FishMasterのロゴ

nakamiyu

マダイ釣りにおすすめの竿はこちら!釣り方別の最適な竿をご紹介!

マダイは何といっても高級魚の代表格。それにも関わらず初心者でもけっこう簡単に釣れます。そのためには、ちょい投げ、投げ釣り、舩釣りと、釣り方に応じた適切な竿選びが肝心。この記事ではそういった釣り方に加えおすすめの竿をご紹介します。

マダイは投げ釣りと船釣りで狙う

記事611の画像35736

出典:PEXELS

ここではマダイの主な釣り方について、ごく簡単にご説明します。大きく分けると、投げ釣りと船釣りになります。投げ釣りにはちょい投げ釣りと呼ばれる、初心者向けの方法もあります。

女性や子どもにもおすすめのちょい投げ釣り

ちょい投げ釣りは、誰でも簡単に釣れる方法として人気です。もちろん釣りの初心者にもおすすめ。釣り針に付いた餌を竿を振って岸から遠くへ投げる釣り方は投げ釣りと呼ばれます。ちょい投げ釣りは数メートルから30メートルまでの近い距離だけを投げる釣り方です。比較的岸の近くにいる魚を釣ることが出来ます。マダイも特にベストシーズンには陸地の近くにいることが多いので、ちょい投げで釣れます。
ちょい投げは本格的な投げ釣りとは異なり、重く長い釣竿を遠投するようなことがありません。そのため力のない子供や女性にも人気の釣り方なのです。

本格的投げ釣りで大物マダイを狙う

本格的な投げ釣りでは沖合にいる大物のマダイを狙えます。100メートル以上を投げることになります。当然、慣れてきた方、比較的力のある方向けの釣り方です。ちょい投げと同じで潮通しの良い堤防などから釣ることになります。30号の竿で体長80センチくらいの大物に対応しています。竿の長さは4メートルくらいを使います。

マダイ釣りの本領は船釣りだ!

船釣りは、魚を熟知した船長の船に乗って、釣りやすい場所に連れて行ってもらって釣ることが出来る方法です。釣りたい魚を決めた上で乗る船を決めることになります。投げ釣りよりももっと沖の方にいるマダイを狙えます。船長から釣りについて詳しく学べるので、本格的なように見えて案外初心者にも向いた釣り方でもあるのです。
マダイは特に船釣りというイメージがあるほど、この方法が釣りやすい魚です。

マダイの釣り方によって最適な竿を選ぼう

記事611の画像20755

出典:Pexels

ここではマダイの、それぞれの釣り方に適した竿や錘について簡単にご説明いたします。ちょい投げ釣り、投げ釣り、船釣りと3種類に分けて順番に解説してあります。

マダイちょい投げの竿について

マダイちょい投げの竿は2メートル前後

ちょい投げに使われる竿は2メートルくらいです。遠投はしないので長さは必要ありません。またその方が軽く持ち運び易いので初心者に適しています。特にコンパクトロッドと言われるタイプは携帯性に優れています。使わない時は竿を短く出来るタイプです。これは、だいたい5本くらいの太さの異なる竿が1本に繋がっています。順番に、細い方から太い方の内部へと収納されていって短くなります。
コンパクトロッドには、ちょい投げ用に竿以外の仕掛けもセットになったものもあります。しかも値段が手頃なセットが多いのです。こうしたセットは特に初めての方には購入しやすいですね。

ちょい投げの竿は先調子で3号から12号

竿の調子は先調子を選びます。先調子とは、竿の先端に近い方だけがしなる竿のこと。先調子は他の釣り方でも初心者向けの竿であるとされています。また、先調子の竿は非力な方でも遠くまで投げ易いのです。そのため、ちょい投げ釣りでは先調子が使い易い竿ということになります。
錘負荷は3号から12号までです。錘が重いほど遠投できますが、それだけ力もテクニックも必要となります。気軽なちょい投げ釣りはこの錘負荷で充分です。

ちょい投げの竿は10号から15号

ちょい投げ釣りに適した竿は10号から15号までの硬さです。この号数で長さが2メートル前後から3メートルまでのロッドは、軽くてコンパクトなので扱いやすいです。そのため、竿を扱いなれない初心者や、力のない女性や子どもでも大丈夫なのです。
こうした竿は万能タイプ、多目的タイプと呼ばれます。ちょい投げ釣りだけでなく、サビキ釣りや探り釣りなどにも使うことが出来ます。

