FishMasterのロゴ

nuri

【チヌのルアー釣り完全版】タックルやポイントまで網羅的に解説!

警戒心が強い反面雑食なチヌは、色んなルアーで釣ることができます。今回はおすすめのタックルから、ルアーの種類、使い方、ポイントまで幅広く解説します。これさえ見ればチヌのルアー釣り、通称チニングに関する知識は完璧です!

チヌ(クロダイ)をルアーで釣ろう!

記事514の画像28678

出典:visualhunt

チヌは鯛の仲間で淡水と海水が混ざった場所を好む黒い魚種です。基本は30cm程度のサイズが多いですが、大きいものになると50cmを超えてくるほどのサイズもいます。堤防や河口から釣れる魚としては、シーバスと同じくらい人気で、針掛かりした後の引きが面白く、釣り人に人気のターゲットとなっています。

虫やエビ、小魚などなんでも食べる雑食なので、釣り方は多種多様で、ウキフカセや紀州釣り、ヘチ釣り、ルアーなど釣り方も選べるのも魅力です。1年中釣ることができる魚種ですが、産卵期を迎える春がトップシーズンといわれ、大型のチヌを狙うことができます。

ルアーでチヌが狙えるシーズンは春から夏!

チヌは水温が12℃以上ある暖かい環境を好むため、春から夏にかけてがトップシーズンとなります。また、春は産卵期で接岸してくるため、海藻のある浅瀬が狙い目です。夏は河川の岸壁沿いや橋脚部分などで、砂に石が混じっている場所を狙ってみましょう。

シーズン別おすすめの釣り方は以下記事にまとめていますので、詳しくはそちらを参照してみてください。

初心者必見!チヌのルアー釣り(チニング)のタックルを紹介

記事514の画像29200

出典:visualhunt

強さと感度が大事!チヌをルアーで釣る際のロッド選び

ロッドの長さは1.8~2.5m前後で、3.5~7.5gのルアーが投げれる、ファーストテーパーのタイプがおすすめです。キャスティングのしやすさや感度を考えると、ロッドの長さは長すぎず、短すぎずが良いです。長すぎると感度が悪くなり、アタリが取れないことがあります。短すぎると今度はキャスティングがしにくくなるので、海でのルアー釣りで使用できなくなって不便です。

また、竿先3分の1から曲がるファーストテーパータイプの軽いロッドを使うことで、小さいアタリを逃さず捉えることができます。また、チヌは警戒心が強いですが、歯が硬いため、喰いつくときは勢いよく噛みついてきます。そのため40~50cm程度の大型チヌと戦える強さも必要となってきます。

海でのルアー釣りにおすすめのロッド

海でルアー釣りをする場合は、飛距離の出しやすさを考え、長めのロッドを選びましょう。以下商品はシーバスやエギングにも対応した万能タイプです。もちろんチヌの実績も豊富です。

アブガルシア(AbuGarcia)スピニングロッドクロスフィールドXRFS-802ML

長さ:約2.4m
仕舞時:125cm
重さ:108g
適合ルアー:2~24g

Amazonで詳細を見る

河口でのルアー釣りにおすすめのロッド

河口でルアー釣りをする際は、狙った場所にキャスティングしていく必要があるため、短めのロッドを使う方が小回りが利き、非常に便利です。以下ダイワの商品はチニング専用に開発された商品となっており、軽くて力強いロッドです。

ダイワチニングシルバーウルフ73ML

長さ:2.21m
仕舞時:115cm
重さ:87g
適合ルアー:4~18g

Amazonで詳細を見る

軽さが重要!チヌのルアー釣りにおすすめのリール2種類

チヌをルアーで釣る際に必要なタックルとして、ロッドの次に大事なのが、リールです。軽さ、丈夫さが選定のポイントとなります。使用するリールはスピニングリールとベイトリールの2種類あり、それぞれの特徴とメリットを紹介します。

