FishMasterのロゴ

ddaiske35

カゴ釣りで豪快に釣りをしよう!おすすめの竿のスペックと選び方

堤防にいながら、沖目にいる魚を釣ることができるカゴ釣り。豪快な姿と、バラエティ豊富な獲物が特徴のカゴ釣りですが、竿にこだわることで確実に大物を釣り上げることも可能です。今回はカゴ釣りにおける竿の選び方について紹介します。

カゴ釣りは豪快なスタイルが醍醐味

記事278の画像60672

出典:Visual Hunt

カゴ釣りというのは、重いウキなどを使用して、仕掛けを遠くに飛ばして仕掛けるという釣り方です。他の釣り方と比べても豪快で楽しい釣り方が特徴です。

カゴ釣りの醍醐味といえば、竿を豪快に振って仕掛けを飛ばすという爽快感と、岸にはこない大物を釣り上げるという達成感と、釣り人のなかでもカゴ釣りが楽しいという人は多くいます。そうした爽快感だけでなく、釣ることができる獲物も小型の魚から大物の魚まで、獲物の種類も大きさもバラエティ豊かなところも、カゴ釣りの大きな特徴です。

カゴ釣りで釣ることができる獲物

記事278の画像60675

出典:Visual Hunt

カゴ釣りで釣ることができる獲物はかなり幅広いです。小型や中型の獲物であれば、アジやタイなど、食卓に並んでいたり、高級魚と呼ばれている魚などを釣り上げることができます。このほかにも青物を狙うこともできたりと、カゴ釣りだからこそ釣ることができる獲物も数多くいます。

また、小型や中型の獲物を追って、ブリやヒラマサなどの大物も釣ることができます。カゴ釣りというのは、陸にいながらプランクトンが多く生息している沖目に仕掛けを仕掛けることができるため、結果的にさまざまな獲物を釣ることができます。

カゴ釣りの竿は獲物にあわせた竿選びが大事

記事278の画像60677

出典:Visual Hunt

カゴ釣りというのは釣ることができる獲物が多いため、獲物によって竿も異なります。竿の選び方において最も重要なことは、自分が釣る獲物にあわせた竿を選ぶことです。小型の獲物から大型の獲物まで、すべての獲物を1本の竿でまかなうということは不可能です。釣り上げる獲物にあわせた竿選びが大事になります。

ここでは釣り上げる獲物にあわせた竿の選び方などを解説していきます。

長さは獲物にあわせて遠投磯竿を選ぼう

竿において最も重要な要素である長さですが、長さについても釣る獲物にあわせた長さというものがあります。また、長さだけでなく耐久性や重さも重要となってきます。どれだけ遠投できる距離が長くても、竿が重いと疲れてしまいます。また、耐久性が無ければ大物のアタリが出たとしても、釣り上げる前に竿が折れてしまいます。

小型のアジや青物を中心に釣るのであれば、竿は3号から3.5号の、遠投にも対応している磯竿で問題ありません。しかしブリなどの大物を狙うのであれば、最低でも竿は4号以上のものでなければ、耐久性などに不安が残ります。

遠投向けの投げ竿というものもありますが、逆に投げ竿の場合だと硬すぎてしまうため、遠投用の磯竿で十分です。

錘負荷は5号から10号がベスト

カゴ釣りは沖目に向かって仕掛けを飛ばす釣り方です。遠くに飛ばすのであれば錘負荷は高いものがよいのではないか、と考える人がいますが、実はまったく違います。確かに錘は重ければ重いほど遠くに飛ばしやすくなります。しかし、カゴ釣りの場合は逆に錘が重すぎると獲物が逃げてしまいます。

錘負荷については基本的に5号から10号のもので十分です。カゴ釣りの仕掛けというのは、ある程度遠くに飛ばす必要はあるものの、錘自体は軽いものを選ぶのがおすすめです。そのため、竿を選ぶときについても錘負荷は5号から10号のもので問題ありません。

