FishMasterのロゴ

shombosato

皆が大好きなアジ!釣りでアジを狙うためのポイントを場所別に紹介

日本人の食生活に古くから登場してきた「アジ」。今でも釣り人にとても人気のある魚です。これからアジ釣り(ルアーを利用するアジングも含む)を始めようと思っている人に向けて、どのポイントを狙うとよいかを分かりやすく説明します。

当サイトおすすめ!
★ アジングロッド人気ランキング ★

ダイワ スピニング 月下美人 AIR AGS 79L-S

Amazonで詳細を見る

シマノ ソアレ CI4+ アジング S608UL-S

Amazonで詳細を見る

メジャークラフト スピニング ファーストキャスト アジソリッド FCS-S682AJI

Amazonで詳細を見る

まずはここから!アジってどんな魚なの?

日本で「アジ」というと、基本的には「マアジ」のことを意味します。
アジングで主に狙われるのもマアジ。
北海道南部から南シナ海に分布する魚で、漢字で書くと「真鯵」。
所説ありますが、この鯵という漢字、「旨すぎて参ってしまう魚」からきているとも言われています。
群れをなして泳ぎ続ける回遊魚の仲間です。
居つき型と回遊型に分かれ、居つき型はある程度の浅瀬に群れをなして大きな回遊はしないタイプ、そして回遊型は外海を夏は北へ、冬に南へと動き続けます。
北海道にはこの回遊型しかこないため、アジが生息する最北端とはいえ北海道のではアジ釣りはそこまでポピュラーではありません。
食性は肉食。小さいころはプランクトンが主な餌になりますが、成長するにつれて多毛類(イソメなど)や甲殻類、他の小魚や小型のイカなどを食べるようになります。

アジを狙うためのポイントと時間帯

アジ狙いで一番ポピュラーなのが堤防。
サビキでもソフトルアーを使った釣りでも、カゴ釣りでも何でも狙えます。
ただ回遊魚という習性上、堤防以外の広い範囲でも狙うことが出来るのがアジ釣りの面白いところ。アジが一番狙いやすい時間帯は夜から朝マヅメにかけてで、アジを昼に狙うのは若干難易度が上がってしまいます。
ただゲーム性を求めてのアジングデイゲームというジャンルも。
釣るポイントは大きく分けて二種類。主に居つき型を狙うショア(陸地)からの釣り、そして広い範囲で回遊しているアジを狙えるのが船釣り。
勿論それぞれの型が違うフィールドに入り込むことはありますが、今回はこの二つのフィールドを細かく分析していきます。
ショアから、そして船から。
あなたのお好みはどちらでしょうか?
これからアジ釣りを始めてみたい!という人には、合わせて以下の記事もお勧めです。

ポイント1~陸からアジの数釣り!

記事202の画像4492

ショアからポイントその1、安定の堤防でアジを数狙い

若いアジほど浅瀬で回遊する習性があり(捕食しにくる大きな魚を避けるため)、堤防から狙えるアジのアベレージサイズは割と小さめ。
その代わり数を沢山釣ることが可能で、家族で釣りをするのに非常に最適の魚です。
サビキで割と深い棚を探ると豆アジが大量に釣れることもあり、丸ごと天ぷらや空揚げにすると子供には美味しいご飯のおかずに、大人には最高のビールのお供になります。
夜の時間帯に狙う場合は堤防内にある常夜灯を探すのが定番の方法。明かりで照らされている部分と堤防の陰になっている部分の中間を狙うと、日中よりも大きな型のアジが釣れることがあります。
日中に海面に近いところでアジが釣れることはそこまでありませんが、夜になると海面付近まで上がってきて捕食活動をしていることも多々あります。
アジングで有名なフィールドだと、ソフトルアーなどを使って海面ただ巻きでもよく釣れます。

ショアからポイントその2、磯で荒波に負けず尺狙い!

