FishMasterのロゴ

mocchi

冬だからこそのバス釣りの基本!狙うはビッグなブラックバス

季節が冬になり水温が下がってくるとブラックバスは釣れにくくなってきます。
これはバスが積極的にエサを食べなくなるからです。しかし全く食べないというわけではないので、
釣り方を少し考えれば冬でもバス釣りを楽しむことが出来ます。

当サイトおすすめ!
★ バスロッド人気ランキング ★

アブガルシア スピニング バスビート2 BBS-622UL II

Amazonで詳細を見る

シマノ ベイト 17 エクスプライド バス 1610M-2

Amazonで詳細を見る

ダイワ スピニング ハートランド 701ULF/RS-ST16 【冴掛 Midge direction ST】

Amazonで詳細を見る

バス釣りにおける「冬」の定義と特徴

バス釣りにおける「冬」の定義と、冬のバスとフィールドの状況について解説します。

バスにとっての冬は10℃未満

記事452の画像22613

出典:FOTER

一言で「冬」と言っても何月から何月までを指すのでしょうか?
季節の進行度はその年や地域によっても様々ですので、今回はバスの活動量が著しく低下する水温10度未満を「冬」として解説していきます。
筆者の通っているフィールドでは毎年12月後半~2月頃までがこの水温にあたります。

冬のバスは静かに、じっと

記事452の画像22612

出典:FOTER

冬のバスは水温が安定した、ある程度水深のあるボトム付近でじっとしています。
しかしバスもエサを食べなければ生きていけません。1日のうちに数回はあまり移動しなくても食べれるようなエサを好んで食べています。
我々人間が冬にコタツに入りながら机の上のミカンやお菓子を食べているようなイメージです。

冬は人的プレッシャー無し

記事452の画像22611

出典:FOTER

冬になり水温が下がってくると、ダム湖や野池などでは水がクリアになる傾向があります。
そのため使うルアーやカラーも視覚的に騙しやすいものが活躍します。
また冬になりバスがあまり釣れなくなると釣り人の数も減っていきます。
しかし逆に言うと人的プレッシャーが減る冬だからこそ釣りやすいとも言えます。

寒い冬のバス釣り、3つの注意点

記事452の画像22614

出典:FOTER

安全に冬のバス釣りを楽しむための注意点について解説します。

しっかり防寒対策をする

冬のバス釣りは寒さとの戦いでもあります。
寒さに震えるような状況下では集中力が低下しパフォーマンスが落ちるのはもちろん、
もしもの時に判断が遅れる場合もあります。
各メーカーから様々な防寒グッズが販売されていますのでしっかり防寒対策をしましょう。

凍結に注意する

冬はフィールドに向かうまでの道のりやスロープが凍結している恐れがあります。
急ブレーキ急ハンドルを避けると同時にスタッドレスタイヤを装着するなどしましょう。

※ライフジャケットを必ず着用する

軽装で水温の高い夏であれば、足を滑らせて水中に落ちたとしてもある程度対応することが出来るかもしれません。
しかし防寒着を着込んだ状態で冬の湖に落水した場合、一瞬で体温が奪われてしまい体を動かすことが出来なくなってしまいます。
それは落水が死に直結することを意味します。これは決して大げさな表現ではありません。
陸っぱりであっても必ずライフジャケットは着用しましょう!

冬に狙うべきポイント

各フィールドではどんなポイントを狙えばよいのかを解説します。

鉄板!ダム湖

記事452の画像22608

出典:FOTER

ダム湖ではバスは水温の安定する深場でじっとしています。バスが身を寄せやすいブレイクや岩陰、木が沈んでいる場所などが狙い目です。
ボート釣りで魚探を使えば15mぐらいまでの深さでバスを釣ることが出来ます。
しかし全てのバスが一日中深場に居るわけではなく、
体力のある大きい個体ほど朝夕のフィーディングタイムや、日中に水温が上がりやすい日当たりの良いシャローにエサを食べに上がってきます。

緩やかな流れで深場の川を狙おう!

記事452の画像22616

出典:FOTER

川で釣りする場合は地形と流れを見るようにしましょう。
一見同じように流れている川であっても、場所によって流れの緩急があり、瀬のような浅瀬から淵のような深場が存在します。
冬は比較的流れの緩やかな、他の場所より水深のある場所を狙うようにしましょう。

野池はタイミングが命!

記事452の画像22617

出典:FOTER

野池では中央付近が最深部となっていることが多く、そこが最も水温が安定しバスが過ごしやすい場所となります。
そのため皿池のような形をした野池では中央付近、片側をせき止めたような野池では堰堤側の深場が狙い目となります。
朝夕のフィーディングタイムや、日中に水温が上がりやすい日当たりの良いシャローでは大型のバスが釣れることもあります。

釣り方とタックルの極意!

