FishMasterのロゴ

mondo

イシダイの磯釣り餌の選び方解説!至極の一匹を手に入れよう!

磯釣りにおけるイシダイ釣りのシーズンは春は3月から6月、秋は9月から11月というのがベストですが、実は時期と水温との関係で使用するエサを使い分けることで、釣果アップにつながります。イシダイ釣りを、餌の視点から攻めてみます。

イシダイ釣りで使われる餌とその特徴

イシダイ釣りのシーズンは2つあります。春の乗っ込み時期と秋の水温が低下し始める時期です。
イシダイは水温18℃~24℃で捕食するために、春と秋がベストシーズンです。
水温の上がり始める春は柔らかい餌、水温の下がりはじめる秋は硬い餌を使うのが特徴です。
何故春と秋なの?というと、夏は水温が高い上に、気温も高く、直射日光が水面に反射し猛烈な暑さになり体力を消耗します。釣れる時もありますが、ほとんどのイシダイ釣り師が避ける時期です。
また水温の下がる冬は、餌取りも居なくなり、イシダイもほとんど行動しません。一年で一番釣れない季節です。

春のイシダイ釣りシーズンに使う餌

黒潮の影響を受けやすい九州西南部や四国西南部は毎年3月からイシダイが釣れはじめます。
春の時期の初期は、身の柔らかい貝類を好みます。
水温も低く餌取りも少ない事から一番多く使われる餌が通称赤貝と呼ばれるサルボウ貝です。見た目は赤貝と同じですが、小型で水分が多く、価格も安い貝です。
また四国西南部では、カラス貝と呼ばれるムラサキイガイを使う地域もあります。
5月に入り水温も上がり餌取りも増えてくると、硬い貝類のトコブシやサザエを使うようになります。
柔らかい貝類(サルボウ貝、カラス貝)、硬い貝類(トコブシ、サザエ)に分けて説明します。

春のイシダイ釣りの餌・サルボウ貝

サルボウ貝は山陰地区や九州で獲れる二枚貝で食用にもなります。
赤貝に似ているため、赤貝の缶詰として販売されています。
一般的には殻は撒き餌、身を刺し餌として使います。
1日の使用量の目安は撒き餌込みで20kgです。

春のイシダイ釣りの餌・カラス貝

カラス貝は外国からの貨物船の船底に付いていたものが繁殖した二枚貝です。
日本中の港の岸壁等に生息しますが、イシダイの餌として使える大型が多いのは宇和海周辺です。
ムール貝として販売されているのは、大型のカラス貝です。
安価な貝で、撒き餌、刺し餌両方に使えます。
一日の使用量の目安は撒き餌込みで20kgです。

春のイシダイ釣りの餌・トコブシ

トコブシは関西地区ではナガレコと呼ばれゴロタ石の海岸に生息する巻貝です。
アワビに似た小さい貝で、食用としても高級品です。
エサ持ちがよく春のシーズン後半用の餌です。
一日の使用量の目安は刺し餌のみで2kgです。

春のイシダイ釣りの餌・サザエ

日本周辺の岩場に生息する、メジャーな巻貝です。
食材としても高級で、壺焼きが有名です。
殻は硬く、ハンマーで叩き割らないと身が取り出せません。
身は硬く、トコブシ同様春のシーズン後半用のエサです。
一日の使用量の目安は刺し餌のみで3kgです。

秋のイシダイ釣りシーズンに使う餌

秋になると徐々に気温は下がりますが、海水温は季節に遅れて下がります。
つまり海水温はまだ高めでキープされています。
その為、磯の周辺には多種多様の餌取りが存在します。
これらの餌取りに無類の強さを持ち、かつイシダイの好物なのがウニです。
日本海では高級なバフンウニを使いますが、太平洋側ではトゲの長いガンガセウニを使います。
また磯周辺にいるムラサキウニでも釣りは可能ですが、一般的ではありません。
イシダイ釣りに広く使われるガンガセウニの説明をします。

秋のイシダイ釣の餌・ガンガセウニ

ガンガセウニは、砂地やゴロタ浜などに生息するトゲの長いウニです。
特徴は芯と呼ばれる歯が大きく、イシダイ釣りに最適の餌と言われています。
小型のイシダイが磯際に多い時は、1日70個以上も使う場合があります。
目安は一日50個です。

イシダイ釣りで使われる餌の付け方

イシダイ釣りの餌には、貝類からウニまで種類があります。
それぞれ餌の付け方が違います。
餌の付け方を間違うと、釣れるイシダイも釣れなくなります。
そこで今回は、餌それぞれの種類に応じて付け方を詳しく解説します!

