FishMasterのロゴ

forum8

サバはサビキ釣りで狙え!タックル、仕掛け、餌、釣り方を徹底解説!

サバはサビキ釣りで簡単に狙うことができます。サビキ釣りは堤防から簡単に行うことができますので、初心者からファミリーまであらゆる人におすすめの釣り方です。
そのサビキ釣りのやり方や必要な道具について解説します。

初心者からファミリーまで!誰でも楽しめるサバサビキ釣り

記事2047の画像87554

出典:Foter

遠投不要!堤防の足元で釣れる

サバは北海道から九州までどこにでも生息し、堤防から簡単に釣ることができるので、最もメジャーな釣りのターゲットの1つです。

そのサバ釣りの中でもサビキ釣りは堤防の足元で釣ることができ、難しい遠投も必要ないので初心者から家族連れまで気軽に楽しむことができます。また、イソメなどの餌付けも必要ないので、虫の苦手な女性の方からも人気があります。

春〜秋がトップシーズン

サバ釣りのトップシーズは春から秋までで、長い期間楽しめることも人気の要因の1つです。暖かい季節にできる釣りはお子様もいるファミリーにもピッタリです。

特に夏から秋にかけてはサバの個体も大きくなるので、堤防からでも大物を釣ることも可能ですのでとても楽しめるでしょう。

竿・リール・ライン、サビキ釣りに最適なタックル

記事2047の画像87556

出典:Stockvault

サバ狙いのサビキ釣りに最適なタックルについて解説します。

堤防のサビキ釣りは気軽にできる釣りですので、どんなタックルでも代用は可能です。ですが、サビキ釣りにピッタリのタックルを使えば、疲れずらく快適にできるうえに、釣った感触もより感じることができるので、もっと釣りを楽しむことができます。

竿は軽量な磯竿がおすすめ

サビキ釣りは一般的に磯竿が使われます。短めでちょい投げに使われる投げ竿でも可能ですが、磯竿の方が比較的軽量で扱いやすく、軽いオモリを使うようにできているので繊細なアタリを感じやすい特徴があります。

長さは3メートル前後、錘負荷は8号

サビキ釣りで一般的に使われる竿の長さは1.5m〜5mくらいのものが使われます。短いものは軽くて力のない女性や子供でも扱いやすいですが、離れた場所までは狙うことはできません。長い竿は離れた場所まで狙えるので広範囲で探ることができますが、重くて疲れやすいデメリットがあります。

3m前後の磯竿なら重量と長さのバランスがちょうど良く、竿の扱いに慣れていない初心者の方や力のない女性や子供でも扱いやすいのでおすすめです。軽いものほど価格も高価になるので予算に合わせたモデルを選びましょう。

サビキ釣りにおすすめの竿

価格、長さ、重量のバランスが良いエントリーモデルの磯竿です。

シマノ ホリデー磯 3号 350

全長(m):3.50
継数(本):4
仕舞寸法(cm):101.5
自重(g):135
錘負荷(号):10~15 適合ハリス(号):2~5

Amazonで詳細を見る

サビキ釣りにはコスパの高いリールがおすすめ

竿を決めたら次はリールを選びましょう。リールはサイズと性能で選びます。

リールには高価なものから安価なものまでピンからキリまでありますが、サビキ釣りではそこまで高価なハイグレードモデルは必要ありません。ですが、あまりにも安いものだとすぐに壊れてしまったりするので、コスパの高いエントリーモデルがおすすめです。

2500番〜3000番のスピニングリール

サビキ釣りでは2500番から3000番のリールを選びましょう。サビキ釣りではナイロン3号前後のラインを使用しますのでちょうどいいサイズです。

また、タイプはスピニングリールがおすすめです。スピニングリールは扱いやすくトラブルも少ないメリットがあります。ベイトリールは扱いが難しいので初心者には特におすすめしません。

サビキ釣りにおすすめのリール

コスパの高い格安モデルで初心者にもおすすめです。
特段性能は高くありませんが、サビキ釣りに十分な性能を持っています。

シマノ シエナ C3000 3号150m糸付

ギア比:5.0
実用ドラグ力(kg):3.5 / 最大ドラグ力(kg):8.5
自重(g):250
糸巻量(号-m):ナイロン 2.5-180、3-150、4-100 / フロロ 2.5-160、3-130、4-100 / PE 1-400、1.5-270、2-180
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):71

Amazonで詳細を見る

ラインはナイロンライン3号がおすすめ

ラインは基本的にはナイロンラインがおすすめです。PEラインでもできないことはありませんが、PEラインの特徴である感度の良さはそこまで重要ではなく、ナイロンラインの方がトラブルが少なく扱いやすいのでサビキ釣りに向いています。また、ナイロンラインは伸縮するのバラしづらい特性もあるので、初心者でも使いやすいです。

