FishMasterのロゴ

yukichoko

堤防釣りで釣れる魚特集!魚の難易度と釣れるシーズンもご紹介!

堤防は、ベテランから初心者まで、たくさんの釣り師が集まる釣り場です。足場が良く手軽な装備で楽しめること、釣れる魚の種類が豊富なことが堤防釣りが人気の理由です。
そこで今回は、堤防釣りで釣れる魚を釣り方や時期、難易度から紹介していきます。

春の堤防釣りで釣れる魚

出典:フォトAC

春は水温が上がり、魚の動きが活発になっていく季節です。水温の高い所では、魚が産卵のために堤防へ寄ってくるようになります。釣り師にとって好条件の時期と言えるでしょう。ここでは、春に釣りやすい堤防釣りのターゲットを紹介していきます。

アオリイカ

釣り師に人気のアオリイカは、堤防釣りでは春と秋がシーズンです。特に春は産卵期のため、大型のものが接岸します。釣り方としては、専用の「エギ」という海老に似たルアーを使用したルアー釣りが主流です。初心者にとっては難易度高めですが、大物を釣れる確率も高い時期です。刺身にして食べると美味しいです。

カレイ

カレイは冬から春にかけての堤防釣りで人気のターゲットです。この時期は釣り物が少なくなるため、カレイは貴重な魚になります。春のカレイはサイズが大きく、「座布団ガレイ」と呼ばれる50㎝程のものが釣れることもあります。ゴカイや甲殻類を餌にしており、投げ釣りで狙うことが多いです。煮付けなどの家庭料理としても好まれています。

クロダイ

クロダイは「チヌ」とも呼ばれ、日本全国に生息しています。春の産卵期になると多く釣れる魚です。雑食のため、オキアミを使ったウキ釣りやルアー釣りなど、あらゆる方法で狙うことが可能です。堤防釣りでは代表的な魚として知られています。臭いがきつい魚ですが、調理方法次第で臭みを和らげられます。特に春のクロダイは刺身にすると脂乗りが良く美味しいと言われています。

メバル

メバルは、名前の通り春の魚です。水温が上がると活発になります。メバルは春になると産卵が終わり荒食いの時期になるため、積極的に餌を追いかけます。日中よりも夜の方が釣りやすいです。釣り方はルアー釣りがおすすめです。高級魚でもあり、煮付けにして食べると美味しいと評判です。

夏の堤防釣りで釣れる魚

出典:フォトAC

夏は、最も堤防釣り人気の高い季節です。天気の良い日なら軽装で釣りを楽しめます。日焼けが気になる場合は、帽子やアームカバーなどで紫外線対策をしておくと良いでしょう。また、暑さを気にせずに楽しめる夜釣りに適している季節でもあります。

アジ

アジは比較的釣りやすいことで知られています。特に夏になって水温が上がると、回遊が本格的になるため、簡単に数釣りが出来ます。釣り方としては、仕掛けを足元に落とすサビキ釣りが定番ですが、ルアー釣りでも釣り上げられます。調理方法も多様で、食べやすい魚です。

イワシ

イワシは海釣りの定番でもあるサビキ釣りで釣り上げるのが一般的です。アジ同様、夏の水温上昇で回遊が本格的になるため、初心者でも簡単に数釣りが可能になります。調理方法も多様で、いろいろな料理に使えます。

キス

キスは夏場の砂浜でたくさん釣り上げることが可能です。安全に釣りを楽しみたい初心者やファミリー向けのターゲットです。キスは見た目も美しいのですが、味も美味しいです。釣り方は、堤防から仕掛けを投げる「ちょい投げ釣り」で狙うのがおすすめです。調理方法は天ぷらが絶品です。

サヨリ

初夏から秋にかけて釣りやすくなる魚です。コツを掴むまでは結構釣るのが難しいですが、慣れてくると数釣りも可能になります。上品な味わいで、刺身や寿司ネタとしても人気です。フライにしても美味しく食べられます。

サバ

サバは夏から秋にかけて釣れる魚です。夏の時期は中型から大型が多く、暑くなる程脂がしっかり乗ったものが出ます。釣り方ですが、主にサビキ釣りやルアー釣りで狙います。サバは劣化が早いのですが、その分釣りたては美味しいと評判です。

