FishMasterのロゴ

ahiruahiru

ぶっこみ釣りでのおすすめの竿は?どんなもの使えば釣れる?

複雑なタックルや、手間のかかる釣り場所を必要としないお手軽なぶっこみ釣り。初心者や家族でも一緒に楽しめる代表的な釣法で、釣りを楽しむならとてもおすすめです。今回はぶっこみ釣りを更に何倍も楽しむ為に、おすすめの竿について解説していきます。

ぶっこみ釣りってなんだっけ?投げ釣りとの違いは?

記事614の画像24106

出典:visual hunt

ぶっこみ釣りとは主に錘、ハリ、ハリスで作成された仕掛けをポイントに投げ込み、獲物が掛かるのを待つ釣法です。
その仕掛けの仕組みや釣法は投げ釣りと非常に似通っていますが、ぶっこみ釣りとはタックルのライトさと投げ込みの距離で区別されています。
又、本や記事によってはちょい投げ釣りとも形容されていますね。
投げ釣りと違って遠投せず、基本的には小~中距離当たりの距離を狙っていきます。ですので場所はサーフ、ショア、堤防等仕掛けを投げ入れれる場所であればどこでも行う事が出来ます。
又、使用するタックル(釣り具一式)も簡単なものを使用する事がほとんどですので、初心者にもおすすめできる釣法となっています。

ぶっこみ釣りで狙えるターゲット

ぶっこみ釣りで一番の定番は日本各地に生息しているクロダイが挙げられます。堤防、港、サーフ問わずどこからでも狙えるので、初めての方はまずはクロダイを狙っていきましょう。
他にもアナゴ、アイナメ、カサゴ、時期によってはマダイも狙えるターゲットとなっています。
これらも基本的なぶっこみ釣りの仕掛けにて釣る事も可能ですので、初心者でも狙いやすいです。

ぶっこみ釣りで使用するロッドの基本的な選び方は?

記事614の画像24107

出典:visual hunt

ぶっこみ釣りで使用するなら感度の良い磯竿がおすすめとなっています。
投げ釣りとの最大の違いは遠投距離です。投げ釣りでは考慮しなければならない遠投のしやすさや錘の耐久性等は、あまり遠投しないぶっこみ釣りではそこまで考えなくて問題ないのです。
従って、魚のアタリの感度に優れ、魚のバラシも比較的容易な磯竿と使用する事がおすすめです。
磯竿の号数は普通と異なり、錘ではなくハリスの号数で分けられているので選定時には注意が必要して下さい。
大物や特定のターゲットを絞らず、様々な魚を釣り上げる五目釣りであれば2号程度で十分ですが、クロダイ等少し大物を狙う際には3号以上のロッドを使用しましょう。

ロッドの長さについて

ぶっこみ釣りは5メートル前後の長さの磯竿を使用するのが一般的です。
場所や重さによっては3~4メートルの物を使用する事もあります。
自分の使用用途によって使い分けましょう。
長いロッドであれば飛距離が稼げたりハリスを長く取る事が出来るし、短いロッドだと操作性に優れていたり狭い場所でも使いやすかったりといったメリットがそれぞれあります。
しかし、狙えるターゲットのオールラウンダーさから考えると、5メートル程の長さの物をおすすめします。

ぶっこみ釣りで使用する錘は?

ぶっこみ釣りの場合、飛距離もそこまでなく水深も浅い事が多いので、錘はそこまで重量のあるものでなくても問題ありません。
重くても30号まで、10~20号位の重さが一般的です。良場所であれば10号以下の重さでも対応できることもあります。

ぶっこみ釣りおすすめのロッド10選!性能も徹底解説!

記事614の画像24108

出典:visual hunt

ぶっこみ釣りで使用するのにおすすめの竿を紹介していきます。
読むときの基礎知識として、錘の1号は3.75gと言う事を意識して下さい。
つまり10号対応とあれば、錘37.5gまで耐えられますよと考えて差し支えないです。又、ハリスやラインの号は糸の太さを表しているので混同しない様に注意して下さい。
竿はぶっこみ釣りに有効な遠投用の磯竿を中心にご紹介しています。

商品1.ダイワ磯竿スピニングインターラインリーガル4-52遠投釣り竿

ダイワ(Daiwa)磯竿スピニングインターラインリーガル4-52遠投釣り竿

Amazonで詳細を見る

初心者が手にする最初の一本としては、こちらのダイワのスピニングインターラインリーガルをおすすめします。堤防やショアなど場所を選ばない対応力や、中通りの構造のメリットである道糸が穂先に絡みにくいといった特性をしっかりと体感する事が出来ます。
全長は5.15メートル、自重425g、対応ハリス、ラインは3~10号とぶっこみ釣りに適したスペックを持っています。

商品2. GotureFlame 投げ竿/AQUILA

GotureFlame 投げ竿/AQUILA

全長:2.16m  
仕舞:42cm 
竿自重:152g

Amazonで詳細を見る

こちらは値段が手頃ですが、持ちやすいグリップ、持ち運びに便利なコンパクトなデザイン。
2.1メートルでも152gという軽さ。
24Tカーボンシートを使用しているので、強さもしっかりとあります。

商品3.ダイワロッドリーガル3-53遠投

ダイワロッドリーガル3-53遠投

Amazonで詳細を見る

全長5.3メートル、自重305g、錘負荷5~10号の性能を持つ軽量な遠投用のロッドです。(4.5メートルのモデルも有り)
値段は高額ですが、チューブラー穂先によって高感度と優れた耐久性を実現し、6本継ぎでコンパクト性も良いです。滑り止めを施したグリップも扱いやすく、総合的にもハイパフォーマンスな一品です。
ビギナーから卒業する方や、ベテランの方まで納得できるロッドです。

商品4.ダイワリバティクラブ小継磯3-330.

