FishMasterのロゴ

mondo

【保存版!】メジナ(グレ)釣りの仕掛けをフィールド別に一挙大公開

関東でメジナ、関西でグレと呼ばれるメジナの釣りと言えば、磯釣りが真っ先に浮かびますよね。磯釣り以外にも防波堤やサーフ、船からでも狙えます。そんなメジナ釣りの仕掛けを、メジャーな磯釣りから、防波堤、サーフ、船釣りと順番に紹介していきましょう。

メジナ(グレ)釣りの仕掛けについて

メジナ(グレ)釣りと言えば磯からのフカセ釣りがメジャーです。磯釣り師の多くがこの釣りをやっています。
また外洋に面した防波堤でもフカセ釣りでメジナ(グレ)が釣れます。
さらに、岩場の点在するサーフやゴロタ浜からも狙えるのです。
釣り方はフカセカゴを使った遠投ウキ釣りです。
更には船からも磯釣り仕掛けで狙えます。
こうなるとメジナ(グレ)釣りのフィールドは一気に広がりますね。
それでは順番に説明しましょう。

磯釣りの仕掛け

磯から狙うメジナ(グレ)釣りはフカセ釣りです。
フカセ釣りには大きく分けて2種類あります。
30cm前後~40cm前後をターゲットにした一般的な釣りと、50cm以上の離島などでのクロメジナ(尾長グレ)をターゲットにした釣りです。
それでは、この2種類のフカセ釣りについて説明していきましょう。

一般的な仕掛け

30cm~40cmをターゲットにした一般的な釣りです。
タックルではロッドは1~1.5号の磯竿でリールはレバーブレーキ付です。
道糸はナイロンの1.5号から2号、ハリスはフロロの1.5号から2号で、ハリはグレバリの5~6号でを使用します。
ウキは特殊でおもりを埋め込んだ浮力ゼロ近いものを使います。
波の高低でウキが潜ったり浮き上がったりします。ウキの抵抗が非常に少ないことで、メジナ(グレ)の捕食時に違和感を与えないという効果があります。
ハリスの長さは3mで、途中にBからBBのガン玉を打ち、ウキ下は4.5m前後です。
サラシが強かったり、潮の速い時は水中ウキをハリスの上に付けます。水中ウキはその名の通り、水中で仕掛けを安定させる役目を持っており、表層のウキだけが速く流れるのをセーブします。

大型クロメジナ(尾長グレ)狙いの仕掛け

大型クロメジナ(尾長グレ)の50cm以上を対象にした場合です。
タックルではロッド2.5号以上を使用しましょう。リールは同じでも問題ありません。
仕掛けの基本は同じで、道糸、ハリス共に一回りも二回りも大きくします。
道糸なら2.5号~4号、ハリスは2.5号~4号といった具合です。
ウキは同じもので十分ですが、ハリだけは尾長専用が有利になります。クロメジナ(尾長グレ)の歯がヤスリのように荒く、飲まれると高い確率で噛み切られます。
この尾長専用ハリは軸が普通のハリより長い為、飲まれにくいという利点があります。
ハリのサイズも7号~13号くらいまであり、大型狙い一本の場合は10号以上を使いましょう。小型も釣りたいといって、ハリを小型にすると『大型に飲まれて切られた!』などと後悔することもあります。

防波堤での仕掛け

外洋に面した防波堤や、外洋に近い防波堤にもメジナ(グレ)は住みついています。
サイズはコッパと呼ばれる手のひらサイズから、40cmオーバーが釣れたりします。
一般的には手のひらから25cmクラスが多いので、タックルも磯に比べると一回り小さくなります。釣り方は磯と同じフカセ釣りです。
タックルは、磯竿は5m強の1号クラス、道糸1.5号、ハリス1.5号でウキやハリは一般的な磯釣りのものを使用します。
これ以上仕掛けを落とすと、たまに釣れる40cm級をバラすことになります。
小型ばかりとはいえ、後悔しないためにも細すぎる仕掛けはやめましょう。

サーフから狙う仕掛け

誰もが驚くサーフからのメジナ(グレ)釣りです。
簡単に言うと、ライトカゴ釣りと言う投げ釣りです。
この釣りには二つの条件があります。
一つ目はゴロタ石に岩礁が点在するサーフであることです。
二つ目は投入地点の水深が3m以上あることです。
この条件が揃えば、すべてのサーフがポイントとなります。
釣り人がやっていないポイントだけに、初心なメジナ(グレ)がいれば即食らいつきます。
それでは仕掛けの説明をしましょう。

サーフからのライトカゴ仕掛け

遠投が必要な釣りですのでタックルはクロメジナ(尾長グレ)釣りのような強いタックルが求められます。
磯竿は2.5号から3号クラスを使います。
リールはスピニングリールの3000番クラスで、道糸にはPEの0.6~0.8号です。
何故PEかというと、ラインが細い為、遠投に向いているという利点があります。
PEの先にリーダーをナイロンの4号で1mほどとります。リーダーは投げる時にクッション代わりにします。
ハリスは2号で3mとり、ハリは5~6号です。
ウキはライトカゴ用のロケットタイプです。このウキは抵抗が少なく良く飛びます。オモリ浮力は0.8号から1号くらいで、オモリは5Bクラスを使います。
カゴは小型のナイロンカゴを使います。

ライトカゴ釣りの応用編

ライトカゴ釣りはサーフだけではありません。
何処にでも水深のない短い堤防があったりします。底が見えて誰も釣りをしないような堤防です。
ライトカゴ釣りではここもポイントとなります。
また堤防近くの浅い地磯もそうです。手前は浅いですが遠投すれば立派なポイントとなります。
このようにライトカゴ釣りは、ポイントが無限に広がる釣りです。
こんな場所を攻める釣りなので、メジナ(グレ)がハリ掛かりすると一気に巻き上げないと、岩場に擦れてバラしてしまいます。これだけが注意点です。

船から狙う仕掛け

メジナ(グレ)は船釣りでも狙えます。主に外洋に面した大きな湾内での掛かり釣りです。

船釣りの仕掛け

船釣りであっても、メジナ(グレ)釣りはフカセ釣りです。
地磯や離れ磯から狙えない沖合の沈み磯周辺に船をかけ、撒き餌を打ちながら釣ります。
つまり仕掛けは一般的な磯釣りと同じです。撒き餌と刺し餌の同調です。
船での掛かり釣りをやっている地域は少ないですが、釣れる確率が高い為マニアには人気の釣りです。
また、船からの吹き流し仕掛けの外道にも食ってきます。吹き流し仕掛けはハリスが長い事を考えると、いかに刺し餌を自然に流すことが大事であるかが良くわかりますね。
そして船釣りでの注意点はただ一つ、船酔いする人は無理です!

まとめ

手軽な防波堤から本格的な磯釣りまで幅広く狙えるメジナ(グレ)釣りの仕掛け編はいかがでしたか。釣り味よし、食べてよしのメジナ(グレ)釣りを始めるきっかけになればと思います。
またサーフからも狙えるという裏技も紹介しました。条件の合うサーフがあれば狙ってみてはいかがでしょうか。きっと新しい発見があるはずです。

関連記事