FishMasterのロゴ

ryohei458

今シーズンのブラックバス釣りは?オールシーズンのバス釣り徹底解説

今回はブラックバス釣りのシーズンについてお伝えしていきます。基本的に一年中釣ることのできる魚ですが、一年中同じ釣りをするだけではよい釣果を上げ続けるのは厳しいです。今回はシーズンごとにおすすめの釣り方を解説していきます!

当サイトおすすめ!
★ バスロッド人気ランキング ★

アブガルシア スピニング バスビート2 BBS-622UL II

Amazonで詳細を見る

シマノ ベイト 17 エクスプライド バス 1610M-2

Amazonで詳細を見る

ダイワ スピニング ハートランド 701ULF/RS-ST16 【冴掛 Midge direction ST】

Amazonで詳細を見る

バスのトップシーズンは?【釣果なら夏/秋、サイズなら春/冬】

バス釣りにおいてのトップシーズンは数を多く釣りやすいという意味だと夏と秋です。逆に一日に何本も釣りにくいですが大きなバスを釣りやすいのは冬と春です。人で賑わうという意味では春から秋ごろまでです。
つまり、一年を通してずっとトップシーズンといえるかもしれません。

ブラックバスが夏/秋に多く釣れる理由は水温にあり

釣りやすいシーズンがなぜ夏と秋かといいますと、まず夏については、朝は水温の冷たい上流や流れ込み、昼になり日が昇ってくると木の下の影や水温の一定になる底などバスの居るであろうポイントが絞りやすくなるからです。
秋はある程度動きやすい温度になるため広範囲に散らばりますが手返しの良い巻きの釣り(クランクベイトやスピナーベイトなどがあります)で数が釣りやすいです。

冬と春にブラックバスのサイズが大きくなるのはなぜ?

次に大きなバスが釣りやすい冬と春は、気温低下によってバスが動きにくくなります。小さなバスは動きにくくなることによりエネルギーの消費が少なくなる為あまり餌を食べなくてもよいのですが大きなバスは大きいなりに小さいバスより多くのエネルギーを消費しますので小さなバスに比べ多くの大きなバスが常に餌を探していることになります。

最後の人で賑わうのは春から秋というのは温度が低気温から高気温になるにつれ釣りがしやすい温度になるので多くの人で賑わいます。

一年中釣れるのがブラックバスの魅力!

ブラックバスの魅力はやはり一年中釣れること。野池や水路、川、ダムと幅広い場所に生息しており遠くに行かなくても釣ることが可能なこと。口に入りきらないくらい大きなルアーをバイトしてきたり上がることが不可能だと思うくらい浅い場所、流れの速いところに居たりします。
エサの居る場所や低水温の場所などあれば人間の思っている斜め上の行動をすることも魅力の一つです。

1年を通じたブラックバスの生態の変動とは?

一般的なブラックバスの1シーズンのサイクルとして初春になるにつれ体力をつけるため体温を上げるために浅瀬に上がってきます。温かくなると産卵に入り、産卵を終え痩せたバスが夏ごろまで体力の回復に入ります。夏から秋までは虫や魚など食べれるものは何でも食べます。冬になるにつれ徐々に水温の安定した場所、常にエサの供給がある場所などに移っていきます。

というのがブラックバスの1シーズンのサイクルです。
この1サイクルは日本で一般的に生息しているラージマウスバスをもとにしています。琵琶湖などに生息しているフロリダマウスや野尻湖などに生息するスモールマウスバスになってくるとかなり違う場合があります。

シーズンごとのバス釣りの変化

ここでは春夏秋冬の4シーズンについてその時期に釣りやすい釣り方など解説していきます。

春のバス釣り(2月~3月ごろ)

2月~3月ごろはまだ寒いと感じますが大きなバスは動き出していることが多くあり、この時期のブラックバスは大きなルアー、ワームにバイトしてくることがたくさんあります。