カゴ釣りのリールはスピニングか両軸がおすすめ

記事278の画像60681

出典:Visual Hunt

竿についてここまで触れてきましたが、リールもカゴ釣りに適したものを選ぶとよいでしょう。竿自体のスペックも遠投するときの飛距離が影響するものですが、リールも同じぐらい飛距離を左右します。また、どのリールを使用するかで竿も変わってくるため、竿とリールはセットで考える必要があります。

扱いやすさで選ぶのであれば、スピニングタイプのリールがおすすめです。しかしスピニングの場合は、ある程度飛距離を出すことはできても、限界があります。100m以上の飛距離を出すことがある場合は、扱いにくくはなりますが、両軸タイプのリールが必須となります。

ダイワ レブロス LTLT5000D-CH

ギア比:5.6
1回転巻取り長(cm):87
標準自重(g):260
最大ドラグ力(kg):12.0
標準糸巻量(ナイロン lb-m):14-260/20-170/25-150
標準糸巻量(ブレイド 号-m):2.0-350/2.5-300/3.0-210

Amazonで詳細を見る

リールといってもさまざまな種類があり、どれがおすすめなのかわからないという初心者も多いはずです。
そんな初心者におすすめできるダイワのスピニングリールです。
海水にも淡水にも対応しており、リール自体も軽いため、初心者でも扱いやすく、熟年のベテランでもこのリールを使用しているという人が多いです。

カゴ釣りにおすすめの竿

ここまで竿の選び方やリールの選び方などについて説明しましたが、ここからはいよいよカゴ釣りにおすすめの竿を紹介していきます。とはいえ、竿はさまざまなメーカーから発売されており、値段についても安価なものから高価なものまで、さまざまなものがあります。

初心者がいきなり高い竿を購入するのはあまりよくありません。だからといって安価な竿を選んでしまうと、強度や長さなどが足りずに、釣りの途中で折れてしまうということもあります。そこで今回は、釣り初心者でも比較的手が届く1万円台の竿を中心に紹介していきます。

ザ・万能竿

プロマリン(PROMARINE)ブルーベイ磯遠投3-530遠投

メーカー名:プロマリン
全長:5.3m
継数:6
自重:371g
錘負荷:5号~10号

Amazonで詳細を見る

カゴ釣りはもちろん、そのほかのさまざまな釣り方にも対応できるまさに万能竿ともいえる竿です。価格も1万円以下であり、初めての釣竿としても丁度良い竿となっています。小型や中型を釣るのであれば申し分ないほどのスペックです。

長さは最短強さは最強

プロックスFX小技磯FE-X3-280遠投FKIFX328W

メーカー名:プロックス
全長:2.8m
継数:12
自重:140g
錘負荷:2~5号

Amazonで詳細を見る

プロックスの磯竿はかなり短めであり、継数もかなり多いですが、その分自重は140gと軽く、値段も1万円程度とかなりお手ごろ価格となっています。カーボンをふんだんに使用しているため、長さは小型中型の獲物におすすめですが、強度は大型が食いついてきても問題ないほどです。

この安さにしてこの強さアリ

ライズウェイ ARMS磯 4-540PTS

全長:5.4m
継数:6本
仕舞寸法:104cm
標準自重:410g
錘負荷:10-20号

Amazonで詳細を見る

こちらはライズウェイの竿であり、竿も5号の竿となっています。
価格も手が出やすい設定なので初心者やこれからカゴ釣りを始めたい方にもおすすめ。
パワーも申し分ありません。

隠れオールラウンダー

シマノ ソルティーアドバンス タチウオワインド S86M

全長(m): 2.59
仕舞寸法(cm): 133.3
継数(本): 2
主な対象魚種:シーバス ヒラメ マゴチ タチウオ マダイ
自重(g): 122
適合ルアーウェイト(g): 6~32
適合ライン PE(号): 0.6~1.5