記事202の画像4497

磯からの釣りは基本的に足元を狙うのが難しく、投げれる釣りがメインになります。
ウキを使った投げカゴ釣り、小型のメタル系やワームとジグヘッドを使ったアジングゲームなど。
そのほかにも方法は多岐にわたるものの、特徴としては堤防よりも大きな型が狙えるという点。
やはり堤防などと違ってすぐに水深が深くなることや波が激しくなることもあり、小型のアジが近寄れる場所ではなくなってしまうようです。その代わり大きな型が回遊してくるのでしょう。
釣れる数は堤防よりもすくなくなるものの、刺身に出来るサイズも珍しくなくなります。
ウキを使って釣りをするときに一番注意しなくてはならないのが、タナを間違えないこと。
アジはいるハズなのに全く釣れない…という時は、必ずウキ下のハリスをチェックしましょう。もう少し深い場所に群れがあるのか、もしくは浅い場所に群れがいるのかもしれません。
周りの人に質問してみることも大事。
アジはタナを間違えると全く釣れなくなります。釣り餌に引っ張られてタナを変えることはまずありません。
メタルジグで大型のアジを狙えるのも磯からの醍醐味。
ただこれは、大型の群れが餌を狙って浅瀬に乗り込んでくる一瞬の地合を逃さないようにしなくてはなりません。日没前後の夕マヅメが一番実績がある時間帯。ただ普通のアジングロッドでもし40センチオーバーがかかってしまうと一瞬で折られることもあり得ますので、エギングロッド、シーバスロッドなどを使って遠投しながら釣るという釣りになるでしょう。

ポイント2~船からデカアジを狙え!

記事202の画像4498

船フィールドの中では、簡単にボートと船で二種類に分けています。
違いは個人で出すボート、乗合船などでポイントに連れて行ってもらえる船ということ。
ボートはそんなに深い場所にまで行けないので、マックス10メートルから15メートル前後の場所まで。
対して船は30~50メートル程度の場所まで連れて行ってくれます。

ボートで五目釣りついでにアジ狙い!

ボートでアジを専門に狙うのは実はかなり難易度が高い釣りです。
回遊している群れにぶつからなければゼロもあり得ます。
だからこそ、ボートを出すならアジも狙えるし、他の美味しい魚も全部狙える仕掛けを投入しましょう。
サビキ仕掛けを使うことも出来ますし、一本針にオキアミを付けて狙うことも可能。例えばアジと同じ仕掛けでかかってくる魚といえばカワハギ、キスなど。
五目釣りの中に大き目のアジも混ざっているという程度で狙っていく方が無難な選択といえます。

船からギガアジを狙え!記録に挑戦

インターネットなどを中心に、「ギガアジ」という言葉が流行っています。何か特定のアジの種を指す言葉ではなく、尺アジ(30センチ)の次ということで40センチクラスのアジを指す造語です。
ちなみにこれよりも大きいものでテラアジ(50センチクラス)という言葉もあります。
磯フィールドで狙うことも可能ですが、ほんの一瞬の地合にかけるしかないショアの悲しさとは違い、船の場合は船がその群れを追いかけていくのでいつでも釣れる可能性を秘めています。
メタルジグを使うこともあれば、最近は「バチコンアジング」という新しい釣法も流行り始めています。
軽いジグヘッドを深い棚にまで落とし込むことが出来るのが最大の特徴。
この仕掛けは上述したボートアジングでも試すことも可能ですが、船長が魚探を見ながらタナを指定してくれる分、船の方で威力を発揮する方法とも言えます。

まとめ

小さいアジから大きなアジまで、共通する特徴があります。
それは唇が弱いという点。
他の魚のように強く合わせたり、ゴリ巻きで無理やり寄せようとすると口切れを起こして逃げられてしまうことがあります。優しく合わせて、大事に寄せてくることを心掛けましょう。
特に大きくなればなるほどにその傾向は強くなります(アジの自重に負けてしまうため)。
釣っていって家族に喜ばれる魚ランキングをもし作ったら、間違いなく上位に入ってくるのがこの「アジ」。
大人から子供まで皆が大好きな魚です。
ぜひ、自分に一番合ったフィールドで「アジ釣り」、試してみませんか?

当サイトおすすめ!
★ アジングロッド人気ランキング ★

ダイワ スピニング 月下美人 AIR AGS 79L-S

Amazonで詳細を見る

シマノ ソアレ CI4+ アジング S608UL-S

Amazonで詳細を見る

メジャークラフト スピニング ファーストキャスト アジソリッド FCS-S682AJI

Amazonで詳細を見る

関連記事