FishMasterのロゴ

kokuzo

エギングロッドでジギングを楽しもう!ポイント2つを紹介!

エギングロッドでジギングを楽しむポイントは、対応ルアーウェイトとロッドの長さの2つです。20g以上のルアーに対応し、9ft程度あれば充分ジギングを楽しめます!

当サイトおすすめ!
★ エギングロッド人気ランキング ★

シマノ 17 セフィア CI4+ S806ML

Amazonで詳細を見る

ダイワ スピニング エメラルダス 86M・V

Amazonで詳細を見る

プロマリン CB エギングバトル 86

Amazonで詳細を見る

エギングロッドでジギング!ショアジギを楽しむ!

記事2200の画像98824

出典:Visual Hunt

ジギングとは、金属で作られたメタルジグというルアーを用いて魚を釣ることを指します。
なかでも、岸から釣ることを「ショアジギング」といい、略して「ショアジギ」といいます。

ショアジギは、青魚などの大物を狙う釣りで、ロッドの長さも、多さも、硬さも、それなりに頑丈でしっかりしたものが必要とされます。

ショアジギの種類

ショアジギには、60~100gと重めのルアーを用いる「ショアジギ」のほかに、20~60gのルアーを用いた「ライトショアジギング」、20g以下のルアーを使う「スーパーライトショアジギング」などの種類があります。

それぞれ対象とする魚が違います。
エギングロッドで対応できるのは、スーパーライトジギングとライトジギングとなります。

エギングロッドとジギングロッドは長さが違う!

記事2200の画像98826

出典:Visual Hunt

エギングロッドはエギというルアーを使ってイカを釣るためのロッドですので、もちろんジギングロッドとは性質が異なります。

大きなポイントは2つになります。
1つ目が「長さ」です。
もう一つが「対応するルアーウェイト」になります。

エギングロッドとジギングロッド、はっきり違うのは長さ!

ジギングロッドとエギングロッドの違いでもっとも顕著なのが「長さ」です。
ジギングロッドの場合、ショアジギでは長さは10ftを超える長いものとなります。

エギングロッドでは、長くて9ft程度ですので、最大の違いはこの長さとなります。

長さが短いと何がダメなのか?
それは、メタルジグを遠くに飛ばせないこと。
ロッドの長さはそのまま飛距離につながるので、短いとその分飛距離が短くなります。

さらに、ロッドが短いと、大物が掛かったときに余裕がなく、バラしてしまうこともあります。

ただし、短いメリットもあります。
短いと、取り回しがよく扱いやすくてルアーアクションもつけやすくなります。
また、エギングロッドは軽いので疲れにくく長時間楽しむことができます。 

対応するルアーウェイトがポイント!

ジギングには、ショアジギ、ライト、スーパーライトと、狙う魚の大きさに応じて種類があります。
それぞれ使うメタルジグの重さも違ってきます。

エギングロッドでも、対応するエギの重さは決まっていますので、対応している重さのメタルジグを使用する必要があります。

エギングロッドで対応できるメタルジグの重さは15~20g程度となります。
スーパーライトショア、ライトショアであれば、エギングロッドでも対応できるということです。

エギングロッドは軽さが勝負!

エギングとは、エギというルアーをつけてイカを釣る方法です。
むかし、木でできた「餌木」という疑似餌でイカを釣っていた日本の伝統的な釣り方からきています。

エギングの特徴は、ルアーアクションにあります。
ルアーを常にしゃくってアクションをつけておく必要があるので、とにかく重いロッドではエギングはできません。

エギングのロッドは、一日中しゃくっても疲れがこないように100gを切る超軽量です。

長さは8.6ftが標準で、長いものでは9ftを超えるものもあります。

ジギングロッドの特徴は対応するルアーウェイト

ジギングといえば、大型の青魚がターゲットとなります。
なかには100㎝を超える大物がかかることもありますし、重さにすると10㎏を超えることもあります。

使用するメタルジグも、100g以上のものを使用することもあります。
ジギングロッドの一番の特徴は、こうした大物を釣り上げるための頑丈さと対応ルアーウェイトの重さです。

ジギングロッドの長さと重さ

ジギングロッドでは、長さは10ft程度、重さは250g程度が標準となります。
ロッドの重さは、重いものでは400gを超えるものもあります。

ライトショアジギングでは、長さが9ftから10ft程度、重さが200g程度。
スーパーライトショアジギングでは、長さが9ft程度、重さがこちらも200gとなります。

ロッドの長さは、長いほど飛距離が稼げるということと、大物が掛かってもバラしにくいということが言えます。
さらに、足場の悪い高い位置からの釣りに非常に有利です。

ロッドの重さは、重いと長時間の釣りでは疲れが出やすく、ルアーアクションが重要なジギングではロッドの軽さは重要となります。

ジギングロッドの硬さ

大物を釣るためのジギングでは、ロッドの硬さが非常に重要です。
ロッドが柔らかいと、大きな引きにしなってしまい、大物を逃す可能性があります。

重いルアーを遠くへ飛ばすためにも、ロッドにはある程度の硬さが求められます。

ジギングロッドはそういった理由から硬めに作られているものが多く、「M、MH、H」で硬さが表されています。

Hは硬めのロッドで、大物とのファイトにも十分に耐えられますが、扱いにくいのがデメリットです。
初心者は、M、HMを選択しています。

ジギングロッドの対応ルアーウェイト

ショアジギでは60~100g程度のルアーを用いることがあります。
ジギングロッドが対応するルアーウェイトは、20~100gと幅が広いものがあります。

ライトショアジギングでは20~60g、スーパーライトショアジギングでは20g程度までの重さのルアーを使用します。

同じジギングでも、ショアジギ、ライトショアジギング、スーパーライトショアジギングで、かなり差が出てきます。

エギングロッドでは、スーパーライトショアから、ライトショアの軽めの範疇に対応しているといえるでしょう。

  • 長さ:ジグ9.6~10ft以上 ライト9~10ft スーパーライト9ft
  • 重さ:ジグ250~400g ライト200~250g スーパーライト200g程度
  • 硬さ:M、MH、H
  • 対応ルアーウェイト:ジグ20~100g ライト20~60g スーパーライト5~20g

エギングロッドでジギングするならこのルアー!

