FishMasterのロゴ

shun21

泳がせ釣りのリール決定版!ターゲットごとの使い分けとおすすめ!

ブリを始め青物やヒラメが釣れる泳がせ釣り。船はもちろん陸っぱりからも気軽に大型魚が狙えるとあって人気の釣りです。しかし、それぞれ釣りに使うリールは同じ泳がせ釣りでも異なります。今回は、そんな泳がせ釣りで使う様々なリールについてまとめました。

泳がせ釣りでは様々なタイプのリールを使う!

出典:photo-ac

青物やヒラメなどの高級魚が気軽に狙える泳がせ釣りは、老若男女問わず大人気の釣りです。陸っぱりや船釣りで狙うことができ、その中でも狙う魚種によって様々な仕掛けやタックルを使用します。陸っぱりから狙える代表的なターゲットは、青物やヒラメ、アオリイカで、船からは10kg以上の青物やヒラメを始め、クエやキハダマグロなどの大物も狙うことができます。

泳がせ釣りでは様々なタイプのリールを使用しますが、主に陸っぱりではスピニングリール、船からは両軸リールや電動リールを使うのが一般的です。今回は、以下の4つのカテゴリーに分けて、それぞれの泳がせ釣りで使用するリールについてご紹介します。

  • 陸っぱりの青物・ヒラメ
  • 陸っぱりのアオリイカ
  • 船からのヒラメ・ワラサ・マゴチ
  • 船からの大型青物・クエ

陸っぱりの青物やヒラメ狙いの泳がせ釣りには大型スピニングリールが最適!

出典:photo-ac

陸っぱりの泳がせ釣りには様々なものがありますが、まずはブリなどの青物やヒラメやマゴチといった底物の泳がせ釣りで使用するリールについてご紹介します。これらの泳がせ釣りは、生きたアジを餌にウキ仕掛けやエレベーター仕掛けなどで狙うのが一般的です。主に釣れる魚はブリやカンパチ、ヒラメ、マゴチといったフィッシュイーターです。

4000番〜5000番台のスピニングリールが最適!

青物・ヒラメ狙いの泳がせ釣りには、4000番〜5000番台の大型スピニングリールがおすすめです。イナダやワラサクラスであれば3500番台でも対応は可能ですが、ブリ・座布団ヒラメクラスを狙うとなると4500番〜5000番台のリールは欲しいところです。また、魚に走られた場合、陸っぱりだとシモリやテトラなどでのラインブレイクを避けるために、ドラグ性能の良さと巻き上げのパワーは、リール選びの際に非常に重要なポイントになります。

初泳がせ釣りにはコレがおすすめ!

シマノ ナスキー 4000

ギア比:4.7
実用ドラグ力/最大ドラグ力(kg):6.0/11.0
自重(g):295
スプール寸法(径mm/ストロークmm):51/17
ナイロン糸巻量(号-m):3.5-170、4-150、5-125
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):75
ハンドル長(mm):55

Amazonで詳細を見る

非常にリーズナブルな価格でありながら、シマノの磨き抜かれたテクノロジーが体感できる初めての泳がせ釣りにとってもおすすめのスピニングリールです。負荷に強く、軽やかに巻き上げれるノーマルギアで大物の青物が来ても安心してやり取りすることができます。どんなリールを買おうか迷っている方は、このリールに決まりです!

使い心地の良さ抜群!大型青物も確実に仕留める!

ダイワ セオリー 4000

標準巻糸量 ナイロン(lb-m):16-250、20-200
自重:335g
ギア比:4.9 巻取り長さ:86cm(ハンドル1回転あたり)
最大ドラグ力:8kg
ハンドル 長さ:65mm ノブ仕様:パワーライトM ハンドルノブS交換可

Amazonで詳細を見る

青物やヒラメなど大型のターゲットを相手にするときに重要なのがドラグ性能です。こちらのリールはダイワの「ATD(オートマチックドラグシステム)」を搭載しているので、魚の動きに合わせてとってもなめらかにドラグが出ていきます。そのほかにも「マグシールド」という不純物がリール内に入りにくい構造をしているので、塩ガミがなく軽やかな巻き心地で快適に釣りを楽しめますよ!

陸っぱりのアオリイカ泳がせ釣りには中型スピニングリールで挑む!

