FishMasterのロゴ

sin37

船釣りのベストシーズンは春と秋!季節ごとの船釣りの魅力を解説!

船釣りは、遊漁船などで気軽に沖に行き、船長の経験と知識から魚の釣れるポイントまで案内してくれるので地磯や波止・防波堤からの釣りよりも多くの釣果が得られ、またシーズンごとに釣れる魚も変わります。そんな船釣りの楽しさを紹介します。

船釣りのトップシーズンは春と秋

記事548の画像48622

出典:visualhunt

船釣りは、四季折々の魚が狙える釣りで周年楽しめる釣りです。遊漁船に乗って出航するのが一般的ですが、船長が持つ知識などを使って、そのシーズンの魚が釣れるポイントへ釣れて行ってくれますし、釣りやすいように船も操船してくれますから陸釣りよりはるかに効率が良いのです。船釣りは周年、楽しめる釣りですがその中でも春と秋はトップシーズンを迎えます。狙えるターゲットの数が増えるので釣り物も多く活性も高いので釣果が得やすいシーズンです。

この時期にトップシーズンになる理由

記事548の画像49253

出典:visualhunt

船釣りのトップシーズンは春と秋と前述しましたが、何故、春と秋なのでしょうか。基本的に船釣りは周年、魚を釣ることができます。理由は簡単でシーズンごとに旬な魚が存在しているからです。冬には冬の魚、夏には夏の魚と言う具合ですね。日本近海に生息する魚は温帯魚ですから水温がある程度、高い方が活性が高まります。つまり水温の下がる冬場は活性が低く、ターゲットも少ない訳ですが、春は水温の上昇と共に活性が上がり、狙い物も増えるので釣果が出やすいのです。秋は冬に向けて体力温存をするために荒食いを見せる魚が多いです。それだけに活性も高く口を良く使うのでやはり釣果が出やすいのです。

冬を目前に、出世魚で有名なブリ、サバ、アジ、キス、マダイ、カツオ、イサキ、ヒラメ、シイラなどなど多彩な顔触れが揃うのが秋の船釣りの魅です。春は冬から目覚めた魚でカレイ、メバル、カサゴ、マダイ、イワシ、アジ、サワラなど多彩な顔触れが揃います。船宿もそれぞれのターゲットに合わせて出船していますので、どこで何が釣れるのか確認して予約をいれましょう。

記事548の画像51344

出典:visualhunt

トップシーズンに狙う船釣りの魅力

トップシーズンは狙う魚の種類が豊富で、まず何を狙うのか?で船宿も変わります。旬の魚ですから、食味も良く釣って楽しいとあって人気の船は予約が取れないほどです。春はシーズンの始まりとあってアタリ外れもありますが、サワラやカンパチ、シーバス、ヒラメにブリ、マダイと、とにかく魚種が豊富です。何を狙うかで仕掛やタックルが変わりますが、どれもが長い冬を過ごし活性が高まっているので釣果は期待できます。秋口も魚種が豊富で、カンパチ、シイラ、サワラ、ロウニンアジ、タチウオ、マダイ、ヒラメ、ブリ、アジと春よりも狙える魚種は豊富なのです。そのどれもが活性が高く針掛かりしやすい時期なので期待ができます。

シーズン別による船釣りのターゲット

記事548の画像49247

出典:visualhunt

先にも述べましたが船釣りのトップシーズンは春と秋ですが、基本的に周年、釣りが楽しめるのも船釣りの魅力です。それぞれのシーズンに旬の魚を釣ることが出来ます。特に春と秋は狙える魚種も増え、釣果も期待できますが、その他のシーズンが悪い訳ではありません。では、代表的なシーズンごとの魚種をふまえて釣り方や傾向を見て行きましょう。