スズキ

スズキは堤防釣りで最も人気のある対象魚です。ルアー釣りて狙うことがほとんどですが、シーズンによって釣り方は変わっていきます。ゲーム性も高く、釣り師にとって魅力的な魚でも言えるでしょう。臭いがきついため、料理する際は塩焼きや天ぷらなど、火を通した方が食べやすくなります。

マゴチ

マゴチは砂浜に擬態し、小魚を餌にしています。そのため、ルアー釣りや生き餌釣りに適しています。ヒラメをターゲットにした釣りの外道として釣れる場合が多いです。

マダコ

マダコは真夏になると各地の堤防に出現します。マダコには、自分の巣に近付いて来る同種を攻撃する性質があります。この性質を活かして、堤防際や巣にタコを模したルアー・タコジグを用いておびきだし、攻撃してきたところを釣り上げます。

ベラ

ベラは外道扱いされることが多い魚です。歯が鋭いため、仕掛けを食いちぎって逃げることもあります。小骨が多い魚ですが、唐揚げにすると美味しく食べられます。

秋の堤防釣りで釣れる魚

出典:フォトAC

秋の堤防釣りは、数釣り出来る可能性が高いです。気温は低くなっていく時期ですが、水温はまだまだ高いです。産卵前の荒食いで、餌の小魚を求めるターゲットが堤防付近に近付いて来ることにより、初心者でも簡単に釣果アップが狙えます。

アオリイカ

春にも釣れるアオリイカですが、秋のものは、春と比較してサイズが小さくなります。しかし、数が増えるため、春よりも簡単にヒットします。初心者のエギング練習に最適ですよ。

カレイ

カレイは秋になると、冬からの産卵期に向けて堤防付近で荒食いを開始します。秋のカレイは春よりもサイズは小さくなります。そのため、春よりもヒットしやすいのが特徴です。ちょい投げ釣りで手軽に釣り上げられます。

カワハギ

カワハギは普段は沖にいますが、秋になると堤防付近に大量に現れる魚です。釣り方としては、ちょい投げ釣りで狙うのが一般的です。しかし、口が小さいため、餌だけを食べるのが上手く、引っ掛かっても逃げられやすいです。初心者が釣り上げるのは難しい魚です。調理方法としては、刺身や鍋にするのがおすすめです。身はもちろん、肝も美味しいと評判ですよ。

サワラ

サワラは小魚を餌にしているため、ルアー釣り向きです。牙が鋭く見た目が怖い上に、臭いもきついのですが、味は格別です。釣りたてで刺身にすると美味しいです。出世魚で、サゴシが大きくなるとサワラと呼ばれるようになります。

タチウオ

銀色の体と牙が特徴的なタチウオは、秋になると餌のアジやイワシの回遊が増えるため、釣り上げやすくなります。タチウオは夜間に接岸するため、夜釣りの方が釣果が上がりやすくなります。釣り方は、ルアー釣りかウキ釣りです。この時期のタチウオは、初心者でも簡単に釣れる上に、料理方法も豊富で人気の魚です。

ハゼ

ハゼはシーズン以外では数が少ない魚です。秋になると港の堤防や岸壁の他に、河口域や干潟周辺でたくさん釣り上げられます。水深20㎝の浅瀬にも生息しており、ウキ釣りやちょい投げ釣りで狙います。難易度も低いため、初心者やファミリーに好まれるターゲットと言えます。天ぷらや唐揚げにすると美味しいと評判です。

キジハタ

キジハタは夜行性で個体数も少ないため、難易度は高めです。特に大型になると、ルアーに食い付いた後に逃げようと暴れるため、初心者が釣り上げるには難しいターゲットかもしれません。釣れる地域も限られており、太平洋側でなかなかとれないレアな魚です。食べると美味しく、ベテラン釣り師の間で人気の魚です。

ハマチ

ハマチは小魚を餌にしている魚で、ルアー釣りや泳がせ釣りで狙います。秋になると大型化します。簡単には釣れませんが、堤防釣りを続けていれば、大物が掛かる可能性もありますよ。また、出世魚で成長すると呼び名がツバス、ハマチ、メジロ、ブリの順に変わります。イナダと呼ばれることもあります。

ヒラメ

ヒラメは砂浜に潜んで小魚を狙うフラットフィッシュの代表です。低い水温を好み、秋には冬の産卵期に向けて荒食いを始めます。ルアー釣りで釣り上げます。ただ、ヒラメは全国どこでも釣れるわけではありません。秋冬でも水温が高い地域では数が少ないため、秋でも難易度が高い場所もあるでしょう。

