FishMasterのロゴ

ahiruahiru

投げ釣りの人気者!カレイを釣る為のおすすめポイントについて解説!

シロギス、マダイと並んで投げ釣りではお馴染みのカレイ。しかし初心者の方や実は苦手としている釣り人の方も多いのではないでしょうか。今回は投げ釣りの基本ターゲットであるカレイの釣れるポイントについて解説!初心者脱却の為に是非参考にして下さい。

まずはカレイの基本を押さえよう!

記事387の画像26054

出典:visual hunt

ヒラメ等の類似種も多いですが、今回解説するカレイは、カレイ目カレイに属する魚です。
投げ釣りではシロギス、マダイと並んで有名で人気のターゲットですよね。
普段は海底の砂や泥の中に擬態して潜んでいます。体表に散らばっている色素細胞を操り、周りの砂や泥同じ様な模様に変化させる事が可能です。こうする事によって外敵から身を守ったり、餌を上手く取ったりする事ができるのです。
日本では『マコガレイ』と『イシガレイ』の2種類が最もポピュラーな種となっています。
『マコガレイ』は北海道の南部から九州の沿岸部周辺に分布し、黒や茶褐色の体色をしています。
『イシガレイ』は日本海側と、太平洋側の北海道中部から大分県の沿岸部に主に生息しています。マコガレイと同じような体色をしていますが、目がある体面の方に白い石のような模様があります。
この白い石のような模様は『石状骨質版』と呼ばれており、2種のカレイの見分けはこの模様の有無で行います。

カレイは何処に住み、いつ頃活発に活動するのか

カレイの釣りシーズンは11~4月晩秋から冬にかけての寒いシーズンです。
この時期にカレイは産卵の為に岸の近くへ回遊してくるので、投げ釣りでの釣りが盛んになります。
カレイはその上記の習性から、海底の砂や泥に擬態するので、海底が砂泥地の場所を好んで生活しています。適度に岩礁等の根(シモリ)があった方が好ましいですが、あまりに砂や泥の少ない岩礁地帯等、擬態が困難な場所ではあまり見られません。
又、単独では無く、基本的には一か所に集まって生息しています。
投げ釣りで遠目を狙うのが一般的ですが、ちょい投げ釣りで浅瀬を狙い釣れる事も多いので、浅瀬の方にも生息している事もあります。特に産卵期である乗っ込みの時期に多いです。

これで完全攻略!カレイをしっかり狙えるポイントについて

記事387の画像26055

出典:visual hunt

船での沖釣りで狙う事もありますが、ほどんどの場合は投げ釣りでのターゲットとなるので、今回は投げ釣りで狙う際のポイントを中心に解説していきます。
先述した生態を元に、カレイを釣る時は海底が砂泥があり、尚且つ適度なシモリや障害物のある場所を狙いましょう。
カレイはほとんど移動する事が無い為、竿で誘ったりするよりは何本か竿を準備して周辺を満遍なく索敵した方が効率が良いです。
又、カレイの産卵場所は毎年決まっている傾向があります。よってカレイの釣果の実績のが良い所があれば、そこを狙った方が良い成果を得られるはずです。
以下ではおすすめの場所を解説していきます。

ポイント1.堤防の先やカーブしている場所

記事387の画像26057

出典:visual hunt

カレイも他の魚と同じく、潮通りの良い場所では活性が上がり餌への食いつきが良くなってきます。ですので堤防からの投げ釣りであれば、潮の流れの良い堤防の先端部分やカーブ、直角を描いている箇所が良いでしょう。そこは潮の流れが複雑になり、海底で流れの変化が起こり易いです。又、堤防であれば、船の出入りの為に掘られたミオ筋と呼ばれる箇所も潮通りが良いので、積極的に狙っていきましょう。
特にカレイは潮の変わり目になると活性が上がり、餌への食いつきが更に良くなる傾向が見られます。潮の満ち引きや波の流れの変化が起こった時は、しっかりアタリを見逃さない様にしましょう。

ポイント2.外洋が近くにある一文字波止場・防波堤の内側

記事387の画像26196

出典:visual hunt

波があまりに高い海域だと、カレイはその場所に居つくことができません。ですので外洋に面した沿岸だと、一文字波止場や防波堤近くへ移動しそこに居つくことが多くなります。特に真冬の海が荒れやすい時期になるとこの特性が顕著に出てくるので、竿にかかる事が多くなります。
特にイシガレイが釣れやすくなっています。

ポイント3.湾口のカケアガリ部分

記事387の画像26056

出典:visual hunt

内湾の入り口、湾口の部分が基本的に潮通りが良いので、カレイを釣るのであれば絶好のポイントとなります。特に岬の先端、海辺の出っ張り、湾口の波止場、シモリの周り等は潮通りが良くなっているので、積極的に狙っていきましょう。他にも潮の変わり目の時にここは狙いどころで、特に干潮から海面が上がってくる時に、湾内への潮の満ち込みがとても良くなります。よってカレイの活性も上がってきます。
そして、もし湾口近くの海底にカケアガリがあればなおの事好条件です。
カケアガリは潮の流れが良くなるだけではなく、カレイの居所としても居る確率が高くなっています。何故ならカレイはこの様な海底の傾斜の部分に居ついている事が多いからです。よってカケアガリは特に好ポイントとなります。
このような場所では特にマコガレイが狙い目となっています。

ポイント4.湾奥も狙い目

記事387の画像26197

出典:visual hunt

湾口だけでなく、湾の奥の波があまり立たない場所も密かなおすすめポイントです。
特に12月前後の乗っ込みの時期になると、浅場へと更にカレイが寄ってくるため、極端な時は水深が1メートルの箇所で釣れる事もあります。
シモリの部分、テトラ帯、藻場、海底のカケアガリなどを見逃さない様にしましょう。

ポイント5.河口や港内などもおすすめ

記事387の画像26058

出典:visual hunt

先述の通り、カレイは海が大きく荒れると湾内など波が穏やかな場所へ逃げ込む事が多いので、外海の海が荒れている時は波の穏やかな河口や港内を狙ってみるのも面白いでしょう。
河口は波は穏やかでも潮の流れが比較的早いです。特に波止場や砂州等の影響で流れが曲がったりうねる事が多くなる為、かなり潮通りが良くなっています。又、河口近くは餌が豊富にある為カレイにとっては意外と好ポイントとなっているのです。
港内も大型は少ないですが、小~中型はちょくちょく侵入してくる事があるので一度狙ってみましょう。

まとめ

カレイは砂泥底を好み、シモリやカケアガリに集まる習性があります。そうして餌が豊富な場所で腰を据えて待ちながら外敵から身を守っているのです。よって狙う時はそのポイントを押さえて下さい。
よりこだわって狙うのであれば、より潮通りの良い場所、より餌が集まる場所を探しましょう。集団で生活しているので、一度かかったのであればじっくりその場所で勝負して下さい。
今回解説した事を踏まえて、投げ釣りの人気ターゲットであるカレイをバッチリ攻略してみましょう。

関連記事