ダイワリバティクラブ小継磯3-330.

Amazonで詳細を見る

シートがしっかりしており、しなりやブレの少ない使いやすいモデルです。又、仕舞い込めば50センチ以下になるコンパクトさも魅力の一品です。
長さは3.27メートル、自重は170g、対応錘は5~10号となっています。

商品5.シマノロッド磯竿ラディックス1.2号-530

シマノ(SHIMANO)ロッド磯竿ラディックス1.2号-530

Amazonで詳細を見る

アマゾンでも人気の高かったシマノ磯竿ラディックスがフルモデルチェンジしたニューモデルです。

最新技術を駆使した軽快な操作性に加え、手元の安定感も抜群で大物にもしっかり対応してくれます。
長さは5.3メートル、適合錘、ハリス共に1~4号、重量は499gとなっています。

商品6.プロマリン ワンステップカーボンサビキセット 2-360

プロマリン ワンステップカーボンサビキセット 2-360

全長(m):3.6
継数:4
仕舞(cm):103
自重(g):146
適合鉛:2〜10号
付属糸:ナイロン3号

Amazonで詳細を見る

お値段が手頃なまさに入門に最適の一品です。
長さは3.6メートル、自重146g、対応錘は2~10号となっています。

商品7.ダイワ波濤4-53遠投・E

ダイワ波濤4-53遠投・E

Amazonで詳細を見る

有名釣りブロガーもおすすめしている逸品です。
ダワつきのある竿というイメージを一蹴し、切れのある振り抜きを実現しています。
基本性能である曲げて獲る事をフォーカスし、パワー、ホールド性、安定性が向上しています。
長さは5.3メートル、対応錘は10~15号、自重は378gです。

商品8.ダイワ磯竿スピニングリバティクラブ磯風1.5-45・K釣り竿

ダイワ(Daiwa)磯竿スピニングリバティクラブ磯風1.5-45・K釣り竿

Amazonで詳細を見る

狙う魚を選ばない様、クセが無く丈夫で扱いやすい万能性を追求したロッドです。もしもロッドの購入に迷ったらまずはこちらのモデルを使用してみてはいかがでしょうか?
長さは4.46メートル、自重は150g、対応錘とハリスは1.5~4号とバランスの良いスペックも魅力的です。

商品9.初心者用釣り入門ロッド釣り具投げ投げ竿サビキ釣竿メバル

初心者用釣り入門ロッド釣り具投げ投げ竿サビキ釣竿メバルファミリーフィッシングお子様用にも簡単な操作

Amazonで詳細を見る

とにかく安く、それでいてコストパフォーマンスに優れた一品としておすすめです。その安さに見合わない性能が魅力のロッドです。アマゾンのレビューでも多くの支持を得ています。
長さは2.1か2.3メートルと少し物足りないですが、仕舞った時の長さは37センチと素晴らしい持ち運びやすさがあります。

商品10.ダイワロッド13トーナメントISO5-53遠投

ダイワ トーナメント磯 遠投 5-53遠投

全長(m):5.30
継数(本):5
仕舞(cm):124
自重(g):415
錘負荷(号):12-25
適合ハリス ナイロン(号):5-12

Amazonで詳細を見る

最後にぶっこみ釣りとしては少々スペックオーバーかもしれませんが、磯竿遠投の最高峰のご紹介です。
ファイアピッチガイドロック、調子を思い通りにできるESSシステム、遊動Kガイド等、ダイワの技術の粋がこのロッドに詰まっています。
長さは5.3メートル、自重は415g、対応錘は12~25号とぶっこみ釣りにも丁度良いスペックです。
もしぶっこみ釣り始めとする釣り自体を極めていきたいのであれば、入手も一考の価値があるかもしれません。

適したロッドを使って、更にぶっこみ釣りを楽しんでいこう!

記事614の画像24109

出典:visual hunt

ぶっこみ釣りで基本的におすすめなのは、アタリの感度等を考慮して長さが3~5メートルの遠投用磯竿となっています。
初心者や子供、女性であれば、まずは安価で軽く、扱いやすいロッドを使用して下さい。
慣れてきて物足りなくなってくれば、値段が高めの性能重視の物を使用しましょう。高額になればなるほど性能も評判も良くなっていきます。
しかし、ぶっこみ釣りは手頃に行える釣法ですので、あまりこだわらず気軽に楽しむ事も重要です。
自分のフィッシングスタイルに合わせたぶっこみ釣りを楽しんでいきましょう!

関連記事