FishMasterのロゴ

mondo

クエの磯釣りを詳しく解説!最強の道具で狙う磯釣り最大の大物!

磯釣りの最大の大物といえばクエです。磯釣りで狙うクエは離島がポイントと思われがちですが、沿岸海域でも狙えば釣れる魚です。道具も装備も桁外れに大きい、クエの磯釣りについて解説していきましょう。

磯釣り最大の大物!クエの磯釣り!

出典:visualhunt

磯釣り最大のターゲットとして君臨するのがクエ釣りです。磯から釣れるクエは60cmクラスから1m30cmクラスまでと巨大です。日本記録は1m60cm超えで重量は65kもあります。そんなクエの磯釣りは、折れないロッド、切れない糸、そして人間の力の限界を助ける色々な道具と、普通の磯釣りからは想像できないくらい大がかりです。ハリ掛かりすると、底さえ切れば取れると言われるクエですが、その底を切るために考えられたアイテムや釣り方が多くあります。そおして近年ロックフィッシュという、磯からルアーで根魚を狙う釣りも浸透してきました。この釣りの延長がクエ狙いのハードロックフィッシュです。またクエは一生のうちに何度も食べれる魚ではありません。食べて最高、釣って最高のクエ釣りについて紹介していきたいと思います。

磯釣りでクエを釣る方法

出典:photo-ac

クエの釣り方には2種類あります。昔ながらの極太仕掛けで、エサにアジやイカなどの魚を使用して行う釣りと、近年流行のルアーを使ったハードロックフィッシュという釣り方です。極太仕掛けは一発大物、ハードロックフィッシュは外道も含め小型から中型主体の釣りとなります。それでは順に解説していきましょう。

魚をエサにする釣り方

夜行性のクエは基本は夜釣りで狙います。磯の割れ目や穴の中などに身をひそめるクエが夜になると、エサを求めて動き出します。そのクエを底釣りで狙うわけです。超大物のクエを呼び込むには多くの撒きエサも必要です。刺しエサと同じ魚を撒きエサにしましょう。そしてピトンをしっかり打ち込み、竿尻を、磯に打ち込んだアンカーに固定します。ハリ掛かりしたら、固定された竿の反発力を利用して、道糸を手で引っ張りながらリールを巻き、底を切ります。夜の海の静けさの中に突然訪れるアタリと豪快なやり取りが最大の魅力です。

活魚をエサにする釣り方

離島で考えられた昼間出も狙える釣り方です。磯上がり前や、磯上がり後、エサにする小魚を釣ります。ムロアジや小型のイスズミ、その他生きていれば何でも構いません。釣れた小魚を大きなクエバリで背中に引っ掛け捨てオモリ仕掛けで投げ込みます。ピトンやその他の装備は夜釣りと同じですが、活きエサの場合はクエがエサを丸呑みするためアタリは一気に訪れます。この釣りは近場の沿岸でも活エサさえ確保できれば可能で、狙う釣り人が非常に少ない為、大いにチャンスがある釣りです。

ルアーを使った釣り方

磯釣りではクエもルアーで狙えます。大物狙いのロックフィッシュはハードロックフィッシュと言われ、7フィート以上の長めのロッドにワームを使った釣りになります。根掛かりとの戦いとなりますが、大小織り交ぜアタリは多いので楽しめます。ターゲットは50cmオーバーです。超大型は持込めませんが、攻撃的な釣りができます。