冬の堤防釣りで釣れる魚

出典:フォトAC

冬は、ほとんどの魚が水温の低下により、活動しなくなる時期です。そのため、狙えるターゲットも他の季節よりは少なめで、初心者には難しい季節かもしれません。ですが、冬だからこそ釣れる魚も存在します。また、冬でも比較的足場が良く、安全と言われている堤防釣りでも、体や足元の防寒対策は必要になります。

アイナメ

日本各地の沿岸に生息しているアイナメは、初心者でも比較的簡単に釣れる魚です。昼間活発に行動しています。生き餌が好物で積極的に小魚や甲殻類を食べるため、ルアー釣りや投げ釣りで釣り上げられます。淡白な味わいで白身の高級魚として知られています。堤防釣りの中でも人気のターゲットです。

アナゴ

アナゴは砂浜に巣を作って様々な餌を補食しています。ちょい投げ釣りで狙うのが一般的です。釣り上げた後に仕掛けに絡んで来るのが、厄介な点です。ぬるぬるしていて掴みづらいため、慣れていないと調理も大変です。味は淡白で食べやすく、調理方法としては蒲焼きや天ぷらが美味しいと有名です。

カサゴ

カサゴは根魚と呼ばれており、普段は捨て石や岩礁に隠れています。そのため、堤防の隙間に仕掛けを落として魚の住みかを狙う穴釣りが適しています。根魚類は成長に時間がかかるため、人気のある釣り場ではすぐにいなくなってしまいます。また、漁業ではなかなか安定した量が確保出来ないため、高級魚とされています。小型は煮付け、大型は刺身として食べられています。

グレ

堤防釣りで狙えるグレは、小型サイズのものになります。釣り人にはグレと呼ばれていますが、正式な名称はメジナです。寒冷期になると、ベテランの釣り師には「寒グレ」と呼ばれる人気のターゲットになります。煮付けにしたり、炙って刺身にしたりすると美味しく食べられます。

堤防釣りで釣れる魚 外道・毒魚

出典:フォトAC

外道とは、本来狙った魚以外が掛かった時の呼び名です。ターゲット以外ならどの魚でもこの扱いになります。
堤防釣りの外道には、見た目や臭いがきついものが多い印象ですが、美味しく食べられるもの、ターゲットよりも貴重とされているものが釣れる場合もあります。
一方でヒレや尻尾など、体の一部に毒を持ったものが釣れることもあるため、扱いには注意が必要になります。

アイゴ

アイゴはヒレに毒があるため、扱いには注意が必要です。上手く調理すれば、美味しく食べられます。

アカエイ

アカエイはルアー釣りや投げ釣りで引っ掛かかります。尻尾に毒があるため注意が必要です。アンモニア臭もきついです。

ウミタナゴ

ウミタナゴはちょい投げ釣りで釣れる魚です。釣り味が良く、ファミリフィッシングでも人気です。

エソ

エソは鋭い歯とインパクトのある見た目が特徴です。甘みがあって美味しく、練り物に使用されています。

サンバソウ

サンバソウはイシダイの幼魚です。小さい魚ですが、パワフルです。食べても美味しいです。

ヒトデ

ヒトデは投げ釣りの外道として知られています。毒があるため、釣れてもリリースするのが基本です。

ボラ

ボラはサビキ釣りで掛かることがあります。臭いがきつく、取り込みも難しいのが特徴です。

ネズミゴチ

ネズミゴチはキス釣りの外道として知られています。味はキスと似た感じですが、ぬめりがきついです。

ワタリガニ

仕掛けのラインに絡まって釣れます。味は濃厚で美味しいのですが、ハサミに触れないよう気を付けましょう。

堤防釣りで釣りの楽しさを体感しよう

堤防釣りは、ベテラン釣り師はもちろん、初心者でも存分に釣りを楽しめる釣り場です。近場の堤防なら、季節を問わず気軽に出かけられますし、天候さえ良ければ荷物も服装も軽く出来ます。何より、狙ったターゲットはもちろん、思わぬ大物が釣れる可能性だってあるのです。毒を持った外道の扱いには注意が必要ですが、釣れると思わなかった魚が釣れた時の楽しさは格別です。ぜひ、自分の力でターゲットを釣った達成感と満足感を味わってみてください。

関連記事