタイラバヘッド

60gタイラバタングステンヘッド最高品質(含有量95%)保護チューブ付鯛ラバオモリシンカー

素材:タングステン
重さ:60g
号数:16号

Amazonで詳細を見る

CLEYEから販売されているタングステンのタイラバヘッド。
シンプルな見た目ですが、タングステンの含有率はなんと95%を誇り、100%のものは性質上作れないタングステンヘッドとしては最高級の品質です。中通し式の穴にはラインを守るチューブもセット。値段も実価格で約900円ほどと手頃なことも嬉しいところです。

3.独特のスピンドル(菱型)形状が魅力的!

ダイワ(Daiwa)タイラバタイドブレイカー紅牙ベイラバーフリータングステンタイドブレイカー60g鍍金ゴールドH

素材:タングステン
重さ:60g

Amazonで詳細を見る

タイラバの専門ブランドとして名を馳せる紅牙シリーズのタングステンヘッド。
小さなシルエットで理想のウェイトを持つタングステンの性質を十二分に発揮したタイラバヘッドに仕上がっています。スピンドル(菱型)形状で先が尖っているので、底取りはより確かなものとなっています。実価格で約1,700円の商品です。

4.細かな重さ設定がありがたいタングステンヘッド

タングステンシンカーヘッド釣り遊動式タイラバ(鯛ラバ)鯛カブラ用

素材:タングステン
重さ:45g

Amazonで詳細を見る

金属加工を得意とするK'sガレージから販売されているタングステンのタイラバヘッド。
品質はもとより45・60・80・100・120・160・200の7段階で重さを選ぶことができ、まだまだ品数のレパートリーが少ないタングステンのタイラバヘッドにおいてはありがたい存在です。
実価格は、45gで約1,100円の商品です。

5.使用頻度の高い80gと100gの2個セット!

merikentackle鯛ラバ(タイラバ)用鯛カブラタングステン遊動式シンカーオレンジゴールドMTYTG-OR2個

素材:タングステン
重さ:80g・100g 
品数:2個

Amazonで詳細を見る

merikentackleから販売されているタングステンのタイラバヘッド。
流行の遊動式の中通しで、中通し部分はチューブで保護してあり、アイも加えられてアピール力もアップしています。
80gと100gの2個セットで約4,000円の商品です。

タングステンのタイラバヘッドでタイラバも快調!

シンプルな仕掛けで高級な真鯛が狙えるとあって、定番のルアーゲームとなっているタイラバ。
従来鉛製だったヘッド部分に新たにタングステン製のタイラバヘッドが登場して人気を集めています。

このページでは、そんなタングステンのタイラバヘッドに焦点をあて、その盛り沢山のメリットと注意点、そしておすすめの商品を紹介しました。是非、タングステンのタイラバヘッドを使って快調なタイラバをエンジョイしてください!

関連記事