マダイの本格的投げ釣りの竿のスペック

マダイ投げ釣りの竿は約4メートルで30号以上

本格的な投げ釣りには4メートルほどの長い竿を使います。錘の重さも30号以上となります。慣れてきた方、比較的力のある方向けの釣り方です。ちょい投げと同じで潮通しの良い堤防などから釣ることになります。そこから離れたところにいるマダイも、釣ることが出来る方法です。ちょい投げより大物を釣れます。30号で体長80センチくらいの大物に対応しています。

マダイ投げ釣りの竿はガイドロック仕様でカーボン素材を

特に遠投する際には、ライン(釣り糸)がラインを通すガイドから外れてからまったり、ガイド自体が空回りすることがあります。それを防ぐためには、しっかりとガイドが固定された「ガイドロック仕様」の竿を選ぶ必要があります。
また竿の材質も重要です。ロッドにはカーボン製とグラス製がありますが、投げ釣りに向いているのは反発力のあるカーボン製です。

投げ釣りは大物狙いならハードガイドの竿は避ける

ハードガイドはプラスティック製が多く、金属製は今ではほとんど見ることがありません。遠投して大物を釣り上げる際には、重い錘を使います。その時ハードガイドではガイドが削れてしまうことがあります。そのため大物を狙う時には、シリコンカーバイドという、軽量でありながら硬度のあるガイドを使います。ただし、シリコンカーバイドはハードガイドより高価な竿になります。

マダイの船釣りに必要な竿のスペック

マダイの船釣りには3メートルで錘負荷80号くらいの竿を使う

船釣りには基本的には3メートルかそれより少し長いくらいの竿を使います。コマセをしゃくる、置き竿にするという動作がやりやすいためです。錘負荷は号数は20号から100号くらい。これに船宿の指定するビシを付けます。

マダイの船釣りの竿は胴調子を選ぶ

マダイは非常に引きの強い魚です。その動きを吸収し、いなすためには胴調子の竿が向いています。手元側から6:4または5:5くらいのところでしなる竿が最適ですね。
また、マダイ釣りには出来るだけ仕掛けを動かさないことが肝心となります。そのために、船の揺れを吸収してくれる胴調子を使うという理由もあります。

マダイの船釣りの竿はグラス素材を選ぶ

船釣りの竿はマダイ釣り以外でも、グラス素材が使われることが多いです。ねばりと強度を重視するためです。カーボン素材の方が軽いのですが、マダイ釣りは船に竿を固定して待つことが多いので、軽い竿を使う必要はないのです。

マダイを狙おう!釣り方別おすすめ竿

記事611の画像34678

出典:PEXELS

ここでいよいよおすすめの竿の具体的な商品名を挙げてゆきます。ちょい投げ、投げ釣り、船釣り、それぞれに適した竿を項目別に分けてご紹介します。

マダイちょい投げの竿6選

記事611の画像35906

出典:FREEIMAGE

振出竿は、コンパクトにまとまるため携帯性に優れていることが特徴です。一方で、竿のパワーが落ち、投げ竿としては飛距離が伸びにくいデメリットもあります。またあたりの感覚も弱くなります。
手入れを怠ると、継ぎ目の節の部分に塩分や砂などが入り込み、伸縮が出来なくなったり、竿に傷がついて寿命が縮むことに注意が必要です。

№1 プロマリン わくわくちょい投げセット 

約6,000円クラスのちょい投げ竿をメインとしたセットです。これ一つで早速ちょい投げ釣りに出かけられますよ。セット価格として考えるとレンタル竿よりもお得ですね。

プロマリン(PROMARINE)PGわくわくチョイ投げセットDX300(TRS-30GS)

3メートル
6号から20号
230グラム

Amazonで詳細を見る

№2 シマノ ホリデーパック 10-240T

7,500円くらいのややお高めのタイプです。
安定感のある釣りが楽しめます。
船釣りや海上釣堀にも使える汎用性の高いロッドでもあります。
いずれも小物釣り向けです。

シマノ ホリデーパック 10 240T

全長(m):2.4
継数(本):8
仕舞寸法(cm):44.5
自重(g):143
錘負荷(号):5~20

Amazonで詳細を見る

№3 ダイワ ロッドモバイルパック 705TMLS

約15,000円くらいの高級なロッドです。値段だけあって使い勝手についても耐久性についても、大変満足のいく竿です。こちらもちょい投げだけでなく汎用性の高いタイプ。慣れてきたら様々な釣りに使うことが出来ます。投げの飛距離も出やすいので、あまり力のない方でも遠くまで飛ばせますよ。