全てがケタはずれ!クエの磯釣りのタックル

出典:photo-ac

クエの磯釣りでは、エサ釣りの超大物狙いと、ルアーを使ったハードロックフィッシングでは異なったタックルが必要となります。順に解説していきましょう。

エサ釣りで使用するロッド

ダイワ(Daiwa)磯竿ベイト幻覇王別誂クエH483釣り竿

クエ専用に開発されたダイワの超大物ロッドです。

Amazonで詳細を見る

がまかつがまくえグレートインパルス60号4.8m

日本記録も狙える最強ロッドです。

Amazonで詳細を見る

餌釣りでクエを狙う場合のロッドはやや長めの5m前後で、反発力の非常に強いものが必要となります。メーカーからはクエ専用ロッドとして出されています。自重は非常に重いですが、竿を持つのは仕掛けの投入時と巻き上げ時だけです。磯にセットして、竿の反発力でクエとやり取りし、巻き上げる為のロッドです。良くイシダイ竿で狙う人を見かけますが、釣り上げることが出来ても80cmクラスまでですね。大物は最初の一撃をイシダイ竿では底を切れないのです。このように他のロッドでは代用できないのがクエのエサ釣りです。魚、活魚のエサともこの類のロッドがお勧めです。

ハードロックフィッシュ用ロッド

メジャークラフトロックフィッシュロッドベイトN-ONEハードロックフィッシュ(根魚)NSL-882EXH/B釣り竿

かなりの大物でも対応できる強靭なロッドです。

Amazonで詳細を見る

シマノ(SHIMANO)ロッドロックフィッシュハードロッカーB76H

シマノのハードロックフィッシュ専用ロッドのHタイプです。大物にも対応可能です。

Amazonで詳細を見る

ライトタックルが主体のルアーフィッシングですが、対象がクエとなると、ハードロックフィッシュ専用ロッドでも硬めのツヨイロッドが望まれます。8フィート前後のPEライン3号適用が望ましいです。エサ釣りのような超大物は望めなくても、60cmオーバーの大物は取り込みたいですよね!

エサ釣り用リール

シマノ(SHIMANO)ベイトリールティアグラ50WLRSA右ハンドル

道糸100号まで巻ける大型両軸リールです。トローリング用ですので力はあります。

Amazonで詳細を見る

エサ釣りでのクエ釣りは大型の両軸リールを使用します。目安としてナイロン道糸最大100号が100m位巻けるリールが必要です。クエ釣り専用リールは少なく、トローリング用リールが良く使われています。固定して道糸を引っ張ってから巻くので、重量のある大型でも支障はありません。

ハードロックフィッシュ用リール

シマノリール17アルテグラC3000HG

PE3号が150m巻けるハードロックフィッシュに最適のリールです。

Amazonで詳細を見る

シマノ(SHIMANO)スピニングリール15ストラディックC3000

同じ3000番でも強固な仕様のリールです。

Amazonで詳細を見る

ハードロックフィッシュではスピニングリールがお勧めです。PEラインの最大3号を使うため150m以上巻けるリールが最適となります。3000番が適していますが、メーカーによっては糸巻量を減らしているリールもあるので注意してください。ハードロックフィッシュのトラブルの最大は根掛かりです。PEの高切れで釣り不可能にならぬよう、糸巻量は十分に!

エサ釣り用道糸

サンライン(SUNLINE)ナイロンラインクインスター500m70号ミストグレー

エサ釣りに使うナイロンライン70号です。500m巻のお徳用です。

Amazonで詳細を見る

エサ釣りで使う道糸はナイロンの70号~80号を使用します。こんなに大きいの?と驚くかもしれませんが、エサ釣りで釣れる超大物のサイズを考えれば、これくらいは必要です。またハリ掛かりした時、手袋をはめた手で手繰り寄せるにも、大きい方がやりやすいですね!

エサ釣り用ハリスワイヤー

ゴーセン(GOSEN)ハリス石鯛巧舎アラ用ワイヤーコゲ茶10m32/19号IWN-40IWN403219

クエ釣りに使う、ハリスワイヤー32番です。クエ専用です。

Amazonで詳細を見る

エサ釣りで使うハリスは強力なワイヤーハリスを使います。サイズも32番と太く丈夫です。クエをアタリから一気に底を切るための重要な役割をします。絶対に細仕掛けではダメです。