記事2200の画像98828

出典:Visual Hunt

エギングロッドでジギングするなら、問題はルアーウェイトです。
ショアジギでは100gなど、かなり重いルアーもあります。

エギングロッドでは、標準のエギが3.5号で20g程度となっており、スーパーライトショア、ライトショアがギリギリの範囲です。

そのため、ルアーは20g前後のモノ選ぶ必要が出てきます。

ショートタイプならコレ!

様々な状況に対応した定番のショアジグです。
フックが前後に装着されているもので、初心者はこのタイプからはじめるのがいいでしょう。

メジャークラフトルアージグパラショートJPS

重さ:20g~
形状:小魚
メタルジグタイプ:ショート

Amazonで詳細を見る

ロングタイプならコレ!

その名の通り「長い」ので、目立ちます。
その分アピール力があります。
また、スライドアクションにも幅が持てます。

Goture(ゴチュール)メタルジグセット20g30g80g100g150gロングジグ投げ釣り用ルアースロージギングヒラマサブリ釣り用ルアー

重さ:20g~
形状:小魚
メタルジグタイプ:ロング

Amazonで詳細を見る

タングステンタイプならコレ!

タングステンは、よく飛びよく沈むのが特徴です。
着水するときの音も小さいので魚を逃がすことがありません。

ジグパラTG(タングステン) 18g

重さ:18g~
形状:小魚
メタルジグタイプ:タングステン

Amazonで詳細を見る

スロータイプならコレ!

スロータイプは平べったく、ヒラヒラとゆっくり落ちていくので、長い時間アピールできます。

メジャークラフトルアージグパラショアスローJPSLOW

重さ:18g~
形状:小魚
メタルジグタイプ:スロー

Amazonで詳細を見る

なんでも釣れるのはコレ!

ハマチ、マルアジ、アコウ、ガシラ、シーバス、タチウオ、カマス、サワラなど、魚種を選ばず釣れるのがメタルマルです。

ブリーデン(BREADEN)メタルジグルアーMetalmaru194グリーンゴールド

重さ:19g~
形状:エビ
メタルジグタイプ:スピンテール

Amazonで詳細を見る

ジギングに適したエギングロッドはコレ!

記事2200の画像98830

出典:Pexels

エギングロッドでジギングするには、結局対応するエギの重さがポイントとなります。
通常、エギングでは3.5号のエギを使用するのが標準です。

3.5号では15g程度の重さとなります。
4.5号まで幅のあるロッドであれば、30g程度のメタルジグを操ることができます。

エギングロッドでジギングするなら長めで対応ルアーウェイトの重いものを!

ポイントは2つです。

1つ目は、「長めのモノを選ぶ」ということ。
9ft程度あれば、充分にジギングに対応できます。

2つ目は、「対応ルアーウェイト」です。
通常は3.5号程度のエギを扱えるようになっていますが、4号、4.5号に対応しているものであれば、ジギングの幅も広がります。

コスパ優先ならこれ!

メジャークラフトは、価格が安く、質が悪くないというコスパ重視のメーカーです。
自重が公表されていませんが、エギングロッドですので、ジギングロッドよりはかなり軽めです。

メジャークラフトエギングロッドスピニングファーストキャストエギングFCS-862E釣り竿

長さ:8.6ft
自重:未公表
エギ:3~3.5号(20g程度のメタルジグ対応)

Amazonで詳細を見る

大手ならコレ!

ダイワのエギングロッドも種類はたくさんあります。
中でもこちらは安価で3.5号のエギに対応しています。
スーパーライトショアやライトショアに使用可能なエギングロッドです。

ダイワ(DAIWA)エギングロッドスピニングリバティクラブエギング862Mエギング釣り竿

長さ:8.6ft
自重:140g
エギ:3~3.5号(20g程度のメタルジグ対応)

Amazonで詳細を見る

今持っているエギングロッドでジギングを楽しもう!

記事2200の画像98832

出典:Pexels

エギングロッドでは、通常3.5号のエギを用いることを想定されています。
これは20g程度のメタルジグを使用することができるということですので、スーパーライトショアやライトショアなら、なんとか対応できるということです。

ロッドの長さが少し足りない面もあるのですが、その分ルアーアクションはつけやすく、ロッドが軽いのでジギングロッドより疲れにくいというメリットもあります。

もちろん、ベテランであれば、ロッドを使い分けることは大切なことかも知れませんが、初心者であれば、ぜひとも手持ちのエギングロッドでジギングに挑戦して釣りの幅を広げてください。

当サイトおすすめ!
★ エギングロッド人気ランキング ★

シマノ 17 セフィア CI4+ S806ML

Amazonで詳細を見る

ダイワ スピニング エメラルダス 86M・V

Amazonで詳細を見る

プロマリン CB エギングバトル 86

Amazonで詳細を見る

関連記事