サルボウ貝の付け方

まずサルボウ貝はハンマーを横にして軽く叩いてつぶします。
つぶしたサルボウ貝の身は、餌取りの少ない時は殻を外しむき身にします。逆に餌取りの多い時は殻が残ったまま使います。
次に身の柔らかいところから硬いところにハリを刺し通して、上のワイヤーハリスにたくし上げます。小さい身なら5個、大きい身なら3個が目安です。
そして最後の身は、柔らかいところから硬い部分に、しっかりと刺して、上にたくし上げた身を下におろすと数珠掛けの完成です。
これはイシダイが上から下に餌を食べる特性を利用した刺し方です。
特に最後の餌がハリ掛かかりさせるためなので、外れにくいように刺すのがポイントです。

カラス貝の付け方

まずカラス貝は貝剥きナイフで貝柱を切り身を取り出します。取り出す時に、毛の部分をつまんでやると簡単に取れます。
次に毛のついた下の硬い部分に身を3個~4個房掛けにし、ミシン糸でぐるぐる巻きにします。
餌取りが多く、餌が底までもたない時は、ミシン糸で巻いた身を貝殻で蓋をして、さらにミシン糸で何重にも巻きます。
ここでいうミシン糸は、切れやすい仕付け糸のボビン巻が便利です。
初めての人には、変な付け方だと感じますが、餌取り対策です。
糸を巻いていても、イシダイは釣れるので安心してください。

トコブシの付け方

まずトコブシは貝剥きナイフで身を取り出します。
次にハリが隠れるくらいの大きさのサイコロカットにします。
刺すのは1個で、2cm~3cm角が目安です。
全体に身が堅いので、普通に刺せばOkです。
余談ですが、高価なエサなので残ったら持ち帰って食べると美味しいです。

サザエの付け方

サザエは、殻がとても堅いのでハンマーで叩き割ります。
次に身を取り出しフタをナイフ等で外します。取り出した身が大きい場合は縦に二つに切ります。
二つに切る場合は硬い赤い部分がどちらの身にも付くようにするのがコツです。
そしてハリに刺す時は、必ず赤い硬い部分にハリを通します。ハリが隠れるくらいで十分です。
こちらも高価な餌ですので残ったら持ち帰って食べましょう。

ガンカセウニの付け方

ガンガセウニは専用のウニ通しを使ってハリに刺します。
はじめに上の穴(肛門)からウニ通しを通し、口に抜いて、ハリスワイヤーを引っ掛けた後、上に引き上げてハリを付けます。
ウニの口(芯)に確実に針が掛かっていないと釣れないので確認しましょう。
餌取りの多い時はトゲはそのままで、餌取りの少ない時はトゲをハサミでカットしてください。
さらに殻に切り口を入れてやるのも効果があります。
イシダイは殻を上から食べ、最後にウニの口(芯)をくわえて走ります。
最後にガンガセウニを使う場合は、必ず釣り用の皮手袋をはめましょう。なぜなら素手だとトゲが刺さったり、手のひらがガンガセウニの体液で紫色に染まってしまいます。

スポンジをエサに見立てて動画で説明しています。

1.エサをウニ通しに通します。

 2.ハリスワイヤーのワッカ部分に掛けます。

 3.エサをウニ通しからワイヤーにずり下ろします。

出典:http://www.tsuttarou.com/archives/104015

餌の視点からイシダイを釣る為のまとめ

イシダイ釣りは他の釣りと違い、時期や水温によって餌を使い分ける必要があります。
自分は年中サルボウ貝だ!とかウニだとかこだわるよりは、時期で餌を変える方が圧倒的に釣果は上がります。
そして春の3月4月のアタリ、5月6月のアタリ、秋のアタリと全く別の魚のようなアタリ方をします。
イシダイ釣りを始めたものの、結局釣れずに道具はしまったままという釣り人も多いと思います。
今一度、餌の視点から攻めなおしてみてはいかがでしょう。
必ずや結果として、至極の1匹が釣れるはずです。

関連記事