FishMasterのロゴ

takanosa

ちょい投げ釣り用の竿の選び方とおすすめ竿を一挙大公開!!

ちょい投げ釣りはサビキ釣りと並び、釣りで定番のスタイルです。小気味良い魚の引きを手軽に楽しめるため子供や女性にも人気ですが、今回はちょい投げ釣り用の竿の選び方とおすすめの竿を一挙公開します!

ちょい投げ釣りとはどんな釣り?

ちょい投げ釣りは海釣りの人気釣法で、堤防や川の河口等でやるのが定番ですが、砂地系の海底なら砂浜でもできます。
特徴は比較的安価で道具を揃えることもできて、他の竿でも流用ができる応用力。そして、初心者や親子連れやカップルの人にも人気の釣り方になっています。
さらに対象魚も豊富なラインナップでシロギスやメゴチやハゼ等小気味いい引きが魅力の魚も狙えますし、根に近い場所ならばアタリがガツンと来るカサゴや首を振る独特な引きのアイナメも狙え、冬ならば場所によっては煮つけが美味しいカレイも狙えます。海底に潜む魚を手軽に狙う釣りなのでウキ釣りやルアー釣りのようなタナを心配することもなく(底にいる魚を狙うのが目的なので)やりたいことが簡単でわかりやすいのも人気の魅力だったりします。

釣れる魚について

ちょい投げ釣りで釣れるターゲットは豊富ですが特に人気で釣りやすいのは天ぷらにすると美味しい白銀の魚のシロギスです。
プルプル伝わるアタリに見かけの割には強い引きと美しい魚体、さらに群れでいるので数釣りも可能ですし、釣具店の市販仕掛けでも数多くあるので初めてちょい投げ釣りをやりたい人はまずシロギスを狙ってみてはいかかでしょうか?
メゴチはシロギスに比べて人気も少なく、外道のイメージもありますが実は天ぷらにしたらシロギスをも美味しい魚です。
シロギス狙いの外道でよく釣れるのでどんな魚もウェルカムという人にはいいターゲットになります。仕掛けも市販品のちょい投げ仕掛けやシロギスを狙う仕掛けで大丈夫です。
ハゼも秋や冬になるとちょい投げ釣りでの人気ターゲットになります。
夏頃はみゃく釣りやルアー釣り等でも釣れますが秋や冬になるとハゼは深場に落ちるのでその時がちょい投げ釣りが大活躍するパターンです。
しかも、そのシーズンに釣れるハゼはサイズも夏頃に比べたら大きくなるのでそこも嬉しいところですね。
カレイは冬の釣りのターゲットでは人気になるますが、ちょい投げ釣りでも狙えるターゲットです。探れる範囲は投げ竿に負けますが、ちょい投げで届く範囲にいればカレイも狙うことが可能です。シロギスやメゴチやハゼに比べたらサイズも大きい傾向があるので、たも網があればさらに確実にキャッチできる確率が上がります。
対象魚別にもっと詳しく知りたい!という方は当サイトの別の記事をご参照ください。

ちょい投げ釣りの竿ってどういうのがいいの?

おススメの竿を早く紹介したいのですが、まずは簡単にちょい投げ釣りで使う竿について説明します。
ちょい投げってどの位の距離がちょい投げなの?ということですが、具体的な距離としては10mから50m程だと思います。それが本格的な砂浜の投げ釣りなら専用の道具では100m以上も狙えるので投げ釣りに比べたらちょい投げ釣りは大分距離も短いですね。
長くても3メートルmがちょい投げ釣りの竿として向いています。

ちょい投げ釣りの竿の長さについて

ちょい投げ釣りの竿に向いている長さは先ほどでも紹介しましたが、3mまでが向いていますが、さらに細分化すると小さいお子様や釣りを始めてやる人や女性ならば1.6mから2.1m、釣り経験者ならば距離やパワーを考慮して、2.4mから3.0メートルmがいいでしょう。
竿によっては純粋に〇〇mという表記はしていないので、例えば180や210っていう竿の表記なら180cmなので1.8m、210なら210cmになります。ルアーロッドだと80とか90とか書いている表記は80の8の部分は1ft(約30cm)なので8だと8ftなので240cmだから2.4mになります。90なら9ftなので270cmだから2.7mになります。0の部分は細かいcmの部分になるので86という表記なら2.4mより長いけど2.7mより短いという感じに覚えていると竿選びがやりやすくなります。ルアーロッドでも900等の3桁の数字の表記はありますがこれも先ほど述べたftのように900だとしたら9ftだから2.7mで950なら9ftの2.7mより長いけど3m未満という感じで覚えれば大丈夫です。
ルアーロッドをちょい投げ釣り用の竿に選ぶ時は注意が必要です。値段が高い竿になると〇ftの表記も箱やケースによっては表記されているので、確認すると良いでしょう。

