FishMasterのロゴ

nuri

堤防での泳がせ釣りのコツって?青物や根魚を狙ってみよう!

堤防からの泳がせ釣りは、気軽に大物を狙えるとアングラーたちから人気の釣り方です。今回は泳がせ釣りで釣れる魚種と釣り方、必要なタックルや道具について幅広く解説します。これを見て大物をゲットしましょう!

堤防からの泳がせ釣りとは

出典:photo-ac

泳がせ釣りとは、アジやイワシなどの小魚を生きた状態でハリにかけ、海の中で泳がせることで小魚を捕食する大型の魚を狙う釣り方のことをいいます。堤防からでも大型の魚を釣ることができ、ジギングやルアー釣りのように常に手を動かすわけではなく、一度投げたら放置できる楽さがアングラーから人気を集めています。

堤防からの泳がせ釣りで狙える魚種

記事429の画像43655

出典:visualhunt

堤防からの泳がせ釣りでは、シーバスやヒラマサ、ハマチなどの青物から、ヒラメやマゴチなどの大型根魚まで狙うことが可能です。

外道ではサメやエイが掛かってくることが多いです。どちらも引きは強いため釣りとして楽しめるものの、釣り上げた後の処理が大変なので、なるべく掛かってほしく無いかと思います。サメやエイが釣れてしまうときは、アジやイワシが弱っていたり血を出しているときなので、付けエサを交換しましょう。

泳がせ釣りの方法

記事429の画像43663

出典:visualhunt

泳がせ釣りは、まずハリをアジやイワシの鼻の部分に貫通させます。うまくハリを通さなければ血が出たり、エサが弱ってしまいますので注意しましょう。釣り方は根魚と青物で異なります。以下で詳しく解説します。

根魚の釣り方

活きエサを付けたら仕掛けをできる限り遠くへ投げます。力が入りすぎるとエサが取れてしまう可能性があるので、力加減は非常に大事です。仕掛けが着底したら余分な糸を巻き、ドラグを緩めてロッドが持っていかれないようにします。

魚が掛かるまではロッドを置いて様子を見ます。たまにロッドを持ってみてエサがついているか確認することも重要です。竿先が良く動くようになってきたら大物が近くにいて、小魚が逃げている可能性が高いです。ドラグから糸がズルズル出ていくと釣れている合図で、すぐ竿を持ち、ドラグをしめてからフッキングします。あとは魚の動きに合わせながら引き寄せて釣り上げるだけです。

青物の釣り方

青物を狙う場合も、できる限り遠くへ仕掛けを飛ばします。中層あたりに魚を泳がせる必要があるため、ウキをつけておきましょう。着水したら少し糸をたるませた状態にしておき、ウキが沈むのを待ちます。この場合もドラグは緩めが良いです。

ウキが沈んだら竿を持ち、ドラグをしめ、しっかりと合わせます。あとは根魚の時同様、魚の動きに合わせて引き寄せて釣り上げます。青物は逃げる速度が速いため、ウキが沈んだときから合わせるまで短時間でできるよう準備しておきましょう。

堤防からの泳がせ釣りに最適なタックルとは

記事429の画像43662

出典:visualhunt

ここからは堤防からの泳がせ釣りに必要なタックルを紹介します。大物に負けない強さと、ロッドが持っていかれない工夫が必要となりますので、しっかりと知識を付けてから選定しましょう。

ロッドは長めの磯竿がおすすめ

堤防からの泳がせ釣りは、仕掛けを遠投する必要があるため5m前後の磯竿がおすすめです。アジやイワシなどの小魚が動いている様子を感知するためにも竿先が細いタイプを選びましょう。大物を引き寄せる力が必要なので、バットは硬めで、レギュラータイプのものを選びましょう。

ダイワ リバティクラブ磯風2‐53・K

丈夫でクセの少ないタイプの磯竿です。5.3mほどの長さがあれば軽く投げてもある程度の飛距離がでるためおすすめです。価格は6,900円前後となります。

ダイワ(Daiwa)磯竿スピニングリバティクラブ磯風2-53・K釣り竿

長さ:5.33m
重さ:230g
ライン:ナイロン2~5号

Amazonで詳細を見る

リールは3000~4000の中型を選ぼう

リールはロッドに合わせて3000~4000番台と中型のピニングリールがおすすめです。また、釣れた時に糸が持っていかれても問題ないよう200m程度巻けるものを選ぶと良いです。泳がせ釣りではドラグの調節も大事になってくるので、釣具屋で実際に触ってみたり、評判を見てから決めましょう。

ダイワ レブロス3000

滑らかな動きをするドラグが特徴のリールです。遠投性も良く、巻いているときのトラブルも少ないと評判のため、泳がせ釣りに最適な商品となります。価格は6,000円前後です。