記事452の画像22610

出典:FOTER

冬のバス釣りにおいて大切な考え方と使うタックルについて解説します。

「食わせ」の釣りか「リアクション」の釣りか

「食わせ」か「リアクション」とは冬のバス釣りを語る上で最も大切なことで、
この二つは大局的な考え方であり、きちんと理解した上で釣りをすることで釣果に繋がります。
また同じルアー使う場合でも、ルアーの動かし方によって「食わせ」にも「リアクション」にもなります。

「食わせ」とはバスの食性に訴えかける釣り

「食わせ」とはバスの食性に訴えかける釣りで、ミノーを使ったトゥイッチアクションや、ワームやスモラバを小刻みにシェイクするような
活動的ではない冬のバスにも「これだったら食べられるかも」と思わせて食わせる釣りのことです。

「リアクション」とはバスが反射的に思わず口を使ってしまう釣り

「リアクション」とはバスが反射的に思わず口を使ってしまう釣りで、シャッドの高速巻きや、メタルバイブレーションを使ったリフト&フォールがこれにあたります。
またワームやスモラバを小刻みにシェイクするのではなく、跳ねるような素早いアクションを加えることでバスが反射的に思わず口を使ってしまいます。

貴重なバイトを逃さないためのタックル

冬は丸1日バス釣りをやっていてもアタリが全くないこともよくあります。
せっかくの貴重なバイトを無駄にしないためにもロッド、リール、ライン、フックの4つのタックルについて気を付ける点を解説します。

ロッド

ショートバイトが多い冬の時期は普段使っているロッドよりも柔らかいものを使うようにしましょう。
そうすることでバイトをはじきにくくしっかりとフッキングすることが出来ます。
ワームを使う場合はソリッドティップのロッドもおすすめです。

シマノ(SHIMANO)バスロッドエクスプライド262UL-S

全長(m):1.88
継数(本):1
仕舞寸法(cm):188.0
先径(mm):1.0
適合ルアーウェイト(g):1.5-5
適合ライン ナイロン・フロロ(lb):2.5-5
グリップ長(mm):200
テーパー:FF
カーボン含有率(%):100

Amazonで詳細を見る

リール

リールはドラグの性能を最大限生かし身切れを防ぎましょう。
ショートバイトが多い冬の時期はフッキングしても針が上手く掛からないことがあります。
そんな状態で無理に引っ張ると身切れして貴重な魚をバラしてしまいます。
ドラグの調整には気を使いましょう。

シマノ アルテグラ 2500SHG

ギア比:6.0
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):89
実用ドラグ力/最大ドラグ力(kg):2.5/4.0
自重(g):220
ナイロン糸巻量(lb-m):5-110、6-95、8-70 / フロロ糸巻量(lb-m):4-130、5-100、6-80 / PE糸巻量(号-m):0.6-200、0.8-150、1-120

Amazonで詳細を見る

ライン

冬場に使うラインはフロロカーボンがおすすめです。
ボトム付近にいるバス狙う時にも根ズレに強く、ナイロンよりも感度の良いフロロカーボンは貴重なバイトも見逃しません。
PEラインは水に浮くためボトム付近を狙う冬の釣りには不向きです。

バークレイ(Berkley)フロロカーボンライン150m5lb/1.2号クリアバニッシュレボリューション釣り糸

長さ:150m
サイズ(号/lb):5lb/1.2号
カラー:クリア

Amazonで詳細を見る

フック

フックは冬のバス釣りにおいて最も気をつけるべきタックルです。
いくらいいルアーを使っていても、しっかりフッキング出来るフックが付いていなければ意味がありません。
強度と貫通力のあるフックを使い、フックシャープナーで常に針先を研ぐよう心がけましょう。
特にバイブレーションでボトムを責める時などは針先が甘くなっていないか頻繁に確認するようにしましょう。

リューギ ピアストレブル TCコート Ryugi PIERCETREBLE

ピアストレブル・TCコート(トレブルフック)■カラー:TCブラック≪リューギ トレブルフック≫■抜群の掛かり【ワイドゲイプ】■強度を活かす【オールベンドデザイン】■滑らかな刺さり込み【TCコート】

Amazonで詳細を見る

スミス(SMITHLTD)シャープナーダブルダイヤモンドシャープナー

全長:70mm×1mm

Amazonで詳細を見る

冬のバス釣りにおすすめルアー8選

冬のバス釣りにおすすめのルアーをご紹介します。

1.バイブレーション レイドジャパン レベルバイブ

レベルバイブの最大の特徴はボトムで立つことです。
これにより通常のただ巻きだけでなく、リフト&フォールでもボトムでバスを誘います。
バイブレーションの中では小型のため陸っぱりや初心者の方にも使いやすいバイブレーションです。

