FishMasterのロゴ

TANAKA

アイナメを狙えるおすすめポイント!漁港から磯ロックまで徹底解説!

ロックフィッシュの人気ターゲットとして知られるアイナメ。日本全国の漁港で狙うことができる魚ですが、狙う際はそれぞれのフィールドに合わせたポイント選びが大切。今回はそんなアイナメにおすすめの漁港、磯場のポイントについて紹介します。

アイナメはストラクチャーを好むロックフィッシュ

出典:Fishing Pro

アイナメは全国の漁港で狙うことができるロックフィッシュ。
北海道や東北では50センチを超える大型の個体も狙うことができるため、ルアーフィッシングのターゲットとしても人気が高いです。

アイナメは日中にベイトフィッシュや甲殻類を捕食すると言われており、狙う際はデイゲームが中心となります。
磯場などの岩礁帯はもちろん、テトラポットや防波堤の昆布帯などに生息していることが多く狙う際はこのようなストラクチャーが定番です。

ストラクチャーを狙う際は根掛かりなどのリスクが高くなるため、根掛かりを回避できるテキサスリグなどが一般的です。

アイナメを狙える鉄板ポイントである漁港と磯

出典:Fishing Pro

アイナメをルアーなどで狙う際は漁港や磯場などのフィールドがおすすめです。
漁港はさまざまな人工物があるため、アイナメが好むストラクチャーに富んでおり、エントリーもしやすいことからアイナメを狙う際は定番のフィールドになっています。

磯場は漁港に比べるとエントリーが難しいものの、岩礁帯や昆布などのタフなストラクチャーが多いです。そのため初心者にはやや不向きであるものの大型のアイナメを狙いたい方にはぴったりのフィールド。

今回はこれらの二つのフィールドを中心に積極的にアプローチしたいおすすめのポイントについて見ていきます。

初心者におすすめの定番ポイントは漁港

出典:photoAC

アイナメを狙う際にまずおすすめしたい定番のポイントが漁港。
アイナメが潜みやすいストラクチャーとなる人工物が多いことはもちろん、船の往来による海底の変化など、アイナメがつきやすいポイントが多数ある点も魅力です。

エントリーする漁港を選ぶ際は、テトラポットや防波堤などの有無を確認し、潮通しが良い漁港かをチェックしておくことも大切です。

ここではそんな漁港の中で特に積極的にアプローチしたいポイントについて紹介していきます。

船の往来で出来た根に居付いたアイナメを狙える船道

出典:photoAC

アイナメを狙う際はストラクチャーの有無はもちろん、海底の地形変化が非常に大切です。
特に漁港は多くの船が行き交うため、船が往来することでできる船道はアイナメを狙う際の定番ポイントの一つ。

船道には海藻などの根ができやすく、アイナメが好む甲殻類などのベイトが潜む可能性も非常に高く、大小問わずアイナメがつきやすいポイントです。

そのため漁港で釣りをする際はまず14グラム以上の重めのウエイトのテキサスリグなどを利用して海底の情報をしっかりと探ることも釣果アップの秘訣です。

ロックフィッシュの定番シンカー ジャングルジム ビーンズ

ジャングルジム(JungleGym)J501ビーンズ14g

ジャングルジム・ビーンズ(シンカー)●ビーフリーテキサス、通称”ビフテキ”専用シンカー!●テキサスリグとシンカー直付けリグ、2つの長所を併せ持つビフテキシンカー。リングロッカー、ムーブストッパーとコンビで使えばビフテキの特長である飛距離、ファストフォール、スリ抜け、ハイアピールアクション、高いフッキングを実現するハイパ
フォーマンスシンカー。シンカー。シンカー。

Amazonで詳細を見る

ジャングルジムから販売されているロックフィッシュ用シンカー。
フォールスピードが早く海底を素早くサーチできるためアイナメ釣りにおすすめです。

意外と見落としがちな堤防の際

出典:photoAC

漁港でアイナメを狙う際は海底の地形変化やストラクチャーなどに目がいきがちで、足元や防波堤の際を見落としがちです。
実はアイナメは際についた甲殻類や貝を捕食したり、防波堤に生えた昆布の下に身を隠していることも珍しくありません。

そのため漁港での釣りをする際は際や足元などのポイントも積極的に探っていきましょう。他の釣り人が見落としがちのポイントであるため、パターンが見事にハマれば大型のアイナメが釣れる可能性もある穴場的ポイントでもあります。

根掛かりのリスクを減らすためのテキサスリグはもちろん、ベイトフィッシュが回遊している際は甲殻類を模したシャッド系ワームとジグヘッドを組み合わせたスイミングを中心とした釣りも効果的です。

際にもおすすめの定番シャッド エコギア グラスミノーM

エコギア(Ecogear)ワームグラスミノーM2-1/2インチ323北陸クリアホロ.

