FishMasterのロゴ

Aottii

オニカサゴ釣りにオススメの竿とは?選び方や人気の商品を紹介!

刺身や鍋にすると最高に美味いオニカサゴ、そんなオニカサゴですが高値で取り引きされている高級魚でもあります。
今回はそんなオニカサゴ用竿の選び方についての記事になります。

オニカサゴの狙い方とは?

出典:Foter

オニカサゴの狙い方は船で沖に出ての底釣りというのがあります。
片テンビンと錘(オモリ)を使ってエサを常に底付けしてから釣るという方法で、投入して錘が底に付いたら手早く糸のフケを巻き取って底立ちを確認し、たまに軽く竿を動かしながら誘って食い込ませるというやり方になります。
取り込む直前までかなり力強いファイトを見せるので、電動リールがあった方が釣りやすいです。

オニカサゴ用竿を選ぶ上では、感度の良さと電動リールの有無が重要

出典:Foter

オニカサゴ釣りというのは水深の深い底部分を攻めるというスタイルなので100~200号のオモリが使えて、かつ重量もアタリの取りやすさを考えると軽量の竿が適しています。
それから先述していますが電動リールもあるのと無いのとでは釣りやすさが断然違ってくるので、出来れば電動リールも用意した方が良いです(理想としてはPE6号でも500m巻けるラインキャパのある物がオススメです)。

長さはどれくらいが良いか

オニカサゴ用の竿として一番最適な長さは2メートル前後、「長くも短くもない」くらいの長さです。
このくらいの長さの方がオニカサゴのアタリを取れ、食い込ませる事が出来るので、それがこの長さが一番最適な理由となります。
あまりにも短過ぎると底を取れませんし、長過ぎてしまうとオニカサゴのアタリを取れませんからね。

調子について

調子は底立ちを取りやすく、かつアワセの効きやすい先調子(8:2や7:3などの)が適しています。
オニカサゴ釣りではオモリを用いるなど重量のある仕掛けが必要で、それを操作しやすいのが先調子だからです。
重量のある仕掛けを操作しやすいだけでなく、強い魚の引きにも負けない特徴があるというのも、先調子をオススメする理由になります。

長さ、調子以外の大事なポイント

長さや調子以外で大事なポイント、それは感度・重量になります。
オニカサゴのアタリは明確な物もあれば、逆に竿先にごく僅かなアタリが来る事もあるので、繊細なアタリを捉える必要があるという意味では感度はまず大事です。
重量についてもオモリなど重い仕掛けを使いますから、感度のこともありますし、やはりライトタックルを使うのが好ましいです。

オススメのオニカサゴ竿を紹介!

出典:Foter

では今からオススメのオニカサゴ竿を紹介します。
繊細なアタリを見抜く感度の良さと力強いファイト、つまり「繊細さと力強さ」の両方を必要とします。
故に入門用というのが存在せず、価格も最低で1万円以上はします。
ですが手にすれば、その価値を感じ取れる商品ばかりです。

ピュアテック:18'無限ピュア船 180-150号 Purple Edition

アカムツオニカサゴに18'無限ピュア船180-150号PurpleEdition[ホワイト/ブラック](goku-mpf-180-150)

カラー:ブラック or ホワイト
全長182cm
仕舞寸法125cm (バットジョイント)
標準自重:386g
元/先径:10.5/2.4mm (素材採寸)
推奨オモリ負荷:150号 (100~200号)
適合ハリス:~20号
ガイド:Fujiステンレスフレームローライダーガイド
リールシート:富士工業DPSリールシート
ブランク:100%グラスソリッド
グリップ径:約26mm
付属品:竿袋

Amazonで詳細を見る

無限ピュアシリーズならではの穂先の柔軟さや胴で魚を受け止める素晴らしさをキープしながらも、力強さやタフさを増したことでより一層大物を受け止められ、コントロールして釣ることを可能にしています。
先調子(7:3)かつバットにトルクが付いたアクションによって、オニカサゴなど中深海に佇む魚種の釣りに最適です。
船竿の多くによくあるダレやすい感触を解消、繊細さを持っている穂先によって小さいアタリまでしっかりと捉え、掛けてからは実にスムーズにオニカサゴを捕らえれます。

ダイワ:アナリスター オニカサゴ 190

ダイワ(Daiwa)アナリスターオニカサゴ190

全長(m):1.90
継数(本):2
仕舞寸法(cm):100
自重(g):200
先径/元径(mm):1.6(1.4)/13.4
オモリ負荷(号):80-200
適合クランプサイズ:SS
カーボン含有率(%):67
並継 7:3調子

Amazonで詳細を見る

小さなアタリを捉える高い感度とバラシを防ぐ粘り強さ、この両方を兼ね備えたオニカサゴ専用竿が本商品です。
オニカサゴ釣りにおいて大事とも言える感度と食い込みの良さが最適なバランスになる様に設計されています。
調子はもちろん先調子(7:3)、深場を狙っての繊細で小さなアタリを捉えると同時に、違和感を感じさせることなく食い込ませられます。
ネジレ防止のための「X45構造」を採用しているので操作性が向上、持ち重なりを感じさせない軽量さと相まって、積極的な誘いやタナ取りが行いやすいのも特徴です。

ダイワ:ディーオ TSG 100-200

ダイワ(Daiwa)船竿ベイトディーオTSG100-200釣り竿

ロッド(釣り竿)タイプ:船竿 ベイト
標準全長:2.00m/仕舞:105cm
継数:2本
標準自重:170g
先径:1.2mm
元径:12.4mm
おもり負荷:80-130号
カーボン含有率:70%
適合クランプサイズ:SS