ダイワロッドモバイルパック705TMLS

2.13メートル
5号から20号
100グラム

Amazonで詳細を見る
記事611の画像35909

出典:FREEIMAGE

№4 ダイワ リバティクラブ ショートスイング 15-300

釣り具メーカー大手ダイワの、約8,000円台と比較的安価なロッドです。
長めの竿ですが軽めに作られており、あまり力のない方でも遠くへ飛ばしやすい竿です。

ダイワ リバティクラブ ショートスイング 15号-300・N

全長(m):3.00
継数(本):5
仕舞(cm):71
自重(g):240
錘負荷(号):10~20

Amazonで詳細を見る

№5 ダイワロッドリバティクラブショートスイング15-330

同じく約8,000円ほどのロッドです。
これくらの値段の物だと、壊れやすい先端部だけを交換してもらうことも出来ます。
廉価版を買うよりお得なのです。
長く釣りを楽しみたい方には最初から良い値段の竿を購入されることをおすすめします。
もちろん使い勝手も値段だけのことはあります。
ストレスなく釣りが楽しめます。
ちょい投げ竿としては長めのタイプなので、力がある方や慣れてきた方向けです。

ダイワ リバティクラブ ショートスイング 15号-330・N

全長(m):3.30
継数(本):5
仕舞(cm):78
自重(g):265
錘負荷(号):10~20

Amazonで詳細を見る

№6 タカミヤ SmileShip チョイキャス 並継 210ML KW-2360

ちょい投げ用のロッドながら、場所や釣り方を選ばず活躍するロッドです。
適合オモリが5~12号なので、堤防からのちょい投げには丁度いいスペック。
価格は6000円ほどです。

タカミヤ SmileShip チョイキャス 並継 210ML KW-2360 ブラック

全長:212㎝
継数:2本
仕舞寸法:110㎝
適合オモリ:5~12号

Amazonで詳細を見る

本格的な投げ釣りにおすすめの竿5選!

記事611の画像38592

出典:PEXELS

№1 オルルド釣具 スーパーゴリルドⅡ 425-40号

まさに大物マダイ狙いの本格派に相応しい1本! 
腕力と体力に自信のある方向けです! 
価格は1万円ほど。
重いだけでなく頑丈に作られていて、硬いので錘も重いのを付けて遠くに飛ばせます。出来るだけでっかいマダイを遠投で釣り上げたい方に。

オルルド釣具 スーパーゴリルドⅡ 425-40号

全長:約4.25m 
継数:5本、振出 
錘:80~150g 
仕舞:約123.5cm 
自重:約550g 

Amazonで詳細を見る

№2 アルテマ インビンシブルサーフⅡ

マダイ投げ釣りに対応した本格派ロッド。
こちらは一万円を超えるくらいの価格となります。
がっちりとして硬く重い、しかししなやかさのある投げ竿です。

アルテマ インビンシブルサーフⅡ 4.2m 60号 3本継並継 バイオレット

全長:約4.2m 
継数:3本、並継 
錘:80~225g 
仕舞:約146cm 
自重:約700g 

Amazonで詳細を見る

№3  ダイワ ロングサーフT 35-530・Y

こちらは2万円台の並継ぎ投げ竿です。
値段が高いほど使い易く遠投しやすいだけでなく、硬い割りに軽くしかも丈夫な物となります。
このくらいの価格帯から、本格的な投げ釣りの竿と言える物が出てきます。
しかも5メートルを超える長さで、まさに本格派のための投げ釣り竿です。

ダイワ ロングサーフT 35-530・Y

全長(m):5.30
継数(本):5
仕舞(cm):121
自重(g):560
錘負荷(号):30~40

Amazonで詳細を見る

№4 シマノロッドスピンパワーパワーフィッシング振出425BX-T

8万円を超える最高級レベルの投げ釣りロッドです。錘負荷の割にとても軽い、しかも丈夫です。長く大事に使えます。もちろん投げやすさなどの使用感も抜群。振出タイプなので携帯性もあります。高級魚マダイを釣るに相応しい1本です。

シマノロッドスピンパワーパワーフィッシング振出425BX-T

4.26メートル
27号から35号
495グラム

Amazonで詳細を見る

№5 ダイワ ダイワ リバティクラブ サーフT

約7,000円台の廉価版の投げ竿です。
ちょい投げでは物足りない、本格的な投げ釣りをしたいが、竿にそれほどお金はかけられないという方向けです。
これでちゃんとマダイも釣れます。

ダイワ リバティクラブ サーフT 20-360・K

全長:3.60m
仕舞:102cm
継数:4本
自重:330g
錘負荷:15-25号

Amazonで詳細を見る

大物マダイを狙える船釣り竿5選!