サイズは3号あれば大物のサバにも対応できるので十分なスペックです。

サビキ釣りにおすすめのライン

ダイワ製のラインは質が良くトラブルが少ないのでサビキ釣りにおすすめです。見やすいブルーですのでコンディションを問わず使えます。

ダイワ(Daiwa)ナイロンラインジャストロンDPLS500m3号ブルー

メーカー:ダイワ
サイズ:3号
全長:500m
カラー:ブルー

Amazonで詳細を見る

実践!サビキ釣りのやり方!初心者でも簡単

記事2047の画像87559

出典:Foter

さて、タックルを揃えたらいよいよ実際の釣り方について解説していきましょう。

サビキ釣りはコマセカゴを付けた仕掛けを投入し、竿をしゃくってコマセを放出する独特の釣り方をします。

サバは表層から底層までどこにでもいる可能性があるので、狙う棚を変えながら探っていきます。また、回遊魚ですのでタイミングが悪ければ釣れないので最初は根気強く探ってきましょう。

コマセの煙幕の中に仕掛けを投入

まずは、コマセをコマセカゴの中に入れます。8分目を目安に入れてください。コマセをカゴに入れたら仕掛け投入します。

仕掛けを投入したら着底するまで自然に落下させていきます。着底したらラインが緩むので仕掛けが絡む前に急いで少しだけ巻き上げてください。

そのまま一旦キープしてアタリがないか確認しましょう。アタリがない場合は竿をゆっくりと縦に2〜3回しゃくります。仕掛けの長さ分上下させて、放出したコマセの煙幕の中に仕掛けが入るようなイメージで行ってください。そして、また一旦しゃくるのを止めて、アタリがないか確認しましょう。

アタリがない場合はもう一度同じようにしゃくってコマセを放出します。この一連の流れをコマセが全て放出するまで行います。だいた2〜3回くらいやればコマセがなくなるので、一旦仕掛けを回収してコマセを詰め直して再び投入します。

セオリーでは最初に底層を狙って、アタリがない場合は棚を変えたり、誘い方を変えたり調整してみましょう。

アタリがあれば、合わせて魚を釣り上げます。あまり思いっきり合わせるとバラす可能性があるので、しっかり食いつかせてから合わせる釣り方を意識しましょう。

サビキ釣りの仕掛け!コマセカゴとサビキ針を使用!

記事2047の画像87561

出典:Stockvault

サビキ釣りの仕掛けについて解説します。サビキ釣りには、仕掛け(針+ハリス)とコマセカゴ、オモリが必要です。下カゴ式のコマセカゴにはオモリが付いているのでオモリは必要ありません。

サビキ釣りの仕掛けは完成品も売っているので簡単に用意することができます。サビキ釣りの仕掛けは針数も多く自作が面倒ですので完成品がおすすめです。また、コマセカゴとオモリまで全て付属してくる仕掛けもあります。

サビキ釣りの仕掛けのおすすめスペック

  • 針:サビキ針4号〜8号
  • ハリス:1号〜3号
  • オモリまたはオモリ付きコマセカゴ:5号〜15号
  • コマセ袋

針やハリスの大きさはサバの大きさで選びましょう。春や初夏は小型のサバが多いので針4号、ハリス1号くらいの小さめの仕掛けがおすすめです。秋になると大型が増え堤防からも大物が釣れることもがあるので針6号〜8号、ハリス2号〜3号の大きめを選びましょう。

小さい針とハリスを使った方が針掛かりが良い傾向がありますが、あまり小さいと飲み込まれてしまうことがあるので、その都度調整してください。逆にアタリはあるのに釣れない場合は針を小さめのすると釣れやすいです。

まずは針6号ハリス1.5号くらいを使い、様子を見ながら調整していくのがおすすめです。

刺し餌不要のサビキ針

サビキ釣りではサビキ針という疑似餌がついたものを使用します。コマセの煙幕の中に仕掛けを投入し、魚が間違えてサビキ針に食いついた時に釣ってやろう、というのがサビキ釣りです。

疑似餌ですので、基本的に刺し餌は不要です。ですが活性が低く釣れない時には、大きめのオキアミなどを付ける方法も効果的ですの覚えておくといいでしょう。

ハヤブサHS710 これ一番 ピンクスキンサビキ 6本鈎

メーカー:ハヤブサ
針:3号〜10号
ハリス:0.6号〜3号
6本針
1セット入り

Amazonで詳細を見る

下カゴ式のコマセカゴがおすすめ

サビキ釣りにはコマセカゴを使いますが、下カゴ式と上カゴ式があります。下カゴ式は仕掛けの下にオモリ付きのコマセカゴを付けるタイプで、上カゴ式は仕掛けの上にコマセカゴ(コマセ袋)を付け、仕掛けの下ナス型のオモリを付ける仕掛けです。