錘負荷について

ちょい投げ釣りでは錘負荷も砂浜での投げ釣りや船釣りみたいに重い負荷はいりません。
一般的には錘負荷なら軽くても5号、重くても15号が適正かと思います。
錘を選ぶコツとしては水深が深い、潮の流れが速いなら錘を重く用意して、逆に水深が浅い、潮の流れが弱いのならば錘を軽くしてみる等の工夫も必要です。錘としては天秤とセットになっているジェット天秤の10号、キス用の天秤にナス型錘の8号辺りを付けるのが使いやすいです。なお、釣りで使う錘の1号は3.75gになります。

リールについて

ちょい投げ釣りで使うリールはナイロンラインの3号を100m程巻けるリールが向いています。
大手の釣り具メーカーのダイワなら2000番から2500番、シマノなら2500番から3000番がちょい投げ釣りで使うリールに適しています。比較的軽量な竿の重さでやるので、あまり重すぎてもやりづらいので竿とリールの重さのバランスを見極めて選びましょう。リールも大きい番号にすると投げる距離が少し伸びます。ナイロンラインの3号を基準にして、大物や障害物の対策ならラインの号数を上げる、小物メインでライトな仕掛けで魚の引きを楽しみたいならラインの号数を下げるのもいいですね。慣れてくればPEラインの0.8号から1.0号もおすすめです。PEラインは感度がナイロンラインよりいいので、魚のアタリや場所の状態がさらにわかりやすくなります。

おすすめのちょい投げ用の竿紹介

お待たせ致しました。ここからちょい投げ釣りのおすすめの竿を紹介していきます。
初心者や子供や女性には個人的には1.6mから2.1m辺り、経験者なら2.4mから3mまでがおすすめです。
世間ではこういう竿がちょい投げ釣りで使われてるんだな、という傾向がわかれば自分の欲しいちょい投げ竿が欲しくなるかもしれないし、家に眠っている竿もちょい投げ竿としての新しい使い方ができるかもしれません。
ちょい投げ釣りの良い所はいろんな竿でも流用できるからです。

おすすめのちょい投げ釣り用の竿紹介(振り出しタイプ)

シマノのホリデーパック180

シマノ(SHIMANO)スピニング/ベイト兼用ロッド17ホリデーパック(防波堤船)10180T

Amazonで詳細を見る

シマノのホリデーパック180は船釣りに向いている竿ですが、錘の負荷は5号から20号まではちょい投げ釣りでも充分に使える性能のロッドです。竿の長さは1.8mで短いのですが子供やちょい投げ釣りをやってみたいという女性の方におすすめです。

シマノのホリデーパック240

シマノ(SHIMANO)スピニング/ベイト兼用ロッド17ホリデーパック(防波堤船)20240T

Amazonで詳細を見る

シマノのホリデーパック240は錘負荷が15号から30号なのでちょい投げ釣りで使用する錘負荷としてはオーバーになっていますが、2.4メートルという使いやすい長さなので防波堤や小規模河川の河口や目の前に障害物がある砂浜等で使うのに向いています。錘が重いのを使えるということは波の流れや風等に仕掛けが流されにくいというメリットもあります。

アブガルシア(Abu Garcia) のクロスフィールドXRFS-904M-TE

アブガルシア(AbuGarcia)スピニングロッドクロスフィールドXRFS-904M-TE

Amazonで詳細を見る

アブガルシアは外国製の釣り具メーカーですが、日本国内でもファンは多く様々な釣りで使用されています。この竿は錘の負荷が約2号から約7号までですが、餌木やシーバスルアーも使えるので竿の感度としてはちょい投げ用に使われる竿よりもいいので繊細なゲームに使えます。さらにケースもオシャレなのでしまえば片手で持ち歩けるのも魅力です。長さとしては約2.7m以上3m未満です。