記事611の画像38587

出典:PEXELS

№1  無限ピュア船 180-100号 PurpleEdition ホワイト

だいたい15,000円を少し超えたくらいの価格のロッド。
コマセマダイの竿としては比較的お手頃な価格です。
余分な装飾を排してコストダウンしており、価格の割には使い勝手の良い竿となりました。
汎用性が高いロッドですが、マダイ釣りにも使えます。

無限ピュア船 180-100号 PurpleEdition ホワイト

■全長182cm
■仕舞寸法125cm (バットジョイント)
■標準自重:362g
■推奨オモリ負荷:100号 (50~120号)
■適合ハリス:~12号

Amazonで詳細を見る

№2 アマノ釣具 ZEALOT MP NEW マダイ 7-220

こちらも一万円強くらいの価格コマセマダイ釣りの竿です。機能のみの重視ではなく、デザイン性もあるタイプ。色は、メタリックパープルとパールホワイトから選べます。コマセマダイ用でありながら、青魚や夜イカにも対応している汎用性の高いタイプでもあります。並継ぎタイプ。

NEWカラー手持ち・誘いコマセ真鯛ロッドムーチングパワー/軟調子

2.2メートル
100号まで
継ぎ数2本
320号

Amazonで詳細を見る

№3 ダイワ 潮流マダイ 270・Y

2万円台のロッドです。
2.7メートルと長めでも軽量で、胴調子のしなりと曲がりの良さはさすが価格だけのことはある製品です。
コマセマダイに特化したモデルで、グラス特有のムーチングアクションを実現しながらも、軽量特殊グラス素材を使用することで軽快な操作感を実現しています。

ダイワ 潮流マダイ 270・Y

全長(m):2.70
継数(本):2
仕舞(cm):139
自重(g):170
錘負荷(号):20~100

Amazonで詳細を見る

№4 ダイワロッドリーオマスター真鯛SS-270・W

まさにマダイ専科として開発されてきたシリーズの進化したロッド。しかも船竿専用に開発した[AGS]を採用。より一層の、軽量化と竿のしなやかでスムーズな曲がりを実現しました。お値段は5万円弱の高級ロッドです。それだけに釣り応えも抜群ですよ。もちろん使用感に優れた並継ぎタイプです。

ダイワロッドリーオマスター真鯛SS-270・W

2.7メートル
20号から100号
継ぎ数2本
143グラム

Amazonで詳細を見る

№5 シマノ 海攻マダイリミテッド S+265

こちらは6万円台のより高級なロッドです。
大手釣り具メーカーシマノが製造する、コマセマダイの釣り竿の中でも中心的な存在です。
コマセマダイであれば、他の条件は問題にならない適応性の高いロッドです。

シマノ 海攻マダイリミテッド S+265

全長(m):2.65
継数(本):2
仕舞寸法(cm):136.0
自重(g):235
錘負荷:50~100号

Amazonで詳細を見る

マダイの釣り竿で最大のおすすめのポイント

ワンシーズンだけお試しで釣りをしたいなどでない限り、出来れば6,000円以上の竿を購入した方が、長い目で見るとお得です。部品だけの交換が効くだけではありません。力を入れなくても飛距離が伸びること、あたりの感覚など使った感じの良さが段違いなのです。せっかくの釣りをストレスなく楽しみたいなら、振出・並継ぎに関わらず、ある程度の値段の物を使った方が良いのです。
ちょい投げ釣りや船釣りなら竿の長さは1.6メートルから2メートル前後くらいがおすすめです。その方の体格や腕力に合わせて、小柄な方や非力な方、お子様は短めの竿が良いでしょう。投げ釣りなら4メートルくらいが最適な長さになります。
後は、振出の携帯性か、並継ぎの飛距離や感度かを個々人の好みで選ばれると良いですね。
ご自分に合った竿で是非、人気の高級魚であるマダイをゲットしてみてくださいね!

関連記事