FishMasterのロゴ

deepdiver

キンメダイが釣れる時期を知って美味しい高級魚をゲットしよう!

キンメダイは誰もが知っている高級魚。非常に脂がのっており、刺身や煮付け、塩焼きにしても美味しい魚です。釣りとしてはハードルの高い釣り物ですが、基本的な生態と釣れる時期を理解して高級魚に挑む準備をしておきましょう。

キンメダイの時期は一年中!狙い目の時期は春と秋

出典:visual hunt

高級魚キンメダイ。釣り人なら一回は挑戦してみたい釣り物ですね。

そんなキンメダイの釣期は意外ですが一年中釣る事が可能です。時期やタイミングにより深場へ移動したり、食いが悪くなったりしますが、魚自体は大移動したり死滅したりはしないので、ポイントへ行けばいつでも釣りをする事は可能です。

1年の中でも4~6月、10~11月はチャンスの時期。地域やその年によって差はありますが、おおよそ、春~初夏、秋のシーズンは数、型共に狙えるシーズンになります。

それではなぜこれらの時期が狙い目なのか、解説していきます!

キンメダイのおすすめ時期は春と秋!それぞれの時期の特徴を解説!

4月~6月のシーズン

春シーズンは産卵絡みで大型の期待が高まります。最大で3キロを超えるサイズも釣り上げられており、味も別格の美味しさです。またこの時期は比較的浅場に移動している場合が多く、釣る難易度が少し下がるので、チャンスシーズンとなります。
釣り人にも優しい季節なので過ごしやすく、また潮の速さも夏の早い潮が入る前なら釣りもしやすいのでお勧めです。

9月~11月のシーズン

9月~11月の秋シーズンも釣果の出やすいチャンスシーズンです。この時期は比較的浅場で群れており、活発に餌を追い求める為、小型~中型クラスの反応が良いです。
夏の潮も落ち着いて来るころで、天候的にも釣りをしやすいシーズンです。初めて挑戦するのであれば、この時期をお勧めします。

トップシーズンのキンメダイの魅力

トップシーズンの魅力は何といっても高級魚を自分で釣って手に入れられる事。ブランドキンメであれば、1キロ8000円以上する魚が、調子が良い時は20~30匹釣れる事も。(餌釣りの場合)
食味も最高で、刺身はもちろんですが煮付け、塩焼き、しゃぶしゃぶなど何に調理しても美味しい魚です。
釣り自体は非常にテクニカルで道具立ても高価なタックルが必要ですが、それに見合うだけの十分な価値のある魚です。

キンメダイの生態について

出典:visual hunt

キンメダイは幼魚の場合は水深100m~300m位に生息し大型の成魚は300m~800m位の水深に生息しています。食性は雑食でハダカイワシやエビ類イカ類などを捕食。比較的温暖な海域を好み、小型や類似種であれば沿岸でも釣る事が可能です。大型は限られたポイントでしか釣れず、どのポイントも潮が早く、険しい根がある場所なので釣るためにはハードルが高めです。
ボトム付近で餌が落ちてくる様子を見ている場合も多く、大きく発達している胸びれでホバリングするように泳ぐ姿はカワハギを連想するとイメージしやすいです。

水深によるキンメダイ釣りの変化

出典:visual hunt

キンメダイの釣りはシーズンではあまり変化しません。2キロを超えるような大型狙いの場合はディープレンジを狙う事もあって、タックル自体は変わらず1年通して同じものを使用します。
それよりも、浅場(200m~300m)を狙うか、深場(300m~800m)を狙うかで大幅にタックルは変わってきます。浅場の場合はアカムツや底物五目で使う中深海のタックルで良く、深場の場合は、深海専用のあまり流用幅の無い専用タックルが必要です。

浅場(200m~300m)の場合

この場合は餌、ルアー共に中深海のタックルが流用できます。アカムツ釣りの外道などで釣れる場合も。小型ではありますが、餌やルアーへの反応も良いので比較的簡単に数を釣り上げる事が可能です。まずはこのサイズからチャレンジしてみると感覚が掴めて良いかもしれません。

深場(300m~800m)の場合

大型のキンメダイを狙う場合は釣れる海域が限定される上に、近海ではない場所が多いのでマニアックな釣りになっています。タックル自体もライトキンメとは大幅に変わり、深海釣り専用品を用意する必要があります。初めて狙うのであれば経験者や釣具店の協力を得て、万全な準備をして臨んでください。

色々な要素によるキンメダイ釣りの変化

深場の釣りはシーズンよりも、潮の速さや群れの移動により釣り方や釣期が変わってしまう要素が大きいです。300メートルで釣れる場合は多少潮が早くても大丈夫ですが、群れが800m位に移動してしまったり、潮の速さが3ノット以上で2~3枚潮の場合は釣りになりません。
また、マニアックな釣りの為人数が集まらなく出船できない場合や、逆に定員も8~10人なので都合の良い日が満船である事も多く、冬場は海が荒れて出船できない事も多々あります。
このあたりもキンメダイを釣る重要な要素になっているので、釣りを経験しながら覚えていきましょう。

まとめ

出典:foter

キンメダイは魅力のターゲットですが釣りとしては難易度が高め。しかし近年のタックルが高性能化しているおかげで浅場であれば、深場の釣り入門に最適な釣りとなっています。
また、キンメダイ釣りの外道として釣れる魚はどれも美味しい高級魚ばかりです。ぜひ貴重な魚を自分の手で釣り上げてみて下さい!

関連記事