ダイワのモバイルパック907TMS

ダイワモバイルパックスピニングモデル907TMS

Amazonで詳細を見る

シマノと並ぶ釣り具メーカーのダイワのモバイルパック907TMSは錘負荷約2号からが8号までが使える範囲で、ルアーも兼用できるモデルなので感度も振り出しのちょい投げ用の竿の中では高い感度があります。長さも約2.7m以上3m未満なのでちょい投げの範囲としては広範囲に探れます。
値段も振り出し竿でちょい投げに使うには少々値を張りますが、長く使えば元は取れる気がしますし、ダイワは振り出しタイプの竿に力を入れてる傾向があるのでルアーゲームと兼用で使えば楽しめる竿だと感じます。

ダイワのクロスビート764TLFS

ダイワ(Daiwa)スピニングロッドクロスビート764TLFS釣り竿

Amazonで詳細を見る

ダイワのクロスビートという竿の中の振り出しタイプです。長さは約2,1m以上2,4m未満くらいで錘の負荷は約1号から3号まででちょい投げ用の竿としてはスタンダードではないですが、ラインを細くして錘を軽くしてシロギスを狙ったりすると引きが一気に楽しくなります。初心者には扱いづらいのが難点ですがメバリングロッドでも使える竿なのでメバリング兼用のちょい投げ釣り用の竿になります。

おすすめのちょい投げ釣り用の竿紹介(2ピースタイプ)

シマノ スピニングロッド ルアーマチックS90ML 9フィート

シマノスピニングロッドルアーマチックS90ML9フィート

Amazonで詳細を見る

シマノの海のルアーロッド入門と言えるタイプの竿です。長さは2.7mで錘負荷は約2号から約7号までです。
シーバスロッドなのでまず小型の魚には一気に引き抜ける性能があるのと感度はルアーロッドなのでちょい投げ用の竿よりもいいはずです。

メジャークラフトのショアジギングロッドソルパラショアジギングSPS-962LSJ9.6フィート

メジャークラフトショアジギングロッドスピニングソルパラショアジギングSPS-962LSJ9.6フィート釣り竿

Amazonで詳細を見る

ルアーロッドで有名で最近はショアジギング用のルアーも出しているメジャークラフトの竿です。
ショアジギングはメタルジグという重いルアーでサバ等の回遊魚をメインに釣る竿なのですが、ルアーロッドで錘負荷は15号まで使えてルアーロッドという感度の良さはこの竿がおすすめです。長さも約2.7m以上3m未満なのでちょい投げ釣りの範囲で遠投もできるし、錘の負荷が15号までなので多少波の荒い所に仕掛けを投入できます。サバ等回遊魚相手に作られた竿なのでパワーも充分です。
ただし、錘を軽くしすぎると操作がしづらくなるのである程度重さはあったほうがいいです。

メジャークラフトのショアジギングロッドロッド3代目クロステージCRX-942SSJ9.4フィート

メジャークラフトショアジギングロッドスピニング3代目クロステージCRX-942SSJ9.4フィート釣り竿

Amazonで詳細を見る

メジャークラフトの人気ルアーロッドであるクロステージのショアジギング用ロッドで長さは約2.7m以上3m未満で、錘の負荷は約4号から10号までです。イメージとしては先ほど紹介したソルパラの性能アップバージョンというイメージです。クロステージはいろんな魚に細分化されていますので種類が多いのも魅力です。

ダイワのシーバスハンターX 86ML

ダイワロッドシーバスハンターX86ML

Amazonで詳細を見る

ダイワの出しているシーバスハンターシリーズの竿です。長さは約2.4m以上2.7m未満で錘の負荷としては約2号から約8号くらいです。注意して欲しいのはシーバスハンターというルアーもあるので釣り具店で注文等をする時は竿のシーバスハンターで、という注文をした方が良いでしょう。
ちょい投げ釣り用の竿の竿の性能としては充分な性能を発揮しているのでちょい投げ釣りなんだけど足で歩いて色んな場所に仕掛けを投入して魚を探すのに向いています。

ダイワのシーバス レイジースピニングモデル86ML

ダイワレシーバスイジースピニングモデル86ML

Amazonで詳細を見る

ダイワで最近出したシーバスロッドです。シックで無駄をなくしたデザインで長さは約2.4m以上2.7m未満で錘の負荷は約2号から8号くらいです。ダイワのシーバスロッドではリバティクラブシーバス、シーバスハンターよりランクが上のモデルなのでこの記事内で紹介したちょい投げ用の竿で紹介したものではトップクラスの性能を持っていると思いますし、レイジーという竿はまだデビューしたての竿になりますので今後、コスパのいい竿としての評価が集まる可能性もあります。

振り出しタイプの竿の特徴!

