FishMasterのロゴ

shun21

エギング仕掛け解説!初心者おすすめから釣果を助ける最強仕掛けまで

初心者からベテランまで大人気のエギングですが、その仕掛け選びに迷うことってありませんか?メインラインやリーダー、スナップはつけるべきなのかなど悩ましいとこよですよね。今回はそんな悩みをスッキリ解消できるエギングの仕掛け選びを徹底解説します。

エギングは誰でも出来る楽しい釣り!仕掛けも難しくありません!

出典:photo-ac

エギングとは、エギと呼ばれる日本古来のルアーをしゃくる事で、弱った小魚に模してイカ類を釣るものです。エギングのメインターゲットといえばアオリイカですが、他に釣れるものも多く、コウイカやマルイカ・マダコなどが釣れることもよくあります。

エギングの仕掛けは非常にシンプルでロッドやリールの他に、メインライン・リーダー・スナップがあればエギングは可能です。そのため、初心者でも非常に始めやすく、ベテランになればなるほど奥が深い釣りとして人気があります。それでは詳しい仕掛けについて見ていきましょう。今回はエギングの仕掛けということでラインなどについて詳しく解説していきます。ロッドやリールなどのタックルに関して詳しく知りたい方は、こちらの記事もぜひご覧ください。

エギング仕掛けについて解説

出典:photo-ac

それでは仕掛けの解説をしていきます。エギングの仕掛けは、基本的にメインライン・リーダー・スナップの3つで構成されています。シンプルであるがゆえに一つ一つの仕掛け選びが釣果を大きく左右することもあり、慎重に選ぶことが大切です。

メインライン(道糸)

まずメインライン(道糸)は、PEラインの0.6号〜1.0号を使うのが一般的です。ルアーフィッシング用のラインはナイロン製やフロロカーボン製など様々な種類がありますが、キレのあるしゃくりが必要なエギングでは、ロッドのアクションをダイレクトに伝えらるPEラインが最適です。

また、号数は季節やエギのサイズにもよりますが、秋エギングであれば0.6号〜0.8号が中心。春エギングであれば0.8号〜1.0号を中心に、キロアップ専門で狙うエギンガーは1.2号の太いラインを使うこともあります。逆に秋でライン操作に自信がある人は、あたりの取りやすい0.4号など細いラインを使う人もいますが、ライントラブルが起こりやすいため初心者にはあまりおすすめできません。

アタリの取りやすさならダントツ!

ダイワ UVFエメラルダスデュラセンサー+Si2 0.8号 150m ホワイト(カラーマーキング付)

参考号数:0.8
強力(Ave):14lb / 6.4kg
糸巻量(m):150
カラー:ホワイト

Amazonで詳細を見る

ダイワのPEライン「エメラルダスセンサーホワイト+Si」はダイワ独自の加工技術により、水の中でも伸びにくく、驚きの高感度PEラインです。
アタリにシビアなベテランアングラーにこそおすすめです。

エギの飛距離で選ぶならこれ!

デュエル(DUEL)PEラインアーマードエギング150m0.6号ホワイトH4014-W

素材:PE/全長:150m/0.6号
標準直線強力: 5kg
ホワイト

Amazonで詳細を見る

デュエルから出ている「アーマードエギング」は、通常のPEラインに比べ適度に張りを持たせることで、誰でも遠投が可能なPEラインです。エギの飛距離を伸ばしたい方は、ぜひお試しください。

リーダー

続いて、根ズレに弱いPEラインには不可欠なリーダー(ショックリーダー)ですが、エギングの場合、フロロカーボンの1.5号〜2号くらいがおすすめです。フロロカーボン製のリーダーは根ズレに強く、比重も重たいため水に沈みやすいので、PEラインをメインとして使うエギングにはベストなリーダーです。

リーダーの太さもまた季節やポイントにもよるのですが、秋であれば1.5号中心、春であれば2号中心で考えておくといいでしょう。シモリやテトラなどがあり、根ズレの多いポイントでは少しリーダーを太くするとラインブレイクの可能性も軽減できますよ!

3層構造による耐摩耗性・結束強度!

ユニチカ(UNITIKA)フロロカーボンラインキャスラインエギングリーダーII30m1.5号ナチュラルクリアー

全長:30m
号数:1.5号
カラー:ナチュラルクリアー

Amazonで詳細を見る

ユニチカの「キャスラインエギングリーダーII」は、独自の3層構造「T.L構造」により、従来製品には無かった高耐摩耗性と高結束強度を併せ持っています。ラインブレイクしたくないなら、このリーダーで決まりです!

通ほど選ぶシマノの大人気ブランド「セフィア」!

