FishMasterのロゴ

nuri

春夏秋冬釣れる魚種「チヌ」のシーズン別おすすめの釣り方を紹介

チヌ(クロダイ)は年中釣ることができる魚種で、釣り方も豊富です。堤防や川岸から気軽に釣りを楽しむことができるのもメリット!今回はそんなチヌのおすすめの釣り方をシーズン別に紹介します。

トップシーズンは春!大物を狙うなら藻場を狙おう

記事545の画像25175

出典:visualhunt

チヌ(クロダイ)は1年を通して釣ることができますが、大物を狙いたいなら暖かくなってくる3~5月がお勧めです。この時期は水温が上昇してくるので活発に餌を追い求め、初心者でも簡単に良型のチヌを釣ることができます。釣具屋さんや雑誌でも春のチヌは特集が組まれるほど人気のターゲットです。

春に大型のチヌが釣れる理由

チヌは1年中釣れる魚種ですが、水温が高くなる春に産卵時期を迎えるため、藻場などの浅場で捕食活動が活発になります。夏や秋も水温が高いのですが、回遊魚など他の魚種も活発になるため、狙ってもお目当てのチヌが釣れないということが多いです。そのため、チヌは3~5月の春がトップシーズンとなります。

トップシーズンの春にチヌを釣る魅力

春のチヌは産卵期を迎えています。そのため「大型のチヌが浅場で簡単に狙えること」がトップシーズンの魅力です。深場から浅場にかけて藻がある場所に生息するため、ポイントを絞りやすく、さらに、海底付近を泳いでいることがほとんどで、初心者だと中々うまくいかないタナの調整を気にする必要もありません。また、夏や秋と比べてエサ取りの活性化も少ないため、チヌの釣果を上げやすい時期といえます。

チヌ(クロダイ)の生態について

記事545の画像25176

出典:visualhunt

チヌ(クロダイ)はスズキ目タイ科の魚で30~70センチと、堤防から釣れる魚としては大きい方です。基本的に雑食で甲殻類や小魚など何でも食べますが、警戒心が強く、回遊魚や根魚と比べると釣るのが難しい魚種です。春には産卵のため、体力をつけるべく餌の豊富な藻のある場所で餌を荒食いします。産卵後の夏は体を休めるため、餌に対する食いつきが少し悪くなります。秋は餌となる魚種が増えるため、自然と食いつきも良くなってくる時期です。チヌは寒いところが苦手なので、真冬になる前は越冬するため餌を荒食いし、脂肪分を多く蓄えます。冬場はなるべく水温の高い内湾や温泉など暖かい排水が流れてくる場所に生息していることが多いです。

チヌは雑食なので、たまにサビキにかかってきたり、ヘチ釣りやダンゴ釣り、ルアーなど様々な釣り方で楽しむことができます。一度掛かると引きが強く、勢いよく逃げるので、ゲーム性の高い釣りが楽しめ、初心者からベテランまで数多くの人から好まれています。

また、タイの仲間なので、持って帰って食べても美味しいです。刺身や焼き魚、ムニエルなど料理の幅も広いため、家族でサビキ釣りに飽きたときのターゲットにするのも良いでしょう。

シーズンによる釣り方の変化

先述していますが、チヌのトップシーズンは3~5月の春です。各シーズンによってポイントや釣り方や狙う位置、餌を変えることで、釣れる確率が異なってくるので、しっかりと情報収集してから釣行することをおすすめします。

春(3~5月頃)のチヌ釣り

記事545の画像25177

出典:visualhunt

春はチヌが産卵するため、藻がたくさんある場所を好み、磯やテトラなどに餌を求めやってきます。基本的に浅場にいることが多いですが、深場から浅場になる「かけあがり」もポイントです。テトラなどの際を狙う場合はヘチ釣りで落としながら探ってみましょう。春のチヌは上層・中層にいることがほとんどないので、かけあがりを狙う場合は、ある程度投げれて、底を狙うことができるダンゴ釣りやフカセ釣りで狙うことをおすすめします。

夏(6~8月頃)のチヌ釣り

夏のチヌは浅い場所から底まで幅広く活動しています。そのため、タナの深さを調節できるフカセ釣りやルアーで狙うことをお勧めします。また、この時期は甲殻類を中心に捕食するため、餌も変えてみると良いでしょう。夏は回遊魚などが活発になっているため、エビだとすぐに餌がとられてしまいます。カニ類や貝類の餌も試してみると釣果が変わってくるかもしれません。

また、夏はエサ取りを避けたりできる夜釣りもおすすめです。チヌの警戒心も弱まっているので、意外と簡単に釣れたということがあります。

秋(9~11月頃)のチヌ釣り

秋のチヌも夏とほぼ同じで、水面上部から底まで動き回っています。この時期の餌はさらに変化を加えてみても良いと思います。フカセ釣りで餌をコーンやさなぎなどに差し替えると釣果が上がったりすることがありますので、最低でも3種類は用意しておきましょう。エサ取りがいて釣りになりそうにない場合はダンゴ釣りでおびき寄せてエサが現れたときにチヌを狙う方針に変えてみても良いでしょう。

冬(12~2月頃)のチヌ釣り

チヌは水温が低いと沖の深場で春に向けて待機します。冬場の水温が10℃以下になると、チヌの釣果は大幅に下がるため、冬に狙うなら水温が他と比較して暖かい内湾で狙うことをおすすめします。この時期はエサ取りも少なく、底にいることが多いので、ダンゴ釣りでしばらく底をとるような釣りをしてみましょう。

また、冬に釣れるチヌが一番栄養を蓄えていて美味しいと言われていますので、釣れた際は是非持ち帰って食べてみましょう。

記事545の画像25178

出典:visualhunt

まとめ

チヌ(クロダイ)は基本的に1年中狙うことができる魚種です。初心者でも釣りやすく良型が釣れるのがトップシーズンの3~5月、夏と秋は色んな釣り方で探って楽しむことができます。冬の釣りは中々厳しいですが、釣れた時の嬉しさと、持って帰って食べれることを考えるとどのシーズンに行っても魅力があります。堤防から釣れるという魅力もありますので、家族連れや友人同士で行き、色んな釣り方や餌を試して楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連記事