FishMasterのロゴ

guitaro44

春のサビキ釣りは初めての釣りにおすすめ!釣り方とタックルを紹介!

春になると水温の上昇に伴って魚の活性が上がってきます。さらに釣り人にとっても過ごしやすい季節になりますので、初めての釣りにはとてもおすすめです。今回はそんな春のサビキ釣りのタックルや仕掛け、釣り方をご紹介したいと思います。

春のサビキ釣りは活性の高い魚を狙える!

出典:photo AC

地域によっても差はありますが、海水温は3月を境に上昇を初めて、8月がピークとなります。
この水温が上昇していく期間、特に4月から6月は魚の活性も上がり、釣りにはもってこいの季節になります。
5月にかけてはゴールデンウィークなど長期休暇もありますし、気温の上昇に伴って釣り人にも釣りに適した環境になるので、この春という季節は釣りにおすすめのシーズンといえるでしょう。

初めての釣りにもおすすめの季節

春は前述の魚の活性が上がり、釣り人にも寒すぎず暑すぎずの心地の良い気温であるので、初めての釣行に向かうのに適した季節であるともいえます。
そして初めての方にさらにおすすめなのが、堤防からのサビキ釣りです。

初めての釣りでは何が釣れたかということよりも、釣れたという経験自体が重要です。
堤防釣りは人の目もあり比較的安全ですし、サビキ釣りは初めての方でも釣りやすい釣り方です。
初めての釣りが春のサビキ釣りだったという方が多い一因でしょう。

春のサビキ釣りで狙える魚種

まずは何といってもアジでしょう。
春のサビキ釣りのメインターゲットになってきます。

イワシやサッパも春に釣れる魚の代表格になりますし、サバもサビキ釣りで狙えるターゲットですが、産卵期に入ると食味が落ちる魚になります。

またメバルやカサゴなどの根魚もターゲットに入ってきます。
日中なら底を狙うように、夜釣りの場合は底から浅いタナ向かって探りを入れていくと釣れるでしょう。

春のサビキ釣りにおける注意点

出典:photo AC

初めての釣りに春はおすすめの季節とご紹介しましたが、そんな春のサビキ釣りの注意点も併せてご紹介したいと思います。

安全面に気を配る

水温も上がってきた春という季節は冬に比べれば重篤な事故の可能性はさがりますが、堤防釣りであっても落水の危険性は0ではありません。
落水に備えてライフジャケットを着用してください。

また磯場で釣りをしている方もいますが、足元が滑りやすかったり波や潮の満ち引きの影響も受けますので、まずは堤防釣りから始めてみることをおすすめします。

小さい根魚はリリースする

メバルやカサゴなどの根魚は成長が遅く、小さい魚まで根こそぎ釣ってしまうとそのポイントから姿を消すことになりかねません。
特に暖かくなり初めの頃はサイズが小さいものも釣れますので、ダメージを与えずに海に返すのもマナーです。

釣り場のルールを守る

釣り場によっては安全面や環境面への配慮から、投げ釣り禁止、またはコマセを撒くことを禁止している釣り場もあります。
事前に釣り場については情報収集をしておき、釣り場のルールに沿った形で釣りを楽しんでください。

春のサビキ釣りは水温が安定してきた南寄りの港の出入り口を狙う!

出典:photo AC

水温が安定している港の出入り口付近を狙う

春は水温が上がり始める季節ですが、南からの暖かい潮流に乗って水温が高く安定するようになりますので、釣り場によっても水温はまちまちです。
当然、魚は水温が上昇して安定している場所を回遊しますので、春とはいえまだ水温が上がっていないところでサビキ釣りを行っても非効率になってしまいます。

水温が安定した場所には産卵前後や活性の上がった群れが回遊しますので、春のサビキ釣りで釣果をあげるには、水温が安定している南寄りの釣り場を狙うのがおすすめです。
さらには潮通しの良い港の出入り口付近で、最低でも水深が5m以上あるポイントを狙いましょう。

夜釣りの時は常夜灯付近がおすすめ

また夜釣りであれば、常夜灯付近は光に釣られたプランクトンを狙う魚が群れてきますので、おすすめのポイントになります。

また集魚灯を使って魚をおびき寄せる方法もありますが、規制されている場所や周りの釣り人の迷惑になることもありますので、事前に確認してから使用しましょう。

根魚を狙うなら岩礁帯がおすすめ

メバルやカサゴなどの根魚を狙うのであれば、岩礁帯やテトラ帯に仕掛けを投入してみるといいでしょう。
日中であれば深いタナが、夜間であれば浅いタナがポイントになります。
仕掛けが引っかかってしまう根掛かりのリスクもありますので注意してください。

情報収集も大切

釣り場によってはポイントが決められていることもあります。
たいてい有料にはなるのですが、分からないことを事務所で聞けたり、必要な道具を購入できたりと便利な面もあります。

または近くの釣り経験の長そうな人におすすめのポイントを聞いてみるのも手です。
ポイントは日によって違いますし、その日の実績のあるポイントを教えてもらえれば釣果への近道になります。

春のサビキ釣りのタックルと仕掛けをご紹介!

