FishMasterのロゴ

nuri

カワハギ釣りのポイント徹底解説!失敗しない場所選びの極意!

1年を通して釣ることができるカワハギ。今回は釣れるポイントについて紹介します。季節によって生息する場所が異なるため、釣り方、場所選びに失敗してしまうとボウズなんて当たり前!?これを見て今日からカワハギ名人になろう!

当サイトおすすめ!
★ カワハギ竿人気ランキング ★

シマノ ロッド カワハギ BB MH180

Amazonで詳細を見る

ダイワ アナリスター カワハギ 82-175

Amazonで詳細を見る

プロマリン CB 極仙カワハギ 180M

Amazonで詳細を見る

実は寒がり!?カワハギの生態を元にポイントを解説

記事206の画像28137

出典:visualhunt

カワハギは日本全国に生息しているフグ科の魚です。平たくておでこの上に角が生えているのが特徴です。鱗は無く、ザラザラした皮に覆われており、捌くときに皮をベリベリ剥がすことから「カワハギ」と名付けられたといわれています。身はフグのように白くプリプリしていて、冬の時期は肝が美味しいと釣り人に人気のターゲットとなっています。

しかし、カワハギはおちょぼ口と硬いアゴで、ハリについたエサを上手に取ることから、釣り人の間では「エサ取り名人」で有名です。また、回遊魚のように群れで生息していないため、タイミングで釣れるという訳でもありません。カワハギを釣るためには、釣る場所が重要となってくるのです。

カワハギは砂地と岩礁帯が混在している水温の暖かい場所を好み、夏場は水深5m程度の浅瀬に、冬場は水深20~50mほどある沖で越冬します。また、海底にいる虫やエビ、貝類などをエサとして食べるため、根まわりを泳いでいることが多いのも特徴です。

季節が大事!カワハギのポイント選びのコツ

記事206の画像28138

出典:stockvault

カワハギを釣るために重要となってくるポイント選び。まずは季節によって攻める水深を見極めましょう。先述した通り、暖かい時期は浅瀬に、寒い時期は沖側にいることが多いです。そのため、釣る時期によって船(ボート)が良いか、堤防が良いか判断しましょう。

また、大事なのは潮の変わり目がある場所かどうかです。以下ではボート釣りのポイントと堤防釣りのポイントをそれぞれ解説していきます。

ボートでカワハギを釣る時に抑えておきたいポイント3つ

記事206の画像28139

出典:stockvault

まずは岩礁と砂地の境目を探ろう!

カワハギが最もよくいる場所は、エサが生息しやすい岩礁と砂地の境目です。ボートで回る場合は、まずは岩礁が見える場所に行きましょう。胴突きで仕掛けを落として上下に揺らし、底を探ります。コンコンという感触の場合は、下が岩礁なので、トントンと砂をたたく感覚がする場所までポイントをずらします。

水深が急に変わる場所は攻めるべき!

水深が急に変わる場所は、潮の流れに変化がある場所となるため、プランクトンが多く存在し、カワハギのエサとなる生物が集まりやすくなります。魚探を持っている場合は、水深の確認をしながらポイントを見極めると良いでしょう。

平根はカワハギの穴場ポイント!

平根とは、根の面積が大きく、平べったい形をした岩礁帯のことです。平根には貝がくっついていることが多く、その貝をエサとするカワハギが生息している確率が高いです。岩礁と砂地や、潮の流れの変わり目は他の魚も居つくため、外道が釣れたりしますが、平根は比較的カワハギが釣れることが多いので、見つけたら迷わず攻めましょう。

堤防からカワハギを釣る時に抑えておきたいポイント3つ

記事206の画像28140

出典:visualhunt

定番は潮の流れがよい堤防の先端!

釣り場についたらまずは波止から海を覗いてみて、カワハギが見えるか確認しましょう。小さいカワハギが泳いでいたら、釣れる確率が上がります。

堤防で釣る際、一番狙いたいポイントは堤防の先端です。カワハギは潮の流れがよく、流れの変わるポイントにいることが多いため、堤防先端はそのポイントを探せる絶好の場所です。もし先端に先客がいて難しい場合は、コーナーなど潮の変わり目を狙って場所取りしましょう。逆に、内側に面していて潮の流れが穏やかな場所は好まないため、その場所で釣っても釣果は渋いでしょう。

テトラ周辺はカワハギのエサがたくさん!

テトラ周辺で釣るのもおすすめです。テトラには貝などカワハギが好きなエサが生息していることが多く、それを食べるためカワハギが潜んでいる可能性があります。ヘチ釣りでテトラの隙間や周辺にエサを落としてみると、意外と大物が釣れることがありますので、動きながら探ってみましょう。

意外と穴場!イケスの周辺

イケスの周辺も潮の流れが変わったり、イケス周辺に生き物が集まってくるため、カワハギが生息している確率が高いです。堤防からイケスの間を狙って探ってみましょう。イカダや浮桟橋の周辺も同様に釣れる可能性があるので、見つけたら攻めてみることをおすすめします。

時期に合わせて場所選びを!

今回はカワハギが生息する場所の解説と、ボート釣り・堤防釣りそれぞれのポイントについて紹介しました。暖かい場所を好むため、時期による場所選びが非常に重要となってくるカワハギ釣り。ポイントさえ掴んでおけば、エサ取り名人を釣る名人になれることでしょう!

当サイトおすすめ!
★ カワハギ竿人気ランキング ★

シマノ ロッド カワハギ BB MH180

Amazonで詳細を見る

ダイワ アナリスター カワハギ 82-175

Amazonで詳細を見る

プロマリン CB 極仙カワハギ 180M

Amazonで詳細を見る

関連記事