ダイワ(Daiwa)スピニングリール15レブロス3000

サイズ:3000
重さ:290g
ナイロン:3号200m、4号150m
PEライン:1.2号350m、2.5号200m

Amazonで詳細を見る

ラインはナイロンの太め

泳がせ釣りの道糸にはナイロンラインの3~4号を使うのが一般的です。大物を釣り上げるためにはできる限り太いラインを選びましょう。

ダイワ ジャストロン DPLS500m

ダイワの強度に優れたナイロンラインです。糸ヨレも少なく、500mと長めで価格は650円前後とかなりお得な商品となります。

ダイワ(Daiwa)ナイロンラインジャストロンDPLS500m4号クリアー

サイズ:4号
長さ:500m
カラー:クリア

Amazonで詳細を見る

堤防からの泳がせ釣りで使う仕掛け2パターン

根魚を狙う場合の仕掛け

ヒラメやマゴチなどの根魚を狙う場合は、エサを底で泳がせて釣ります。仕掛けはサルカンでフロロカーボンのリーダーと繋いだ後、先端に6~8号程度のオモリを付けます。リーダーの中間あたりに20~30cm程度のフロロカーボンラインを繋げ、ハリを付けます。

オモリが軽すぎる場合は、アジやイワシが動き回って根がかりしてしまいますので、動きを見ながら調整するのがポイントです。出来合いの仕掛けを使うと初心者でも簡単に泳がせ釣りを行うことができます。

がまかつ(Gamakatsu)大物泳ガセ仕掛FD15613号-ハリス10

フロロカーボンリーダーのハリスとハリがついている商品です。道糸と繋ぎ、オモリを付ければ仕掛けが完成します。

Amazonで詳細を見る

青物を狙う場合の仕掛け

道糸にウキ止めとウキを付けた後、ウキストッパーを付け中通しのオモリをつけます。オモリは使用するウキと同じサイズのものを選びましょう。サルカンで2m程度あるフロロカーボンのハリスと繋ぎ、先端にヒラマサ用の10~14号前後のハリを付けて完成です。

ウキとオモリの調整がポイントとなるため、沈み具合を見ながら調整しましょう。こちらも仕掛けを揃える必要がない完成仕掛けがありますので、わからない人はまず購入してみることをおすすめします。

がまかつ(Gamakatsu)遠投泳がせのませパーフェクトHO20111-6.

ロッドとリール以外、泳がせ釣りに必要な仕掛けがすべて揃っている商品です。ハリは予備が1本ついているため、途中でなくなっても交換できます。

Amazonで詳細を見る

エサはアジかイワシが定番!

記事429の画像43661

出典:visualhunt

泳がせ釣りに使われるエサは、アジまたはイワシが一般的です。そのため、泳がせ釣りをする前にサビキ釣りで小型のアジ・イワシを釣る必要があります。本格的なアングラーは、酸素ボンベを用意しておいてクーラーボックスに入れたアジやイワシをより長く生かしておくなどの工夫をしています。

また、ハリにアジやイワシを付けた際、魚が弱ってしまっては釣果がでません。ハリの掛け方は、魚が弱らない鼻掛けが一般的です。目の先にある鼻の部分にハリを横に貫通させることで痛まず通すことができます。ハリスが短い場合は背掛けをすることもありますが、初心者の場合は弱らせてしまう可能性が高いため注意しましょう。

堤防からの泳がせ釣りに最適なポイント

記事429の画像43656

出典:visualhunt

堤防から泳がせ釣りで釣るときは、潮通しが良く水深がある場所がおすすめです。堤防の先端もしくは外海に面した場所で釣りましょう。また、泳がせ釣りは小魚が水中で動き回ったり、大物が掛かったときに走られる可能性があります。初心者の場合は周りに人がいない場所でやらないと、他の人の糸と絡まってしまいますので注意しましょう。

堤防からの泳がせ釣りはタモを忘れずに!

泳がせ釣りは大物を狙うため、タモは必ず用意しておきましょう。ロッドのチカラだけでは上げきれない魚が釣れることがほとんどです。また、邪道であるサメやエイが釣れた時も危険なのでタモで上げることをおすすめします。

イワシやアジがゲットできたら泳がせてみよう

今回は堤防からの泳がせ釣りの魅力と、釣り方、タックルの選び方、仕掛けの方法や釣れるポイントまで幅広く紹介しました。堤防から気楽に大物を釣り上げることができる泳がせ釣り。仕掛けとタックルを常に用意しておき、イワシやアジが釣れた時に挑戦してみてはいかがでしょうか。

関連記事