FishMasterのロゴ

arusu

愛用竿を守ってくれるロッドケースは自作がおすすめ!作り方も簡単!

自転車やバイクでも車でも、釣りに出かけるにはロッドケースは必要不可欠ですね。でも、そのロッドケースを自作で安く用意できるのをご存知ですか?そこで今回は、ロッドケースの自作方法を紹介します。

当サイトおすすめ!
★ ロッドケース人気ランキング ★

(Aofit)ハード ロッドケース 釣竿収納ケース ロッド入れ 釣りロッド収納 大容量 ロッド固定 防水性 耐用性 耐衝撃性 ロッド保護ケース フィッシングバッグ ホルダースタンド付き 125cm

Amazonで詳細を見る

プロックス ロッドケース コンテナギア5レングスハードロッドケース 150-220CM/ブラック PX933K ブラック

Amazonで詳細を見る

プロックス ラウンドハードロッドケース φ11.5 87-152cm PX689152 PX689152 ブラック

Amazonで詳細を見る

ロッドケースは自作すると安く済ませられる

記事2022の画像96625

出典:Visual Hunt

釣りを始めたばっかりでロッドケースを買ってみようとしたら、5,000円程度の値段が掛かると驚いた経験がありませんか?確かに、市販のロッドケースはしっかりとしたつくりなので相応の値段が掛かります。

しかし、自作のロッドケースなら材料費が最高でも2,000円程度まで抑えられ、費用を半分以下までに抑えられます。さらに、必要な道具の項で説明しますが、場合によっては費用が1,000円以下まで済ませられます。
市販の物ほどしっかりとしたつくりとはいきませんが、とても安くロッドケースを用意できるのです。

さらに、自作したロッドケースは好きな塗装を施す事ができるので、デザインで個性を出せます。周囲の釣り人とデザインで差をつけてみませんか。

必要なものは7点!

記事2022の画像96654

出典:Visual Hunt

必要な道具の大半はホームセンターで売られています。
100円ショップでベルトと結束バンドとスポンジ(リストで言えば3番~5番ですね)を購入しておけば、後はホームセンターで必要なものを一括で揃えられます。

のこぎりは最初の1回しか買う必要がないので、自作2回目の人やのこぎりを既に持っている人は、材料費が1,000円以下になります。

  1. まずは塩ビパイプ。簡易排水用のライト管を選びます(VU管とVP管とライト管の3種類があります)。自分のロッドに合わせて大きさを選びましょう。500円程度で売られています。
  2. 次は塩ビパイプのキャップ。2つ径がハマる大きさのキャップを選びましょう。100円程度で売られています。
  3. そしてスポンジ。緩衝材として使います。これも100円程度で売られています。
  4. 後は、ショルダーバッグのベルト。ロッドケースを持ち運びするときに必要です。100円ショップで売られています。
  5. 結束バンドは、ショルダーバッグのベルトを接着するときに必要です。こちらも100円ショップで売られています。
  6. ビニールテープや塩ビパイプ用ボンドなど、接着するものが必要です。どちらも200円程度で売られています。
  7. 塩ビパイプをカットするノコギリも必要です。これは、ホームセンターによっては希望の長さまで切ってくれる場合があります。その場合は不要です。買う場合は1,200円です。
  8. ヤスリも用意しましょう。100円で売られています。

1. 塩ビパイプをカット

記事2022の画像96661

出典:Visual Hunt

既に店で塩ビパイプをカットしてもらっている場合、この工程は不要です。

例えば使うロッドの長さが1.4mの場合、1.5mに合わせてカットしていきます。このように、長さに余裕を持たせてカットしていきます。
実際にカットしていく際、大量の屑が出てくるので、この工程では新聞紙の上で作業しましょう。
真っ直ぐにカットできるように、しるしを多く付けておきましょう。

カットした後は、断面にヤスリを掛けて綺麗にしましょう。

2. ベルトを付ける

記事2022の画像96677

出典:Pexels

持ち手を作る工程です。

まずは結束バンドを適当な位置に付けます。そしてその結束バンドに、ショルダーバッグのベルトを取り付けます。

ショルダーバッグのベルトによってはマジックテープが付いていることがあるので、結束バンドが必要にならないかもしれません。なので100円ショップに道具を揃える際は、まずショルダーバッグのベルトから先に選びましょう。

3. スポンジを切る

記事2022の画像96656

出典:Visual Hunt

これはロッドケースの緩衝材を作る工程になります。

まずは市販のスポンジをはさみで切っていきます。切れ味が悪いとスポンジが切れないので注意してください。

まずはスポンジをキャップの直径に合わせて円筒状に切っていき、キャップの容積の4割が埋まる程度の厚さにしていきます。
そしてこれを、キャップにはめていきます。両面テープがあれば便利ですが、ビニールテープを丸形にしても良いです。その場合は、スポンジを思いっきり強く押してください。