シマノ セフィア フロロリーダー 1.75号 30m LB-E21S

号数: 1.75
最大強力: 8lb/ 3.6kg
長さ(m): 30

Amazonで詳細を見る

言わずと知れた大手メーカーシマノのショックリーダー「セフィアEX」は程よくラインに張りを持たせて、エギに力が伝わりやすくなっています。
エギング通ほどハマるセフィアEXは試してみる価値ありですよ!

スナップ

最後にスナップですが、「スナップは必要なのか?」と感じる方も多いですが、エギングにおいてスナップは必要です!一つ目の理由は、スナップをつけることによって、エギの動きが良くなるからです。しゃくってダートする時や、その後ファールに移る時にリーダー直結よりもスナップがある方が動きがスムーズでより自然な動きになるからです。そして二つ目の理由が、エギの交換が早くなるからです。スナップがあれば、わざわざエギ交換時にラインを結びなおさなくていいので楽ですし時短にもなります。これらのメリットがあってスナップを使わない手はありません。

サイズに関しては、使用するエギのサイズに合わせるのが一般的です。2.5号中心なら「S」、3.0号や3.5号中心なら「M」、4.0号以上を中心に使うのであれば「L」くらいがいいでしょう。

コスパ抜群の大容量!

ヤマシタ エギ王 エギングスナップ 徳用 S 14.9kg 36個

サイズ:S
強度:14.9kg(直線引張強度)
入り数:36個
推奨エギ目安:S 3.0号

Amazonで詳細を見る

ヤマシタの「エギ王エギングスナップ徳用」は、36個という大容量入っているのが魅力です。
常に使うスナップだからこそたくさん持っていて損はないですよ。

チカラを逃さない独自フォルム!

OWNER(オーナー)P-22耐力エギスナップL

サイズ:L
強度:26kg

Amazonで詳細を見る

オーナーばりの「耐力エギスナップ」は、ロッドアクションのチカラを逃さない専用フォルムにより効率のいいアクション伝達ができます。パワーロスを最小限に抑えたスナップは要チェックです。

初心者のエギングの仕掛け徹底解説!これさえ読めば仕掛けは組めます!

出典:pixabay

ここではエギング初心者がどんな仕掛けを組むべきか解説していきます。初めての釣りで分からないことばかりでも安心してください。以下の仕掛けを使えば、あなたもエギンガーの仲間入りです!

初心者が組むべきエギング仕掛け

メインライン PE0.8号
リーダー フロロカーボン1.75号
スナップ Mサイズ

こちらが初心者におすすめのエギング仕掛けです。

メインラインはキャスティングに慣れていない初心者でも扱いやすく、ラインブレイクも少なくなるように、少し太めのPE0.8号がおすすめです。リーダーに関しては、根ズレや根掛かりなども考慮して秋でも1.75号くらいを使うのがいいでしょう。そして、スナップは一番汎用性の高いMサイズが使い勝手が良く便利です。

【PE0.8号】初心者ならまずはメジャクラ!

メジャークラフトPEライン弾丸ブレイド4本編みエギング150m

PEライン長さ:150m
号数:0.8号/14lb
ピンク

Amazonで詳細を見る

初心者を始めベテランにも人気のメジャークラフトのPEラインは、非常に使いやすく、価格もリーズナブルなのが魅力です。エギングが初めてという方は、まずメジャークラフトのPEライン「弾丸ブレイドエギング」をお試しください。

【フロロ1.75号】ナチュラルグリーンがスレイカに効く!

ダイワラインエメラルダスリーダー35m1.75号

号数:1.75号
糸巻量(m):35
フロロ比重 1.78
カラー:ナチュラルグリーン

Amazonで詳細を見る

ダイワの「エメラルダスリーダー」は、初心者でも使いやすいのはもちろん、ナチュラルグリーンのカラーがスレたイカにも警戒心を抱かせにくいのが特徴です。初めてのリーダーはこれに決まりですね!

【EGスナップ】ステンレス製で錆びにくい!

ダイワ イージースナップ 徳用(35個入)

入数:35本
サイズ:M徳用
カラー:シルバー

Amazonで詳細を見る

ダイワの「EGスナップ」は、ステンレス素材で出来ており、海水に浸かっても錆びにくくエギを傷める心配がありません。
また取り外しもしやすいので、初心者にはもってこいのスナップです!

ベストなエギング仕掛けで大漁!

出典:photo-ac

いかがだったでしょうか?

エギングは基本的にはロッドとリールに加え、ライン・リーダー・スナップの3つがあれば釣りができます。しかし、シンプルゆえに一つの仕掛け選びが釣果を大きく左右するエギングの仕掛け。みなさんもベストな仕掛けを作って、エギングで爆釣しましょう!

関連記事