FishMasterのロゴ

nuri

エギングで使うリーダーの選び方は?素材・長さ・太さを徹底解説!

エギングのリーダーで迷っている方必見!今回はメインラインとしてPEラインを使う際、合わせるリーダーとしてナイロンとフロロカーボン2つの素材の違いや長さ・太さの選び方について解説します。状況に合わせた商品を選んでエギングを極めましょう!

当サイトおすすめ!
★ ライン人気ランキング ★

ダイワ(Daiwa) PEライン UVFメガセンサー 8ブレイド+Si 150m 1号 マルチカラー

Amazonで詳細を見る

シマノ(SHIMANO) PEライン ピットブル 4本編み 200m PL-M54R

Amazonで詳細を見る

モーリス(MORRIS) ナイロンライン ノガレス デッドオアアライブ ストロング 150m 16lb ストロンググレー

Amazonで詳細を見る

エギングのショックリーダーはナイロンとフロロの2種類!

出典:photo-ac

エギングはイカをエギと呼ばれるエビ型の疑似餌を用いて釣る方法のことを指します。エギを海底に付け、ロッドをしゃくることでエビが跳ねるようなアクションをしてフォール時にイカが抱くのを狙う釣り方となります。

海底につけながら釣るためメインラインのPEラインだけでは糸切れが起きやすく、ショックリーダーが必要となってきます。リーダーに適している素材はナイロンとフロロカーボンの2種類あり、それぞれ特徴が異なります。

ナイロンのショックリーダーは初心者におすすめ!

ナイロンラインは釣りで最も一般的に使用されている素材です。他の素材と比べて安く購入することができ、伸縮性があるという特徴があります。その特徴からリールの巻き癖が付きにくく、衝撃を吸収してくれるので初心者でも扱いやすいというメリットがあります。釣りに慣れていない人はまずナイロンラインを使いこなすことをおすすめします。

フロロカーボンのショックリーダーは根ズレに強い!

フロロカーボンは主にハリスで使用されている素材です。強度・硬度があり、伸張性が無く、耐摩擦性に優れているという特徴があります。その特徴から根ズレに強く、岩礁帯など根が気になる場所でショックリーダーとして使用するのに向いています。一方で巻き癖が付きやすいというデメリットがあるので初心者には扱いが難しいです。最近ではベテランがバスやシーバス釣りでメインラインとして使用するケースも多く、しなやかさがあるラインも増えてきています。

エギングにはフロロカーボンを使おう!

出典:photo-ac

エギングのショックリーダーとしておすすめなのはフロロカーボンラインです。エギングは海底にエギをつけてアクションをかけるため、根がある場所ではラインが擦れてしまいます。ナイロンラインは扱いやすいですが、フロロカーボンと比べると耐摩擦力が劣ってしまいます。使用する状況にもよりますが、迷ったらまずはフロロカーボンのショックリーダーを用意しておきましょう。

状況別!エギング用リーダーの長さ3パターン

出典:photo-ac

ここではエギングに使用するショックリーダーの長さを状況別に解説します。ショックリーダーはPEラインよりも比重が重いため、長すぎるとルアーが扱いにくく、短すぎると摩擦でライン切れが発生してしまうので、状況に合わせて必要な長さを取ることがポイントとなってきます。以下では根が無い場合、通常時、根が高い場合の3つの状況に合わせた長さをそれぞれ解説していきます。

根が少ない場所では50cm前後

根が少ない場所では、ショックリーダーをできる限り短めにしましょう。全く根が無い場所では50cm前後がおすすめです。長い方がよりライントラブルが少ない安全な釣りをすることができますが、短い方がアタリを感知しやすくなります。また、短いショックリーダーはリールの巻き癖も付きにくく、結び目がガイドに掛かるのを回避できるので操作性も向上します。

通常時は1m前後

根があるかわからない場所や通常時は1m前後のショックリーダーを用意しておきましょう。1m前後の長さがあればある程度の根があっても十分対応することができます。

根が気になる場所では1.5~2m前後

根が高い場所や磯など遠投する必要がある場所では1.5~2m前後と長めのショックリーダーを用意しましょう。短すぎるとPEラインが根に擦れてしまいショックリーダーを使っている意味がなくなってしまいます。根の高さや引きずる距離に合わせて長さを調整しましょう。

状況別!エギング用リーダーの太さ3パターン

アクション重視なら6lb前後の細めを!

出典:photo-ac

根ズレが気にならない場所や浅瀬ではできる限り細いリーダーを使うのがおすすめです。リーダーは太い方がライン切れが起きにくいですが、比重が重いためエギのアクションに影響が出てきてしまいます。アクションを重視するのであれば6lb前後の細めを使いましょう。

通常は8lb前後がおすすめ!

エギングで最も使われているリーダーの太さが8lb前後です。リーダーの太さで迷ったらこの辺りを選んでおきましょう。初心者の場合は8~10lb前後、エギングに慣れてきた人は6~7lbと細くするのもおすすめです。

大物狙いなら10~12lb前後!

