FishMasterのロゴ

qoop1329

岸から釣るマゴチの好ポイント!釣り場の見極め方の極意大放出!

夏が旬の魚!
釣って楽しい!
食べて美味しい!
今人気の高級魚マゴチを岸から狙う時のポイントや釣り場の見極め方を紹介いたします。

マゴチってどんな魚?

出典:photoac

マゴチとは釣り人や食通の方ならよくご存知の魚ですが、あまり市場には出回らないのでどんな魚か知らない方も多いでしょう。
最初はマゴチとはどんな魚か説明していきます。

マゴチの生態

マゴチはヒラメやカレイと同じフラットフィッシュと呼ばれる魚になります。
生息域は日本海側は山形県以南、太平洋側は宮城県以南と幅広く生息している魚になります。
また主にヒラメやカレイと同じ砂地に生息していているのでヒラメ釣りの外道として釣れる事もあります。
サイズはオスが小さく、メスの方が大きくなり、よく釣れるサイズは40cm前後になりますが最大だと70cmを超える大型もいます。

マゴチの食性

マゴチの食性は主にイワシやアジといった小魚を食べるフィッシュイーターになります。
また海底にいるカニやエビなども捕食の対象になります。
このようにマゴチの食性上、小魚タイプのルアーやワームなどで釣りやすくエサ釣りだけではなくルアー釣りでも人気があります。

マゴチがよくいるポイントは3つ!

主に釣りをする所といえば堤防・サーフ・河川・河口・磯・テトラ帯などがありますが、マゴチはこの何処でも少量の砂地があれば生息しています。
今回はこの中でも特にマゴチが釣れやすい3つの釣り場を紹介していきます。

ポイント1.マゴチ釣りの鉄板のサーフ!

出典:photoac

マゴチ釣りと言ったらサーフは鉄板です。
サーフとは砂浜で釣りをする事で、キス釣りやマゴチやヒラメなどのフラットフィッシュ狙いではかなり人気スポットになります。
では、なぜサーフが釣れやすいのかというと、サーフは砂浜なのでマゴチやヒラメなどのフラットフィッシュが住みやすい砂地エリアになるからです。マゴチはどこにでもいると言ってもやはり砂地が多い所の方がいる確率は高くなります。
またキス釣りでも人気のサーフですが、マゴチはキスも捕食の対象になりましてキスが釣れてリールを巻いてたらマゴチに食べられる又はマゴチが釣れるということもありますので、マゴチがいる確率も高いのがサーフになります。
しかし、広大なサーフの中でどこに投げればいいの?と疑問が出ると思いますが、サーフでマゴチ釣りをする場合投げるポイントの見極め方が2つあります。

投げるポイントは白波を狙え!

サーフで投げるポイントは白波に投げる事が重要になります。
白波とは、波打ち際より少し沖に立つ白い波の事になります。
この白波が立つ所は地形の変化(ブレイクポイント)がある場所で急激に水深が深くなったりしています。
このブレイクポイントは小魚などベイトフィッシュ(エサとなる魚)が多く、かなりヒット率が高く、マゴチ以外にも多くのフィッシュイーターが存在します。
サーフで釣りをする場合は白波を狙えば良いでしょう。

サーフの一級ポイント 離岸流を探せ!

サーフでの釣りで一級ポイントと言えば離岸流がある場所になります。
離岸流とは浜に打ち寄せられる波が沖に戻る時の強い引き潮のことになります。
離岸流は強い引き潮のため海底がエグれてブレイクポイントになっていることが多く、その為小魚も多くそれを狙ったマゴチもいる可能性が高い場所になります。
離岸流は一見見分け辛いですが、高い場所から見る分かりやすく、白い泡が沖に向かって続いている場所を探してください。
白い泡が続く場所は離岸流がある場所になりますので見つけたらルアーを投げてみましょう。

ポイント2.シーバスだけではない!河口もマゴチの好ポイント!

