FishMasterのロゴ

nuri

ジギングで必要な道具とは?タックルやジグ以外の必需品を紹介!

ジギングに持っていく道具で悩んでいる方必見!船から釣るオフショアジギングではタックルやジグ以外にどんなものが必要になるのでしょうか?今回は必需品と持っておくと便利な道具を解説します。

当サイトおすすめ!
★ ジギングロッド人気ランキング ★

メジャークラフト スピニング ソルパラ ライトジギング SPJ-S60LJ

Amazonで詳細を見る

シマノ スピニング グラップラー BB ジギング S632

Amazonで詳細を見る

アブガルシア ベイト オーシャンフィールド OFLJC-62/120

Amazonで詳細を見る

ジギングに必要な道具とタックルの基礎知識

出典:visualhunt

船から釣るオフショアジギングで、まず必要となってくるのが、ロッド・リール・ライン・リーダー・ジグです。

ロッドは6.0ft前後で短く、軽くてしなりが良いものを、リールは近海であれば4000番前後、大物狙いであれば5000~6000番台を使いましょう。ラインはPEラインが基本で、サバやタチウオなどのライトジギングであれば2~3号、ブリ・ヒラマサ・マグロなど大物狙いの場合は4~5号を用意します。リーダーはフロロカーボン製のものを、ジグは状況に合わせて形状・カラー・重心が異なるタイプを複数用意しておきます。

タックルに関しては別記事で紹介していますので、詳しく知りたい方は以下を参考にしてみてください。

タックルとジグ以外にもオフショアのジギングに必要な道具があります。
船宿は予約したけど、何をもっていけば良いの?と悩んでいる方は参考にしましょう。

ジギングに持っていく必需品5個

ここではジギングをする際に必須となる道具をそれぞれ紹介します。船宿で用意されているものもあるかと思いますので、どれを持っていけば良いか予め問い合わせておくと良いです。

1.クーラーボックス

出典:photo-ac

クーラーボックスは船釣りをする際、必ず持っていく必要がある道具です。船宿によっては発泡スチロールのクーラーボックスが用意されていることもありますが、釣座としても使えるのでできれば自分で用意しておきましょう。サイズは大物が釣れることも加味して、50L以上のものがおすすめです。遠征などに行く場合は、持ち運びのしやすいソフトタイプのクーラーボックスが便利になります。

タカ産業 青物用クーラーバック

青物を入れるのにおすすめなソフトタイプのクーラーボックスです。
価格は7000円前後となります。

タカ産業 青物用クーラーバッグ 100cm

■サイズ:縦約32cm×横約100cm×高さ約32cm
■カラー:ホワイト
■素材:EVA

Amazonで詳細を見る

2.氷

出典:photo-ac

氷は船宿で用意されていることがほとんどだと思いますが、必ず確認し、ない場合は用意しておきましょう。魚の鮮度を保つためにも大事になってきます。

3.ライフジャケット

出典:pixabay

ライフジャケットは船に乗る際、必ず着けるようにしましょう。こちらも船宿で用意されていることがほとんどですが、念のため問い合わせてみて、ない場合は自分で持っていくことをおすすめします。ジギングは大物との戦いになるので、万が一海に落ちてしまっても問題ないよう準備しておく必要があります。

ダイワ(Daiwa)ライフジャケットウォッシャブルウエストタイプ手動・自動膨脹式DF-2207

改正法に準拠した、タイプAの腰巻ライフジャケット。

ダイワ(Daiwa)ライフジャケットウォッシャブルウエストタイプ手動・自動膨脹式DF-2207

サイズ:フリー(ウエスト55~140cm)
カラー:ブラック
素材/表地:ナイロン100%、気室:ナイロン100%(浮力:膨脹時7.5kg/24時間以上)
小型化と耐久性アップを実現した新型充気装置を搭載。

Amazonで詳細を見る

4.タオル

ジギングだけでなく、全ての釣りに必要となってくるのがタオルです。魚を触る用、手を拭く用、汗を拭く用で最低でも3枚は持っておきましょう。釣りが終わった後に道具を拭くために大きめのタオルを複数枚用意しておくと道具の劣化が遅れて長持ちします。

5.タックルボックス

出典:pixabay

船でジギングする際は、小型のタックルボックスを用意しておきましょう。途中でラインが切れてしまった時のために予備のPEラインや予備のリール、ジグ、はさみなど必要な道具が入っていれば問題ありません。船は狭いので余分なものは持たず、コンパクトに荷物を抑えておくことをおすすめします。

リングスター ドカットD-4700

釣具屋で良く売られているドカットはジギングで船に乗るときに便利なサイズです。上に座ることもできます。

リングスター(RINGSTAR) ドカットD-4700

重さ:2.56kg
サイズ:46.5cm×33.3cm×32.2cm

Amazonで詳細を見る

あると便利になる!ジギングの道具4個

出典:photo-ac

ここからはジギングにあると便利な道具を4つ紹介します。必需品とは言わないですが、持っているとジギングがもっと楽になるはずです。

1.アシストフック

アシストフックはジグの先端部分に付けて使うお助けフックです。もともとついているジグもありますが、尻尾部分にしかフックがついていないタイプのジグを持っている場合は、アシストフックも念のため用意しておきましょう。初心者の場合は釣果があがることがあるため、おすすめです。

