FishMasterのロゴ

ahiruahiru

意外と身近に?幻の魚キジハタの最も釣れる時期について解説!

太平洋側ではほとんど見かけず身近とは言い難いキジハタ。しかしきちんと時期や釣れるポイントを押さえれば十分に狙えるターゲットとなっています。今回はそんなキジハタの釣れる時期やポイントについて解説していきます。

トップシーズンは暖かい夏場!~6月から9月~

記事544の画像25992

出典:visual hunt

キジハタは低水温が苦手な事もあり、6~9月の温かい時期が釣りのトップシーズンとなります。特に産卵期を迎え沿岸に接近してくる初夏と、産卵を終えた後の回復期と迎える8月のお盆前後~初秋は最も釣れる時期となります。

この時期にトップシーズンになるのはなぜ?

キジハタは海水の温度が25~27℃程で受精するので、6~8月の温かい時期になると産卵期を迎えます。普段は沖の深場に生息しているキジハタですが、産卵は沿岸部で行う為接岸してきます。この為夏の温かい時期にトップシーズンを迎えるのです。
又、キジハタは産卵が終わると栄養を蓄える為に餌への食いつきが良くなります。よって夏の終わりから秋にかけてもアタリが良い傾向にあるのです。

釣れたら嬉しい!「幻の魚」キジハタのトップシーズンの魅力

『幻の魚』とまで表現されつつも、日本海側等ではそこまで珍しくないキジハタですが、それでも年中気軽に勝負できる魚とは言えません。近年、その数は減少傾向にあり本当の意味で幻の魚になりつつあります。
水温が低い時期は沖のディープエリアに潜んでおり、なかなか気軽に釣りに行けないのが現状です。しかし、トップシーズンともなれば岸や堤防に寄って来るので、陸からでも狙う事が出来ます。
何よりキジハタは『夏のフグ』と呼ばれる程、高級魚として名が通っています。一般家庭ではほぼお目にかかれない程市場に出回っておらず、値段も高額です。
しかしトップシーズンにはそんなキジハタを狙う事ができ、ポイントさえ押さえれば一日に何十匹も釣り上げる事も可能です。
ただし、キジハタは生存数が少ない事から、必要数以外はキャッチ&リリースが基本です。魚自体の生命力は強いので、釣果を確認した後は海へ返してあげましょう。

キジハタって一体どんな魚?おすすめの釣りポイントも解説!

記事544の画像25989

出典:visual hunt

キジハタはスズキ目ハタ科に分類される魚で、いわゆるハタの仲間です。成魚は30~40センチくらいの個体が多く、大物になると60センチを超える個体も確認されています。
始めはメスとして生まれ、成長するとその何匹かがオスに性転換する『雌性成熟』を行う事で有名ですよね。
関西や瀬戸内海では『アコウ』と言う名前でも通っています。
青森県以南の海に生息していますが、黒潮の影響を受ける太平洋側ではほどんど魚影を見かける事はありません。ですので『幻の魚』という印象が付いています。
しかし、水温がやや低めの大阪湾では魚影を確認する事もでき、岡山~広島県では『瀬戸内アコウ』と呼ばれ、キジハタ釣りの有名なスポットがあります。

生活範囲や食性

ロックフィッシュとしても有名で、内湾の岩礁域、堤防のテトラ、ゴロタ域など障害物が多い場所を好んで生息しています。しかしガチガチの岩礁地帯よりも、海底が砂泥であり、その中に岩礁や藻場がポツポツ点在するような場所の方が好ましい傾向があるようです。
群れを作らず基本的には単独で生活しており、縄張り意識も強い魚です。
夜行性であり、夕方や早朝には餌を求めて遊泳と行います。主にエビやカニなどの甲殻類を獲物としていますが、大型の個体となるとベイトフィッシュ(小型の魚)の方を好むようです。
策餌している時のみに食事をしている訳では無く、日中にキジハタが潜んでいる箇所に餌が流れてくればその場で捕食を行います。
又、一度飽食になると丸2日程餌を探しに行かなかったり、冬の間は一週間程何も口にしない時期があるなど、食欲はそこまで旺盛ではない傾向があります。

キジハタが潜んでいるポイント

基本的には、夕方や早朝に砂や泥の多い岩礁域、テトラ、ゴロリの周辺、根(シモリ)等障害物の多い場所に狙いを定めましょう。特に日中はそこに潜んでいます。
夜釣りの方が有名ですが日中も餌に食いつかない訳ではありません。その位置に仕掛けを投げ、かかるのを待ちましょう。
キジハタは他の魚と同じく、潮通りが良いと活性が上がる魚です。活性が高い時は餌への食いつきが良くなり、餌となるベイトフィッシュを追って海の中層付近まで浮上してくる事もあります。
潮位はやや高め、海は荒れ過ぎず適度な波や潮の動きの時が狙い目です。

キジハタのシーズン毎の釣りの変化について

記事544の画像25993

出典:visual hunt

トップシーズンは夏中心の6~9月辺りで、それ以外のシーズンで狙うのはなかなか難しいでしょう。
各シーズンの釣り方や傾向は以下の通りになります。

トップシーズン前半~6月から7月~

産卵期が始まるこの時期がキジハタのシーズンインとなります。産卵の為に接岸してきたキジハタを狙っていきましょう。潮通りが良く、海底に障害物が多い場所を狙っていって下さい。

トップシーズン後半~8月から9月~

産卵が落ち着いてくるこの時期は、体力を回復させるために栄養を欲しています。その為普段より餌への食いつきが良くなるので、最も餌にかかる可能性が高い時期と言えるでしょう。
又、秋になると餌であるベイトフィッシュが沿岸部を中心に多くなってきますので、キジハタもそれを狙って更に沿岸地域に回遊してきます。夕方や早朝など夜間の時間帯を中心に投げ釣りやルアーフィッシングで狙ってみて下さい。

シーズン外の釣り~10月以降~

水温が段々と下がって来るにつれて、キジハタも水温の安定した深場の方へ徐々に移動を始めていきます。暖かさの残る10月はまだ沿岸部でも見かける事もありますが、11月に入り水温が15℃以下になってくるとほとんどのキジハタは深場へと移動しています。
水温が下がるにつれて活性も下がっていき、元々食欲もあまり高くない事から、晩秋からの釣りは難しいものとなるでしょう。
この時期に狙うのであればキジハタ釣りのセオリー通り、砂泥底のシモリの箇所を探しましょう。又、トップシーズンとは違って浅場にはほぼいないので、水深の深い場所で船からの釣りが一般的です。

まとめ

記事544の画像25994

出典:visual hunt

キジハタは水が15℃以上になると活性を増す事から、6~9月の夏の時期が釣りのシーズンとなります。
ロックフィッシュの中でもかなりパワーのある魚で、カサゴ等と比較しても釣りごたえのあるターゲットとなっています。
岸から狙える手軽さや、ルアー釣りでも楽しめる事から、勝負するには申し分ない相手となるでしょう。
「幻の魚」、キジハタを是非一度狙ってみて下さい。

関連記事