スピニングリール

スピニングリールはルアーや餌釣りなどで一般的に使われているリールです。難しい操作やライントラブルが少ないことから、釣り人に最も使用されています。チヌを狙う場合は2000~2500サイズの小型スピニングリールを選びましょう。

リールの軽さはアタリの感度にかかわってくるため、できる限り軽い商品を選びましょう。
紹介しているストラディックは軽さと剛性のバランスが非常に良く取れたリールです。

シマノ ストラディック 2500SHG

ギア比: 6.0
実用ドラグ力/最大ドラグ力(kg): 2.5/4.0
自重(g): 220
糸巻量:ナイロン(lb-m) 5-110、6-95、8-70/ フロロ(lb-m) 4-130、5-100、6-80/ PE(号-m) 0.6-200、0.8-150、1-120
最大巻上長(cm/ハンドル1回転): 89

Amazonで詳細を見る

ベイトリール

ベイトリールは主に船釣りやブラックバスの釣りに使用されるリールです。糸の出ていく方向が巻き取り面と平行になっているため、糸の感覚を直接感じることができ、巻くときも糸よれが少なく、スピニングリールより力強く巻くことができます。

ベイトリールをチヌのルアー釣りで利用するメリットは、2g程度の軽いルアーを投げれることです。リールの感度が良いため、小さいルアーを付けても十分アタリを取ることができます。また、スピニングリールと比べて軽さもあるため、ベテランの人はこのリールを使っていることが多いです。

以下ダイワ製のベイトリールは175gと軽量で、小型から大型ルアーまで幅広くコントロールすることができる商品です。初心者にはやや高めの価格帯ですが、アタリはとれるが中々釣りあげられない方は、このくらい軽いリールを試してみる価値はあると思います。

ダイワ アルファス SV TW 800H 右ハンドル

巻取り長さ(cm/ハンドル1回転):71
ギア比:7.1
最大ドラグ力(kg):4.5
標準巻糸量 ナイロン(lb-m):12-45~90、14-40~80
自重(g):175

Amazonで詳細を見る

PEかフロロで決まり!チヌのルアー釣りで使うライン

使用するラインは2パターンあります。

1つはPEラインをメインラインに使用し、リーダーにフロロカーボンラインを使用する方法です。PEラインは0.8~1.5号を使用しましょう。リーダーにつけるフロロカーボンは8~12lbを30~100cm程度付けます。スピニングリールを付ける場合は、このラインの付け方がおすすめです。

2つめは、ベイトリール使用時に、全てフロロカーボンラインを使用する方法です。ラインを繋げる必要がないため、仕掛けの作成がとても楽です。フロロカーボンは6~8lbを使用しましょう。

クレハ(KUREHA)PEラインシーガーPEX8200m0.8号18lb(8.2㎏)5色分け

メインライン用で強度が良く、リーダーとの接続も評判のPEラインです。
サイズ:PE0.8号
長さ:200m
カラー:10色

Amazonで詳細を見る

ヤマトヨテグス(YAMATOYO)ラインフロロショックリーダー30m2号(8LB).

コスパの高い商品です。
サイズ:フロロカーボン8lb
長さ:20m

Amazonで詳細を見る

クレハ(KUREHA)ラインシーガーR18バス240m7lb

ベイトリール。ブラックバス用なので強度が良く、ライントラブルも少ないと評判です。
サイズ:フロロカーボン7lb
長さ:240m

Amazonで詳細を見る

チヌに使うルアーは4種類!

記事514の画像29201

出典:visualhunt

チヌを釣るときに使うルアーの種類は様々です。シーバスで使用するようなミノーやポッパーから、ラバージグ、ワームなどチヌ専用のルアーも存在します。ここでは各種類をそれぞれ紹介します。

水深に応じて使い分けよう!ミノーのチヌ釣り

ミノーを使用する場合は、水深が2m以上ある場所ではシンキングタイプ、それより浅い場合はフローティングを使用して中層にいるチヌを狙います。ミノーは飛距離が出やすいため、扱いやすいのが特徴です。使用するミノーは7cm程度の小型で7~8g程度のものを選びましょう。

中層からトップを狙いたいときにおすすめ!

