FishMasterのロゴ

dogcatlove

マゴチ釣りの餌を賢く使い分けよう!状況に応じたおすすめと付け方

マゴチは夏がハイシーズンとなる高級魚です。サイマキエビ、シロギス、ハゼなど様々な餌があるため、今回は船釣り、投げ釣りなどの状況に合わせてどのような餌が使い分けされているのかについて解説します。

マゴチ釣りの餌はバリエーション豊富だ!

出典:pexels

マゴチ釣りは船やサーフ、防波堤まで広範囲で狙うことができます。そして、釣り場でのベイトの回遊、水深、海底の状態などに合わせ、使用する餌を選択する必要があります。船ではサイマキエビが多いですが、陸ではシロギス、ハゼ、塩イワシなども。他にもイワシ、キビナゴなど様々な餌で狙えますが、サンマの切り身でも釣れたりとバリエーションが豊富です。

どのような餌が人気で、信頼ができるのかを解説していきます。

船からのマゴチ釣りの餌は時期やポイントに合わせよう!

出典:foter

船からマゴチを狙う際には基本的にサイマキエビやハゼが使われます。しかし、ポイントやベイトによってはシロギスが良い場合もあるので、事前に情報を仕入れて釣果UPを目指しましょう。どの餌も活きの良さが大事になるので、針に付ける際には火傷させない、付け方を間違えないなどの注意が必要です。

サイマキエビ

出典:amazon

船で良く使われる餌となります。小型の車エビのことを指し、コツは餌を付ける際にサイマキエビに負担がかからないように気を付けることです。

サイマキエビは動きが良いので食い気を誘いやすく、特に警戒心の強い大物に対しても有効です。 餌持ちが良い点もメリットです。しかし、針に付ける際に時間をかけたり、間違った刺し方をしてしまうとかなり弱ってしまうので、事前に勉強しておく必要があります。

陸からマゴチを狙う時の餌は、保存の効く塩イワシを用意しよう!

出典:foter

陸からマゴチを狙う際にはハゼ、シロギス、塩イワシが良く使われますが、サビキ釣りで釣れた活きの良いアジやイワシなどを使用すると、また釣果UPにも繋がります。その際はエアーをかけて鮮度を保つと活きも良くなります。また、青イソメでも狙うことができますが、青イソメはあまり釣果には繋がりにくいため、活き餌がない場合は塩イワシをおすすめします。何種類か餌を用意し、それぞれを針に付けてアタリの多い餌に絞っていくと良いです。

船からでも狙える餌もあるため、まずは陸から良く使われる塩イワシから紹介していきます。

釣果の秘訣は塩イワシ!

夕マズメから投げ釣りをしてマゴチを狙う際に良く使われます。冷凍イワシでも良いのですが、塩イワシのほうが釣果が良い場合も多いです。冷凍保存もできるので、事前にストックしやすい点もメリットです。作り方も簡単なので、是非試して欲しい釣り餌です。

マゴチ釣りでは船、陸どちらでも使える活き餌もある!

出典:pexels

バリエーションが豊富なマゴチ釣りですが、基本的にはシロギス、ハゼ、イワシなど船、陸のどちらでも使える餌も少なくありません。船ではポイントの地形や水深を考慮しておすすめできるサイマキエビやハゼを指定される場合もありますが、その時に青イソメで狙ってみても釣れる可能性はあります。

但し、やはりその日の状況やポイントの状態で可能性の高い餌を選択されることが一番釣果に繋がります。

ハゼ

出典:foter

夏場になりマゴチが浅場に移動し始めた場合は、ハゼが有効となるパターンもあります。回遊性がないため、同じ場所に居着きやすく、比較的広範囲に生息しています。

マゴチの船釣りに活きハゼを使用する場合は、ハゼが多く生息するエリアで狙うことがおすすめです。

シロギス(ピンギス)

出典:foter

シロギスは基本的に夏からハイシーズンとなり、メインの釣り場はサーフとなります。海底付近を回遊するため、シロギスが回遊してくるのをマゴチが待ち構えているパターンが多いです。ポイントが砂底での船釣りにはマッチザベイトとなりやすいです。