出典:foter

陸っぱりの泳がせ釣りでは波止釣りの人気ターゲットであるアオリイカも釣ることができます。ウキとイカ専用のハリを使った仕掛けが一般的で、主にナイトゲームが中心です。波止から釣れるアオリイカは大きくても2kg〜2.5kgくらいで、青物やヒラメなどの大型魚用のリールに比べれば少し小さいものを使用します。

アオリイカの泳がせ釣り(陸っぱり)には2500番〜3000番台の中型スピニングリール!

アオリイカの泳がせ釣りには、2500番〜3000番台の中型スピニングリールが最適です。アオリイカ自体の引きは青物ほども強くないため、泳がせ釣りにしてはライトなタックルで挑めます。また、アオリイカは餌を抱いたら、そのまま引っ張っていくことが多く、そこで変なテンションがかかると餌を離したりしてしまいます。アオリイカの身は柔らかくあまり強引なファイトをすると身切れを起こしてしまうこともあります。そうならないためにも、ドラグ性能は高いものが必要で、ドラグ性能といった意味ではヤエン用リールも流用することができます。

ドラグ調節がしやすいヤエン用リール

ダイワ アオリトライアル 2500BR

巻取り長さ(ハンドル1回転/cm):76
ギヤー比:5.1
自重(g):315
最大ドラグ力(kg):6
標準巻糸量ナイロン(号-m):2-200、3-150
ハンドル長(mm):50
ベアリング(ボール/ローラー):3/1

Amazonで詳細を見る

青物釣り以上にドラグをよく使うアオリイカ釣りで、餌を持って行った時イカに違和感を与えにくく、確実にイカをかけることができます。本来はヤエン釣りに使うリールですが、アオリイカのウキ泳がせ釣りにも問題なく使用することができます。とてもリーズナブルな価格で、初心者でも親しみやすいクラスのスピニングリールです。

アオリイカの引きに細かいドラグ調節が可能!

シマノ アルテグラ 2500

ギア比:5.0
実用ドラグ力/最大ドラグ力(kg):3.5/9.0
自重(g):240
スプール寸法(径mm/ストロークmm):46.5/14.5
ナイロン糸巻量(号-m)/フロロ糸巻量(号-m)/PE糸巻量(号-m):2-170、2.5-150、3-120/2-140、2.5-125、3-100/1-320、1.2-220、1.5-160
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):73
ハンドル長(mm):55

Amazonで詳細を見る

剛性、耐久性に優れたドラグを搭載しており、大径のドラグノブでアオリイカに違和感を与えにくい微妙なドラグ調節が可能です!イカが走っても、素早いドラグ調節でバラしを最小限に抑えます。ベテランアングラーでも満足して使えるハイスペックなこのリールは、あなたの力になってくれる事間違いなしです。

船のヒラメ・ワラサ・マゴチ狙い、泳がせ釣りは中型両軸リールがベスト!

出典:pixabay

泳がせ釣りは陸っぱりからだけでなく、船からもすることができます。船からのメインターゲットはブリやカンパチなどの青物やヒラメやマゴチなどの底物で、陸っぱりと同じようにアジを泳がせて釣ります。まずは、近海などで5kg前後の中型青物やヒラメを狙うときのリールについてご紹介します。

5kg前後の青物やヒラメには300番〜400番の中型両軸リールがおすすめ!

船から5kg前後の中型青物やヒラメを狙うときのリールは、300番〜400番台の両軸リールや電動リールが基本です。船釣りではキャストする必要がない上に、両軸リールの方がダイレクトに力を伝えやすいため、スピニングリールよりも両軸リールが一般的です。5kg以上の少し大きめの個体がターゲットなら400番台、5kg以下の魚を狙うなら300番台くらいでも大丈夫です。ラインの巻量は船用のPEライン2号〜3号が200mくらい巻けるものを選びましょう。

クラスを超えたハイスペックで大型魚が来ても大丈夫!

ダイワ レオブリッツ 400

ギヤー比:4.4
自重(g):655
最大ドラグ力(kg):12
標準巻糸量(ブライト 号ーm):4-400/5-300 / 標準巻糸量(フロロ 号ーm):5-400/6-300
最大巻上力(kg):49(54) / 常用巻上速度1kg負荷時(m/分):195(216)
JAFS基準巻上力(kg):12 / JAFS基準速度(m/分):230

Amazonで詳細を見る

同クラスのリールを遥かに超えるパワフルさと強さを持った電動リールです。ダイワ独自の「MAGMAXモーター×マグマイト構造」を搭載しているので、ハイレスポンスかつパワーのあるモーターの巻き上げが可能で、しかもその力を無駄なく伝えてくれます。電動リールの中では比較的リーズナブルな価格なので、初めての電動リールに絶対おすすめしたい1台です!