ハードロックフィッシュ用道糸

クレハ(KUREHA)PEラインシーガーPEX8300m3.0号48lb(21.8㎏)5色分け

ハードロックフィッシュ用にはPEラインの3号が適しています。強度21.8kgと強力です。

Amazonで詳細を見る

ハードロックフィッシュに使用する道糸はPEラインの3号が適しています。根掛かりの多い釣りとなるため、PEラインの高切れを防ぐ意味で、リーダーにナイロンラインの10号前後を必ず付けてください。1号~2号のPEラインを使用する人もいますが、あくまでも狙いをクエに定めた時は3号が必要です。

磯釣りでクエを釣る仕掛け

出典:photo-ac

磯釣りで狙うクエ釣りにはエサ釣りとルアー釣りの2種類があります。同じ道具で両方の釣りは出来ません。それぞれの仕掛けについて解説していきましょう。

エサ釣りの仕掛けはこれ!

エサ釣りの場合は、超太仕掛けとなります。70号~80号のナイロンの道糸に大型サルカンを付け、瀬ズレワイヤー32番を2mほど付けます。そして大型三又サルカンを付け、片方にハリスワーヤー32番を1m前後とりクエバリ35号クラスを付けます。もう片方にはナイロンライン10号を1m~1.5mとり30号~50号のオモリを付けます。つまりイシダイ釣りの捨てオモリ仕掛けの大型版です。根掛かり時、70号~80号の道糸は人間の力で切るのは至難の業です。その為オモリが根掛かりしたら、オモリだけ失うように、10号ラインを付けるのです。この仕掛けで、通常の魚のエサ、活魚のエサ釣り両方使えます。

ハードロックフィッシュの仕掛けはこれ!

ハードロックフィッシュでのクエ釣りは、メインのルアーはワームを使います。ジグはダメなの?と思う人がいますが、岩の割れ目や穴に潜むクエはジグのアクションにはなかなか乗って来ません。ワームを海溝に落とし込みアタリを待つ釣りがメインとなります。3号のPEラインにナイロンの10号前後のリーダーを1m~1.5mとります。その先にワームを付けるシンカーを付けたオフセットフッグ仕掛けがメインとなりますが、大物がハリ掛かりした場合を考えると、クエバリの25号クラスや、イシダイバリの20号クラスを使用し、中通しオモリでオーソドックスなぶっこみスタイルが万全といえます。根掛かりとの戦いとなるので、仕掛けの予備は十分に持っておきましょう。

エサ釣りの特殊な竿受け

昌栄クエ・アラ用竿受一本足NO.512-3

アンカーボルトで打ちこむ、1本タイプです。

Amazonで詳細を見る

昌栄NEW海覇VerIIアンカーボルト用NO.410-1

アンカーボルトで打ちこむ一般的なタイプです。

Amazonで詳細を見る

クエ釣り用のピトンはイシダイ用と違い、磯にアンカーボルトで打ち込みます。竿受けをがっちり固定して、竿受けにロッド刺したまま、クエとやり取りするからです。ロッドの弾力と反発力を利用して、手で道糸を手繰ってリールで巻きます。その為、竿受けは絶対必需品となります。

エサ釣り用ギャフ

64チタン大型ギャフ ウルトラライト185g

大型のクエはギャフで引き揚げます。

Amazonで詳細を見る

大型のクエが水面に浮いたら度肝を抜かれます。でも固定した竿の為、一人でもワイヤーを掴んで引きずり上げることも可能です。しかし、波打ち際での安全性を考えるとギャフが一番です。大きな口のカンヌキに引っ掛ければ完璧です。お持ちの玉網の先を変えるだけでギャフに早変わり!

クエ釣りのエサ

出典:visualhunt

エサ釣りは何がいい!

エサ釣りで一般的に使われるのは冷凍サバです。理由は一番手に入れやすいからです。15キロ入りのトロ箱などで凍結されています。価格も安価で、刺しエサ、撒きエサ共にもってこいのエサです。撒きエサは包丁でぶつ切りにして撒きます。刺しエサは口から針を通し、エラに抜き、再び胴体に刺します。簡単にいうと縫い刺しです。海中でサバはまっすぐに漂うようにするのです。
活魚の場合は現地で調達できるものであれば、何でも構いません。活きたまま、背中にクエバリを刺し、投入します。背中に刺す理由は針が外れにくく、魚が弱りにくい場所であること、そして魚が一番泳ぎやすい場所なのです。

ハードロックフィッシュのワームは何がいい?