ミノーは底を狙うというより、中層・表面を狙うときに使用します。底にいる餌を想定して這わせるより、小魚のようにミノーを動かし、バイトするチヌを狙うイメージです。影と光の境目や、潮の流れが変わる場所を狙って投げてみましょう。

朝マズメを狙おう!ポッパーのチヌ釣り

ポッパーは水面に浮き、パシャパシャと泳がせることで魚のバイトを狙うルアーです。朝マズメはチヌの活性が一番あがるため、表面に出てきやすく、ポッパーが活躍します。浅瀬で流れの早い場所を狙って使用してみましょう。

定番!ラバージグでチヌを狙う

チヌ専用のラバージグがあるほど、実績の高いルアーです。硬い歯に対応するため、ヘッド部分とフック部分が分かれています。狙う範囲はルアーと比べて狭くなってしまいますが、動きが甲殻類のようになるため、底にいるチヌを狙う時はおすすめです。飛距離によって3~7gを使い分けましょう。

違和感なし!ワームのチヌ釣り

チヌ用のワームは、好物であるエビなど甲殻類の形をしているため、違和感なくバイトさせることができます。ミノーのように遠投することはできませんが、ワームは価格が他のルアーと比べて安いため、根がかりを気にせず攻めることができます。エビの形をしたワームは腕が細く、噛みちぎられる可能性もあるため強度の強さを確認して選びましょう。