4月から6月 春の釣り

長い冬から春が訪れ、日に日に水温上昇が上昇し、春を告げる魚が釣れ始めます。カレイ、マダイ、サワラ、アジなどなど、釣って楽しく食して旨い魚です。回遊系ではハマチ、カツオなどもチラホラと姿を表して来ます。釣りシーズンの始まりと共に魚は長かった冬から目覚め、体力の回復を行うために活発な捕食活動を行います。それだけにルアーや釣りエサに果敢にアタックしてくるので釣果も期待ができます。釣り方は狙い物によって仕掛けやルアーなどが変わって来るので別項で確認して頂きたいと思います。

釣り方はサビキ仕掛けを使用したエサ釣りで狙う人が多いです。
歯の鋭いサワラは専用の仕掛けを用意しますが、市販のもの、船宿のオリジナル品などを使用して釣ります。

7月から9月 夏の釣り

太陽が輝き海も青さを増してくる夏。水温上昇と共に春の魚は姿をひそめると同時に夏の魚が元気よく泳ぎまわります。夏の代表は、キス、タコ、マゴチ、カツオ、シイラ、ロウニンアジに巨魚カジキなど元気な魚の印象があります。暑さ本番なので、アングラーも暑さ対策は必至ですが、夏の太陽の下、沖で釣る釣りは贅沢な時間です。釣り方はそれぞれ別項で確認して頂きたいのですが、船釣り初心者の方にも最適なキスは、数が釣れるのでお土産にピッタリ。天ぷらネタとしても最高に旨い魚です。9月後半からは秋の色合いが出始め、徐々に夏の魚の姿も薄くなって行きます。

釣り方はサビキを使用したエサ釣りや、ちょい投げで狙うキス、ルアーキャストで狙うカツオやシイラ、ロウニンアジなど多彩な釣り方で楽しめます。

10月から12月 秋の釣り

秋本番、船釣りのトップシーズン到来です。回遊系ではブリ、他でタチウオ、スズキ、アジ、サバなどなど釣り物が1年を通して一番豊富で、越冬前の荒食いを見せる魚たちで海は大賑わいです。特に大型魚に類するブリやマグロなども狙える時期なので何を狙いに行くか迷うほどです。狙う魚も春から成長し、成魚となり型も良くなっています。また夏の魚も数は減りますが、陸釣りでは既に狙える範疇を越えても、船釣りではまだまだ釣る事もできます。シーズンを通して一番、釣り物が多い季節なのが秋なのです。それぞれの魚の釣り方は別項で確認して頂きたいのですが、釣果は大きく期待できるシーズンです。

釣り方はジギングでの青物系やタチウオ。ルアーキャストでマグロやカツオにシイラ。タチウオは専用のテンヤ仕掛けもあります。

1月から3月 冬の釣り

寒い冬の釣りは水温が低下し、魚たちの活性も落ち多くの魚は深場に移動して行くので、釣り物は少ないシーズンです。地域によっては偏西風が強まり春先まで釣りが出来ないようなところもあります。それでも船釣りはカレイ、カサゴ、メバル、ソイなどの根魚を中心に楽しむことができます。冬の沖釣りは寒さとの闘いでもあるので、防寒服はしっかりとしたものをチョイスし暖かく釣りを楽しみたいですね。冬場は小物中心になってきますが、日によってムラがあるものの、カサゴやメバルは数が狙えるので、冬場の貴重なターゲットです。

釣り方はカレイなどはちょい投げ仕掛け、胴付仕掛けなどを使用し、根魚は胴付仕掛けで狙うのが基本です。

まとめ

記事548の画像49783

出典:visualhunt

船釣りのトップシーズンは春と秋ですが、そのシーズン以外でも楽しめるのが船釣りの一番の魅力です。沖に出て魚の居るポイントを直接狙うので、陸釣りよりも効率が良く釣果も期待できます。またシーズンごとに狙う魚が変わり、シーズンごとの美味しい魚を釣ることができるのも魅力の1つと言えます。
敷居が高そうに感じる船釣りですが、決してそのような事はなく、初心者向けの船宿も存在するほどです。船宿に予約の電を入れる際に初心者であること伝えると準備すべきものなど全て教えてくれます。この秋、一番のシーズンに船釣りを堪能してみては如何でしょうか。

関連記事