また、リリースサイズの小型のシロギスをピンギスと呼びます。投げ釣りでピンギスを狙ってからマゴチにシフトすると、コストの面でも家計の助けとなります。

メゴチ

メゴチは砂泥底を好むので、基本的には河口付近のサーフに生息していますが水深100mまでと広範囲の砂泥底に生息しています。最大でも25cm程と比較的小型が多く、遊泳力も低いため、補食対象になりやすいです。広範囲のポイントでも餌として有効となることもメリットです。

イワシ(カタクチイワシ、トウゴロウイワシなど)

出典:freeimages

地域にもよりますがイワシは夏場でも接岸していることが多いので、船釣りでもポイントによっては有効となります。しかし、ダメージに強い魚ではないので針にかける際には注意が必要です。死んでしまうと違和感も強く、アピール力はかなり低下します。

イワシが余ってしまった場合は塩イワシにして、後日に陸から投げ釣りで狙う際に使うと無駄にしなくて良いです。

活き餌の付け方には特に注意が必要!

出典:foter

活き餌を針に付ける場合は、それぞれ注意しなければいけないポイントがあります。違和感を与えないこと、臓器をなるべく傷付けないことなどに注意をし、よりアピール力を維持させる技術を身に付けましょう。

サイマキエビは臓器を傷付けないよう注意が必要

エビの頭胸部は脳だけでなく心臓や胃もあります。針を通す際にはなるべく避ける必要があります。

サイマキエビの場合は、まず安定させるために角を目の辺りの位置で切り取ります。次にエビを裏返して口の部分から針を刺します。そして頭の上へ通すのですが、臓器(黒い部分)を傷つけないよう注意しながら通していくことが大切です。最後に、目の位置から尾にかけて1cmほど後方から出して整えて終わりです。一度泳がせて確認することが大切です。

シロギス、ハゼ、メゴチは上顎に付けよう!

基本的にどの活き餌も同じで、口の中から上顎に針を通す形になります。たまに背中に噛み跡があることもあるので、上顎と背中の2ヶ所に付けても釣果が上がることがあります。但し、動きに違和感が出る、弱りやすいなどのデメリットもあるため、アタリが多い日に絞るなどすると良いです。

イワシの付け方

イワシは付け方は、口の柔らかさを意識することも大切

イワシもハゼやシロギスなどと同様に、口から上顎に通すことが多いです。しかし、口が柔らかいため、しっかりと固い部分にかけてあげる必要があります。

また、イワシが暴れて取れてしまう、マゴチが横や後ろからバイトした場合も考え、背中や腹、尾鰭辺りにもかける場合もあります。腹にもかける場合は、根掛かりが少ない砂底が良いです。塩イワシも同様で大丈夫です。

マゴチのアタリに合わせて、こちらも調整していきましょう。

アタリが多く手返しを優先した付け方

どの活き餌も基本的に上顎にかけるパターンが多く、慣れてくれば一瞬で付けることができます。但し、活きが良いと固定させることが大変なので、濡れたタオルなどで魚が火傷したりダメージを受けないように注意しながら固定させることがコツです。動きが落ち着いた時にさっと針を付けましょう。

マゴチの餌は船ならサイマキエビ、サーフならピンギスが一番!

出典:pexels

多くの餌を紹介してきましたが、船でマゴチを狙う際に一番オススメなのはサイマキエビです。餌持ちも良く、アピール力が高いことが強みになります。しかしハゼも人気で、シーズンも後半になるとサイマキエビからハゼやシロギスにシフトチェンジするパターンもあるので、絶対にサイマキエビが一番とは限りません。

陸からでは、やはり活きピンギスです。サーフから投げ釣りで狙う際にはマッチザベイトとなります。普段も海底付近を回遊することもあり、違和感を与えにくいです。ですが、塩イワシで統一されている方やハゼと使い分けている方も多く、やはりこちらも時期やポイントで分かれます。

船釣りでは船宿に状況確認すること、陸からではベイトの状況を観察したり、何種類か試してみること。その結果、最終的に一番釣果に繋がった餌が一番良い餌となります。

餌を何種類か試しながら今日のマゴチにベストな餌の選択が重要!

やはり一番大切なことは、マッチザベイトです。どの餌が一番なのかはその日の状況にも関係してくるので、タックルを2、3本用意し、それぞれ別の餌で試すことが時短にもなり、釣果UPの秘訣となります。

そして、針の付け方、アクション、他にも必要な知識をプラスし、60cmオーバーを目指しましょう。

関連記事