オーナー アシストフックSSF41

糸が短いタイプのアシストフックです。ジグに喰いついてきた青物をゲットする確率が高まります。価格は2組入りで600円前後です。

OWNER(オーナー)アシストフックSSF41ショートジグアシスト1号11772

サイズ:1号
針数:2
入数:2

Amazonで詳細を見る

2.スプリットリング

スプリットリングはジグとリーダーを繋げる役目を果たす道具です。引きの強い青物や根がかりした際にスプリットリングが破損してしまう可能性があるため、予備で持っておくと良いでしょう。アシストフックを自分で作る場合にも必要となります。

オーナー P-14ソリッドリング572814

細くて丈夫なリングです。破断したり錆びたりすることがないと釣り人から評判の高い商品となります。価格は8個入で250円前後です。

オーナー(OWNER)P-14ソリッドリング572814

内径:5mm
入数:8

Amazonで詳細を見る

3.フィッシングプライヤー

フィッシングプライヤーはスプリットリングを介したフック交換の際や、釣れた魚の針外しとして利用します。歯がある魚の場合は針外しがプライヤーがないと針外しが大変になりますので、1本は用意しておきましょう。

ダイワ シープライヤー 190H

大型青物を釣ったときに便利なプライヤーです。
ラインのカットやガン玉潰しもできます。
光彩メッキで耐蝕性なので、1本持っておくと長く使うことができます。
価格は3,700円前後です。

ダイワ シープライヤー 190H

光彩メッキで耐蝕性が飛躍的にアップ
滑りにくく、操作性に優れた二重成型グリップ
太ハリス、底物用ワイヤーまで切断可能
大きなサイズの針も簡単に外せる頑強設計
はさんだラインを傷付けにくい極小アール付きギザ歯
300lb.まで対応の先端部スプリットリングオープナー
便利なPEライン対応カッター付き
尻手ロープ穴付き

Amazonで詳細を見る

4.フィッシュグリップ

フィッシュグリップは魚の口を挟んで持つ道具のことで、歯がある魚を持つ際に便利になる道具となります。手で掴んで持ち上げられる大きさの魚であれば不要かもしれませんが、ジギングの場合は大物を狙うためできれば持っておきたい道具です。

フィッシュグリップ アルミ製 最大荷重50kg

最大耐荷重50㎏で大型魚でも余裕を持って使用できます。
価格は3,000円前後です。

フィッシュグリップ アルミ製 最大荷重50kg

色: ブルー
最大耐荷重:50㎏

Amazonで詳細を見る

状況に応じて用意したい道具4個

ここでは魚を持ち帰ったり、天候に応じて必要になってくる道具を4つ紹介します。状況に合わせて持っていく道具を選びましょう。

1.フィッシングナイフ

出典:pixabay

釣れた魚の血抜きをするために必要な道具となります。船宿によっては血抜きをしてくれるところもありますので、釣れた魚を持って帰りたい場合は事前に情報収集しておきましょう。

2.偏光グラス

記事565の画像44946

出典:visualhunt

真夏の日中に釣行へ出る場合は偏光グラスがあると便利です。太陽の光が水面に反射してまぶしくなったり、目の日焼けを防いでくれる効果があります。

3.帽子

記事565の画像44953

出典:visualhunt

帽子も日中の釣行で日差しが強い時の日よけとして使用したり、乗合船の場合は他の人のハリが自分の頭に振ってきたときに守ってくれる効果が期待できます。必須ではないですが、釣りに行く際は帽子を持っておきましょう。

4.レインコート

出典:pixabay

海の天候は変わりやすいため、レインコートを1枚カバンの中に入れておくと便利です。持っていないと雨風で身体が濡れ、寒い時期の釣りは身体が冷えてしまったり、風邪をひいてしまう可能性があります。体を守るためにもコンパクトなタイプのレインコートを持っておきましょう。

5.グローブ

釣り用のグローブももっておくと、冬の寒さ対策や滑り止め対策として使うことができます。エサを使うわけではないので、指先が出ているタイプでなくても問題ありません。手に密着するグローブを選びましょう。

メジャークラフト フィシンググローブ MCJG

サイズ:L
グレー×ブラック

Amazonで詳細を見る

6.船用シューズ

船上は水浸しになることも多いため、専用のブーツを持っておくと足が濡れずに済みます。ショートブーツであれば着脱が簡単なのでおすすめです。

プロックス ショートデッキブーツ ダークグレー LL(27_27.5CM)

●カラー:ダークグレー
●サイズ:LL(27〜27.5cm)
●材質:ラバー

Amazonで詳細を見る

道具を揃えてジギングをもっと楽しもう

今回はジギングに必要な道具について紹介しました。船での釣行は、タックルとジグだけでなく、様々な道具が必要になります。また、船宿を予約している場合はどのような道具が販売・レンタルしているのか、血抜きサービスはしているのかなど予め情報収集しておくことが重要です。自分が必要だと感じる道具を揃えて、オフショアジギングを楽しみましょう!

当サイトおすすめ!
★ ジギングロッド人気ランキング ★

メジャークラフト スピニング ソルパラ ライトジギング SPJ-S60LJ

Amazonで詳細を見る

シマノ スピニング グラップラー BB ジギング S632

Amazonで詳細を見る

アブガルシア ベイト オーシャンフィールド OFLJC-62/120

Amazonで詳細を見る

関連記事