4. 蓋を付ける

記事2022の画像96723

出典:Pexels

キャップの一方はロッドケースの底部分になります。

キャップをはめ込むだけでよいですが、外れる心配があるなら、ビニールテープでグルグル巻きつけたり、塩ビパイプ用ボンドを付けたりしましょう。
ただ、塩ビパイプ用ボンドは一度ハマると絶対に外れなくなるので、一気に躊躇なくはめ込んでしまいましょう。
ビニールテープは補強にもなるので使う場合は底部分を縦から横からグルグルと巻きましょう。

もう一方のキャップは開け閉めするのに必要なので、ビニールテープやボンドで固定してはいけません。なので、パコンとハマるキャップを選びましょう。

これで自作のロッドケースの完成です!
塗装を施す場合はラッカースプレーなどで塗りましょう。
シール用紙に画像などをプリントして貼り付けるのもおすすめですよ。

もっと簡単なロッドケースの自作方法

記事2022の画像96741

出典:Pexels

先程紹介したのは、持ち運びや強度などの最低限の性能を備えた自作のロッドケースです。
急場しのぎでよいのなら、もっと簡単に作成できます。

必要なのは塩ビパイプとキャップ2つ、それと接続するもの(ボンドやビニールテープなどです)、塩ビパイプをカットするノコギリ、そしてヤスリだけを用意します。

まずは塩ビパイプをカットしていきます。そしてヤスリで切断面を綺麗にしていきます。そして底部分にするキャップをボンドやビニールテープなどで固定し、もう一方をはめれば完成です。

急場しのぎのバズーカ式ロッドケースなので、「遠い場所の釣行をあまりしない」「しばらくは飛行機に乗るような遠い場所にはいかない」なんて方にはおすすめ。ノコギリを持っている場合、道具は1,000円で揃えられます。

番外編:市販のロッドケースのおすすめ商品3選

記事2022の画像96773

出典:Pexels

反対に、頻繫に遠くの地方で釣りに行く…なんて方は、自作のロッドケースよりは市販のしっかりしたロッドケースの方がおすすめです。サイズが合う場合は飛行機の容量オーバーはないはずです。
そこで最後に、市販のロッドケースのおすすめ商品を紹介していきます。

1. 場合によっては自作よりも安い!?リーズナブルなロッドケース

(kakuma)ロッドケースハード釣り竿ケースロッド保護大容量防水性耐用性耐衝撃性軽量シンプル持ち運び便利釣り道具収納ポータブル125CM

4本のロッドを入れられます。

Amazonで詳細を見る

見た目からも分かるように、このロッドケースは耐久性や強度、さらに耐水性もあって汚れにくいロッドケースです。
しかし、持ち運びやすさも損なっていません。2wayショルダーベルトで肩への負担が軽減され、快適に携行できます。
4本のタックルを入れられるので、場合によっては自作よりも安く済ませられます。しっかりとしたロッドケースが取り敢えず欲しい人はこの商品で決まり!

2. タックルだけでなくほかの道具も入れられるロッドケース

Aventik多機能釣りロッド&ギアケースAllinOne持ち運び簡単、スーパーライト重量、飛行機許可、コンパートメント調整可能

6本のタックルを入れられます。

Amazonで詳細を見る

この商品も、画像からも分かるように、タックルだけでなくいろいろなものを入れられます。例えば、タックルの他にルアーや餌・プライヤー・その他小道具など…とにかく釣りに必要な道具を一式入れられるロッドケースになっています。
釣りの種類によってはこのロッドケース1つあるだけですべての道具を入れられるので、荷物を少なく済ませたい方にはおすすめ。

3. 沢山の釣りをしたい人は、このロッドケースで決まり!

カーメイトINNOロッドホルダーロッドケース195紅芋【限定発売品】IF41BE

6本~10本のタックルを入れられます。

Amazonで詳細を見る

このロッドケースには、大型のロッドでも6本、小型のロッドなら10本も入れられるので、例えばシーバス釣りもしたい、トラウトも釣りたい、投げ釣りにも挑戦しよう…なんて時、このロッドケースならそういうロッドをまとめて1つにできます。ロッドケースとしてとにかく使い勝手が良いです。
ショルダー用の紐が付いていないので、別に買っておく必要があります。

自作のロッドケースは簡単でおすすめ!

ロッドケースの自作はとても難しいと身構えている方も多いでしょうが、意外と簡単に自作できるのです。さらにロッドの大きさに合わせて作る事ができる上に安く済ませられるので、皆さんも一度ロッドケースを自作してみては?

当サイトおすすめ!
★ ロッドケース人気ランキング ★

(Aofit)ハード ロッドケース 釣竿収納ケース ロッド入れ 釣りロッド収納 大容量 ロッド固定 防水性 耐用性 耐衝撃性 ロッド保護ケース フィッシングバッグ ホルダースタンド付き 125cm

Amazonで詳細を見る

プロックス ロッドケース コンテナギア5レングスハードロッドケース 150-220CM/ブラック PX933K ブラック

Amazonで詳細を見る

プロックス ラウンドハードロッドケース φ11.5 87-152cm PX689152 PX689152 ブラック

Amazonで詳細を見る

関連記事