FishMasterのロゴ

forum8

マダイの締め方を初心者にもわかりやすく解説!血抜き、神経締めまで

マダイなど美味しい魚をもっと美味しく食べるたまには、正しく締めて美味しい状態で持って帰る必要があります。

今回はそんなマダイの正しい締め方を、初めての方でもできるように簡単でわかりやすい方法で解説します。

マダイは締め方で味が全く違う!

記事2300の画像101843

出典:Visual Hunt

魚は締め方によって食味が大きく変わります。マダイも例に漏れず締め方が重要になりますので、せっかく釣った美味なマダイは美味しい状態で持ち帰り、市販されているものとは一味違う美味な味を楽しみましょう。

マダイの締め方は、血抜きをして、神経締めまでするのがベストです。神経締めまでしない人もいますが、より鮮度を保つためにはできれば神経締めまでした方が良いでしょう。少なくとも血抜きはしないと食味が一気に落ちてしまいますので、最低限血抜きだけは必ず行うようにしましょう。

小型魚の締め方で一般的な氷締めは、マダイには一般的に用いられません。むしろマダイは冷やしすぎると身が柔らかくなりすぎて食味を落としてしまうので氷締めはよくありません。神経締めをして持ち帰る際にも氷に直接触れさせるなどの冷やしすぎはしないように気をつけましょう。

忘れてはならないマダイの血抜き

記事2300の画像99680

出典:Foter

では実際のマダイの締め方について解説してきます。まずは血抜きを行いましょう。脳締めを行い、脳死状態にしてから、血管を切って血を抜きます。脳を破壊しても心臓は少しの間動きますので、その現象を使って血を抜きます。

血抜きに必要な道具

血抜きに必要な道具はこの2つです。

  • ピック(もしくはニードルなど尖ったもの)
  • ナイフ

ピックは脳締めを行う時に使い、ナイフは血管を切って血抜きを行うのに使います。

ピックやナイフは、「これじゃないとダメだ」というものは特にありませんので、代用できるものがあれば他のものでも大丈夫です。ただ、釣具用品として専用に発売されている道具は、使いやすさも計算されて作られていて楽にできるのでおすすめです。代用するとしても、ピックはなるべく鋭いもの、ナイフは切れ味がよくて扱いやすいものを使いましょう。

脳締めに使うピック

Daiwa(ダイワ)フィッシュピックライト

メーカー:ダイワ
カラー:ブルー

Amazonで詳細を見る

万能に使える釣り用ナイフ

シマノナイフシース小出刃CT-511N

メーカー:シマノ
カラー:ブラック
サイズ:226×56×21mm
刃渡り:85cm

Amazonで詳細を見る

手順1「脳締めをして、まずは魚を大人しくさせる」

まずは、まだ生き生きしている魚を大人しくするために脳締めを行います。マダイの脳は、目の斜め上後方指一本分くらいのところにあります。そこをめがけててピックを刺してください。

側線の延長線上にある顔の正面(ちょうど眉間の上部あたり)からピックを刺します。多少ずれていても刺してグリグリ回せば大丈夫です。魚がビクッとなって静かになれば成功です。

この時魚が暴れて難しい場合は目を手で隠して視界を奪うとおとなしくなります。

手順2「エラにある血管を切る」

魚が大人しくなったら、エラ蓋とエラをめくって、中にある白い膜を下から上まで切ります。ちょうどエラの上部の脊柱
に当たる部分に太い血管が走っているので、その血管を確実に切るように集中的に切ってください。ドバっと血が出ればOKです。左右両方行いましょう。

手順3「海水に付けて血抜きをする」

予めバケツやバッカンなどに海水を入れておいて、血管を切った魚を入れます。夏なら5分程度、冬場なら10分程度そのまま入れておいてください。自然に血が抜けるのでそのまま入れておいて大丈夫です。エラが白っぽくなるのを目安にしましょう。

神経締めをしない場合は、血抜きが終わったら素早く血を洗ってクーラーボックスに投入して完了となります。

この一手間がマダイの味を大きく変える!神経締め

記事2300の画像99681

出典:Foter

血抜きを完了させ、より鮮度を長く保ちたい場合は神経締めまで素早く行いましょう。神経締めは脊髄の中にワイヤーを通して脊髄を破壊することで、死後硬直を遅らせるて鮮度が落ちるのを防ぎます。

