FishMasterのロゴ

deepdiver

海の赤い宝石"アカムツ"!近年人気のスロージギングで仕留めよう!

アカムツは最近テレビ等でノドグロの名で伝えられている高級ターゲットの一つです。実はスロージギングで釣ることが可能なんです!中深海の釣りはアカムツの他にも魅力的なターゲットがいっぱい。今回はそんなアカムツ釣りについて解説します。

スロージギングで狙うアカムツについて

アカムツは水深200m前後に生息している魚です。非常に美味であり、釣りターゲットとして人気があります。近年流行している中深海でのスロージギングで狙えるターゲットであり、状況によっては餌より釣れる場合も。中深海入門にも向いている釣って楽しい食べておいしいターゲットになります。
余談になりますが、中深海のターゲット達はどれも美味しく脂のノリが良い魚が多いんです。釣る楽しみと食べる楽しみ両方味わえますよ。

スロージギングでアカムツを釣る基本的なイメージ

アカムツは深場の砂泥地を生息域としています。餌でもジグでも基本は底の釣り。まずは10mまでを意識して釣りをします。バイトが多いのは2mまでですが、10mまで上げる事によって集魚効果を狙います。また他のターゲット、特にムツ類はアカムツよりも少し上にいるため10mまで上げれば色々な魚がターゲットになります。アカムツのみ狙う場合は5m位でOKです。

スロージャークについて

アカムツは素早く動き捕食するタイプの魚ではありません。魚にバイトチャンスを与える意味でもゆっくり目にロッドアクションを入れて下さい。またその際のリトリーブは最大で1回転、基本は1/2回転程度に抑えて下さい。上記のアクションをアカムツのみなら5m以内で繰り返す釣りになります。

フォールアクションについて

スロージギングの場合はフォールアクションも重要。と言ってもそんなに難しい事は無く、ジグの特性を利用してアクションを演出してあげればOKです。ジグの種類に関しては道具の項にまとめてあります。
フォールと言ってもクラッチを切ってのフォールでは無く、ロッドを煽りジグを自走させた後のフォールをイメージしてください。ロッドを煽った後、元の位置に戻しますが、この間にジグはフォールします。この次動作に移るまでのフォール時間を長くとり、また、フリーフォールで行うか、テンションを掛けながら落とし込むか、で魚にアピールします。まずは難しい事は考えず、ロッドを煽ったらスッとジグを落としてみましょう。その間ジグがフォールしながらアピールしていることをイメージしてみて下さいね。

ボトムノックについて

どうしてもアカムツを釣りたい時に試してみて下さい。ボトムから1~2mを探る方法です。ロッドをジグが1m位浮く程度に煽り、元の位置に戻すと着底する感じで操作してみて下さい。低活性時のアカムツに有効ですが、他の魚が釣れる機会を逸してしまいます。また、カサゴ類のバイトも多くなるので、諸刃の剣的な釣法です。

中深海のスロージギングタックル

ここではスロージギングでアカムツを釣るタックルについて解説します。ジギングタックルがあれば、流用する事が出来ます。9割以上の方がベイトタックルを使用しており、比較的柔らかめの番手を使用しています。最近はミドルクラスやエントリークラスの価格帯で良いものがあるので、中途半端に流用するよりも揃えてしまった方がしっくりくるかもしれません。

スロージギング専用ロッドを!

スロージギング(スローピッチ)専用品がベスト。地域によって狙う水深が違いますが、200m前後が基本になります。およそ2~4番当たりのロッドが適合しますが、メーカによって固さ表記が違うので、自分が使う海域に合わせて選択してみて下さい。
スロージギングの場合、水深やジグの重さでロッドを変える事が一般的です。余裕があれば、パワーの違うロッドを2~3タックル揃えておくと釣りの幅が広がります。またその場合は同じシリーズで揃えておいた方が、ロッドの癖等掴みやすいですよ。

おすすめロッド

シマノ(SHIMANO)ジギングロッドオシアジガー∞(インフィニティ)モーティブB610-3

全長(m):2.08
継数(本):2
仕舞寸法(cm):161.2
自重(g):130
先径/元径(mm):2.0/10.3
適合ジグウエイト(g):130~300
適合ライン PE(号):MAX 2.5

Amazonで詳細を見る

ジギングリールを選んでみよう!