Amazonで詳細を見る

こちらはタチウオ専用のロッドですが、その繊細なディップと操作性のよさは、カゴ釣りでも十分通用するほどです。
重さもかなり軽いため、初心者にもおすすめの竿です。

価格も性能もお手ごろ

プロマリン ハービット磯遠投 5-530

全長(m):5.3
継数:5
仕舞(cm):120
自重(g):368
適合鉛:10〜20号

Amazonで詳細を見る

ある程度小型や中型の獲物をカゴ釣りで釣り上げることができると、大物を狙いたくなります。
しかし大物になると別の竿が必要になるが、あまりお金をかけたくないという人におすすめの竿です。
竿の長さも強度も大物を狙うにはうってつけのスペックでありながらも、価格は1万円以下と、かなりお手ごろです。

ほぼカーボン100%

シマノ アドバンスイソ 4号520PTS

全長(m):5.20
継数(本):5
仕舞寸法(cm):118.5
自重(g):370
錘負荷(号):10~15
適合ハリス(号):4~10

Amazonで詳細を見る

使用されている素材のほとんどがカーボンという、強度と軽さでは文句なしともいえるシマノの竿です。
扱いやすさもかなりよいのですが、その分値段は少々張ります。
絶対的な強度を求めている人におすすめです。

大人気シリーズの遠投磯竿タイプ

ダイワ(DAIWA)ちょい投げロッドスピニングリバティクラブ磯風3-45遠投・Kちょい投げ釣り竿

メーカー名:ダイワ
長さ:4.45m
継数:5
錘負荷:5~10号

Amazonで詳細を見る

幅広い種類の魚や釣り方に対応しているリバティクラブの中でも、磯釣りに重点を置いたシリーズが、リバティクラブ磯風です。
長さも丁度良く、獲物に関しても小型から大型まで、幅広い大きさにも対応できるほどの耐久性を持ち合わせながらも、初心者にとっても使いやすい竿となっています。

全釣り人に愛されている人気モデル

ダイワ(Daiwa)磯竿スピニングリーガル4-53遠投釣り竿

メーカー名:ダイワ
長さ:5.3m
継数:6
自重:355g
錘負荷:10~15号

Amazonで詳細を見る

使い勝手が非常によく、強度などについても申し分ないダイワの竿です。
初心者はもちろん、ベテランにとっても使いやすいということで非常に人気が高い竿です。

ハイスペックなエントリーロッド

宇崎日新 プロスペックISO KW 遠投 4号 5306

全長:5.30m
継数:6本
仕舞寸法:109cm
自重:430g
適合ハリス:3.0~7.0号
錘負荷:7~10号

Amazonで詳細を見る

オールSICガイドを搭載していながらもビギナー釣り師にも手が届きやすい価格帯に設定されたロッドです。
遠投性能や扱いやすさは申し分ありません。
実売価格は19,000円ほどです。

大物狙いのカゴ竿

FIVESTAR 遠投 極靭 7-500pts

全長(m):5.0
継数(本):5
仕舞寸法(cm):117
自重(g):493
錘負荷(号):20-35

Amazonで詳細を見る

今回紹介した竿のなかでもカゴ釣りでの大物狙いに重点を置いた竿です。
長さ、重さともにカゴ釣りでの大物狙いにに丁度良いスペックとなっており、カゴ釣りで大物を狙いたいという人におすすめです。

カゴ釣りは短めの竿から始めよう

いかがでしたか。今回はカゴ釣りにおすすめの竿の選び方や、おすすめの竿などを紹介しました。カゴ釣りというのは非常に多くの種類の獲物を釣り上げることができます。大きさについても小型のものから大型の獲物まで、大きさもかなり違います。

当然ながら獲物の大きさにあった長さや耐久性が重要になってきますが、最初は小型や中型の獲物におすすめの竿から始めるのがおすすめです。大型の獲物向けの長めの竿でも価格がリーズナブルな竿もあるので、初心者は小さい獲物から狙うようにし、徐々に狙う獲物の大きさを大きくしていくと、すぐに上達します。

関連記事