レイドジャパン レベルバイブ

レイドジャパン レベルバイブ (ブラックバスルアー)■Length:54.0mm■Lure Wt.:3/8oz.class

Amazonで詳細を見る

2.バイブレーション 一誠 GCザリバイブジュニア

GCザリバイブはザリガニ型のバイブレーションで水中ではまるで甲殻類が逃げるような動きをします。
ラトル音も特徴的です。

一誠 GCザリバイブジュニア 57 

Length:57mm
Weight:14g

Amazonで詳細を見る

3.ジャークベイト エバーグリーン フェイス

フェイスは冬の定番ジャークベイトです。
中でもクラウンカラーは冬に実績大です。
冬はポーズの時間を長めにとり、バイトのタイミングを与えましょう。

エバーグリーン フェイス

主な対応魚種:ブラックバス
タイプ:スローフローティング
サイズ:11.5cm / 重量:18.6g
カラー:クラウン #125
フックサイズ:フロント#5・センター#5・リア#5
リングサイズ:ライン#3・フロント#3・センター#3・リア#3

Amazonで詳細を見る

4.シャッド ジャッカル ソウルシャッド 45SP

ソウルシャッドは直進性に優れたシャッドです。
サイズ展開されていますのでベイトのサイズや、攻めたい水深によって使い分けましょう。

JACKALL ソウルシャッド SP2.7g45mm 時雨ワカサギ

主な対応魚種:ブラックバス
タイプ:サスペンド
重量:2.7g / サイズ:45mm
カラー:時雨ワカサギ
フックサイズ:トレブル RB-M#12

Amazonで詳細を見る

5.メタルバイブレーション エバーグリーン リトルマックス

メタルバイブレーションを使ったリフト&フォールは冬の代表的なリアクションの釣りです。
他のルアーでは口を使わないバスでも思わず口を使ってしまいます。
真冬でも2桁以上のバスが釣れることもあります。

エバーグリーン リトルマックス TG マッスル 3/8oz

主な対応魚種:ブラックバス
サイズ:3/8oz / 重量:4.5cm
カラー:#602 ビッグバイトチャート
樹脂タングステン

Amazonで詳細を見る

6. メタルバイブレーション デプス サーキットバイブ

デプスのサーキットバイブもメタルバイブレーションの一種ですが素材がサーキットボードで出来ており、
動き出しが早いのが特徴です。
これにより長い時間バスにアピールすることができバイトチャンスが増えます。

デプス サーキットバイブ 3/8oz 

主な対応魚種:ブラックバス
重量:3/8oz / サイズ:47mm
カラー:ニホンザリガニ #13

Amazonで詳細を見る

7.スモラバ ジャクソン エグジグハイパー

エグジグはガード付きのスモラバでカバーに強く、ボトムをずる引きする時などにも根がかりしにくいのが特徴です。
小刻みにシェイクすれば「食わせ」の釣りにも使えますし、跳ねるように素早く動かせば「リアクション」の釣りにも使えます。

ジャクソン エグジグハイパー 1/8oz スジエビ

重量:1/8oz
カラー:スジエビ
新開発極太シリコンラバー

Amazonで詳細を見る

8.ワーム ディスタイル シェイクシャッド

シェイクシャッドは小型のワームでダウンショットリグやスモラバのトレーラーとしてもおすすめです。
リグや動かし方によって「食わせ」の釣りにも「リアクション」の釣りにも使えます。

ディスタイル シェイクシャッド 3inch 

Length:3inch
入数:8本

Amazonで詳細を見る

冬はやっぱりビックバスを

記事452の画像22615

出典:PEXELS

冬のバス釣りは数こそ釣れませんが、釣れた時の喜びはハイシーズンの何倍にも感じられます。
また釣れるバスのアベレージサイズが大きいのも冬のバス釣りの特徴です。
しっかり釣り方を考え、諦めることなくキャストすればあなたも最高の1匹に出会うことが出来るでしょう。

当サイトおすすめ!
★ バスロッド人気ランキング ★

アブガルシア スピニング バスビート2 BBS-622UL II

Amazonで詳細を見る

シマノ ベイト 17 エクスプライド バス 1610M-2

Amazonで詳細を見る

ダイワ スピニング ハートランド 701ULF/RS-ST16 【冴掛 Midge direction ST】

Amazonで詳細を見る

関連記事