ですのでおすすめなものとしてビッグベイトやアラバマリグ、10インチ~と大きなルアーを投げることをおすすめします。ですが春のバスはとても繊細ですので大きな糸鳴り、着水音を気にしたほうがいいです。

投げる場所としては、一年間を通してあまり変わりませんがエサを追い込みやすい場所となる大きな地形変化、沈んでいる岩や木の下などです。まだ浮いているバスは多くないので底をゆっくり丁寧にトレースしてあげることでバイトしてくることでしょう。

4月からは産卵が絡んでき、ネストという卵を守るバスが出てきます。このネストを釣る行為には賛否ありますのでここでは省かせていただきます。

夏のバス釣り(5月~8月ごろ)

ここでは産卵から回復する個体から夏にかけての釣り方を解説します。まず産卵から回復する個体は広範囲に散りそして体力があまりないのでゆっくりしたもので釣ることをおすすめします。

おすすめの釣り方は虫、ノーシンカー、ネコリグ、トップなどあまりスピードを出してバイトさせる線の釣りではなく一点で誘える点の釣りがメインになります。

夏になると水温、表層などを意識してきます。ですので流れ込み、影などに溜まりますので流れの強い場所にはビッグベイト、流れの緩やかな場所にはシャッドテール系など落ちてくる魚などをイメージすると良いと思います。陰には虫、フロッグ、ノーシンカーなどこれも点の釣りに近いものがおすすめです。

秋のバス釣り(9月~11月ごろ)

秋は気温が安定してき様々な場所に散っていきますのでここでは点の釣りより線の釣りがメインになってきます。
線の釣りでおすすめはスピナーベイト、シャッドテール系、ミノーなどがあります。様々な場所に散ってはいますが、釣れた場所に近い地形を攻めることがいいです。岩の周りで釣れると他のバス達も岩の周りに付いていることが多くありますのでそういうことも考えながら釣りをすると楽しさが倍増します!

11月ごろのおすすめとして近年人気になっている羽根ものといわれるルアーを使ってみるとまさかがあるかもしれません。基本的には壁に沿わせながらゆっくり引くと良いです。

冬のバス釣り(12月~1月ごろ)

冬になるとなかなか口を使わせることが難しくなるので、リアクションと言う人間でいう反射を使った釣りと物凄くゆっくりな点の釣りがメインになります。
リアクションの釣りでおすすめはバイブレーション、メタルバイブ、シャッドです。アクションは早巻き、リフト&フォールが基本になってきます。点の釣りではダウンショット、ノーシンカー、スモラバなどです。アクションはとにかくゆっくり動かすことを意識します。

難しい人はハンドルを回す手をポケットに入れたまま糸を叩くようにシェイクすると理想の動きになります。冬は当たりがかなり小さいので竿を柔らかいULなどにするとより当たりがとりやすく糸を叩くシェイクがやりやすくなります。

他釣りにはないバス釣りの奥深さ

ここまでブラックバス釣りの春夏秋冬の攻略法を解説していきました。他の釣りにはない釣り方、奥深さがあるということが伝わればよいです。

その時期、その場所のエサや地形を意識すれば必ずバスにたどり着けます。そして地域によりバスのサイクルが早かったり、遅かったりします。近くのポイントに多く通い熟知するのも良いですが遠くまで遠征をして自分に新しい経験値を増やすこともとても良いことです。

最後にバス釣りには釣りができない釣り禁止の場所が多く存在します。そこでは絶対に釣りをしないでください。以上のことを守って季節に合わせた楽しいバス釣りをしてください。

当サイトおすすめ!
★ バスロッド人気ランキング ★

アブガルシア スピニング バスビート2 BBS-622UL II

Amazonで詳細を見る

シマノ ベイト 17 エクスプライド バス 1610M-2

Amazonで詳細を見る

ダイワ スピニング ハートランド 701ULF/RS-ST16 【冴掛 Midge direction ST】

Amazonで詳細を見る

関連記事