軽量電動リールだけどパワーは抜群!

シマノ ビーストマスター 2000

ギア比:5.1
最大ドラグ力(kg):15.0
自重(g):690
PE(パワープロボートゲーム)糸巻量(号-m):3-500、4-400、5-300
フロロ糸巻量(号-m):5-320、6-250
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):70
スプール寸法(径/幅)(mm):44/38
スプール下巻ライン(PE 号-m):4-300

Amazonで詳細を見る

電動リールの中では比較的軽量なこちらのリールですが、そのパワーは5kgクラスの青物が来ても問題なくファイトできます。スムーズで安定したドラグ性能を備えており、長時間のファイトでも合わせによるバラしやハリス切れなどによるバラしを最小限に抑えてくれます。また、スピード感のあるモーターの巻き上げで、相手に暴れる隙を与えずここぞというときに一気に巻き上げられます!

船のデカい青物やクエ泳がせ釣りは、大型両軸リールでゴリ巻き!

出典:visualhunt

最後は、10kg以上のブリやクエなどの大型魚を狙うときに使用するリールをご紹介します。この釣りではターゲットが非常に大きく、引きも強烈なため、タックル全体を通して大きくてパワーのあるものが必要です。このクラスになると青物だけでなく、10kg〜20kgクラスのマグロなんかも掛かってくることもありエキサイティングなファイトが楽しめます!

デカい青物・クエの泳がせ釣りには600番〜900番台の大型両軸リールがベスト!

10kgを超える青物を狙うときには、600番〜900番クラスの大型両軸リールや大型電動リールを使ってパワーでゴリ巻きします。もちろんドラグ性能も必要で、長時間のファイトでも大型魚の強烈な引きに対してスムーズに追従するものが理想です。価格帯は中型のリールに比べると少し高いものが多いですが、その代わり急激かつ強烈な引きにも耐えられるような強い強度と優れたドラグ性能を備えています。

優れたドラグ性能で魚に主導権を与えない

ダイワ シーボーグ 800J

ギヤー比:2.8
自重(g):1720
最大ドラグ力(kg):33
標準巻糸量(号-m):ブライト(PE) 8-600、10-500
最大巻上力(kg):290 (スーパーリチウム使用:321)
常用巻上速度 1kg負荷時(m/分):120
JAFS基準巻上力(kg):27
JAFS基準巻上速度(m/分):140

Amazonで詳細を見る

ダイワの代名詞「ATD(オートマチックドラグシステム)」を搭載しており、最大ドラグ力33kgと巨大魚の猛烈な引きにも滑らかに追従してくれます。魚に違和感を与えにくく、暴れによるバラしの心配もありません!ブリやカンパチヒラマサを始め、キハダやクエなどあらゆる大型魚を狙うことができるこのリールは、大物を仕留めるタフなハンターにぜひ使って欲しい1台です。

ギアの切り替えでデカいクエもスムーズに浮かせる!

シマノ タリカ 50II 右ハンドル

ギア比:3.8/1.7
最大ドラグ力(N)/(kg):264.4/27
自重(g):1588
PE糸巻量(号ーm):8-940、10-770、12-625
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):114/51
スプール寸法(径mm/幅mm):108/58
ベアリング数S A-RB/ローラー:6/0
ハンドル長さ(mm):88
2スピードレバードラグ

Amazonで詳細を見る

2スピードレバードラグを搭載し、レバーひとつでハイギアとローギアを切り替えることができる大物釣りにはもってこいのリールです。相手か油断して早く巻き上げたいときにはハイギア、深場に潜むクエを海底から少しでも引き話したい時にはローギアと使い分けれるのは大物ゲームにおいて非常に有利です。大型クエを狙うならこのリールに決まりです!

泳がせ釣りのターゲットに合わせたリールタイプを使おう!

出典:pixabay

いかがだったでしょうか?

今回は、泳がせ釣りで使う様々なタイプのリールについてご紹介してきました。釣り方やターゲットに応じて色々なタイプのリールを使い分けることで、快適な釣りが可能です。泳がせ釣りのリールを選ぶ際には、その釣り方に合ったドラグ性能やパワーを踏まえて選ぶといいでしょう。皆さんも今回ご紹介したタイプ別おすすめリールを使って、泳がせ釣りで大物ファイトを楽しんでくださいね!

関連記事