脳締めした場所から神経締めする方法もありますが、比較的簡単な尻尾から神経締めする方法を解説します。

神経締めに必要な道具

神経締めは、神経締め用のワイヤーを使って行います。衛生面もあるのでできるだけ使いやすい専用の製品が良いでしょう。

マダイの場合は直径1mm〜1.2mmくらいのワイヤーを使用します。形状記憶のワイヤーが使いやすく、特に初心者の方におすすめです。

脳締め用のピックもセットになった製品もあり、道具を持っていない方にはセットもおすすめです。

神経締め用形状記憶ワイヤー

ベルモント(Belmont)形状記憶合金神経締めΦ1.0㎜×50㎝MP-224

メーカー:ベルモント
サイズ:Φ1.0㎜
長さ:50cm

Amazonで詳細を見る

ワイヤーとピックがセットになった神経締めセット

ルミカ(日本化学発光)神経締めセットA20240

メーカー:ルミカ
サイズ:Φ1.2㎜
長さ:46cm
ニードルサイズ:50cm

Amazonで詳細を見る

手順1「ワイヤーを挿入する」

ピックを刺して脳締めをした場所からワイヤーを挿入します。探りながら挿入し、魚が反応して口を開けてヒレが逆立てばそこが脊髄の入り口です。そこからワイヤー入れていきます。

難しければ魚の尻尾を切って骨を出し、そこからワイヤーを挿入することも可能です。ただ、マダイは鱗が大きく切るのが難しいので、切れ味の鋭い包丁で気をつけながら行ってください。

手順2「ワイヤーを脊髄に挿入する」

脊髄にワイヤーを入れたら、そのまま奥までワイヤーを挿入します。頭から尻尾まで全部挿入するようにしましょう。そしてグリグリと何度か出し入れして、完全に神経締めを完了させます。

うまく神経締めができると体の色が白っぽく色が抜けたように変化します。これで神経締めは完了です。終わったらすぐにクーラーボックスに入れて冷やしましょう。

冷やしすぎ注意!マダイの正しい持ち帰り方

記事2300の画像99683

出典:Freeimages.com

マダイも当然鮮度を保つために冷やして持ち帰るのですが、マダイは冷やしすぎると身が柔らかくなって食味が落ちてしまうので、冷やしすぎに注意しましょう。せっかく手間隙かけて神経締めまでしたマダイなら特に冷やしすぎは厳禁です。

5°〜8°くらいが最適な保存温度と言われているのでそれを目安にしてください。クーラーボックスを使う場合は、氷には直接触れないように、ビニールにくるみ、新聞紙などを間に挟んで家に着くまで冷やしすぎないように保存する方法がおすすめです。

マダイ釣りのクーラーボックスは35Lくらいのものがおすすめです。あまり小さいとたくさん釣れた時に入り切らないことがあります。船釣りなら移動することもないので、特に問題ないのでゆとりのあるサイズがおすすめです。

価格の安いキャスター付きクーラーボックス35L

35Lと容量は大きいですが、キャスター付きで大量に釣っても持ち運びは苦労しません。マダイ釣りにはピッタリでしょう。

シマノ(SHIMANO)クーラーボックス35Lスペーザライトキャスター付350LC-135M釣り用ピュアホワイト

メーカー:シマノ
サイズ:35L
外寸:幅347×長さ794×高さ320mm
素材:発泡ポリスチレン
キャスター付き

Amazonで詳細を見る

保冷力の高い高性能クーラーボックス35L

発泡ポリウレタンを断熱材に使用した保冷力の高いモデルです。長時間の釣りから真夏の釣りまでシーンを問わず活躍してくれます。

ダイワ(Daiwa)クーラーボックス釣りNSスーパートランク大将II3500WD

メーカー:ダイワ
サイズ:35L
外寸:幅350×長さ640×高さ320mm
素材:発泡ポリウレタン

Amazonで詳細を見る

正しい締め方をしたマダイは美味しすぎる!

記事2300の画像99682

出典:Freeimages.com

ただでさえ美味しいマダイですが、きちんと血抜きと神経締めまでして鮮度を保ったマダイは格別の美味しさがあります。まさしく釣りをしていなければ味わえない釣りの一番の醍醐味と言えるのではないでしょうか。

慣れればそれほど難しいものでもないので、一度やってみれば必ずできるはずです。マダイを釣りに行くなら是非締め方も覚えて美味しい魚を持ち帰りましょう!

関連記事