種類別に紹介!チヌのおすすめルアー20選

ミノーならこれ!おすすめ5選

アムスデザイン ミノーサスケ 75mm7g マコイワシ

マコイワシをイメージしたデザインとなっています。海でのルアー釣りで活躍できるシンキングタイプのミノーです。

アムズデザイン(ima)ミノーサスケSS75mm7gマコイワシ#SKS75-00775545ルアー

タイプ:シンキング
サイズ:75mm
重さ:7g
カラー:マコイワシ

Amazonで詳細を見る

アムスデザイン ミノーサスケ 75mm7g 稚アユ

同じタイプで違う魚種をイメージしたミノーを持っておくと、釣果が変わってくるのでおすすめです。稚アユタイプは河口で活躍します。

アムズデザイン(ima)ミノーサスケSS75mm7g稚アユ#SKS75-00975569ルアー

タイプ:シンキング
サイズ:75mm
重さ:7g
カラー:稚アユ

Amazonで詳細を見る

ラパラ ミノーカウントダウン8g7cm

堤防や磯で使えるシンキングタイプのミノーです。

ラパラ(Rapala)ミノーカウントダウン8g7cmGFRルアー

タイプ:シンキング
サイズ:70mm
重さ:8g
カラー:GFR

Amazonで詳細を見る

シマノ ミノーエクスセンスクー 70mm7g

シマノのフローティングタイプミノーです。
深度10cmを極めるために開発されたミノーなので、狙ったレンジを正確に泳がすことができます。

シマノ エクスセンスクー 70F X AR-C XL-107P

タイプ:フローティング
サイズ:70mm
重さ:7g
カラー:レンズパールチャート 10T
フックサイズ:ST-46 #10×2

Amazonで詳細を見る

ダイワ モアザンシャロール 75F-SSR75mm7g

浮き上がりが強く、スローストリーブ向きのフローティングミノーです。コノシロやイナッコに見立てた外観でチヌを誘います。

ダイワルアーミノーフローティングモアザンシャロール75F-SSR75mm7g3Dイナッ子

タイプ:フローティング
サイズ:75mm
重さ:7g
カラー:3Dイナッコ

Amazonで詳細を見る

ポッパーならこれ!おすすめ5選

シマノ ポッパーブレニアスライズポップ

チヌ専用のポッパーです。頭の上に穴が開いているため、水を吸い込んで泡を吐くようになっています。

シマノ(SHIMANO)ポッパーブレニアスライズポップ50mm7gチャートシュリンプ07TOP-150Qルアー

タイプ:フローティング
サイズ:50mm
重さ:7g
カラー:チャートシュリンプ

Amazonで詳細を見る

ジャクソン ポッパーR.A.ポップ70mm7g

イカに見立てたポッパーです。チヌはイカの切り身で釣ることもあるので、この色も有効に使えます。

Jackson(ジャクソン)ポッパーR.A.ポップ70mm7gイカ

タイプ:フローティング
サイズ:70mm
重さ:7g
カラー:イカ

Amazonで詳細を見る

メガバス ルアーPOPPINGDUCK

海水から汽水域まで幅広く使うことができるポッパールアーです。派手過ぎず軽いポップ音がチヌを誘います。

メガバス(Megabass)ルアーPOPPINGDUCK(ポッピングダック)