出典:photoac

河口での釣りと言ったらシーバスが有名です。
しかし実はマゴチ釣りでも河口はよく釣れる一級ポイントになります。
マゴチは汽水域(淡水と海水が交わる場所)に強い魚で河口から数百m離れた上流でも釣れたこともあります。
この汽水域は山からの植物性プランクトンが豊富でそれをエサとするベイトフィッシュも多く住んでいて、それを捕食するマゴチも高確率でいる可能性があります。
河口でのマゴチ釣りをするときのポイントは3つあります。

ベイトが豊富な流れ込みを狙え!

出典:photoac

1つ目のポイントは流れ込みです!
流れ込みはプランクトンが特に豊富でベイトが集まりやすいポイントになります。
ベイトが集まりやすいとそれをエサとする魚も寄りやすく、必然とマゴチもいる可能性が高い場所になります。
写真のような僅かな流れ込みでもあればルアーを投げてみる価値はあるでしょう。

雨のあとは絶好のチャンス!

2つ目のポイントはまとまった雨が降った後に出来る"リバーマウスブレイク"が絶好のポイントになります。
このリバーマウスブレイクは、雨によって豊富な川の水と一緒に砂が流され河口に溜まって出来るブレイクポイントで、プランクトンや小魚も集まりやすくそれを狙いにマゴチも寄りやすくなります。
それほど大きなブレイクポイントではないですが、僅かな地形の変化でもそこにマゴチはいる可能性は高くなります。
雨が降った後は水が濁りますが、この濁りでマゴチの警戒心は薄まるので特に釣りやすいポイントになります。

下げ潮の時を狙え!

もう一つのポイントは下げ潮時!
こちらは場所というよりもタイミングになりますが、下げ潮はマゴチやシーバスなどのフィッシュイーターを狙う時にはかなりいいタイミングになります。
海には満潮と干潮があり、満潮になる潮の動きが上げ潮と言い、逆の干潮になる潮の動きが下げ潮と言います。
この下げ潮は、満潮時にベイトは上流の方に上がりますが下げ潮によって河口付近に押し戻されてそれをマゴチなどのフィッシュイーターが狙うことになります。
ですから下げ潮時の河口はマゴチを釣る絶好のタイミングになります。

ポイント3. ファミリーや初心者でも行きやすい堤防

出典:photoac

釣りをするときに一番行きやすいのは堤防ではないでしょうか。
ファミリーや初心者の方でも行きやすい人気スポットの堤防は意外とマゴチ釣りの高スポットになります。
そんな堤防でのマゴチ釣りでの狙うポイントは2つあります。

船の通り道は魚の通り道!

出典:photoac

船の通り道(船道)は漁港のある堤防では様々な魚を狙うポイントにもなります。
船道は意外と周りよりも深くなったりしていてブレイクポイントにもなっていたりします。
また船が通る時に海底の砂がプランクトンやエビなどが一緒に舞い上がりそれを狙った小魚が集まりやすいので、マゴチだけでは無く多くのフィッシュイーターが集まるので比較的マゴチも釣りやすい場所になります。

潮通しの良い堤防の先端は好スポット!

出典:photoac

潮通しの良い場所はほぼすべての魚に対して好スポットになります。
潮が止まっている場所は嵐など海が荒れている時は魚の逃げ場になりますが、基本潮通しの良い場所はベイトなどが豊富でそれを狙ったフィッシュイーターも多くいる場所になります。
またマゴチだけでは無く根魚や青物も釣れやすく魚を釣るということに関しては、行きやすくかなりオススメの場所になります。

まとめ

今回はマゴチを狙う時のオススメのポイントを紹介させていただきました。
マゴチはボトムにいる魚なのでぜひ上記の場所にてボトムを意識した釣りをしてみてはいかがでしょうか。
釣って楽しい・食べて美味しいマゴチが釣れたら最高の釣行になるでしょう。

関連記事