Amazonで詳細を見る

チューブラー素材と軽量センサーグラストップの2つのコンビネーションで、軽快に使えるのが魅力です。
軽さ・強度、この2つを兼ね備えているチューブラー素材を元にし、穂先部には柔軟で感度が高く食い込みのしやすさに優れた軽量のセンサーグラストップを搭載しています。
ショートロッドらしく取り回しの良さという魅力がありながらも、軽さと感度の良さにコダワリを持たせています。

舞網工房: ZEALOT SOLID OFFING 2

舞網工房 ZEALOT SOLID OFFING 2

★素材  高密度 ホワイトグラスソリッド(無垢) 100% 
★全長  185cm  リアル1ピース
★色  パールホワイト× ライトブルー 
★自重  350g  
★錘負荷  ~200号 (実釣から目安)
★適合ハリス  ~20号 (目安)

Amazonで詳細を見る

オニカサゴから大型カツオや小型のマグロまで幅広くする対応です。
パッドのパワーに余裕があるので、大物釣りも余裕で行えます。
細めのフォルムかつ高感度というだけでなく、食い込みの良さや食い込み後のファイトにも応えれる抜群の粘り強さも魅力です。
ブランクスのポテンシャルも大変優れているので、しなやかで安心感があります。

シマノ:バンディット 中深場 82 MH200

シマノバンディット中深場82MH200

全長(m):2
継数(本):2
仕舞寸法(cm):103.5
自重(g):150
先径/元径(mm):1.7/11.6
錘負荷(号):80~150
カーボン含有率(%):94.4
リールシート位置(mm):405

Amazonで詳細を見る

オニカサゴなど中深場の魚種を攻略するために開発・設計された、本体をシマノロッド・テクノロジーの代表格とも言えるX構造を採用した専用竿です。
スパイラルX構造を採用したブランクス、ハイパワーXソリッド仕様(グラスソリッドにカーボンテープで強化した)を採り入れた穂先など、これらはネジレやブレを防ぐのと深場からの小さいアタリもしっかりと捉えるのに貢献しています。
ブランクスは軽量化されているので、長丁場においてのファイトも対処可能です。

ダイワ:ディープゾーン 73調子 120-210

ダイワ ディープゾーン 73調子 120-210

標準全長(m):2.10
継数(本):2
仕舞寸法(cm):111
標準自重(g):240
錘負荷(号):80-250

Amazonで詳細を見る

粘りとパワーに優れたロッドです。
アタリをはじきにくくバラシにくい粘りを備えつつ、青物とも楽に渡り合えるトルクフルなパワーをネジレ防止の最適構造「X45」構造で実現しています。

ピュアテック:中空総糸巻 中深海 グランドエボ エアブランク 190-150号

中空総糸巻中深海グランドエボエアブランク190-150号ブラック(黒)(goku-950615)

カラー:ブラック
全長:197cm(キャップ含む)
仕舞寸法:160cm
元径/先径:14.5/2.2mm(素材採寸)
標準自重:660g
推奨錘負荷:100~200号
ハリス:~20号
竿袋付

Amazonで詳細を見る

グラスソリッドならではの粘り強さと剛性の高さに加え、独特なチューブラー構造によって大幅な軽量化しており、感度の良さに繋がっております。
ソリッドグラスと比べてネジレに対する耐破断値が高く、エアブランク中空構造の採用による軽量化で自重を抑え、ブランク自身が重いことによるダレやモタつきを解消しています。
感度の良さや操作性の向上もそうですが、総糸巻き処理によるトルクアップを実現しており、軽快感とパワフルさを兼ね備えた専用竿です。

アルファタックル:HB オニカサゴ 200

アルファタックル(alphatackle)HBオニカサゴ20003242

全長:2m
継数:2本
仕舞:142cm
自重:240g
先径:2mm
元径:14.7mm
錘負荷:100-200号

Amazonで詳細を見る

深海釣り歴40年以上もの実績を持つ、ディープマスター・テル岡本氏監修によって開発・設計されたオニカサゴ専用竿です。
調子は8:2、錘負荷100~200号なので、全国各地のオニカサゴ釣り対応しています。
視認性の高いホワイトトップの採用、Fuji KBSG+KWSGガイドスペックによって先調子を妨げないので、この上ない扱いやすさがあります。

シマノ:ライトゲームリミテッド 船 TYPE82 H-190

シマノロッドライトゲームリミテッド船TYPE82H-1901.9m

長さ:1.9m
錘負荷(号):40-200
釣種:船
継数(本):2
仕舞寸法(cm):125.4
自重(g):134

Amazonで詳細を見る

スパイラルX・ハイパワーXのダブルX構造のブランクスを始め、パーツ全ての見直しを行って登場したライトゲームリミテッド・モデルが本商品です。
最大およそ11パーセントの細径化に成功、同時にフレーム全てがチタン製に、基本性能も大幅に向上しています。
芯からブレないので、激しいウネリや風の中においても軽快なフィッシングを楽しめます。

まとめ

出典:Foter

軽さや感度の良さが竿に求められる魚種もありますが、今回のオニカサゴみたいに軽さや感度の良さだけではなく、食い込み後のファイトに対処できる力強さも求められる魚種もあるというのがお分かり頂けると思います。
竿のみならず、そもそもオニカサゴ自体が高級魚として取引されていますし、そういう意味でもオニカサゴ釣り及びオニカサゴ用竿というのは敷居が高いのに違いありません。
ですが高級魚であるからこそ挑戦し甲斐がありますし、釣れた時の満足感は凄いというのも確かです。

関連記事