タイプ:フローティング
サイズ:60mm
重さ:6.5g
カラー:GGイワシ

Amazonで詳細を見る

ラパラ SP5SB

このルアーも河口から堤防まで使用することができる商品です。尻尾についている紐がチヌを誘います。

ラパラ(Rapala)ルアーSP5SB

タイプ:フローティング
サイズ:50mm
重さ:7g
カラー:イワシ

Amazonで詳細を見る

ハラ LOUDPOP

小型サイズのポッパーです。着水後小刻みにロッドを動かし、音と水しぶきでチヌを誘います。

ハラ(TIGA)ルアーLOUDPOPマットホットタイガー

タイプ:フローティング
サイズ:53mm
重さ:7g
カラー:マットホットタイガー

Amazonで詳細を見る

ラバージグならこれ!おすすめ5選

シマノ ブレニアス ネガカリノタテ

シマノが開発したチヌ専用のラバージグシリーズ「ブレニアス」。
ゆっくり巻いても根がかりしない設計になっています。

シマノ ブレニアス ネガカリノタテ OL-205R

自重(g):5
フックサイズ:#2×1

Amazonで詳細を見る

ジャッカル デラブレイク

ジャッカルのバス用小型チャターベイト。
バス用ですが、チヌでの実績もかなり高いです。

ジャッカル デラブレイク 3/16oz クリアーホワイト

重量:3/16oz
カラー:クリアーホワイト

Amazonで詳細を見る

ダイワ チヌラバグレープソーダ5

ボトムだけでなく中層も狙えるラバージグです。意外と紫色でアタリが出たりするので、カラーバリエーションとして1つ持っておくことをおすすめします。

ダイワワームチヌラバグレープソーダ5

タイプ:ワーム
重さ:5g
カラー:グレープソーダ

Amazonで詳細を見る

ダイワ バイブレーションシルバーウルフチヌ魂9g

9gと少し重めのルアーです。堤防や磯などの底を狙うチヌ専用のラバージグです。樹脂製で低重心のため、倒れにくく、根がかりしにくいタイプとなっています。

ダイワ(Daiwa)バイブレーションシルバーウルフチヌ魂9gマグマシュリンプルアー986298

タイプ:バイブレーション
重さ:9g
カラー:マグマシュリンプ

Amazonで詳細を見る

アピア チヌパラドッヂ

この商品も樹脂製で低重心のため根がかりしにくいタイプのラバージグです。
色が独特ですが、良く釣れると評判です。

アピア チヌパラドッヂ 7g #01イガイ

全長: 53mm
重量: 7g

Amazonで詳細を見る

ワームならこれ!おすすめ5選

エコギア ルアーチヌ職人

チヌ専用に開発されたエビ型のワームです。チヌ専用フォームラーが配合されているため、視覚だけでなく匂いでもチヌを誘います。

エコギア(Ecogear)ルアーチヌ職人バグアンツ2インチ#1218959

サイズ:60mm
入数:5

Amazonで詳細を見る

メジャークラフト ルアーワームファイティングクロー

こちらの商品もエビ型をしたチヌ専用ワームです。両手を上げ、威嚇しているポーズをしているため、追い込まれたエビがいるとチヌに勘違いさせることができます。

メジャークラフトルアーワームファイティングクロー2.4inc(6cm)#108ケイムラオレンジFCW2.4

サイズ:60mm
入数:5

Amazonで詳細を見る

シマノ ワームブリームキャッチャー

高浮力タイプのワームで、フック部分から上向きに浮いてくることでチヌの喰いつきを良くした設計となっています。爪の付け根がフック部分に近いため、腕だけ噛みちぎろうとしたチヌもうまくフッキングします。

シマノワームブリームキャッチャー1.8インチ

サイズ:45mm
入数:5

Amazonで詳細を見る

ジャッカル ワームちびチヌ蟹

カニの形をした小型ワームです。

JACKALL(ジャッカル)ワームちびチヌ蟹1インチリップライソガニルアー

サイズ:25mm
入数:6

Amazonで詳細を見る

ジャッカル ワームちびチヌムシ

虫の形をした小型ワームです。貝やエビなどの強烈な臭いでチヌを引き寄せます。

JACKALL(ジャッカル)ワームちびチヌムシ1.5インチレッドゴールドフレーク

サイズ:38mm
入数:6

Amazonで詳細を見る

チヌをルアーで狙うためのポイント選び

堤防はテトラなど甲殻類がいる場所を狙おう!

記事514の画像29202

出典:visualhunt

堤防でチヌを狙う場合は、テトラなど貝やカニが住み着いてそうな場所を狙いましょう。岸壁沿いを狙ってルアーを投げたり、落とし込みで底を探ってみる釣り方がおすすめです。アタリがない場合は、積極的に場所を移動しながらアタリを取っていくのがポイントです。

河口では橋脚部分が狙い目!

記事514の画像29203

出典:visualhunt

チヌは淡水と海水が混ざる場所を好むため、河口付近で釣るのもおすすめです。その際、近くに橋脚など陰になる場所があるとベストです。警戒心の強いチヌは普段陰に隠れていることが多く、明暗の境目である橋脚の下に潜んでいます。暗い場所にルアーを落として、明るい場所へと泳がせて釣りましょう。

チヌ釣り方はルアー次第!

出典:photo-ac

ミノーの場合は基本タダ巻きでOK!

シンキングタイプのミノーを使う場合は、キャスティングした後、中層あたりを一定間隔で巻いていきます。喰いが鈍い場合は、細かく竿先を動かしてあげるなどアクションを入れてみましょう。

フローティングタイプのミノーは水面の動きが大事になります。キャスティングした後、竿先を軽く振りながらパシャパシャと泳がせましょう。

ポッパーの場合は水面の動きを意識しよう!

ポッパーは水面に浮くルアーで、どの商品も水をはじく音に重点を置いています。そのため、フローティングミノーと同じように、キャスティングした後、水面をパシャパシャさせるような動きをさせましょう。

ラバージグやワームは底を引きずるのがコツ!

ラバージグは海底を狙うルアーです。キャスティングした後、海底にラバージグがつくのを待ち、ずるずると底引きしていきます。根がかりしそうな場所に当たったら軽くクリアしましょう。エビやカニの動きは遅いので、できる限りゆっくり巻いていくのがポイントです。

色んなルアーを試してみよう

今回はチヌをルアーで狙うためのおすすめタックルや、ルアーの種類と特徴、釣り方、ポイントを解説しました。警戒心が強いチヌですが、雑食で色んなエサを食べにくるため、初心者でも十分狙うことができる魚種です。場所や環境に合わせて、様々なルアーを試してみてはいかがでしょうか。

関連記事