クエは雑食性です。フィッシュ系、イカ系、クロー系であればOKです。ただ目立ちやすくさせる為、大型のものにしましょう。クエは口が大きいから大丈夫です。

クエの磯釣りのポイントについて

出典:photo-ac

クエの磯釣りポイントは、水深があり、比較的穏やかな外洋で、潮の流れもあまり速くない場所が適しています。エサ釣りの場合は装備が多い為、必ず渡船を利用した磯で釣りましょう。重い荷物を少しでも持つ時間を減らすためです。ハードロックフィッシュの場合は軽い装備の為地磯でも可能ですが、同じように水深のある、穏やかな場所を狙いましょう。
水深は最低10mは必要です。浅く底の見えている場所は避け他方が無難です。渡船を利用する場合は船頭さんが情報を持っていますので、必ず船頭さんに聞きましょう。どんなデータより確かです。

あると便利な道具

出典:photo-ac

クエの磯釣りには大掛かりな装備が必要です。必需品ではないですが、あると便利なモノが色々あります。順に解説しましょう。

麻袋(ドンゴロス)

麻袋(ドンゴロス)は磯の上に敷くと滑り止めになり、安全対策が出来ます。そして夏場以外は釣ったクエを〆てから海水で濡らした麻袋に入れ置いておくと、クーラーの代わりになり魚の鮮度保持が出来ます。なにせ大きいクエです。巨大なクーラーを持ち運ぶのは大変ですね!

エアーポンプ

ハピソン(Hapyson)乾電池式エアーポンプYH-708B

エサ用に釣った魚を活かすのに最適な備品です。

Amazonで詳細を見る

活エサを使う場合の必需品ですが、冷凍エサを使う場合でも、合間に小魚を狙って釣った時の保管に役立ちます。バッカンに海水を入れ、エアーポンプをエアーを送るだけで元気なまま活きています。

ラインカッター

ダイワ(Daiwa)ラインカッターリターン

極太ラインを、海底近くでカットする道具です。

Amazonで詳細を見る

エサ釣りの道糸は70号80号という極太です。道糸が根掛かりすると切断するのは至難の業です、こんな時、ラインカッターを使えば、サルカン付近で道糸をカットすることが出来ます。使ってみると意外に便利ですよ!

クエ磯釣りで釣れる魚たち

出典:visualhunt

クエ釣りで釣れる外道は厄介者のウツボを除くと結構高級魚ばかり釣れます。そんな代表的な外道を紹介していきましょう。

ウツボ

エサ釣りでは必ずといっていいほど釣れる外道です。虎模様のウツボは開いて小骨を除去すると。タタキや唐揚げでとても美味しいですが、かなりの手間がかかります。ウツボはハリ掛かりするとワイヤーに巻き付きハリスをダメにします。ハリを外そうとすると噛まれる危険性があるので針を付けたまま処理しましょう。

アカハタ

エサ釣り、ルアー釣りで釣れる外道です。クエと同じハタ科の高級魚です。あまり大きくなりませんが、釣れるとうれしい魚です。

キジハタ

アコウとも呼ばれ、ルアーで良く釣れます。高級魚で、食味も最高です。60cmほどになり、ルアーで狙う中では大型魚です。

まとめ

出典:visualhunt

磯釣りで狙うクエ釣りはいかがでしたか。万全の装備で狙う超大型クエ釣りと、ライトタックルのハードロックフィッシュ!どちらも同じクエ釣りです。自分の好みのスタイルに合わせて狙うといいでしょう。エサ釣りで狙うクエ釣りは近年、装備の多さから釣り人の人口は減少の一途です。その分釣れる確率は上がっています。一発大物!夢のあるクエ釣り!あなたも始めてみませんか!

関連記事