サイズ:M

Amazonで詳細を見る

エコギアから販売されているシャッド系ワーム。
ジグヘッドを中心にさまざまなリグと合わせやすく、漁港での際のスイミングにもおすすめです。

目に見えるストラクチャーのテトラポット

出典:photoAC

アイナメを狙う際にもっともおすすめのポイントとも言えるテトラポット。
テトラポットの穴にアイナメが潜んでいるだけでなく、海中に沈んだテトラポットには昆布などの根がつきやすく、漁港の中でもっともアイナメが好むポイントといっても過言ではありません。

テトラポットでアイナメを狙う際は細く根ズレに弱いスピニンタックルではなく、比較的太めのラインで強引なファイトができるベイトタックルがおすすめ。
また足場の悪いフィールドであるため、テトラポットに登って釣りをする際はライフジャケットはもちろんスパイクブーツなどの専用のシューズが必須です。

テトラポットを狙う際は防波堤の対岸に位置するテトラポットに対して遠投を仕掛けるアプローチもおすすめです。

定番メーカーのスパイクブーツ ダイワ FB-2150

ダイワ フィッシングブーツ FB-2150(ショート スパイク)

カラー:グレー
サイズ: 3L
対応サイズ(cm): 28.0~28.5

Amazonで詳細を見る

ダイワから販売されているスパイクブーツ。
非常にクッション性が高く、ブーツタイプでありながら履き心地が良い点も魅力です。

大型のアイナメが狙えるおすすめポイントは磯

出典:photoAC

漁港に比べると地形の変化やきつい根が豊富な磯場。
エントリーが難しく初心者にはやや不向きなポイントではあるものの、ヒットするアイナメはコンディションが良く、そのファイトも漁港とは比べ物にならない強さです。

狙う際は潮通しの良いエリアや変化に富んだ海底など、基本的なポイントは漁港と変わらないものの、視覚的に狙うポイントが見定めにくいのが特徴です。

ここではそんな磯場でアイナメを狙う際に目でしっかりと確認できるおすすめポイントについて紹介していきます。

餌を追って入ってくる大型を狙えるワンド

出典:photoAC

磯場では岩礁帯の切れ目にできるワンドが真っ先に狙いたい定番ポイントです。
ワンドは比較的深さがあるポイントが多く、潮通しもよいためアイナメのベイトとなる小魚や甲殻類がたくさん潜んでいる磯釣りの一級ポイントです。

アイナメは潮の満ち引きなどに合わせて、ベイトを捕食するためにワンドの中に入ってくるため、時合をしっかりと見極めることができればランカーサイズを狙うことも可能です。

遠投が求められることが多い磯場のフィールドの中では比較的アプローチのしやすいポイントであるため、初めて磯でのアイナメ釣りをされる方はまず狙っていただきたいポイントです。

磯ロックの大定番! バークレー ガルプ アジャストハント

バークレイ ガルプ!SW アジャストハント 3.2インチ

色:クリアピンク
7個入り
新フォーミュラータイプ

Amazonで詳細を見る

バークレーから販売されているガルプシリーズのアジャストハント。
大型のアイナメを狙った磯ロックの定番アイテムとして多くの釣果実績を誇ります。

うっすらと生い茂る昆布帯もアイナメが潜んでいる

出典:photoAC

磯場で海中を見渡すとうっすらと色が変わったポイントを目で確認できることができます。
これは岩礁や海底に昆布が生えた、昆布帯と呼ばれるポイントです。

昆布帯はアイナメが好む甲殻類が豊富に生息しているため、それを狙ったアイナメがついていることが多いおすすめのポイントです。
磯ロックでは定番となる20グラム以上のテキサスリグと甲殻系ワームを組みあわせることで、大小問わずアイナメを狙うことができます。

昆布帯を確実に発見するためには、釣具メーカーなどから販売されている釣り用の偏光サングラスがおすすめです。
偏光サングラスは海中の状況をより鮮明に浮き上がらせることができるため、昆布帯をしっかりと目視したい方にぴったりのアイテムです。

シンプルなデザインが魅力 ダイワ ポリカーボネイト偏光グラス

ダイワポリカーボネイト偏光グラスグレーフラッシュシルバーミラーDN-4346

カラー:グレーフラッシュシルバーミラー
偏光度(%):99
可視光線透過率(%):16
紫外線透過率:0.1%以下(99.9%以上カット)

Amazonで詳細を見る

ダイワから販売されている釣り用の偏光サングラス。
シンプルなデザインで水中の状況をしっかりと見極められるおすすめアイテムです。

漁港と磯場の定番ポイントを押さえてアイナメを釣り上げよう!

今回はアイナメが狙える定番のポイントとして漁港における船道、際、テトラポット。磯におけるワンド、昆布帯などのポイントについて紹介してきました。

ここで紹介したポイント以外にもアイナメが生息するフィールドにはさまざまなポイントが存在します。それは季節や地域によって大きく異なるため、自分でフィールドに足を運ぶことで、より確かなポイントを知ることができます。

はじめてアイナメ釣りに挑戦する方は今回紹介したポイントを参考に、さまざまなアプローチでアイナメを狙ってみてくださいね。

関連記事