出典:photo AC

春のサビキ釣りで釣果を上げるためのタックルと仕掛けをご紹介していきたいと思います。
もし初めての釣りであればある程度汎用性の高いタックルを揃えておくと、今後にも活かすことができます。

春のサビキ釣りにおすすめのタックル

ロッド

ロッドは2号から3号の磯竿の4m台、特に4.5mくらいのものを選ぶと使える用途も増えてきますのでおすすめです。
また対応するオモリ負荷以上の仕掛けだとロッドを痛めてしまいますので、併せて確認しておくといいでしょう。

シマノ ホリデー磯 2号450

全長(m):4.51
継数(本):5
仕舞寸法(cm):102.0
自重(g):160
錘負荷(号):1~4 適合ハリス(号):1.5~4

Amazonで詳細を見る

シマノのエントリーモデルである2号磯竿です。
4.5mと汎用性もあり、取り回しも比較的楽です。
穂先が柔らかいので、魚に違和感を感じさせません。

リール

リールは小型のスピニングリールがおすすめです。
ラインが巻いてあるものだと、初めての方にもおすすめです。

シマノ FX C3000 糸付

ギア比:5.0
実用ドラグ力(kg):3.5 / 最大ドラグ力(kg):8.5
自重(g):250
糸巻量(号-m):ナイロン 2.5-180、3-150、4-100 / フロロ 2.5-160、3-130、4-100 / PE 1-400、1.5-270、2-180
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):71

Amazonで詳細を見る

SHIMANOのエントリーモデル、アリビオです。
3号のナイロンラインが150m巻いてあり、初めての釣りに重宝します。

ライン

ラインは2号から3号のナイロンラインを使用します。
比較的安価で扱いやすいラインです。

ダイワ ジャストロンDPLS 500m 2号 クリアー

素材:ナイロン
全長:500m
2号
クリアー
ナイロン比重:1.14
サスペンドタイプ

Amazonで詳細を見る

DAIWAのナイロンラインです。
機能性に優れたハイスペックラインです。

仕掛けは完成仕掛けがお手軽でおすすめ

仕掛けはつなげるだけですぐに釣りができる完成仕掛けがおすすめです。
仕掛けが切られてしまうこともありますので、複数セット持っていくようにしてください。

完成仕掛け

ささめ針 ボウズのがれ サビキ下カゴ式 XA003M

品番:XA003
全長:1.7m
仕様:6本鈎×1セット
鈎、パーツ:小アジ丸軸(金) カラーチヌ(夜光グリーン) 夜光玉 アミカゴ 朱留 夜光留 クロスラインスナップ
号数:M
上鈎:小アジ丸軸6号 ハリス:1号
下鈎:カラーチヌ3号 ハリス:3号
モトス:2

Amazonで詳細を見る

関西式ともいわれる下カゴ式のサビキ仕掛けです。
カゴに詰めるコマセだけ用意してあげればすぐにでも釣りが始められます。

ささめ針 ボウズのがれ サビキ上カゴ式 XA004M

上5本ハリス:1号
下鈎ハリス:2号

Amazonで詳細を見る

関東式ともいわれる上カゴ式のサビキ仕掛けです。
上カゴ式は仕掛けを沈めるためのオモリが必要になりますが、そのオモリもセットになっています。

コマセ

マルキュー アミ姫 600g.

●内容量(g):600《マルキュー 配合エサ》
●キャップを開けて絞り出すだけで使えるサビキ釣り用配合エサ。
●フルーツ系の香りで、アミエビのにおいが苦手な人も安心して使えます。
●粒のしっかり残ったアミエビが漂ってアピールし、魚の群れを足止めする効果も期待できます。

Amazonで詳細を見る

コマセもお手軽にと考える方にはチューブタイプのコマセがおすすめです。
手が汚れませんし、アミエビのにおいが苦手な方でもこちらの商品にはフルーツ系のにおいが添加されていますので、問題ありません。

あると便利な道具

クーラーボックス

暖かくなる季節の釣りですので、釣った魚の鮮度を保つ意味でも、飲み物を冷やしておく用途でも活躍してくれます。

シマノ フリーガライト LZ-026M

クーラーボックス 容量(L):26
重量(kg):3.3
保冷時間(目安):24時間(クーラー容量の20%分の氷を外気温31度で持続する保冷時間)
内寸法(幅×長×高):240×415×265mm
外寸法(幅×長×高):306×530×330mm
素材:PP+発泡ポリスチレン
カラー:ピュアホワイト

Amazonで詳細を見る

SHIMANOのクーラーボックスです。
サイズもそこまで大きいものではないので、持ち運びにもいいでしょう。

フィッシュグリップ

魚のトゲやヒレで怪我をしないようにフィッシュグリップもあると便利な道具です。

シマノ ライトフィッシュグリップ CT-981R

色: サンレッド
サイズ(mm):210×30×30 (ロックなし寸法)

Amazonで詳細を見る

SHIMANOのフィッシュグリップです。
ギザギザの歯が魚をつかんだら離しません。

サビキ釣りはコマセと仕掛けの同調が重要

サビキ釣りで釣果をあげるには、コマセと仕掛けを同調させることが重要です。
コマセの煙幕の中に仕掛けをカモフラージュすることでターゲットに食わせる釣り方ですので、いったん底まで仕掛けを沈めたら、そのコマセの中に仕掛けがおさまるように巻き上げます。

特に注意しないといけないのが潮の流れが速い時です。
コマセの煙幕から仕掛けだけが流されてしまう可能性がありますので、コマセの位置を調整したりオモリで調整する必要があります。

春のサビキ釣りで気持ちよく釣りを始めてみよう!

魚の活性があがる春であれば、特別なテクニックを使わないでも釣果をあげることができるでしょう。
そしてその経験をスタートにして、少しずつターゲットを絞って追っていくことで、気づけば釣りの魅力にはまっていることでしょう。
気温も穏やかな時期ですので、春のサビキ釣りを楽しんでみてください。

関連記事