出典:photo-ac

大物アオリイカを狙う場合は10~12lb前後の太いリーダーを選びましょう。大きなエギを使うので細かいアクションよりライン切れしない安全性が重要です。堤防など根が気にならない場所では10lb前後、磯など根が気になる場所で釣る場合は12lb前後がおすすめです。

エギングにおすすめショックリーダー10選

ここからは今まで解説した内容を元に素材別におすすめ商品を合計10個紹介していきます。自分の釣る状況に合ったショックリーダーを選んでみましょう。

ナイロンラインのショックリーダー

1.初心者におすすめ!東レ 銀鱗50m

ナイロンラインなのに強度が強い高品質の商品です。価格は550円前後となります。

東レ 銀鱗 50m

2号
50m

Amazonで詳細を見る

2.衝撃に強い!モーリス バリバス SVGナイロン

しなやかさがあるためルアーが扱いやすく、大物アオリイカの衝撃も吸収してくれるナイロンラインです。価格は950円前後となります。

バリバス スーパートラウトエリアマスターリミテッド ショックリーダー SVGナイロン 30m

素材:ナイロン
号数:0.4号
全長:30m
強度:2.5lb
カラー:ナチュラル

Amazonで詳細を見る

3.扱いやすい!ダイワ スペクトロン

直線強力と結束力、しなやかさが最高品質のナイロンラインです。ミクロン単位で作られているため他製品と比べて使いやすいです。価格は1,300円前後となります。

ダイワ(Daiwa)ハリススペクトロンアルファナイロン60m2.5号クリアー

サイズ:10lb
長さ:60m
カラー:クリア

Amazonで詳細を見る

4.根ズレが気になる場所で!デュエル ハードコア パワーリーダーCN

ナイロン素材のカーボンコーティングがされている「カーボンナイロン」という独自開発した素材のラインです。ナイロンのしなやかさを活かしながらフロロカーボンの耐摩擦性や強度も兼ね備えている商品です。価格もナイロンを使用しているため50mで660円前後とかなりお得です。

デュエル(DUEL)ハリスハードコアパワーリーダーCN

サイズ:12lb
長さ:50m
カラー:クリア

Amazonで詳細を見る

5.大物アオリイカに!よつあみ DMVナイロンショックリーダー

普通のナイロン素材の約20倍ほど耐摩耗性に優れたDMVを採用した商品です。結束強度が増すような特殊加工を行っているためPEラインとの結合部分がすぐに取れることもありません。価格は1,000円前後となります。

よつあみ(YGK)リーダーDMVナイロンショックリーダーDMVナイロン50m3号12lbクリア

サイズ:12lb
長さ:50m
カラー:クリア

Amazonで詳細を見る

フロロカーボンのショックリーダー

6.結束力が高評価!デュエル ハードコア エギング

しなやかなのでPEラインとの結束力が強く扱いやすいと釣り人から人気のフロロカーボンショックリーダーです。結合が慣れていない人も安心して使うことができます。価格は30mで580円前後となります。

デュエル(DUEL)ハリスハードコアエギングリーダー30m

サイズ:8lb
長さ:30m
カラー:ナチュラルクリア

Amazonで詳細を見る

7.操作性バツグン! シマノ セフィア フロロリーダー LB-E21S

表面をシリコンでコーティングすることで水サバキ性を向上したフロロカーボン製のショックリーダーです。
エギング専用に作られているため強度や操作性も良いです。
価格は30mで850円前後となります。

シマノ セフィア フロロリーダー 2.5号 30m LB-E21S

号数: 2.5
最大強力: 11lb/ 5.1kg
長さ(m): 30

Amazonで詳細を見る

8.水中で目立たない!サンライン ソルトウォータースペシャル エギBSHG

ブラックカラーのショックリーダーは潮に馴染み、水中で目立たないためイカに違和感を与えません。アタリが少ないときのエギングに最適です。価格は1,200円前後となります。

サンライン(SUNLINE)リーダーソルトウォータースペシャルエギBSHGフロロカーボン30m2.5号10lbブラック

サイズ:10lb
長さ:30m
カラー:ブラック

Amazonで詳細を見る

9.潮の流れが速い場所で!ユニチカ キャスライン エギングリーダーⅡ

低粘度と高粘度の3層構造となっており、耐摩耗性や結束強度はもちろん、他のフロロカーボンラインと比べて1.81と高比重なショックリーダーです。潮の流れが速い場所や、水深がある場所でのエギングに最適です。価格は500円前後となります。

ユニチカ(UNITIKA)フロロカーボンラインキャスラインエギングリーダーII30m2.5号ナチュラルクリアー

サイズ:10lb
長さ:30m
カラー:ナチュラルクリア

Amazonで詳細を見る

10.大物狙いなら!クレハ シーガー バトルエギリーダーⅡ

大物アオリイカや磯場での釣行に向いている耐衝撃強度に優れたショックリーダーです。ヨレや糸癖を軽減するFNT製法を採用しているため、長くリーダーを取っても扱いやすさは変わりません。価格は600円前後となります。

クレハ(KUREHA)リーダーシーガーバトルエギリーダーII30m3号

サイズ:12lb
長さ:30m
カラー:クリア

Amazonで詳細を見る

エギングのショックリーダーを極めて釣果アップを目指そう!

今回はエギングに最適なショックリーダーの素材・太さ・長さを状況別にそれぞれ解説しました。ショックリーダーの素材に迷ったらフロロカーボンラインを選びましょう。根が気にならない場合は50cm前後で6lb前後の太さ、通常時は1m前後で8lb前後の太さ、根が気になる場所では1.5~2m前後で10~12lb前後の太さのショックリーダーを選びましょう。釣る状況に合わせてリーダーを選ぶことでトラブルを軽減し、釣果アップを目指しましょう!

当サイトおすすめ!
★ ライン人気ランキング ★

ダイワ(Daiwa) PEライン UVFメガセンサー 8ブレイド+Si 150m 1号 マルチカラー

Amazonで詳細を見る

シマノ(SHIMANO) PEライン ピットブル 4本編み 200m PL-M54R

Amazonで詳細を見る

モーリス(MORRIS) ナイロンライン ノガレス デッドオアアライブ ストロング 150m 16lb ストロンググレー

Amazonで詳細を見る

関連記事