振り出しタイプの竿は竿が先端に行くにつれ、細くなる形状で短いパーツ別に分け先端になるにつれ中に入っていく構造です。
海の釣りではスタンダードなタイプで最大の長所はコンパクトにまとまること。自転車でもバイクでも電車で釣りに行く人にも手軽に持てる機動性と携帯性が良いですね。
短所としては感度が2ピースタイプの竿に比べたら感度が落ちる、途中のガイドがずれたりするとラインが変な方向に通ってライントラブルになることがあります。

釣り具店で売られているセットの振り出し竿

大手釣り具店で売られている初心者セット(約1000円台から2000円台)の振り出し竿もちょい投げ釣りを初めてやるとかサブのロッドとして用意しておくのも選択肢として入ります。
竿とリールと場合によっては仕掛けも付いてるのですぐに購入して、釣り場に行けばその場でできる手軽さと安価な値段が最大の魅力です。
短所としては値段相応なので、どれもこれも満足のいく性能というのは難しいです。

実際に私が使っているのは神奈川県や九州地方にある釣り具のチェーン店の「ポイント」ことタカミヤの振り出し竿のボンキャスター240という商品です。です。値段は竿単体で1580円程で、セールの時にさらに安くなっていたりリールが付属している可能性もあります。
長さは2.4mでちょい投げで使う範囲の錘負荷の8号から15号までは耐えられる性能なので、自分はキス天秤にナス型錘の8号を付けてシロギスやカレイを狙っています。カラーリングも青や黄色やピンク等あるので気分によって色の違う竿を準備するという選択肢もあります。
短所としては値段相応なので大手の釣り具メーカーのちょい投げ用の竿には性能面では制限が出てきます。

並み継ぎタイプの竿

並み継ぎタイプの竿は振り出しタイプの竿と違い、ある程度の長さのある竿がパーツごとにばらせるようになっていて、それを継いで1本の竿にします。
ルアーロッドの主流タイプで2本のパーツを継いで1本の竿にする2ピースロッドというのが主流です。
ちょい投げ釣りで使われる並み継ぎタイプの竿は主にシーバスロッドのタイプで携帯性が落ちる反面、感度や飛距離等は振り出しタイプの竿より良くなっています。
また、シーバスロッドを流用できるので小型の魚に対しては一気に巻いてやり取りを終わらせるパワーも持ち合わせています。

ダイワ リバティクラブシーバス(並み継ぎタイプでちょい投げ釣りに向いているシーバスロッド)

ダイワのシーバスロッド入門として売られている竿です。2ピースの並み継ぎタイプでシーバスロッドでちょい投げ釣り用に向いているのでリバティクラブシーバス86MLはこのパターンに向いている竿と言えます。
長さは約2.4m以上2.7m未満で錘の負荷は2号から9号くらいまで使えます。シーバスを釣る為にシーバスロッドを買ったのになかなか釣れない、しかしシーバスロッドをちょい投げ釣りに流用すると一気にコスパの高い竿になるのです。ルアーを使って釣れなかったら、ジェット天秤に仕掛けを付けて餌を付けてちょい投げで仕掛けを投入して待つ。足を動かして釣ることと待ちの釣りが両方にできる選択肢の広い竿です。

まとめ 

ちょい投げ釣り用の竿は私としては長さが2.4mで振り出しタイプの竿が使いやすいです。体格や場所や使う人によっては長さをプラスしたりマイナスにしたりするのもいいですが、私個人としては携帯性と気軽に安価にやりたいのでまずは安価な振り出しタイプの竿でやるのがいいのではないでしょうか?
このちょい投げ釣りは気軽にやるのと同時に道具にあまり高価なモノを使わずゆるい感じでやるのも魅力に感じるからです。それで高い竿が欲しくなった時は自分の求めたい機能もわかってくると思うのでその時に道具のランクアップで考えたり悩むのも釣りの楽しさの一つですね。

関連記事