FishMasterのロゴ

uwakaze2062

意外な好ポイント!30㎝級も決して夢ではない穴釣りで狙うカサゴ

ダイレクトなアタリと優れた食味が魅力のカサゴは、初心者でも手軽に釣ることができます。
また、良型は引きも強く、根に潜られるか釣り上げるかといった駆け引きも楽しめます。
今回はそんなカサゴの穴釣りををテトラで狙う方法についてまとめました。

そもそも穴釣りとは?

穴釣りは堤防や護岸でよく目にするテトラポッドの隙間(穴)に仕掛けを入れて、そこに潜むカサゴを狙う釣法です。
魅力としては、足場が悪く普段から他の釣り人が多く入らないので魚影が非常に濃く、数・型ともに一般的な堤防周りのポイントと比較して期待できる点が挙げられます。
良いポイントに当たれば30㎝クラスの大物が連続ヒットすることも決して珍しくありません。
シーズンは年間を通してとなりますが、冬~春先にかけてがエサ取りも少なくヒット率は格段に上がります。

タックルについて

こちらでは穴釣りのタックルについて解説します。
とは言え専用タックルを用意する必要性はどこにもなく、手持ちのタックルで気軽に楽しめます。
強いて挙げるとすれば、広範囲を探り歩くことが大前提となるので、機動力に優れた軽量タックルをおすすめします。

竿(ロッド)は短くパワーのあるものが有利

穴釣りは結論から言えば本人が使いやすいものであれば、エギングロッドでも専用ロッドでも万能ロッドでも全て使用可能です。
とは言え、テトラ帯での釣りはスペースが非常に限られるので、1.5メートル前後の短めのロッドが扱いやすいです。
この釣りは注意していてもタックルにどうしても傷が付きやすいので、高価なタックルの使用はおすすめしません。
竿の調子ですが、竿全体が曲がる軟調子はカサゴに根に持ち込まれる原因となるので避けた方が無難です。
先調子がベストですが、胴調子であってもアワセてから一気に巻き上げられるパワーがあれば問題なく使用できます。
オモリ負荷はMax10号前後あれば十分です。

リール(軽量なものでスピニング・ベイトどちらも可)

穴釣りのリールはスピニングリール・ベイトリールのどちらでも使用できます。
1日移動を繰り返すことを考慮すると、持ち重り感の無い軽量タイプがおすすめです。
ちなみに、巻き上げ力を考えるとベイトリールが有利となりますが、圧倒的な差はありません。
こだわらないのであれば、1000円程度のスピニングリールでも十分に成り立ちます。

糸(ライン)は、ナイロンラインで対応可能

糸はPEラインではなく、ナイロンラインもしくはフロロカーボンラインの使用を強くおすすめします。
というのも、テトラの中というのはフジツボやテトラの表面などラインに傷が付く(場合によっては切れる)要素が非常に多いので、摩擦や傷に弱いPEラインの場合は知らず知らずのうちに傷み、アワセを入れた瞬間などに高切れが起こる危険性が非常に高いからです。
また、大型のカサゴは、ヒット直後に左右に走る個体が少なくないので、よりラインが擦れやすくラインブレイクの可能性が高くなるというのも理由の一つです。
号数としてはナイロンラインであれば4~5号を使用すれば強度的に問題ありません。
糸巻き量も基本的に足元を狙う釣りなので100メートルも巻いておけば不足することはないです。

仕掛けについて(胴付き仕掛けとブラクリ仕掛け)

ここでは穴釣りで使用する胴付き仕掛けについて解説します。
非常にシンプルで誰にでも扱えますし、一般的な市販品でも十分に釣れます。

胴付き仕掛けについて(ハリスは太めで2~3本針が基本)