どちらを使っても構わないのですが、上カゴ式はメリットがあまりなく、逆に下カゴ式は手返しがよく、扱いやすいメリットあるので基本的には下カゴ式がおすすめです。

ささめ針ボウズのがれサビキ下カゴ式XA003M

メーカー:ささめ針
針:6号
ハリス:1号
6本針
1セット

Amazonで詳細を見る

オモリはナス型5号〜15号

上カゴ式のサビキ仕掛けを使う場合は、仕掛けの下部にオモリを付けます。ナス型の5号〜15号を水深の深さに合わせて選びましょう。

フジワラエコシンカーナス型おもりシンカー

メーカー:フジワラ
サイズ:5号
4個入り

Amazonで詳細を見る

上カゴ式にはコマセ袋かオモリなしコマセカゴ

上カゴ式のサビキ仕掛けを使う場合は、このようなサビキ袋、もしくはオモリのついていないサビキカゴを使用します。

DAITOU(ダイトウブク)コマセ網M(5ヶP)

メーカー:ダイトウブク
サイズ:M
5個入り

Amazonで詳細を見る

コマセカゴに入れるおすすめのコマセ

記事2047の画像87562

出典:Foter

サバ狙いなら基本はアミエビ

サバ狙いならコマセにはアミエビがおすすめです。サバに対して強い集魚力があります。このアミエビをコマセカゴに入れてしゃくって放出することでサビキ針にサバが食いついてきます。冷凍タイプや常温タイプなどありますが、どれでも使用可能です。

おすすめのアミエビコマセ

そのままコマセカゴに詰め込めるチューブタイプ

マルキュー(MARUKYU)アミ姫600g.

メーカー:マルキュー
内容量:600g

Amazonで詳細を見る

持ち運びしやすい常温タイプで誰にでもおすすめ

マルキュー(MARUKYU)アミサビキ

メーカー:マルキュー
内容量:600g

Amazonで詳細を見る

サバは堤防ならどこでも狙い目

記事2047の画像87563

出典:Stockvault

サバは陸っぱりなら基本的に堤防から狙います。日本全国に生息していますので、場所を選ばず堤防ならだいたいどこにでもいます。

また、堤防なら表層から低層までどこにもで生息し、日によっても変わるので探りながら狙いましょう。サバは回遊魚ですので棚よりもタイミングも重要になります。うまく群れが来た時に投入し、コマセによってサバを離さないで釣る釣り方となります。

あると便利なおすすめアイテム

記事2047の画像87566

出典:Freeimages

水汲みバケツ

水汲みバケツはサバのサビキ釣りに関わらず海釣りなら必須のアイテムです。
特にサバは血抜きをすると味を落とさず持ち帰ることができるので、血抜きで必要なバケツは大切です。
ロープ付きで堤防からも海水が組める水汲みバケツは必ず用意しましょう。

シマノ 水汲バッカン BK-053Q 17cm

カラー:カーキ
サイズ(cm):17
外寸(cm):17×19×16
素材:EVA

Amazonで詳細を見る

クーラーボックス

サバは痛みが早いのでクーラーボックスが必要です。
今後釣りをしていく上でも釣用のクーラーボックスがあると何かと便利ですので、用意しておくことをおすすめします。

ダイワ ミニクール

カラー:イエロー
容量:10.5リットル
標準自重(kg):2
内寸(cm):15×28×25 / 外寸(cm):22×39×31
仕様:ハンドル/ベルト/エアー口/ふんばるマン/500mlペットボトル収納可能目安 8本
断熱材:スチロール

Amazonで詳細を見る

吸い込みバケツ

吸い込みバケツとは、コマセのアミエビと海水を入れて、オモリ付きのコマセカゴを投入したらすぐにコマセを詰め込むことができるバケツです。これを使えば手返しが非常に良くなるのでサビキ釣りではとても重宝するアイテムです。

第一精工吸イ込ミバケツ中フタ付

メーカー:第一精工
サイズ:直径195mm

Amazonで詳細を見る

サビキ釣りではサバ以外にもたくさん釣れる

記事2047の画像87570

出典:Foter

サビキ釣りでは様々な魚が釣れるのも魅力の1つです。サバ狙いの仕掛けでも様々なゲストが迎えてくれます。特に同じ回遊魚であるアジやイワシ、チカなどは良く釣り上げられます。

また、他にもメバルやカマス、サッパなどもよく釣れます。どれも非常に美味な魚ばかりですので、外道とも言えない嬉しい魚ばかりです。

初心者の方こそサビキ釣りでサバを狙おう!

サビキ釣りは非常に気軽な釣りです。特にサバは堤防なら場所を選ばず簡単に釣ることができ、なにより食べて美味しいので非常に魅力的な釣りのターゲットです。

今回紹介したタックルややり方でもジャンジャン釣ることも可能ですので、釣りに興味のある方は、まずは気軽にできるサバのサビキ釣りに挑戦してみてはいかがでしょうか!

関連記事