リールはジギング用ベイトリールを選択してください。必要なラインはPE1.2号が600m程。(ラインに関しては後述してあります)それほど走る魚ではありませんが、中深海を攻めるという事でラインストックが多い中型~大型リールが必要になります。200mまでなら中型、300mを攻めるようなら大型クラスを準備してください。ギア比はハイギアが主流です。理由は巻き取り量が多いから。ただ、トルクのあるローギアの方が300m以上を攻める場合はジグの回収が楽です。自分の釣りに行く海域でどこまで攻めるのか?を調べて最適なものを選びましょう。

おすすめリール

シマノ(SHIMANO)ベイトリールジギング17オシアジガー1500HG右ハンドル

ギア比:6.4
最大ドラグ力(kg):7.0
自重(g):405
スプール寸法(径mm/幅mm):49/25
PE糸巻量(号-m):2-500、2.5-400、3-320
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):97
スプール下巻きライン:1/3、2/3

Amazonで詳細を見る

メインラインは600m以上あると安心!

メインラインはPEの1~1.5号を600mが理想です。中深海は200~300mを攻める釣りになります。300m巻きのPEラインでも200m位なら使う事が可能ですが、高切れしてしまうともう使う事が出来ません。余裕をもって600m以上準備していると安心です。
魚自体はそれほど走らないので細糸でOK。1号以下でも良いですが、余計なトラブルを無くすために、慣れないうちは1号以上を選択してください。
また、伸びが少ないPEラインですが水深が深くなればなるなる程、無視できない伸び率になっていきます。ですので、PEラインでも低伸度加工されているものを選んでおくと当たりが取りやすく、釣果に繋がりやすいと言えます。

おすすめライン

サンライン(SUNLINE)PEラインソルティメイトジガーULT4本組600m1.5号25lb

低伸度PEライン。最初からディープエリアを視野に入れて設計されているラインなので安心して使用できます。

Amazonで詳細を見る

リーダーは信頼できる製品を!

リーダーはフロロカーボン6号~8号(22~30lb)クラスで十分です。3~4ヒロを基準に自分の扱いやすい長さを結んでください。ノットは出来るだけ頑丈なノット、PRノットやニューSFノットがお勧めです。
後は好みになりますが、消耗品と割り切って安いものを買ってこまめに結び変える事も良いですが、出来れば信頼できる高耐久性の物を選ぶと釣果に差が出る場合があります。中深海では頻繁に回収してラインチェックは出来ません。また歯の鋭い魚も多いのでラインに傷が入りやすいです。ある程度の耐久力を持ったリーダーなら小傷程度は問題ないので、本命が掛かった場合でも釣り上げる事が出来ます。

おすすめリーダー

クレハ(KUREHA)リーダーシーガープレミアムマックスショックリーダー30m26.5lb6号

しなやかで強靭なショックリーダー。

Amazonで詳細を見る

ジグ選びは奥が深くて面白い!

ジギングのメインアイテムとなるメタルジグ。数多くのメーカーから途方もない種類のジグが販売されており、スロージギング用だけでも多岐にわたります。いったい何を選んだらよいのか迷ってしまいますよね。ここでは中深海で使えるジグ選びの基本について解説していきます。

ジグの重さについて

ジグの重さは水深±αを基本に考えて下さい。例えば水深200mなら180~250グラムを選択します。潮の速さや状況によってしっかりとボトムを感じ取れる重さを選択してください。ジグが軽すぎるとボトムが取れないばかりかラインが流されオマツリの原因になります。ボトムがとれる範囲でシルエットやアクションの強弱を考え、ゲームを組み立てて下さい。