穴釣りで使用する仕掛けは胴付きとブラクリの2種類があります。
どちらも釣り具店で複数種類売られているので、そのまま使用したので問題ありません。
まず胴付き仕掛けについてですが、針数の目安としては2~3本針が手返しも早く扱いやすいです。
次にハリスですがこちらは最低でも3号と太めのものを使います。
カサゴの場合はハリスを太くしても食いに大きな差は無いので、少しでも太いものを使用して、フッキングと同時に一気に巻き上げて取り込みましょう。
ハリスは最大で5号くらいまでを目安に揃えておくと良いです。
針の種類としては特にこだわる必要はありませんが、ネムリ針は針外れやスッポ抜けが多くなります。
次にブラクリ仕掛けですがこちらはオモリと針が一体になっていてより小型なので、胴付き仕掛けでは根掛かりを避けきれないような底の荒いポイントで使用すると便利です。
また、テトラとテトラの隙間などより狭く際どい場所を狙いたい場合などは非常に重宝しますので、何個か揃えておくと良いです。
ちなみに、この釣りは根掛かりとの戦いと言っても過言ではありませんので、どちらの仕掛けも最低でも10セットほどは用意しておくことをおすすめします。

オモリ(8~10号前後を複数用意)

もう一つこの釣りをする上で重要なのがオモリです。
オモリは釣り場の水深にもよりますが、着水から一気に海底まで落としたいので、8~10号をメインに使用すると考えて下さい。
こちらも根掛かりによるロストを考慮して最低でも10個以上は用意しておきたいところです。

カサゴの穴釣りで使用する餌について

穴釣りで使用できるエサは多岐に渡りますが、基本的にはキビナゴもしくはサバやサンマの切り身があれば、エサ取りに対しても強く、釣具店やスーパーに行けば時期を問わず入手可能なので問題ありません。

穴釣りのポイントについて(なるべく水深のある穴を探す)

穴釣りはいかに早く好ポイントを引き当てるかによって釣果が変わってきます。
大型の潜む穴というのは十分な水深があり、仕掛けを落とした際に途中でオモリが止まらずにスッと海底まで落ちていくような場所が多いです。
1メートルほどしか水深が無いような場所は望みが薄いので最初から見切りを付けましょう。
落とす際に、テトラの穴は複雑になっているので一度仕掛けが止まってもまだ海底ではないという場合があります。
そのため、何度か横に少しずつずらしながら海底を小突いて本当にそこが海底かどうかを確かめてみましょう。
小突いているうちに穴の奥にしっかりと落ちていく可能性があります。
ちなみに、やり取りのことを考えると出来るだけ仕掛けを落とすスペース(穴の入り口)が広く開けているような場所が好ましいです。
こうした場所は海中でも同様にスペースが広くなっているので、特に良型がヒットした際には有利なやり取りが展開できます。

穴釣りでのコツについて

ここでは穴釣りでどのような点を意識して釣れば良いのかを簡単に解説します。
「タナ取り」から「やり取り」に至るまで何点かのコツを身に付けることで釣果は自ずと変わってきます。

タナは少し上を意識して、やり取りは「一気に勝負」が基本

仕掛けを投入すれば、そのまま一気に海底まで下します。
着底したら、ベタ底で待つのでは無くて50㎝ほど浮かせた状態でアタリを待ちましょう。
これには2つの理由があり、カサゴは常に上を見た状態でエサを探しているので、少し底から浮かせることによってアピール力が格段に上がるのと、ヒットした後で少しでも底を切りやすくしておくことで主導権を得やすくなるからです。
アタリはゴンッといった感じで明確に伝わるのでアワセを入れて、すぐに巻き取りを開始しましょう。
また、大型に意外と多いのがフッとラインテンションが抜ける食い上げのアタリです。
こちらはすぐに糸ふけを取って同じようにアワセを入れましょう。
ここで対応が遅れると根に潜られてしまうので、とにかく1㎝でも多く巻き取る意識が非常に重要です。
底から多少引き離しても、テトラの中は中層でも複雑に周囲の穴と繋がっているので、油断せずにそのまま海面まで一気に巻き上げて抜き上げて下さい。
カサゴはそこに居ればすぐにアタリがあるので、少ししてアタリが無ければ次の穴に移動して下さい。
また、基本的にカサゴは大きなものから釣れてくるので、小型のヒットが続く場合も同様に移動しましょう。
一か所で粘らずになるべく広範囲を釣り歩くのがポイントです。

まとめ

今回はテトラから楽しむカサゴの穴釣りを紹介しましたが、いかがだったでしょうか。
この釣りは時に大量に釣れることもありますが、カサゴのような根魚は成長が非常に遅いので、小さなものは出来る限りリリースをすると末永く楽しむことができます。
身近な場所で挑戦できる釣りなので、安全対策をしっかりと行い楽しんでみて下さい。

関連記事