ジグアクションで選んでみよう

ジグには色々な特性が有り、横を向きやすいものやヒラヒラとフォールしていくもの等、ジグの数だけアクション特性が有ります。アカムツや中深海の魚がターゲットの場合、弱ったベイトが落ちてくる事を待ち構えている場合が多いので、このような状況を演出しやすいジグを選ぶと良いでしょう。色々な特性のジグを選び、その日の状況に合わせる事が釣果への近道です。

おすすめジグ

SPY-V(スパイファイブ)

ヒラヒラと落ちていく様子は、本物のベイトと見間違えるほどリアルです。

Amazonで詳細を見る

シーフロアコントロール(SFC) アークトゥフェイスピンクブルー(アルミ)

シルエットが丁度良い大きさで、集魚性があるジグ。スライドアクションで多くの魚を魅了します。

Amazonで詳細を見る

フックは魚との接点!信頼できるものを

スロージギングの場合は、上下アイにツインアシストを1セットずつ、計4つの針をセットする事が一般的です。オススメは自作する事。微調整が出来き、コストも安く仕上がります。ですが、初めての場合は、出来合いのアシストフックの方がお手軽です。出来合いの物を買う場合は必ず余裕をもった個数を購入してくださいね。サイズ的には、メーカーによって違いますが、およそ1/0~2/0で大丈夫です。

おすすめフック

がまかつ(Gamakatsu)シングルフックジギングフック近海ファイン2/0号12本68454

軽量設計により僅かな力でも鈎が散りやすく、吸い込みやすさ・フッキング率が向上。

Amazonで詳細を見る

アカムツを見つけよう!生息域について

出典:foter

アカムツは水深200m前後~300前後に生息しています。砂泥地を好み、地形変化のある場所が好ましいですが、フラットな場所でも魚は釣れます。砂泥地なので、根掛かりは少ないですが、根が絡むポイントや藻場などを攻める場合は要注意。
ボトムから5m以内でよくバイトしてきますが、場合によっては10m位は浮いている場合もあります。セオリー的にはボトムから5m以内ですが、釣れない時は10m位上げてもよいでしょう。

アカムツのスロージギングであると便利なアイテム

釣り自体はロッド、リール、ジグと小物類があれば成立しますが、あると快適に釣りが出来る道具なんかも世の中には出回っています。ロッドホルダーやジグホルダー、フィッシュグリップ等色々とありますので、1回釣りに行ってみて様子を見ながら便利そうであれば購入する事をお勧めします。

ジグホルダー

ハピソン(Hapyson)蓄光ジグホルダーYF-970JH

フックの付いたジグを入れるのに便利。蓄光機も付いている優れモノ。

Amazonで詳細を見る

ロッドホルダー

メイホウ(MEIHO)ロッドスタンドBM-300Light

ロッドホルダーが少ない船等の場合に便利。サイズが色々あるので、使うロッドが入るかチェックしてください。

Amazonで詳細を見る

アカムツのスロージギングで釣れる魚たち

中深海には色々な魚が生息しており、滅多に買えない高級魚が多いんです。嬉しい外道としてはシロムツ、クロムツ、ヒラキンメ、小キンメ、アヤメカサゴ、ユメカサゴ、スミヤキ、アラ、ドンコ、タチウオ、イカ類等。地域によっても違いがありますが外道と言うには可哀そうですね。あまり嬉しくないゲストとしては、サバ、小さいカサゴ、サメ、バラムツ等。300m以上攻める場合は、珍しい魚が釣れる場合も。上げるまでドキドキするのが中深海の魅力です。

まとめ

魅力いっぱいの中深海ジギング。アカムツ以外にも色々な魚が釣れる魅惑のジギングです。近年の人気も有り、10年前では考えられない程アイテムが充実しています。またアカムツは味が非常に良く、なかなか手に入らない魚です。この辺りもアカムツジギング人気の1つです。
皆さんも高級魚アカムツを自分で釣ってみて、その味を堪能してみて下さいね!

関連記事